第107話 21世紀のTM NETWORK

 いつの間にやら2003年になってしまったが、相変わらず私はTMファンであり続けている。9年来のファンであるわけだが、1999年に再結成して以来、あまりTMが前面に出てこないのがちょっと寂しいものがあるな、と最近思う。せっかく再結成したんだからもっと派手にやってもいいんじゃないかなと思うのだが……。

 ここ最近(といっても2001年からだが)のTMの動きから見た私の感情を、今回ぶちまけようと思う。ちょうど今年TM結成20周年(デビューしてからは19年だけど)なので、タイミングはバッチリかな、と思う。ただ、シングルとかアルバムのレビューってほどのモンじゃあないが。というのも、私は音楽の歴史とかそっち系の知識にあまりに疎いので、解説しようがないのだ(その分は音楽理論とコード理論でカバー(?))

 

 2000年末に出たねえ、10年ぶりくらいのオリジナルアルバム『Major Turn Round』。ネット専売だったから初め買おうかどうか迷ったけど、結局店に出回るようになってから買ったわけ。でも、「新しさ」って感じがあんまりしなかったよなあ……。正直、「いかにもTM」って感じはあんまりしなかった。でも、聞けば聞くほど「音楽としては」まずまずになっていく感じではあったわけで。

 私はあんま音楽の系列はよくわからないが、どことなくクラシックっぽいノリが目立ったような気がする。いわゆる「プログレ」ってやつなんだそうだが、新しい音というよりは古い音を中心に組み立てているような気もする。斬新さというものがあまり感じられないし、アルバムのコンセプトもあんまりよく分からなかったし……難しい……。でも、古い音なんだけど、それが「懐かしさ」=昔のTMの音でもないところが小室さんらしい。

 っつか、1曲33分はどう考えてもやりすぎのような気がするのだが……。"First/Second/Third Impression"って感じで分けるんなら始めから分けろよ、って思った。そういえば『コムロ式』でも「33分」がやけに強調されていた気もするが……。

 でもビックリしたね、まさか木根さん作曲の曲(「We Are Starting Over」)がシングルカットされるなんて。第5話でぼやいたせい……じゃねんだろけど、まさか出るとは思ってなかった。ビックリしたね。TMでは初の試みでねべか? そう考えると、一般受けするものより熱烈なファン受けするものを狙った、という感じなのかな、やっぱり? それはそれでとても歓迎したい。ファンにしてみれば絶対外せないのがキネバラであるわけだし。ある意味で新しい試みだし。

 確か、そのアルバムを発表したころに「ミュージックステーション」に登場したんだったと思う。ここだけの話、そのときの登場の仕方(TMのときにウツと木根さんが出て、その直後のglobeの紹介で小室さん登場)に「なんだよ~」と思った人もいるはず。やっぱりglobeの方にウェイトが移っちゃってるのかな、と思ってしまった。遺憾である。

 「ひょっとして、TMって本当にやりたいこと(音)が見つかるまで動けないとかいうんじゃ?」と、最近常々思う。まあ、アルバム作りにはそれ相応のコンセプトが必要だってのは素人の私だって知っているが、シングルだってここ2年間(2001.4-2003.3で1枚)碌に出てなかったし。なんつーか、その間にもう一つのglobeのが動き回っているのがどうしてもこう、ファンとしてはもどかしい気がするのだ。


 で、その唯一(「Major Turn Round」とは無関係で)登場したシングル、「Castle in the Clouds」、CDショップを3件か4件探してようやく見つけて、自宅で再生して、「イイ!」って思ったんだけど、同時に「何か昔に戻った感じもしないでもないなあ……」という気持ちも起こってしまった。でもいい曲なんだよなあ……なんというか、特に今の私はああいう状況だから、「憂鬱な自分の顔 笑い飛ばして」とかいわれると(多少だが)元気が出るってモンで、個人的にはいい歌だな、という気持ちのほうが強い。

 もともとタイアップ曲としての色彩が強いということもあるのだろう、耳なじみするサウンドで作る方がいいんだろうな、ということは想像できるわけだが、それでも「単なる同窓会(=復活当初小室さんが言っていた「失敗パターン」)」レベルではなく、もっと新しい音も交えて懐かしさを出している点が秀逸だな、と感じた。やっぱTMはいい、改めてそう感じた一曲である。


 しかし、それっきり音沙汰がないのはどういうこと?! トリビュートライブにゃ小室さん出ないそうだし。ホントにこのままないがしろにされるんじゃないかな、とか本気で思ってきちゃったんだけど……。また再終了宣言とか出さないよね、ホントにそれだけが心配。