第7話、私の好きなTMナンバー

 今の今までこの話をしなかったのがとっても不思議です……。なんつったって、自分のウンチクばっかり語ってちゃ全然意味ない気がする……。というわけで、今回は、自分のお気に入りナンバーの紹介をします。今回は口語体と言うか、話し言葉でいきます。あと、あんまりいろいろごちゃごちゃ話すと野暮ったいので、簡潔にいきます。

 

 最初に聴いた曲が、『Be Together』(DRESS版)で、それが小学校5年だか6年の頃だってのは第1話で話したけど、実は中2のときにどっぷり嵌まるきっかけを作った曲はこれじゃない(もちろんこれもそうなんだけど)。その2曲あとの『Don't Let Me Cry』なんだ。あと、10曲目の『MARIA CLUB』。この2曲に共通するのは、「恋の儚さ」と「愛の絆」。14歳のくせにこういう甘酸っぱいものを求めるなんて、ませたガキだこと……(笑)

 そのあと買ったアルバムが、『SELF CONTROL』なんだけど、その中にも前述の『Don't Let Me Cry』、『MARIA CLUB』が入ってたけど、正直『MARIA CLUB』に関してはDRESS版のがいいなと感じてる。『Don't Let Me Cry』はどっちもいいな~と感じてるけどネ。さ~て、さらに私をTM漬けにするとんでもない曲があるのよ。それが、『SELF CONTROL』、『All-Right All-Night』の2曲。この2曲、メロディと詞の絶妙なマッチングがなんともはぁ~。テーマ『無力な自分』と『愛によって変わる自分』のコントラストが(これ、冷静に考えると『MARIA CLUB』にも当てはまるが)最高! ちなみに自分的に、『Don't Let Me Cry』、『SELF CONTROL』、『All-Right All-Night』が続いているのを、「大三元」と呼んでます。

 そうこうしてる間にも私、どんどんTMの虜になっていってるんだけどね、お約束というかなんというか、当然の如く学生さんは金がない(笑)。なんつったってあたしゃ、小遣いが週1000円ですから(笑)、とてもじゃないがよほど節約しないとCDなんざ買えやしません。というわけで、ボーナス期(盆・正月など)に得た収入で買うしかないわけよ。そんな環境で買ったのが、今持ってるアルバムのほとんど。

 まとめて書いちゃいましょう。私の好きな曲リスト(ただし順不同)は以下の通りです(手抜きか?)

曲名どこが好きなのか 
1974(16光年の訪問者) はっきりしているメロディが好き。とにかくあの不思議で非現実的な雰囲気がたまらん!
金曜日のライオン やっぱりTMの原点だし、それにあのリズム感あふれるメロディがたまらな~~く好き。
Dragon the Festival 金曜日のライオンと同じ理由。パーカッションが締まりのある曲にしてると思う。
Passenger あの不思議な音色というかメロディラインが、何ともはやたまりませ~~ン。
GIRL 静かな曲。メロディが機械的なのにヴォーカルのウツの声がたまらなく切ない。そこがまた最高で~~す。
Maria Club 上記の通り
Don't Let Me Cry
SELF CONTROL
All-Right All-Night
Children of the New Century 今の自分の状況、そしてその先にあるものは自分で見つけるしかないということを教えてくれるような気がする。
Be Together 特に理由はないんだけど、なんとなく……。
Human System これもね、何とも説明できないんだけど好き。
Telephone Line  自分こういう経験ないくせに、なぜか心に染みる。泣けます。
Leprechaun Christmas ん~、何と説明してよいものやら……。
 どうでもいいいけど、『humansystem』の曲って、何と説明していいか分からないけど好きって曲が多い。
This Night 流れるようなベースラインがたまらなく好き。あとサビのコーラスとか、エンディングのサックスの奏でる寂しげな音色とかも泣ける。
Chase in Labyrinth あのテンポよく、小気味いいドラムのリズムが気に入っている。
Come on Everybody いかにもTMってな感じのダンサブルでテンション高く迫ってくるあたり、もう心停止モノです。
Seven Days War あの訴えかけるような歌詞と旋律が何とも泣ける。
Just One Victory あの元気のいいサウンドというか歌詞が、疲れてるときにごっつ効く。
Still Love Her 素朴さ。これがこの曲の良さ。
Dive Into Your Body 歯切れのいい16ビート。これが何ともTMらしくて……たまらん!
Love Train これもねえ……何とも説明不能だったり……。
WILD HEAVEN あの、何にも制約されていない、伸びやかなヴォーカルが素晴らしすぎます~~♪
一途な恋 転調に次ぐ転調により、どんどんテンションが上がってくトコ。
Nights of the Knife 淡々と語られる歌詞に、それを支える静かなサウンド。この曲聴くと必ず泣くし。

 はい、私の趣味の悪さが露見してしまいましたね(首) もちろんこれ以外の曲も好きですよ。