第9話 TMとWindows Media Player 8の微妙な関係

 今年(2002年)9月18日にパソコンを新しいものにした。それまで使っていた富士通のWin98マシンを、SOTECのWinXPに乗り換えたのだが、それに伴い、私が使っているソフトが片っ端からグレードアップした。IEも然り、Officeも然り。

 その中の一つがWindows Media Player(以下、WMPと略記)である。ここ数ヶ月、コンポ(なんだかんだいってこのコンポも7年近く使っているのだが)が調子を崩してしまい、今まで聴いていたCDのほとんどをパソコンで聞くようになっている。が、このときにとてつもないことになってしまうのだ……。

 なお、以下に登場する画像の一切に寸法変更などはしているが、イカサマはしていないので念のため……。

 

Q1. 次の画面を見て、その誤りを指摘せよ。

『Major-Turn-Round』再生中の状況

 おい、「Message」と「CUBE」はどこに行った?!
 どういうわけか、曲名がおかしなことになっている。本来は3曲目の32分21秒が「Major-Turn-Round」のTheme1~3をすべて含んでいるはずなのだが……勘違いも甚だしい限りである。ちなみにこのデータは、インターネットに接続しているときに曲を再生するとCDのデータを参照して自動的にWMPが読み込んでくれるものである。なのに間違っているという、ファンからしてみれば「責任者出て来い」的なミスをかましてくれるあたり、あ~所詮マイクロ某だな、とか思ったりしたのはいうまでもない。

 

Q2. 次の2つの画像を比較せよ。

自作MIDIの情報
自作MIDIを作った曲のCD版(順番も同じ)

 時間が狂っているのはかなり気のせい……ではないな、こりゃ。「1974」が短くなっているのはちゃんとした理由がある。アルバム『RAINBOW RAINBOW』版だと、イントロに映画のワンシーンのようなSEが入るが、それをカットしたためである。ここまでコピれって言われるともはやMIDIじゃなくなります(^^; 同じことが「All-Right All-Night」にもいえて、こっちの場合はイントロのドラムマシーンソロを省略したせいだ(MIDIはドラムのフィルインから始まる)。
 そのほかのMIDIがことごとく短くなっているのはいったいなぜなのだろうか……? もしかして、テンポ間違えたのか、俺?!

 もう2つ、突っ込みたいことがある。一つは冠詞の表記。英語のタイトルで、"a"とか"the"とかはどうやらひっくり返って表記される仕様のようだ。事実、「The Point of lovers' Night」も「Point of Lovers’Night,The」という表記になっていた(なぜか全角なのだ。全角英字嫌いの私にはかなりいやらしい仕様である)。

 むしろ、私は右2/3くらいのところにある「ジャンル」(見出しを消しちゃいましたけど、実際は一番上にそういうことが書いてあります)に思い切り突っ込みを入れたい。
 どうやらこのWMP、1曲ごとのジャンル分けではなく、アルバム1枚の平均なのか、看板曲なのか、そっちでジャンルを判断するらしい。そのせいで、『CAROL』の曲はことごとくロック扱いになっている。
「Winter Comes Around」をロックというのは、相当無理があると思うのだが……。
 ちなみに、調査が完全に終わっているわけではないが、今調べている限りでは、TMの曲は大多数がロック扱い、例外は「GORILLA」、「humansystem」と「RHYTHM RED」(←ポップス)ということになっている。
っつーか……
やっぱり俺としては、このいい加減な分け方には納得がいかない。
何せ、「Naoto Kine Presents TMN Blue」ですらロックなのだから(マジでそう出てきやがる)。っつーか、普通に考えたら「RHYTHM RED」こそロックとすべきだと思う。

 

Q3. 次の画像を見て、その誤りを指摘せよ。

『TWINKLE NIGHT』再生中の状況

 えー加減にせーよ。

 何だよ「小室哲」っちゃ。小室さんはバイニンか、えーこら?! つか俺の本名と勝手に合体すな(?) 

 

Q4. 次の画像を見て、おかしいなと思った部分を指摘せよ。

『TAKASHI UTSUNOMIYA PRESENTS TMN RED』再生中

 何でこう全角と半角が入り混じってるのかねぇ……? 私基本的に半角英字で書くから、半角に統一して欲しいなと思ふしだい。しかも、ここには書いてないが、このCDを読み込むと「ジャンル:J-Pop」と出る。まあそれは問題ないのだが、上と似たような間違いをしている。

木根

 

オマケ:悪戯

サウンドコントロール

 コレはWMPじゃなくて、私のパソのサウンドコントロールの話。なぜか全部英語になっているがとりあえず気にシナイの方向で。

 この昨日の一つ、「Sound Effect」に、KEYなる項目を発見。「Don't Let Me Cry」再生中にここを弄くってみたところ、ホントにキーが一つ上がってくれました(笑) 原曲がFmなので、Gmでの再生となりました。
 が、ウツの声がかなり気持ち悪くなってきます。かなり小室さん入ります(首) ヤバイです。悪戯に使うのは面白いですけどね。

 ちなみに上の「Voice Cancellation」ってのは、ボーカルのパートを低減(完全に消せるものもあるが、ほとんどは減衰させるだけ)する機能でございます。コレでお近くのCDが簡単にカラオケ用に早代わり(?)