第11話 バンドスコア求めて三千里

 ご存知の通り、私はTMの打ち込みをしている。絶対音感も耳コピの技術もなってない私の場合、打ち込む際は完全にスコア頼りになるのだが、そのスコアがなかなか手に入らない。当然といえば当然である。TMは年代的に古いバンドである、というのは否定できない事実だ。新しいアルバムが出たちょっと後ぐらいに発行されるのが常であるバンドスコアを、10年以上経ってから入手しようなんてのは困難を極める。

 まあもちろん、ベストスコアという形で発行されているものも決して少なくないし、完全なバンドスコアでなくとも、ピアノスコアで出版されているものもあるので(曲がりなりにもコードの知識は持っているので、とりあえずコードが分かれば私の側でアレンジする、ということもできなくもないし)、。

 今のところ私が持っているスコアは全部で3冊、譲り受けたものが数ピースの、曲数でいえば52曲である。しかしながら、これは実際に世に出回った曲の半分にも満たない。(私の調査の結果、105曲ある計算になった。間違っているかもしれないのでご指摘歓迎。……ちなみにアレンジ違いは含んでいない。)

 

 もっと欲しい……そう思った私は早速検索サイトでのチェックを開始。……嫌な予感はしていたが、片っ端から絶版である。 できればバンドスコアで欲しい私だが、まあピアノスコアでもいい。数少ない期待を持って探すと……オークションで出ていたり、通販だったりするのだが……、普通ならここで諦める人もいるだろう。普段の私ならここで白旗を掲げているところだ。が、今回ばかりは血迷った私、初めてネットオークションに手ぇ出しました。しかも強引に一発で競り落としにかかってみたり(提示価格の2倍で一発落札に成功)。ネット通販にも手ぇ出して、あとは連絡を待つのみである。

 何に使うかは薄々見当がつくと思うが、一つは打ち込み、もう一つは理論的検証である。コード理論で紹介するために、片っ端からスコアをかき集め、日々にらめっこしながらいろいろと執筆している。何か面白い進行ないかな~、と、曲を聴きながら考えている様は、傍から見れば変人だと思われて仕方がないかもしれないが、好きで執筆してんだからこれは仕方がないのであって外部から文句たれられても私はやるよ。だって好きなんだもん。 あらゆるところでTM大好きを公言してるくらいで、TMを馬鹿にされたら確実にそのサイトの管理人に論理的に不満をぶつけてやろうかと思ってるくらいだし(おいおい>俺)。さすがに「荒らす」なんて非人道的なことはしませんので。

 残念ながら、JASRACにより著作権保護されているものを作っているので、MIDIを皆さんに公開できないのが非常に残念でならない。まあ、そのうちまともに収入を得るようになった頃に、ちゃんとJASRACに許諾料を支払った上で、正式に公開できる日が来ればいいな、と思う。

 

 ちなみに、これを書いた直後にまた曲数が増えました。管理人にスコアをくれてもいいというありがたい方がいらっしゃいましたら、トップページのメールより管理人にご連絡ください。送料こっち持ちで承ります。