第5話、今のTMに思うこと

 先日相互リンクを締結した秋月信彦さん(やはりTMのファンである。)のサイトにて、今のTMについて、かなり手厳しい意見があった。「今のTMはちょっと……。なんかglobeのなれの果てになっているのでは? やはり小室哲哉が俗物と化したせいか?」……以上、掲示板から引用……というものだった。これに限ったことではないが、今のTMに抱く感情とは人それぞれであると思う。私自身は、こう思う。


「1999の年、7の月、空から恐怖の大王が降りてくる……」 実際に降りてきたのは、再結成したTMであった。再結成第1段のシングルは、周知のとおり"Get Wild Decade Run"である。その直後に、"10years after"という完全オリジナルの曲をリリースし、さらには同年12月"Happiness×3 Loneliness×3/80's"をリリース。"Happiness~"のリミックスアルバムや、"GetWild/BeTogether"の原曲もリリースしている。

 だが、それらを聴いて私は少なからず違和感を覚えた(違和感を覚えたのは私だけではなかったようであるが)。何が違和感かといったら、サウンドである。正直に言って、これはTMかと疑わしくなってきた。そりゃまあ、ヴォーカルは宇都宮隆ですけどね、やっぱり変。やはり昔のサウンドとは明らかに異質なものである。

 この原因は何だろうかと私なりに考えてみる。すると、まず小室哲哉が宇都宮隆の声のトーンを勘違いしている(……あれ?どっかで書いたような覚えが……。)ということが浮かんだ。しかし、冷静に考えると、これは有り得ないものだ。20年近くいっしょにやってきた人間の感覚をそう簡単に忘れるものでもないし、第一TMが終了してからも小室哲哉は宇都宮隆に楽曲を提供するなり編曲に携わるなりしてきたのだから。そもそも宇都宮隆・木根尚登(この2人は中学の頃からの知りあいだそうで、かれこれ30年来の付き合い)と小室哲哉が知り合ったのが、18の頃だそうである。この時期に知り合った友人のことを忘れるとは、薄情もいい加減にせいという感じである。

 で、結局のところ何がいけないかというと、私なりの結論はこうである。

  1. まず、この5年で小室の感性がTM本来の感性と著しくかけ離れてしまった。
  2. ギタリストKENとDJ DRAGONがバンドメンバーに参加している⇒globeのサウンドが混じる。
  3. 木根尚登の存在があまり表に出てこない。
  4. <総括>言い出しっぺの小室哲哉がTMを軽く扱っている。

1については、この5年間の小室哲哉の活動を見れば一目瞭然である。trfに始まり、篠原涼子、安室奈美恵、華原朋美、globe、鈴木あみ、(true)KissDestination……。全員女性ヴォーカルであり、サウンドも少々癖のある音である。こういう曲ばかりを書いていたので、いざTMをもう一度やろうと思っていても、癖を抜ききることが出来ないのではなかろうか。(まあ、TRFもTMっぽいサウンドが少し残っていたが……他がねえ……。)

 私は国文学の専門家ではないのだが、小室サウンドは和歌と似たような変化をたどっていると思う。具体的に言うなら、TMの頃は、「万葉集」に近いものを持っていた。すなわち、「ますらおぶり(=男らしさ・力強さ)」「素朴さ」「哀愁」といったものを持っている。(もっとも「哀愁」は木根尚登のアレかもしれんが……。) その後のtrf、篠原涼子、デビュー時の安室奈美恵が、いわば「古今和歌集」である。つまり、「たおやめぶり(=女性らしさ)」なものが目立ち始めてきている。そしてglobeが世にその楽曲を送り出してからは……まさに「新古今和歌集」である。新古今和歌集の特徴は、「技巧的(はっきり言っちまえばマニアック)」の一言。で、その後の和歌については、ご存知のとおりあとは腐って落ちるだけ(石化)。明治になって初めて万葉調の和歌が再注目されていくのである。 これを私は「TKの和歌理論」と呼んでいる。

 で、今のTMはその「新古今和歌集」を引きずっているが、それをいっそう危ういものにしているのが2で述べるところのギタリストKENとDJ DRAGONのサポートである。別にサポートすんなと言うわけではない。本来globeのサポートメンバーである彼らをTMに使うということで、けじめがなくなってしまっている。つまり、globeのマニアックな音にTMを染めているに等しいことになると、こういうわけである。

 3について。先ほど挙げた曲の中に木根尚登が書いた曲がないことと、アコースティックギターをフルに聴かせるようなサウンドがないことから、木根尚登がその真価を発揮していない。これは重大なミスである。やはり木根尚登がいないと締まりのないサウンドになるような気がするのだが……いかがだろうか? "1974"など、あれだけテクノっぽいサウンドにもかかわらず締まりがあるのは、12弦ギターのためであると言えると思う。

 で、総括の4。つい最近復活ライブを行ったTMだが、その他に宇都宮隆も木根尚登もソロ活動を行っているし、小室哲哉もglobeをはじめとするプロデュースを続行している。デビュー時に、小室はこう言ってウツと木根とでデビューしたという。

 「2人とも、僕の性格はよくご存知でしょうが、」
 「気まぐれ屋だということはご存知でしょうが、」
 「でも、このバンド(当然TM)に関しては本気でやるんで。」
 「だから、2人とも他のバンドなんてやってないで、このバンド(TM)に賭けてみないか?」

これほどまでに気合を入れてきたTMである。だからこそ力強さの中に人をひきつけるものを持っていたと思う。翻って今のTMはどうだろう。小室自身がTMに対して熱意を持っていることが感じられない。本当に、お遊びでやっているとしか思えない……というのが正直な感想である。また、TMの曲をカバーするというのも、他のヴォーカリストたちと宇都宮隆を同じとみなしていると考えられはしないだろうか。私自身、これには納得がいかない。TMの楽曲は宇都宮隆の声でないと合わないと思う。カバーするヴォーカリストに合わせて移調すればなおの事だ。

 比較的新しいファンである私がこのようなことを言うのも口はばったいものだが、やはりTMをこよなく愛するものとして黙っているわけにはいかず、今回筆を執った(?)次第である。再結成の話を聞いたときは狂喜乱舞したものの、それ以来なかなかシングルをリリースすることもなく、サウンドも正直言って興ざめするものであるが故に、非常に残念でならない。 今のままでは、TMなんかと軽んじられても反論することも出来ない。ファンとしては、一刻も早く「力強い『万葉調の』TM」が戻ってくることを切に願う次第である。私はそれまではTMのファンであり続けるし、またその日を待ちつづける所存である。それがファンの使命だからであると考えるからだ。

 ただ、これだけは申し上げておく。私は、「昔のTMに戻れ。」といった懐古思想の持ち主ではないし、そういうことを言いたいのではない。誰だったか忘れたが、「楽曲は進化する」といった人がいた。小室哲哉もそういう考えの持ち主であるが、今のサウンドでは、「進化」ではなく「脱線」としか思えない。その脱線を元に戻していき、なおかつ本来の線路を突き進んでいく……そういう形で、昔のTMから、より優れたものになっていくことを希望しているのである。その行きつく先は過去の栄光ではなく、新しく、且つかつての趣を残しつつもある、木根尚登、宇都宮隆、そして小室哲哉が三位一体となって作り上げたすばらしいサウンドであって欲しい。

 

 今回の「小噺」については、皆さんの思うところの感想をぜひお聞きしたいと思います。「それ間違ってるって絶対」とか、「納得がいく」という内容のもの、何でも構いません。ぜひ、今のTMに対する思いを爆発させてください!

 ご感想はこちらへ……⇒MailCHRIS_NK■NIFTY.COM(すべて半角英数字小文字、■は半角@に変えて)