第8話、TM NETWORK マルチメディア作戦
~もしTMの主演RPGを作るとしたら・その1~

 以前に何度か話していることだが、私のRPGツクールライフにTMの曲は欠かせないし、もちろんTMの御三方も我がRPGにおいて重要な地位を占めている。そこで、世のTM好きな方々にはたまらない(と思いたい)、TM主役のRPGを作っちまおうなどというアホも休み休み言え的なことを考えてしまった。
 (もちろん、よほど「やって~~~」という声がない限り実行する積もりはありませんけどね。私が過労死するであろう事が推測されますので。[←なら初めから言うな])

 そこで……やはりBGMに関してもTMでいこうかということを考えてしまう私がいる。と言うか既にBGMにTMのナンバーを採り入れるという試みはやっていたり……(マジです)。

 

 『RPGツクール2000』だとMIDIが使えるからいいとして、もし『RPGツクール3』で(4でも問題ないけど、あの仕様がね……)やるとなると、どうしても『かなでーる2』(PSソフトです、念のため)のお世話にならざるを得ない。しかし、これが案外困る。というのも、この『かなでーる2』、初心者向けに作られているか否かは知らないが、少なくとも機能は決して充実していない。

 ここで、生まれてこの方『かなでーる2』に触れたことがないという方も多いと思われるので、簡単ではあるが『かなでーる2』の仕様について紹介しておこう。

  1. PSの音源が案外ヘッポコなため、本来の音色とはかなりかけ離れている。
  2. リピート記号が使い勝手いとわろし。
  3. 最大127小節まで使用可能。
  4. 音域は思った以上に広い。(7オクターブ)
  5. 譜面があまりに細かすぎる(和音の多用・もしくは短い音符が多いなど)場合、試聴できなくなることがある。
  6. (極めつけ) ツクール3用にコンバートしたものに関して、曲の途中からリピートさせることが出来ない。

 1については文句言わんではいられない。ピアノの音とか案外本物と違いますから。また、ブラスもねえ……決して充実しているとは言いがたいし。問題となるのが2。以前確かかなでーるでTMを楽しむ作戦だかで話したとおり、D.Sやコーダマークは1曲で2回までしか使えない(というかそんだけ使えば十分じゃろ)し、さらに繰り返しの番カッコ、アレに至っては1曲中で複数使用できない!(これ結構痛いです) まあ、3、4は家庭用ゲーム機にしちゃ比較的まともかもね。5……これも結構厄介。1つのトラックにあまりに凝縮させすぎると、マシントラブルではないが再生できなくなるという不具合が発生する恐れがある。可能なら適当な所で2トラックに分けること。

 一番問題になるのは6。何せこれのおかげでいちいちイントロを加工したり、あるいはその他もろもろのアレンジを強いられるのだ。これで割を食うのは何といっても弱起(つまり、1拍目から入らない曲)。そのために全て没になってしまうという悪夢を見ることになる。

 

 まあ、これらの機能をある程度勘案すればほぼ全ての曲を作る(というか打ち込む)ことができるわけだが、問題がもう一つある。それは、『ゲーム中に登場させる曲である限り、リピートすることが最低条件となる。』ということ。まあ、オープニングやエンディングに使う分にはリピートしなくてもいいわけだが、他の用途に使う場合(特に戦闘)になるとヤバイ。何せあまりに長引くと曲が途中で止まってしまうからだ(これは空しいぞ~~~)。
 したがって、それもまた上手くやらんとえらいことになってしまう。

 それでは本日のメインイベント、私がスコアを持っている曲のうち、どれがRPGに使えそうか、もしくはどうアレンジすればRPG用BGMになるか、それを検証していきたい。あと、「使う場面」および繋ぎ方等のコメントは私の勝手な解釈によるものなので、あまり当てになさらぬように。

TMナンバーの、RPGのBGM化におけるアレンジ方法
曲名使う譜面の
収録アルバム
アレンジに関するコメント



使う場面
金曜日のライオンRainbow Rainbow 譜面といっても、これだけはコードとヴォーカルのみの譜面であるが、元々伴奏がそんなに厚くない曲であるため、十分耳コピ出来る範囲。それほど難度の高い曲ではないが、実はこれまた弱起のため、(「窓に広がるアフリカ……」の「ま」)かなでーるでは上手く弄ってやらないと使えない。諦めましょう。フィールド
1974Rainbow Rainbow 実際に作ったものなので関連があるファイルはこちらを参照のこと。忘れたオープニング
Rainbow RainbowDRESS いい線いくかもしんない。元々そういう打ち込みの曲であるからだ。まとめる気になれば32小節でまとまる(=イントロを8小節にして、1メロ「Plastic Moonlight....」8小節+2メロ「フラスコ握る……」8小節+サビ8小節で頭に戻す)し。32繁華街の町
Your Song("D" Mix)Gift for FANKS 何といっても曲そのものが長いことを考えると、イントロナシでサビ入ったら間奏なし、コーダなしで循環させるのがいいかと思う。キーがマイナーで始まるので、ちょっとしたキーポイントにおけるアクセントの曲として使うのがいいだろう。33キー地点
8月の長い夜Childhood's End イントロなし、間奏・エンディングなし。んでもってサビ終わったら頭に戻して延々と循環させるべき。コード進行的にもそれが適切だろう。34回想シーン
Dragon the FestivalChildhood's End 実際に作ったものなので関連があるファイルはこちらを参照のこと。忘れた冒険心をくすぐるような場所
NervousGORILLA 私なら、イントロの後半~サビ~テーマ1~テーマ2の繰り返しといきたい。コード的な繋がりもばっちりなのだ。問題は……どこでこの曲使っていいか全く思いつかないこと。
 なお、右で「小節数=25」となっているのは、か~~~な~~~リ、手抜きして作った場合の話で、実際本格的に再現しようとすればもっと必要になる。
25???
PassengerGORILLA やめておいたほうがいいと思う。的確な使い道がない上に、この曲のループはイントロを端折らないと難しいので。--
ConfessionGORILLA 実際に作ったものなので関連があるファイルはこちらを参照のこと(ただしデータが先日飛びました)。89エンディング
You Can DanceGORILLA 実際に作ったものなので関連があるファイルはこちらを参照のこと(ただしデータが先日飛びました)。???
Come on Let's DanceGORILLA イントロを省き、1巡目の間奏のみ鳴らしてそこからリピートすれば十分いけると思う。部分的にリズムが細かい所があるが、その辺はパート分けで乗り越えて欲しい。35オープニング
DRESS 同上。少し雰囲気が違うことと、ドラムパートが細かくなったことだけ気をつければ何のコトはない範囲。ベースはシンセベース2を推奨する。35オープニング
GIRLGORILLA 実際に作ったものなので関連があるファイルはこちらを参照のこと。48悲しい回想シーン
Get WildGift for FANKS イントロ1→(イントロ2→テーマ1→テーマ2→サビ)×2、この流れでリピート。58小節になるがやむを得ない。何せTMの代表曲なのだし、それに60小節使っても1ブロックで済んだ曲もあることだし。
 可能なら、『DECADE RUN』のアレンジをしてみると面白いかも。ちなみにベースはシンセ1を推奨。
58オープニング
Maria ClubDRESS ……難しいッす。この曲は上手い所で切れないというか、繋ぎ方がかなり難しいもので……。カジノ?
Don't Let Me CrySelf Control 弱起の典型的な曲なので、打ち込む時はヴォーカル外しでも別段構わないだろう。実際にMIDIを作ってピンと閃いたのだが、キーボードのパートはポリフォニック系の1パートを除いて全てベル系の音にするといい感じ。ギターはディストーションサウンドとミュートを使い分け、ベースはシンセベースで、出力最大。ちょっと早いかなくらいが案外ちょうどいいテンポ。それと、テーマ1からいきなり始め、テーマ2~サビ~間奏でリピートするというのがいい。39別れの場面
DRESS 基本は上と同じ。ただし、より16のノリを強調するべし。ただ、こっちを使うよりは上を使ったほうがいいかもしれない。ちなみに私の場合、この曲を「主人公の身近にいる人と戦わなければならない」というイベントに用いようかと思っていたりする。39戦闘
Self ControlSelf Control イントロを長くしすぎるとえらく冗漫なので、短く加工したい(4小節で十分)。あと、テーマ1を1回にして(通常の半分)、その後ろにテーマ2~サビ~そのあと……以下繰り返しで十分。リズム割りもそんなに細かくないこと、単純なパターンの繰り返しが多いこともあって、仕上げるのは割りに簡単かも。44「やってやるぜ!」なとき
(↑何のこっちゃ?)
All-right All-nightSelf Control イントロはブラスが本格的に入るようになった8小節のみにし、1メロ2回→2メロ→サビ2回→間奏、これで頭に戻す感じでいいんじゃないでしょうか? 間奏は4小節で打ち切ってになるけど。あとは、シンセのパートの処理がかなり大変かもしれない。この曲シンセが多いんだこれが……。40主人公が何か主張を言う時
Fool on the PlanetSelf Control イントロ~Aメロ~Bメロ~サビ、これを延々繰り返すだけで使えるかなと思う。それほど派手さを出さないように静かに演奏させればなおよい。39夜中に主人公たちが語らう場面
Children of the New Centuryhumansystem イントロの出だし8小節くらいをカットすればループで使えそう。問題はDist.EGの派手なアーム弄くりとか。その課題を解決できればいい線いく。57オープニング
KISS YOUhumansystem 変則的な曲なので、イントロ2小節から始めて、速攻テーマ1に行ってそれを2回繰り返し、テーマ2~サビ~テーマ2、それのループという形が妥当なところだろう。パートとしてはギターの音色に注意。34侵入など
DRESS 基本は上と同じだが、よりギターの重要性がアップしている。もちろん2本使用で、16分のカッティングがナチュラル(クリア)トーン、もう1つのコードストロークがディストーション。ベースは適当に選んで欲しいが、お勧めはスラップ系。あとはブラスとその他もろもろのサウンド、ドラムで事足りる。34同上
BE TOGETHERDRESS イントロはとりあえずギターのコードストロークの入る部分から始め、テーマ1~テーマ2~サビ、で頭に、というのがいいだろう。ただし、部分的に2番のアレンジを施したい。底抜けに明るい曲だけに、1番の伴奏だけだと寂しいものがあるし。34大都市
Human Systemhumansystem ヴォーカルの入ってくる21小節目から始めて、テーマ1を9小節演奏した後もう1回~2メロ~サビ~また頭に、という感じのアレンジになる。短いし、比較的おとなしい(自己主張をしない)曲だけに、用途は多いところだ。19小さな町
Telephone Linehumansystem これもまた弱起の曲なモンだが、なんとなくヴォーカルがないと寂しいので、私は「1番のサビ直後の間奏~テーマ1×2~サビ」のパターンの繰り返しを考えたのだが……。これだと比較的自然な流れになる。あとは……AGをいかに聴かせるかとを常に考えたいところだ。28ラブシーン
Leprechaun Christmashumansystem イントロとエンディング省略で、最後「Merry Christmas Tonight」で締めて頭に戻り、またまた初めからという感じ。しかし……AGのパート入りきるかな……?35パーティーシーン
Resistancehumansystem 案外小回りが効かない曲だったりする。とはいえ、かなり緊張感のある曲になっていることから、使い方は右に書いたようなものがいいだろう。その緊張感を演出しているのは絞り気味に音を出しているギターとハイハットの16刻みである。40戦闘直前の武者震い
DRESS こっちは上のバージョンに比べて静かで、ロングトーンの多い曲(悪く言えばのっぺりしている)である。同じ局でありながら上とは全く違う趣から、使い方も大きく異なる。どちらかというと緊張感を持ったまま長く歩き続けるという感じ。50フィールド
Come Back to Asiahumansystem 普段使わないような民族楽器系の音色をふんだんに盛り込んだりして、雰囲気を大事にしていきたい。(テーマ×2~サビ)×2~間奏 という流れを推奨。
 それともう1つ。この曲は雰囲気だけでなくコードも変則的である。臨時記号の付け忘れにご用心。
49変な(失言)村
This Nighthumansystem イントロを間奏と同じにして(16小節)、そこから(テーマ×2~サビ)×2~再び頭に戻る、というパターンでいいと思う。キーボードのパートはあまり前にしゃしゃり出ないように!(前やって気持ち悪いことになった) 無論、ベースは思いっきり強く演奏したい。場合によっては他の楽器でベースを補うなどしてもいいだろう。41エンディング
A Day in the Girl's LifeCAROL実際に打ち込んでみたが、松本孝宏氏に申し訳ないがギターは諦めるしかない。全部打ち込むこと。そうでないと感じが出ない。1番と2番は反復記号で。ループさせないのがよい。78オープニング
Carol
(Theme I)
CAROL 実際に打ち込むと、テーマとして使うのが効果的なので、ストレートラン(ループなし)でテーマとして使うのが良好。53物語のテーマ
Chase in LabyrinthCAROL とにかくリズムパートの打ち込みが最重要。イントロから打ち込み、コーラスの半音上がった部分(53~60小節)まで打ち込み、そこで切ってループさせるといい。ベースはスラップを使用する。60???
Gia Corm Fillipo DiaCAROL イントロ~Aメロ~サビを延々と繰り返すのみ。それだけで十二分に感じが出る。打ち込みの際、ブラスサウンドとマリンバがキーとなるので大事に。イントロは多少省略してもよかろう。長いし。56敵役の狂喜乱舞
Come on EverybodyCAROL ズバリ、サビからの演奏を推奨する。理由は簡単。この曲は戦闘に使うのが妥当だから。ベースはシンセ1のびよ~んなサウンドを使い、サビ→間奏→テーマ1→テーマ2→サビ……といくべし。49戦闘
Beyond the TimeCAROL イントロ省略して1番を延々と回す36小節版でもいいし、102小節の完全版を再現することも可能であるが、面白いアレンジを一つ紹介しよう。ギターの弾き語りにするのだ。(まあ、ベースがいたほうがしっくり来るが……) 繰り返しのフレーズが少ないので打ち込みはかなり面倒だが……。36ガンダムなシーン
(↑待てこの)
Seven Days WarCAROL 実際に作ろうとしたものなので関連があるファイルはこちらを参照のこと。出発のシーン
You're the BestCAROL オープニングのBメロを端折り、間奏をイントロ代わりに使って、AメロからBメロ~サビと打ち込んだほうがスッキリする。マイナーキーの曲だが結構さっぱりした感じになるので、そんな場面にオススメ(ンなモンあんのか?)52???
Winter Comes AroundCAROL パートが3つしかないので(Vo,Piano,Strings)、気合入れて全部打ち込んでしまってもいいだろう。使い道が非常に難しいところではあるが……。87寒空で一人歩きする主人公とか
In the ForestCAROL そんなにパート数がある曲ではないので、打ち込みはいたって楽。エレピとマリンバとオーケストラヒット、Dist.EG1本とベース1本、ヴォーカルとドラム、そんなモンで十分。60追いかけられ彷徨う場面
Carol
(Theme II)
CAROL Carol(Theme II)と同じ使い方をしよう。変拍子の部分でスピード感を出したい。フルバージョンだとものすごい小節数になるが……。108 
Just One VictoryCAROL ズバリ、1メロ→2メロ→サビ→1メロ……を永遠に繰り返すべし。ベースはスラップ1か2、どちらか好みの方を供するように。25小節でRPG用の曲が再現できるのでお徳かも。曲も雰囲気バリバリ(死語)だし。25敵のアジトに攻め込む、など
Still Love HerCAROL イントロ→1メロ×2(Aメジャー)→2メロ→3メロ(B♭メジャー)→サビを繰り返すのが良好。ギターは2本、AGとミュートEG。ただし、ミュートEGのサウンドは強くしすぎないように。50エンディング
Dive Into Your Body  難しいなあ……。パターン1としては、イントロなしで1メロはベース(スラップに限る)で唄い、2メロでサウンドに厚みをだし、サビを繰り返して短くしたイントロを4小節入れてトップに戻すというもの。パターン2が、1メロと2メロを交互に流していつまで経っても終わらんというもの。40
or
16
脱出
or
戦闘
Time to Count DownRHYthM RED 私の思うところでは、ヴォーカルを入れると変になるので、とりあえずギターを走らせておきたい。で、何をするかというと……、テーマ1だけ延々と4回か6回繰り返して、そのあとサビ、で、また再びテーマ1に戻すってーのがいいかなと。また、テンポの速さと16のノリ(BDが……なんだけど)を当てにして、戦闘用かな?32戦闘
Love TrainEXPO 実際に作ったものなので関連があるファイルはこちらを参照のこと。40-
We Love the EarthEXPO イントロはドラムのフィルインとEGの入らない部分の計10小節をカット。後は普通に曲を打ち込んでいく。最後の転調は無し。60自然あふれる村
WILD HEAVEN  実際に作ったものなので関連があるファイルはこちらを参照のこと。61-
一途な恋  転調が激しく、また弱起であることから考えて、完全に再現するのは不可能であろう。唯一可能性が残るとすれば、サビ直前のグリッサンドをいきなりイントロで鳴らして、サビに突入する……という手かな?37???
Nights of the Knife  いきなりヴォーカルの入る部分から始めて、サビから間奏→頭の1メロに戻すという感じで行けば、32小節で済むと思われる。ベースがかなり低い所まで出てくるが、そこは部分的にオクターブ上げるなどして対処。32問答無用でエンディング