第4話、BE TOGETHERと調性
~親父の不用意な(?)発言で皿が何枚か飛んだ話~

 確か昨年末の「夜もヒッパレ」スペシャルだったと思う。1999下半期チャートのベスト100(50だったかもしれないが……。)の中に、鈴木あみの"BE TOGETHER"が入っていて、それを本家本元のTMが歌ったことがあった。私はそれを楽しみなんてモンじゃなく待っていた。そもそもTMがテレビに出るということがほとんどない……って当たり前か……。今まで「終了」してたんだから……。で、聴く。それを聴いてウチの親父が一言。
「音外れてんじゃねえか?」
 その瞬間、ジェノサイドカッター炸裂。親父に言ってやった。「親父は鈴木あみの方を基準にして言ってっから外れてるなんて言えンだっての。俺に言わせりゃ、鈴木あみの方がどうしようもなく調子っ外れなんだよ!!!!!(- -)←かなりキレてます。」 TMの悪口ともなろうものなら、親父でさえも容赦しない……これが私の生きる道(爆)。全く、ハ長調しか知らないんだから……(?)。

 で、本題。なぜウチの親父が「音外れてる」と勘違いしたのだろうかということについて、今回は語ることにしましょう。別にウチの親父が音痴だとか、そういう訳じゃありません……いや、それもあるかも(苦笑)。で、それが私に見事なまでに遺伝したと……こういう訳ですな(オイオイ……)。


 それは置いときまして、BE TOGETHERですが、もともと(=つまりTM版)Bメジャー(サビはCメジャー)になっています。ところが、鈴木あみバージョンはBメジャーじゃありません。旋律そのものは同じですが、キーが一定の割合だけずれています。同じ曲でありながら、音が外れているように聞こえるのは、この「移調」が原因だといえるのではないでしょうか。

 でもでもねん、私に言わせれば、Bメジャー(くどいようですが、サビはCメジャー)でないBE TOGETHERはBE TOGETHERとはちょーっと違う聞こえ方になるのよねん。そんな気がしてなりません。というわけで、私は別にTMの曲をカバーすんなとは言っていません。ただ、カバーするのであれば移調しないで欲しいなと、こう言いたいのです。で、やっぱり移調すると、その曲のイメージが変わってしまい、変な気分になってしまうこともあります。ちなみに木根さんも『しくじり先生』でこの辺の話してて、「BE TOGETHERカラオケで歌ってください」とか言われて歌ったら鈴木あみ版でキーが違って参ったことありましたと話してました。

 小室さんだって、ホントなら移調したくないと思うんですがね。だって、TKが一番TKらしいのって、TMの曲を演奏しているときだと思うんですよね。安室奈美恵やglobeの曲は「売れる曲」、TMの曲は「楽しむ曲」だと私は思うです。 もっとも、同じ移調でもウツの声で移調するんであれば全く問題なし!!(笑) とにかく、私にとってのTMとは、イスラム教徒にとってのアラーに等しいかそれ以上に(誇張しすぎ爆)尊い存在ですんで、もし万が一その名誉を傷つけたりなんかした場合……
「ド・ド・ドリルで大暴走 レバーを回してC連打~ 痛ぇかいっぺん死んでこい 誰にも遠慮はしませんよ」
と相成ります。(ドリフのテーマに乗せてどうぞ。ちなみに昔のネオジオフリークから失敬。)

 なんかここ、10日記のノリが感染ってきてるような気が……。