第6話、今のTMに思うことvol.2

 この件について、たくさんの意見を頂きました。そこで、今回は皆様から頂戴した意見を匿名で紹介すると共に、私の最終判決(何のこっちゃ?)を申し上げます。(ちなみに、これで全部です。ホントのこというと、もっと欲しかったなってのはありますが……。)

 今のTMに思うことといえば……変わってしまいましたよね~。TMネットワークが好きな人は、おそらく今のTMはあまり好きではないんじゃないでしょうか?世界観がぜんぜん違うし……。

 もともと哲っちゃんのワンマンユニットだった気がしますけど、それがさらに強くなってしまった気がします。哲っちゃんもプロデューサーだから「時代」を考えないといけないし……。難しいところですね。


 俺の場合、「時流に流されている」感じがするかな。時流に乗ること自体は悪くないが、旧TMは時流に乗るのでは無く時流を作るバンドだった。それが消えてしまったように思う。もう少し路線修正したほうが良いんじゃないの?と思う今日この頃。

振りかえれば有名歌手が新人をプロデュースするのってコムロ先生が最初にやったんじゃなかったっけ?


 今回の意見には同感ですね。今の小室哲哉を一言で言えば「globe構成員の小室 哲哉」でしょう。決して鈴木あみのプロデューサーなどとは呼べず、ましてやTM NETWORKの一員とは脅されても言えません。そこまで来た以上、もはや昔のTMには戻れないでしょう。仮に戻ったとしたらその作品は小室哲哉、或いはファンの意に反した「駄作」で終わるのは見えてます。実際に再結成記念のGet Wild Decade Runは期待はずれだったし。Get WildとLOVE TRAINに関しては理解を示す 友人Kも酷評してました。

TM NETWORK全盛期とは音楽事情も変わってますから、昔のスタイルで来られてもファンとしては幻滅するだけでしょう。個人的には決して大衆に迎合することのない、良い曲を出してほしいですね。たとえ長い時間がかかったってファンなら待てるでしょう。


 正直、Get Wild Decade Runにはがっくり。「TMNぽいじゃないか」という意見もあるようだが、僕にはどこがTMNらしいのか分からなかったです。

 例えば「これこれこういう楽器を使わない」そんなノリが昔のTMN(いや、TM NETWORK)にはあった。その時に流行っている楽器、音楽。こういったものを排除して、それで音楽を作ってきたと思うのです。

 言うならば「僕らはこんなことをやってますよ」それが彼らからのメッセージだったかな、と。「あ、TM」って思う雰囲気。曲を聴いて、「ああ、TMNだな~」と、なぜか感じてしまう「なにか」。

 でも、今は?

 何か、目新しいものがあるのだろうか?もちろん目新しいだけではダメです。その「なにか」を含みつつも、進化したTMN。そういう姿を僕は見たかった。

 今後、彼らの進む道に何があるか、僕は知らない。

 願わくば、その進む先に幸あらんことを。


 進化したTMNの姿って? TMはその形からいけば'80年代のバンドだろう。

 小室氏にとって'90年代のバンドはglobeだし、今のTMはクリス_NKさんが指摘するようにglobeのカラーを纏っている。

 しかし、まだ形の見えない21世紀型バンドに向ってはいない。小室氏は音楽に先進性を求める人物だから、TMも21世紀型バンドへの転身を図るだろうが、すでに'80年代バンドであるTMがこれからどこまで21世紀型に変われるかというのを考えると、とても心許ない。

 このまま進化すれば「宇都宮的声」「木根的音楽」と「小室的進化」の間に深い溝ができかねないような気がする。

 貴重なご意見、ありがとうございました。この場を借りて、厚く御礼申し上げます。

 さて、皆さんの意見を見ますと、「時流」というものに乗せられて、その独自性を失っていると、こう言う意見が出てきています。私もそう思いますね。正直に言って、「GET WILD DECADE RUN」、初めのうちは「オオオオオオオオ」ってな感じで聞いていましたが、な~に3ヶ月もしたら、耳障りな曲だなあと思うようになりました。もともとGET WILDって、あんまり好きじゃないんですが、それを更にダメダメにしたような感じです。小室みつ子さんの詞が一部追加されているのはいいんですが、それを活かしきれていないと思いましたね。

 また、その当時流行っている特定の楽器を使わずに楽曲を作り上げる事、これがTMらしさであるという意見について。これは……一理あります。例えば、TMの曲って、あまり生のドラムを使いませんよね。ほとんどの場合、ドラムマシーンなどのお世話になる……それがTMらしさであると言えなくもないでしょう。ただ、それだけではないと思います。例えば、そういう「流行りのもの」を撮り入れても、それを更に昇華させて、よりよいものへと変えていく……そんな姿がTMにはあったと思います。いわば、ありふれた食材を、感動を与える料理に変えていく料理人……そんな感じです。

 次に「目新しさ」について。……今のTMに目新しさってあるかな……? 上と関連しますけど、やはり他のバンドにない「なにか」……そういうものが失われているのではないかと思います。つまり、「独創性がない」。小室哲哉の最近の音楽は、なんとなく「本歌取り」的な要素が目立ちます。……でも、それは「それまでの音楽が不完全である」という事になるのではないでしょうか? 小室哲哉は「完成したもの」をいじるより、「不完全なもの」を手がけて磨き上げる方を好む人ですから。そういう意味では、「宇都宮的声」や、「木根的音楽」は完成の域に入りつつあるわけですから、興味を抱かない……それゆえTMに本腰になれない……そういうことではないかと思います。

 あとは、「ネタ詰まり」でしょう(笑)。 よくあるのですが、自分の作品をたくさん作っていると、そのうちネタがなくなってきます(これは私も実証済み)。その「詰まり」の時期に復活させたTMだからこその違和感を感じる事もあり、正直もっと練り直してから活動を再開してもよかったかなと……こう思います。

 どうせやるなら、21世紀の先陣を切るバンドとして、本腰を入れてやって欲しいものです。その鍵を担っているのがやはり木根尚登でしょう。新曲をリリースするときは、木根尚登が書いた曲をぜひ入れて欲しいものです。やはり一番古い付き合いだけに、宇都宮隆の全てを引き出せる人でしょう。ネタ切れの小室に力を供給する事のできる唯一の人であるといえるかもしれません。

 試しに全編木根尚登プロデュースのアルバムを(もちろんTMの)作ってみたらどうなるでしょうね……? 一度聴いてみたいものです。最近の歌には、「とげとげしさ」ばかりが強くなってしまったような気がするので、ここは一つ、温かみのある曲を作って売り出してみたらどうでしょうか?