第13話 クリス_NK謹製のTMなMIDI一覧

 密かに作り続けることnか月……我がコレクションは日増しに増えていく……。というわけで、ここは私が密かに作り続けていた、MIDIのコレクションの情報を公開します。ふとしたきっかけで曲が増えていきますので、適宜ご覧下さいませ。

1974(16光年の訪問者)*Instrumental

©1984 by JUN & KEI MUSIC PUBLISHERS, INC.

 TM初期のころの作品(1stアルバム『Rainbow Rainbow』他に収録)。シンセ中心の徹底したテクノっぽいアレンジと、アコースティックギターのハーモニーがえもいわれぬ感じをかもし出すという一品。純ファンタジー系のRPGに使うのはちょっと難しいかもしれませんけど、SFとファンタジーの融合ならかなりいい感じかも?
 なお、わけあってヴォーカルが入ってませんのであしからず。

A Day in the Girl's Life

©1988 by JUN & KEI MUSIC PUBLISHERS, INC.

 アルバムそのものが一つの物語を構成している『CAROL』の第1曲であり、このアルバムの下地となるかのごとく響き渡るウツの声、そしてコーラスのBelva Haneyとのハーモニーが一気にこの物語に貴方をいざなってくれることでしょう。
 ちなみにこのアルバム、EGのパートの多くをB'zの松本孝弘氏がプレイしてたりするとです。ファンは要チェキ!(首)

All-right All-night(No Tears No Blood)

©1986 by JUN & KEI MUSIC PUBLISHERS, INC.

 アルバム『Self Control』より。シングルとしても登場しています。アップテンポの16ビートが特徴で、場面が変わるごとにどんどんキーが変化していきます。サビのストレートな歌詞・力強いサウンドともに何とも言えないくらいいい感じ。

 私はピッチベンドというものをこの曲で初めて弄くったわけなんですが、まだヘッポコなのしか作れんかったので間奏の2回目はかなりアレです(汗)

BE TOGETHER

©1987 by JUN & KEI MUSIC PUBLISHERS, INC.

 鈴木あみがカバーしたことで有名になった、底抜けに明るい曲。実は私が「SquareLd」の音色を使ったのはこの曲が始めて。パーカッションとかいっぱい出てきたし、ブラスも大量。(ヴォーカルがTenorSax、間奏でSopranoSax、シンセブラスもあるし)
 えー、なお、本人、鈴木あみバージョンを作った覚えは一切ございません。あくまでTM版です。その辺ご了承下さい。

CAROL(Theme I)

©1988 by JUN & KEI MUSIC PUBLISHERS, INC.

 「A Day in the Girl's Life」のエンディングからその流れを引き継いでこの曲に入るわけですけれども、ピアノとストリングスだけで淡々と奏でられるメロディが徐々に厚みを増し、それに伴って宇都宮隆のヴォーカルもどんどん力が入っていきます。モチーフは現実世界でのキャロルなのでしょうか?

Chase in Labyrinth(闇のラビリンス)

©1988 by JUN & KEI MUSIC PUBLISHERS, INC.

 アルバム『CAROL』より。木根尚登作曲とは思えないほどの明るくノリのいい雰囲気が意外ですが、それでも随所に出てくる不思議なサウンド使いが木根さんっぽい感じです。原曲に比べて大人しめのサウンドを使っているので、もしかしたら物足りなさを感じるかもしれません。

Don't Let Me Cry(一千一秒物語)

©1987 by JUN & KEI MUSIC PUBLISHERS, INC.

 私をFANKS(=TMのファンのこと)にさせた曲で、迫力のある伴奏とリズム感がウリ。ドラムのシンプルな8ビートに対して、他の楽器(特にベース)がノリノリの16ビートをトバすダンス曲で、メロディーにも、ナチュラルマイナーを旨とする小室哲哉らしくないサウンドを用いているところもポイント。

Dragon the Festival

©1985 by JUN & KEI MUSIC PUBLISHERS, INC.

 長いです、この曲(約7分)。パーカッションやら何やらでかなりノリノリのサウンドが私のツボに嵌まってしまいました。自作RPGのタイトルの元ネタにするくらいだから、ホントに気に入ったんでしょうね。繰り返しが多い割に微妙な違いがあったりと、ちょっと打ちこみで苦戦しましたけど(汗)

In the Forest(君の名が聞こえる)

©1988 by JUN & KEI MUSIC PUBLISHERS, INC.

 『CAROL』ThemeIIに続く曲。長さは短いんですが、まさに副題の「君の声が聞こえる」のとおり、何かを呼びかけるような感じがしてならないわけです。……相変わらずヴォーカルパート、およびコーラスパートを担当する楽器で悩みに悩んだ末、おなじみのポリフォニック・シンセを使用することに決定したんですけど……。

Gia Corm Fillipo Dia(Devil's Carnival)

©1988 by JUN & KEI MUSIC PUBLISHERS, INC.

 アルバム『CAROL』に収録。底抜けに明るい雰囲気を持つ、『CAROL』シリーズの異端児とも言える曲です。このアルバムがどちらかというとキャロル側の視点で作曲されている中、唯一といっていい、魔族側の視点の曲というものでもあります。

Love Train

©1991 by JUN & KEI MUSIC PUBLISHERS, INC.

 TMの曲の中は3本の指に入る有名曲。アルバムでは『EXPO』に収録されています。強烈なサウンドではありますが、その中に優しさがにじみ出ているのが特徴。ちなみに、エンディングというか大サビに、私独自の「アレンジ」を施しています。

Self Control(方舟に曳かれて)

©1987 by JUN & KEI MUSIC PUBLISHERS, INC.

 アルバム『Self Control』より。シングルとしても登場しています。「大三元」の一つで、ライブなどでも頻繁に演奏されるなど、ある意味でTMの形を作り上げるのに貢献した曲。生で演奏するのも、カラオケで歌うのもそんなに難しくない曲ですし、また何より耳にすんなり馴染みやすいサウンドといえます。

This Night

©1987 by JUN & KEI MUSIC PUBLISHERS, INC.

 アルバム『humansystem』の最終曲。生楽器の味わいと機械的に淡々と奏でられるコードバッキング、そして美しいウツの歌声がこの上なくいい感じ。エンディングで鳴るアルトサックスといい、アッサリ系楽曲の集まる『humansystem』のラストを飾るに相応しいです。

Winter Comes Around(冬の一日)

©1988 by JUN & KEI MUSIC PUBLISHERS, INC.

 アルバム『CAROL』より。こっちは正統派キネバラで、スローテンポ、かつストリングスとピアノによる静かな演奏は、聞く人の心を穏やかに癒してくれることでしょう。