第14話 初ライブ参加(ただしウツのソロ)

前書き

2003.9.23 宇都宮隆「WANTOK」ツアーチケット

 淑女もすなるライブ日記といふものを、漢もしてみむとて、するなり。

 ……いきなり紀貫之の『土佐日記』の本歌取りかよというツッコミはおいといて(つーか「漢」って何だよ>俺)、本当に楽しかったす、『宇都宮隆Tour Wantok 2003』。ここだけの話、実は私、いまだかつて『ライブ』というものに行ったことがないんです。というか私がTMに目覚めた1994年、すでにTMは「終了」しちゃってたから……(^^;

 そして私が1999年に大学に入り(前期試験リーチ一発ツモ字一色四暗刻……って一発関係ないじゃん>俺)、同年7月に、まさかまさかのTM再始動。もうそれこそアレですよ、
配牌で天和・大三元・四暗刻・字一色
とーこーろーがー、ですよ、その後シングルがネット通販オンリーになっちゃったのはちょっとなーとか思ひつつ(もーしかしたらそれでインターネット始めたっつのも10%くらい要素としてあったんじゃなかろか、と今は思う)、やっぱり期待する私であった。

 ホントは今年6月のTMトリビュートにも行きたかったんですけど(というか行けた)、チケットの入手法がよく分からなかったこと、当時持病のうつ病がまだくすぶってたこともあり(会場内で周りのテンションについていけなくて凹む可能性があったため)、会場周辺をうろつくだけというヒッジョにもったいないことをしてました……(涙) お金は何とかひねり出せたのにね……。

 しかし、シングル「道 -Walk With You-」の中に、ツアーのチケット先行予約案内の紙が入ってたんですよ。もうマジで「キターーーーーーーーーーーーーーーー!」って感じでしたよ。

 そして運命の7月5日。30分公衆電話で粘った甲斐がありましたよ。あのときの帰りにコンビニでメシ買ったときの私の目が爛々としてたこと、帰りがけに「はっぱ隊踊り」をしてたこと、チケばローソンに取りに行くのにめっちゃ緊張してたこと、これはいうまでもありません(?)

 ところが……9月になって様々な要因のため、うつ病の病状が超悪化。……ここで書くべきことじゃないんですが、本気で一時期自殺を考えていました(というかそれしか考えられなかった)。仮に自殺しなかったとしても、ウツのライブには行けない……と言うより行って迷惑かけたくない、という思いが強くなり、チケットを誰かに譲ることも検討しました。いろんな人と話して、一時期は入院治療も考えられていたんですが、日ごろ世話になってるオバちゃんに「Tell Me ガツン」されまして(古)、もうそれこそ日曜日からテンションが戻ってきましたよ。私は必要とされている、ここにいていい人間なんだ、というのを感じたわけですよ。
 ……オイ誰だそこ、今「碇シンジか貴様」とかいったの? 違う、俺の芸名は「いかりやシンジ」だ。……なんてバカは終わりにして次行ってみよー!

このライブレポを読む前に留意していただきたいこと

 当日、クリス_NKは完全に素面(=アルコール抜き)だったのですが、何分現在うつ病のせいなのか否か記憶力等が鈍っております。また、それと同時にメモ取るのをそっちのけでノっちまったこともあり、したがって、思いっきり勘違いや捏造がある可能性がございます。記憶違いの部分はメールや掲示板(インデックスページからアクセス可能です)でご指摘くだされば幸いです。その点あらかじめご了承の上、おバカなライブレポをお楽しみください。

 

当日の朝から公演開始まで

 ここんとこずっと寝起きが最悪だったんですけど、だんだん朝ちゃんと起きられるようになってきまして(ちなみにこれも24日の朝7時過ぎから執筆)、当日もバッチグーにGet Wild(違)……もといGet Up。今日はウツだけなのにGet Wildしてどうすんだよ>俺 てなわけで9時過ぎに日記っつーか本日の意気込みをWeb日記に書いときまして、早速吉野家で朝食兼昼食。もうパワーつけたかったので特盛つゆだくに卵みそ汁のゼイタクコース(笑) その間はいつものように街ン中ぶらぶらして『兎』をやったり立ち読みしたり。得意のサル積みで清一色ドラ3とか緑一色和了ってきましたよ~(笑) で、ライブの入場は17:30。その間に会場を出ることはまかりならんので、マックで晩飯。最近登場した「チキンフィレオ」とやらのクーポンがあったので早速利用。腹具合も十分に会場前へ(17:20)

 私根本的に行列に並ぶのって大嫌いなんです。イライラするから。今回は前から12、3人目に並べたからいいんですけどね。さあチケット出して早速待つべし待つべし。そして17:30に開場。入り口で手荷物検査されるんですね。まあ私の場合怪しげなもん(写メールケイタイとか)はもっとらんし、問題なくパス。……だって基本的にフィールドノートと紙(卒論関係の資料)とボールペンと眼鏡ケースとマックのクーポンしか入ってないもん(爆) あ、腰に金正●やブ●シュが真っ青になって裸足で逃げ出す核弾頭抱えてるんだった(豪違) ……つーか金正日や金日成を一発で出す俺IMEって(もちろん単語登録しているわけではない)……

 奥に進むとドリンクとツアーグッズの販売が。まずドリンク、10日間断酒決定したわたしゃビール飲むわけにいかんのでソフトドリンク(十六茶)をオーダー。……いやね、てっきりスタバのグランテサイズ(もしくはマックのコーラ超特大)を想像してたんです、私。そこら辺で売ってる500mlのペットボトルでやンの。チケットにはこう書いてあります。
「ワンドリンク代500円込み」
……現代版ボルタック商店……もといボッタクル商店かここは?!(だから一発目に「笑点」を出すのやめれや>俺IME)

 その奥ではツアーグッズの販売。……どうしようか迷った末にツアーパンフ(これが2,500円とかなり高いんだな……)だけ購入して会場入り。

 えーとですね、私のチケット番号は「1階14列18番」だったんですね。まあ多少は前の方だろとか思ってたんですが……、思いっきり後ろ……と言うかぶっちゃけPA脇のオマケ席を除けばいっちゃん後ろ。PAの前だし(涙)きっとファンクラブ会員積み込みがあったんだろな(ちょっとだけ嫉妬)いや、別に見えるから文句ないんですけどね。そして左隣3席がなぜか空いている。……これが後々幸いすることになったんだっけね。

 会場の入りは1階席だけ見れば九分九厘埋まってた感じ(ていうか私の左隣3席がどういうわけか空席)。男女比は……1:6か1:7くらいでやっぱり女性が多かった。まあ、男女比なんてどうだっていいんですよね。好きなら好きってコトで。

 しっかし1時間て案外長いものですよね。とりあえず途中でトイレに行かないように出すものを全部搾り出す。そして再び会場入りし、パンフ読みつつアンケート用紙に半分書いておいて、と。

 さあおなりあそばせ給え超ウルトラスーパースペシャルゴージャスハイパーデラックスエキサイトストロングゴールデンキングシルバーデンジャラス偉大なる宇都宮隆大将軍閣下、カモンエブリバディ!(だからTMじゃねっつの、て言うかそれ以前にこれじゃ意味不明だよ>俺)

開演

 さあいよいよ開演です。
「Ladies and Gentlemen!!!」……約1名ここにジェントルじゃない奴もいますが(首)まさかこれで来るとは思わんかったい。そしてサポートメンバーが次々幕から登場。山田ワタル、西村麻聡、北島健二、佐々木真里、yasco……そしてついに本日の主役登場! それと同時に幕が真ん中からずいっと吸い上げられる!
超クールだぜ!

 3曲終了して、軽くMC。「WANTOKツアーへようこそ!」 もう大歓声ですよ。……ただ、この中で2回目以降(東京公演@Zepp Tokyo)の人がどのくらいいるのかしら? だってウツ、「この中で仙台の人どのくらいいます?  ……54人くらいですねえ(笑)」 ……スイマセン、恥ずかしくて手を挙げなかったアフォ仙台市民です俺(首) それ以外は宮城以外から来てる東北人かリピーターのどっちかだ(爆) ただ、後者は少なそうだな、今回は。トリビュートのときはその次が土日だから泊りがけってのもアリでしょうが、今回はいきなり平日ですものね。

 いやね、3曲目まではまだちょっとだけ照れ臭くてなんか完全に場の流れに乗り切れていなかったんですが、4曲め……キましたよ「Be Truth」。私やすいおうさんをオとした最強の曲であります。これ、普通にCDで聴いてる分にはまあ2番のサビから感想にかけてのタイミングで涙腺が緩むんですが、今回は1番のサビから涙腺が全開。2番のサビ終わりで臨界寸前。そして……
「喜びも悲しみも全てを、分かち合う日が来るさ」
クリス_NK、撃沈&号泣

 もうアレです、絶対泣くだろうとハンカチ2枚用意してきたんですが、もう手にギュッと握り締めたままただ感動して聴いてたり。
 仙台公演に参加した皆さんへ。「Be Truth」終わった直後に後ろの方から「これ歌ってくれてありがとうございまーす」ってのが聞こえたと思いますが、アレの犯人、私です(壁)

 そんで5、6と消化していき、なぜか舞台裏コント。しかも中島みゆきの「地上の星」が流れてくる。『プロジェクトX』のパクりかい(笑)スタッフが「気合入れていくぞー」といいながら萩の月だのずんだもちやら牛タンやら長茄子漬やら食ってて「お前は仙台の名産品荒らしかよ!」と突っ込まれてたり、なぜか気合入れが「ファイッ・オッ、ファイッ・オッ、ファイッ・オッ」だったりするし。しかもウツのマイク高さ調節が指で1、2、3、……10(このあとウツ本人もリハ前で1、2、3……10とやったのはいうまでもない。)。でもね、俺こーゆーおバカなやつが大好きなのよ。
で、かなり遅刻して北島さん登場。「えっと、今日のこの会場、『ップ仙台』」だっけ? それと近くのラ●ックスが閉店セールやっててさ、CDまで買っちゃってさ。『Fence of Defence』4年ぶりのシングルでましたんで」とちゃっかり宣伝。てゆーかなぜに別府と仙台がユナイトせにゃならんのじゃ(笑)
 そうして真里さんが登場、「ちょっと、あたしが買ってきたずんだもち全部平らげたの北島さんでしょ!」 ……北島さん、メンバーの中で唯一の甘党だということが判明(笑)
そしてウツ登場。いうまでもなく超究極至高対決的(謎)ドドド遅刻。北島「遅いよウツ!」……ナレーション「アンタも遅刻している」 もうバシンバシン椅子叩いてゲラゲラ笑ってましたよ。こンの人たちおもしれー、マジで。(周囲の方、騒々しいやつでゴメンナサイ(汗))

 で、メンバー紹介。ウツのたませたまはく、「仙台はこれで3回目ですが……ぼちぼちよくなってます(笑)」じゃアンタ20日と21日は半分リハでやってたんかい(爆) Fence of Defenseは以前もメンバーとして参加しているから知ってる人も多いようですけど、今回初参加のyascoさん、ウツに「そろそろきっついでしょ」といわれて「もう筋肉痛です(笑) でも、新幹線や飛行機に乗ってきて空を眺めることができてうれしかったですねえ。」あれ、仙台なら普通新幹線(それも「はやて」でグリーン車)だと思うンすけど(^^; まあ別にいいけど。そしたらウツ
「かんしんせんなー」
 どうやら今年の紅葉の見頃は終わってしまったようです(爆笑) 少なくともこの一言で蔵王は全部落葉……いや初雪が降った(をゐ)

 そしたらなんかTBCラジオのサトケンさん(ごめん、ラジオ全然聞かないからこの人何者だかサッパリ分からんのよ(汗))、下手から乱入。「えっと、こちらのツアーの取材に、突然ですがお邪魔したのですが……」……いやまいいんだけど……ってオイオイオイオイオイなぜ上手に行くンだアンタ、ターゲットど真ん中に座っとるじゃねーか。で、このライブの状況をラジオで放送するとか。10月11日の19:15とか。ファンは要チェキだ(笑)

 そっからはもう歌の連発。オチも何にもない。でも、緩急がついた選局というか順番だったから、盛り上がったあとにゆっくり休んでまた盛り上がる、そんな感じ。「DANCE DANCE DANCE」辺りはもうかなりのテンションでしたよわたしゃ。締めに「道」を選ぶところがいいね。すっきりと、淡々とあっさり目に仕上げてくれて。

 ところが私の体は変調をきたしてたんですよこれが。何かっつーと、左足だけ妙に筋肉痛。そのせいでジャンプできない、立つのもおぼつかなくなってきて2度ほどバランスを崩してしまったんです(正確にはライブ終了後の退場でも1回こけた。トータル3回)。多分、右に座ってた人に気を遣って「バランス崩してる左の」状態に突入したのが原因でしょう。帰りのチャリでも何度かこけそうになったし(汗)

 しかし、これで終わらすわけにゃいかない。あと2曲アンコールでやってもらわなきゃ今すぐ腰の核弾頭のブラックボックスのスイッチ入れたる(違) 「アンコール!アンコール! アンコール! アンコール!」 私も最後尾から叫びましたよもう。……途中3回咳き込んだけど(爆) そしたら出てくれましたよ大明神! 後光1兆ワットで(笑) 会場中もう大盛り上がりでとにかく派手で派手で楽しくて楽しくて、一種のトランス状態になってましたっちゃよマジで。

総括

 初めての私でもすんなり入れた、いいライブだった。みんなで楽しむというのが一番楽しい。6,500円出した価値はある(ワンドリンクはともかくとして)と思うし、何より生の宇都宮隆はとても格好よかった。マイクさばきのパフォーマンスといい、演出といい、本当にいいライブだった。次もお金と時間があればぜひ参加したいなー。……て言うか今度はTMで(^^)

 

お品書き

 たぶん曲目は東京公演(9/20、9/21 於 Zepp Tokyo)と同じ……だと思います。仙台公演に参加された方で間違いを指摘してくださる方がいらっしゃれば幸いです。会場のノリについていくので頭がいっぱいでメモ取るの忘れてたモンですから(^^;

  1. (it's)Time to Go
  2. 見えない灼熱
  3. ANGEL
  4. BE TRUth
  5. 愛しい人
  6. BlueReincarnation
  7. wantokXXX(おバカな寸劇)
  8. Slow Version
  9. Sitting in the Sunset
  10. JUST A BOY
  11. ROLLING AROUND
  12. Innocent Blue
  13. Jumping Jack Show
  14. DANCE DANCE DANCE
  15. ドラムソロ
  16. CoolJam,CoolMode
  17. fragile
  18. 道~walk with you
  19. セイラ(アンコール1)
  20. wantok(アンコール2)