第3話、「RPGツクール」とTMの曲

 このホームページの中で何度も話していることだが、私は「RPGツクール」でオリジナルのゲームを考え、作成している(正確には完成しているのだが……)。実は、そのときに役に立っているのがTMの曲なのだ。具体的に言うなら、次のような役割を担っている。なお、以下の文では一切の敬称を略させていただきます。


1. 想像力・創造力の増幅

 早い話が、TMの曲を聴いているときに限ってアイデアが出てくるのである。例えば魔法の名前が出ないとき、英和・和英辞典とにらめっこしながら、または他のゲームの攻略本を穴があくほど見ながらTMの曲を聴くと……アイデアが出てくる。敵の名前が出ない……また聞く。するとひらめく。どういうわけか知らないが、そうなのだから仕方がない。

 この間、アイデアが詰まったときにglobeの「Love again」を聞いたら、ますますアイデアが出なくなってしまった(現在は軟式globeの影響が恐ろしく強くなってしまい、この曲聞くと暴走する)。同じ小室哲哉作曲(TMの場合は木根尚登作曲もあるが、編曲はTKがやっていることが多い)なのだが……やはり宇都宮隆の声は人の思考能力(特に発想力)を活性化させる働きがあるのではないだろうか。

 関係ない話だが、最近の青少年犯罪の原因は何かを考えてみると、彼らはひょっとしたらTMを聞いたことがない世代なのではないだろうか? 何が言いたいかというと,「青少年犯罪の原因は、TMの曲を聞かないからだ!」ということである……って、なんかムチャクチャブッ飛んだ発言じゃのう(笑)。とにかく、TMの曲は教育上よろしくない発言もほとんどないし(絶対ないとは言い切れない)、むしろ人の心のやましい部分を洗い流す曲しかそろっていないと思う。そういう意味で、TMを聴こうと言いたいのである。

 宇都宮隆の声はやや高めのトーンだが、シャウトするようなことはほとんどない。歌い方が自然体なのだ。その声は、長年付き合ってきた木根尚登をして、「ガラスのような透き通った声」と言わしめるほどである。そんな声を聴いて荒んだ心を持ってしまう人はいないと思うが……いかがだろう?

2. 魔法などのネタ

 良くあるパターン。気に入っているアルバムからネタをし入れるケースはかなり多くの人が用いている(と思う)。実際、「ツクール2」のサンプルゲーム(だんきちの……何だっけ?)の作者である桃栗たきこも、小沢健二のアルバムからいろいろと失敬しているとおっしゃっている(「ツクール2」ガイドブック 実践編を参照)。過去、TMの曲から失敬することにしたのは……前作「ドラえもんX」の、ジャイアンに歌わせる曲とかだったと思う(ここんとこだけ企画書が抜け落ちてて、不明瞭)。まあ、あまりお世話にならないほうがいいのだが……。だって、それって著作権に抵触するし……。あ、一番大事なの忘れてた! アルバム「CAROL」のバックストーリーから、ジャイガンティカとかパクりまくったんだった! って言うか、「CAROL」ってそのままゲームになりそうな気もしないでもないんだけど……どうかにゃ?

3. ゲーム中のキャラとして

 これをやると、正気の沙汰ではないと思われるだろう。だが本当である。特に木根尚登に関しては、主人公キャラでずっと通してきた。理由は、主人公キャラの名前に使える文字数が5文字(漢字も使えるが、その中に木・根・尚・登はない。)だったから。ちなみに宇都宮隆は、武器として登場(オイ!)。もちろん使えるのは木根尚登のみ。使い方は……ジャイアントスイング(笑)。小室哲哉は、敵として登場することもあったし、NPCだったこともあったし。でもやっぱり問題あるかもしれないよね、いくらなんでもジャイアントスイングってのは……(笑) これについては、「RPGツクールのお話」を見ていただいた方が早いと思う。


 とにかく、そういう感じで、TMの曲は私の創作活動のお供として欠かせない物になっていマス! 皆さんも聴くべし! 聴かないと……弱P、弱P、→、弱K、強Pですぞ(何が発動するかは……お・た・の・し・み)!