第9話 TMとWMP 8の微妙な関係

 今年(2002年)9月18日にパソコンを新しいものにしました。それまで使っていた富士通のWin98マシンを、SOTECのWinXPに乗り換えましたが、それに伴い、私が使っているソフトが片っ端からグレードアップしました。IEも然り、Officeも然り。

 その中の一つがWindows Media Player(以下、WMPと略記)でして、ここ数か月、コンポ(なんだかんだいってこのコンポも7年近く使っているのだが)が調子を崩してしまい、今まで聴いていたCDのほとんどをパソコンで聞くようになっています。が、このときにとてつもないことになってしまうんですよ……。

 なお、以下に登場する画像の一切に寸法変更などはしていますが、イカサマはしていないので念のため……。

Q1. 次の画面を見て、その誤りを指摘せよ。

『Major-Turn-Round』再生中の状況

 おい、MessageCUBEはどこに行った?!
 どういうわけか、曲名がおかしなことになっています。本来は3曲目の32分21秒が「Major-Turn-Round」のTheme1~3をすべて含んでいるはずなんですけど……勘違いも甚だしい限りであります。ちなみにこのデータは、インターネットに接続しているときに曲を再生するとCDのデータを参照して自動的にWMPが読み込んでくれるものです。なのに間違っているという、ファンからしてみれば「責任者出て来い!」的なミスをかましてくれるあたり、あ~所詮マイクロ某だな、とか思ったりしたのはいうまでもありません。

Q2. 次の2つの画像を比較せよ。

自作MIDIの情報
自作MIDIを作った曲のCD版(順番も同じ)

 時間が狂っているのはかなり気のせい……ではないな、こりゃ。「1974」が短くなっているのはちゃんとした理由があり、アルバムRAINBOW RAINBOW版ですとイントロに映画のワンシーンのようなSEが入りますが、それをカットしたためです。ここまでコピれって言われるともはやMIDIじゃなくなります(^^; 同じことがAll-Right All-Nightにもいえて、こっちの場合はイントロのドラムマシーンソロを省略したせいです(MIDIはドラムのフィルインから始まる)。
 そのほかのMIDIがことごとく短くなっているのはいったいなぜなんでしょう……? もしかして、テンポ間違えたのか、俺?!

 もう2つ、突っ込みたいことがあります。一つは冠詞の表記。英語のタイトルで、"a"とか"the"とかはどうやらひっくり返って表記される仕様のようです。事実、The Point of lovers' NightもPoint of Lovers’Night,Theという表記になっていました(なぜか全角。レイアウトの関係もあって全角英字をあまり使いたくない私にはかなりいやらしい仕様……)。

 むしろ、私は右2/3くらいのところにある「ジャンル」(見出しを消しちゃいましたけど、実際は一番上にそういうことが書いてあります)に思い切り突っ込みを入れたいんですが!。
 どうやらこのWMP、1曲ごとのジャンル分けではなく、アルバム1枚の平均なのか、看板曲なのか、そっちでジャンルを判断するらしいんです。そのせいで、CAROLの曲はことごとくロック扱いになっています。
Winter Comes Aroundをロックというのは、相当無理があると思うんです……。
 ちなみに、調査が完全に終わっているわけではありませんが、今調べている限りでは、TMの曲は大多数がロック扱い、例外はGORILLAhumansystemRHYTHM RED(これらはポップス)ということになっていて……
っつーか……
やっぱり私としては、このいい加減な分け方には納得がいかないんですよ。
何せ、バラードコレクションのはずのNaoto Kine Presents TMN Blueですらロックなんですよ!(マジでそう出てきやがる)。っつーか、普通に考えたらRHYTHM REDこそロックとすべきだと思ひます。

Q3. 次の画像を見て、その誤りを指摘せよ。

『TWINKLE NIGHT』再生中の状況

 えー加減にせーよ。

 何だよ「小室哲」っちゃ。小室さんはバイニンか、えーこら?!

Q4. 次の画像を見て、おかしいなと思った部分を指摘せよ。

『TAKASHI UTSUNOMIYA PRESENTS TMN RED』再生中

 何でこう全角と半角が入り混じってるのかねぇ……? 私は基本的に半角英字で書きますから、半角に統一して欲しいなと思ふしだい。しかも、ここには書いてないんですけど、このCDを読み込むと「ジャンル:J-Pop」と出るんですよ。まあそれは問題ないのんですが、上と似たような間違いをしてやがってまあ……。

木根

オマケ:悪戯

サウンドコントロール

 コレはWMPじゃなくて、私のパソのサウンドコントロールの話。なぜか全部英語になっているがとりあえず気にシナイの方向で。

 この昨日の一つ、「Sound Effect」に、KEYなる項目を発見。Don't Let Me Cry再生中にここを弄くってみたところ、ホントにキーが一つ上がってくれました(笑) 原曲がFmなので、Gmでの再生となりました。
 が、ウツの声がかなり気持ち悪くなってきます。かなり小室さん入ります(首) ヤバイです。悪戯に使うのは面白いですけどね。

 ちなみに上の「Voice Cancellation」ってのは、ボーカルのパートを低減(完全に消せるものもあるが、ほとんどは減衰させるだけ)する機能でございます。コレでお近くのCDが簡単にカラオケ用に早代わり(?)