第18話 緊急執筆・小室哲哉逮捕に関して

まさかこんな事件が起こるとは思いませんでした。
小室さんが作った曲806曲の著作権を売り渡して5億円詐欺……。あってはならないことですが、実際にあったと本人が証言、そのまま逮捕、ということが起こってしまったのですから、根っからのTMファンの私としてはもうただひたすら真相はどうなのか、というのを追いかけてしまいます。11月5日付で公表されただけで14番組、しかも天下のNHKまで取り上げる始末(まあ、そりゃ紅白に出た経験もありますから……)。もちろん先日の『アッ子におまかせ!』でもばっちりと。

こうなった以上、私も何か書いておこうかと思うんで、行きつけの掲示板や私のブログの内容をここにこぴぺして、私自身の声明文とします。


1(クリス_NK現在の気持ち)

KCOとは離婚していなかったんですね。離婚届に判を押しただけで。
KCOも「小室圭子」として小室さんを支えてくれるといっていますし、
TMのメンバーも、作詞でいろいろ共同作詞している小室みつ子さん、
そのほかいろいろなサポートメンバーがいるんですよ。

本当に必要なものはお金じゃ買えないんじゃないかな、と思います。

2

(小室さん逮捕の報道を聞いて)
ショックでもうどうしていいかわからなくなりました。
父に頼まれていた仕事も全くはかどらず。
今朝の読売朝刊と今日の夜のテレビとで詳細を知りましたが
「こんなことがあっていいはずがない!」と思いました。
でも、それでも小室さんのことだから
きっと戻ってきてくれるはずでしょう。
せっかく去年TMのオリジナルアルバムを出してくれたわけですし、
また、木根さん、ウツ、みっ子さんのメッセージも、
「信じて待っている」という内容ですし
(木根さんだけは見ることができず、間接的に知りました。)、
また1から音楽活動をすることができるように、
私たちファンも見守っていきましょう。

3

私もXさんの「Get Wild」の話には共感を覚えましたけれども、
それ以上に、小室さん自身がどこかおかしくなっていたっていう点に関して。
実は振り回されていたのはファンじゃなく小室さん自身なんでしょう。
だからああいった形で自分がどこにいるか知りたかった。
それが結果としてああいう形になってしまった、と。

豪華で贅沢な暮らしぶりから一転して質素な生活になると思います。
でも、そこからが実は始まりなのかな、と思うんですよね。
ウツでも木根さんでもみっ子さんでも、葛G、大ちゃん、べーあん、FOD、
そういったメンバーがいてこそ小室さんは小室さんたりうるんじゃないかな、と。
もう一度TMの3人でわいわい騒ぎながら音楽を聴けるようになるまで、
本当の意味で小室さんのことを信頼しているメンバーが集まるときまで、
私も静観することにします。

今はやったことを反省して償って、それでそれから五線譜を手にとって欲しいです

4

小室哲哉逮捕?!?!?!?!
TM追っかけ回してまたドジしてる私としては、
寝耳に水……いや、寝耳に発火寸前のサラダ油ですよ。
globeのGet Wildが発売を控えているというのに、
こんな形になったら、ファンも動転していることでしょう……
というかすでに動転している私。

長者番付で高い位置にあった時期もあるというのに、
いったい何があってこういうことになったのやら……。
金銭感覚が麻痺している、という一部の報道がありますが、
確かにちょっと……と思う面はあります。
件のKCOとの結婚式とか。

何はおいても、どういう状況なのかはっきりしないので、
今後の推移を見て回るしかないのかな?
まあ、少なくともまっとうな新聞の社会面、
スポーツ新聞の1面はもうこのニュースで固められるかと。

もう一度TMで小室さんを見ることができる日が来ますように……。

5

相も変わらず小室さんのニュースばかりですね……。
スポーツ誌は書きたいだけ書いていますし、
普通の新聞でも社会面をにぎわせていることでしょう。
globeのGet WildやSelf Controlも発売中止になったとか。
しかもKCOとは離婚していたことも明らかに。
これじゃいったい誰が小室さんを支えてくれるんだろう。
globeそのものの存続も危うくなってきましたし……
やっぱりここは小室みつ子さん含めたTMのメンバーかな……?

六法全書を紐解いて、刑法の詐欺の項目を見てみると、
第246章に規定がありまして、かなりすごいことになっています。
詐欺の最高刑はなんと懲役10年!
このままいくと、かなりの確率で実刑の可能性が……。
でも、きっと帰ってくると思うんですよね。
五線譜を手にして、またいい曲が聞ける日を待っています。

6

小室さんニュース、情報があちこち錯綜して、
なんか私たちはマスメディアに翻弄されっぱなし。
昨日だけでこの問題を大きく取り上げたのが14番組。
読売新聞に至っては「解説」のページの半分使って、
止め!に「カリスマ性に乏しい」と結んでいるしで……。
  (↑さすがにこの一言には私、頭にきました)
    サザンと比較するほうがどうかしてるのでは?
    ミュージック性の違いがあるんですから、
    一概にこういうのは無理がありすぎるかなぁ……)
おそらく実刑打たれるんじゃありませんかね?
でも、本当のTMファン・globeファンなら、
事のてんまつを最後まで看取り、元のように音楽シーンに戻って
再びいい曲(売れる曲ではなく心にしみる局)を
また書いてくれることを願っています。
そのためにも、今は「休め」と神様が言ったんでしょう。
もう、これ以上暴走を繰り返すのを止めるために。
……私も人のこと言えねぇんですが。

しかし、これで恐ろしいのは2001年の『TIME』誌のアレ。
田代まさしを今年の顔にしようとしたアホどもが
今度は小室哲哉を今年の顔にしたがるんじゃないでしょうか?
でも今年は……オバマ氏で決まりじゃないかと。
『TIME』誌も多分その辺りの対策をきちんとするんじゃないでしょうか?
くっだらねぇ一部の人間のせいで日本人全体のイメージが悪くなると
ガチで対米関係が悪化する可能性がありますし……。