第17話 嫁にTM寝取られたーーーーーーーー!

 2008年9月の『オールスター感謝祭』をご覧になった方も、あるいは雑誌やインターネットで知った方もいらっしゃると思いますが、ノストラダムスの大暴言クラスのとんでもハプニングが起こって、しまいました。

 globeに、TM NETWORKの代表曲であるGet Wildを歌わせるそうです、小室哲哉が嫁のKCO(KEIKO)に。いまさら騒いだって遅すぎるのですが。もう聞いた瞬間は脳内でジンギスカンの「ロッキング・サン」のイントロ部分が変な歌詞とともに流れましたね。

う・は・う・は・う・は・小室さんちょ……
う・は・う・は・う・は・小室さんちょ……
う・は・う・は・う・は・小室さんちょ……
う・は・う・は・う・は・小室さんちょ……
小室さんちょ……

 その話聞いた瞬間、私の脳内では『EDC』の全キャラクターが嘆き悲しみました。『Laugh again』のキャラクターは「あたしたちのリメイク出せーーーーーーーー!」と怒り心頭です。当然私はキレました。アレほど「実家」の財産持ち出すな、と言っておきながらいけしゃあしゃあとカバーシングル作りやがって! そういえばDDの大阪公演だったかで、木根さんが「横アリでアレだけファンを突き放しておいて」といって、「だって~、ノるときとノらないときの差があるよね~」とのたまっていたらしいんですけど、もしそうだとしたらノるときなのか、今? というかTMとglobe間違えてない? それともglobe15周年とTM25周年と、とっ違えちゃった? もうとにかくがっかり。

 Get Wild……TMといえばこの曲、と思う人も相当いるんじゃないかなと思います。もちろんライブなんぞやった日にゃ、この曲でヒートアップするのは言うまでもなし。Get Wild自体も何パターンもあり、CDになっているものでいえば3パターン(本家、'89、Decade run)あるくらいです。まあ、それだけにとどまらず、いろいろな人にカバーされていることもあり、多分知らない方はいないんじゃないか、一度は聞いたことがあるんじゃないか、という人のほうが圧倒的に多いはず。でも、どれもカバーとしてうまくいっているんですね、不思議なことに。まあ、玉置成美は直接小室哲哉が喜んでアレンジしてカバーしたほどですが、これも(あまり好きじゃないんですが)FF10-2という大舞台なのだからまあ、許容範囲でしょう。CD化しているわけじゃありませんから。

 ところが嫁は違う。単純に小室哲哉の嫁、というだけでなく、自身、globeのヴォーカルです。つまり小室哲哉にとっては最も身近な存在であるわけです。以前『ミュージックステーション』の特番でTMとglobeが一緒に登場したとき、小室哲哉はTMとしてではなくglobeとして登場。そのときも私はキレたんですが……。でも、付き合いの時間に関しては、TMのほうがずっと長いはず。友人として一番宇都宮隆に似合う曲を常に提供していたのに、その宇都宮隆にセッティングされた曲を安易にKCOに歌わせて(歌うくらいならまだいいんですが)、CD化する、これがいただけない。なぜ新曲として売りに出す? そこが私にはまったく理解できません。

 もう呆れてものが言えない状態で、追撃。

 Self Controlもかばー。

 大三元がーーーーーー!

 もはや限りなく縮まりつつあるTMとglobe。頼むから分別はつけておくれよ。もうここまでくると、ライブで素直に盛り上がれないんじゃないかな、って思うわけです。どっちのファンももう小室哲哉の脳みそに振り回されてどうにもこうにも素直に歌を楽しめなくなっちゃうんじゃないか、と思うんですね。かえってノンアマチュアの皆さんがアレンジしたTMとかの方がよっぽど聞こえがいい。しこりがずいぶん残ることをしてくれたもんだ、小室哲哉も。