第2話、私とTMの出会い2 (最高ですか~編)

 いつの間にやら私も中学生になっていました。それまでスポーツが苦手だった私にとって、部活というのは結構キツイものがあって大変だったけど(ちなみに私は中学時代バレー部だったにょ。)、それ以上に大変だったのが勉強。宿題の量が小学校のと比較にならないくらい多い! そうこうしている内に、娯楽の時間が減ってきているような気が……と思い、中2の秋、家にあったテープを適当にあさってたら、まためっけたのね、例のテープ。その中には「BE TOGETHER」のほかに「KISS YOU」「DON'T LET ME CRY」「COME ON LET'S DANCE」「SPANISH BLUE」「GET WILD '89」(以上、「DRESS」バージョン)、B面には「DIVE INTO YOUR BODY」のほかに小室哲哉のソロアルバムの曲「RUNNING TO HORIZON」が入ってて、そのあとは例の「日本昔話」(爆笑)。昔話はおいといて……、いざちゃんと聞いてみると、どの曲も私の心の琴線に訴えかけてくるからすごい! でもでもねん、そのテープの出所がはっきりしなくて、「これ、誰の何ていう曲だろう」とか全然わかんなかった。なんか、いつのまにか家に住み着いていた(?)テープだったらしく、親父に聞いてみても「わからん」の一言。

 そしたら、その答えは他に数本あったテープの一つに隠されていた。ラジオ番組を録音したものだったんだけど、その中で「それではリクエストにお答えしましょう、TM NETWORK ”GET WILD”」っていう一節があった(しかも掛かってきた曲が「昔話テープ(爆笑)」の中の曲に酷似)こと、さらにお便りの中に「TM NETWORKの皆さんこんばんわ」ってのがあったことから、TMの名前を知ったと……こういうわけですな。

 ハイ、ここで注目。私は1980年生まれで、中2(14歳)のとき1994年ですね。ってことは……、私はTMを知ったとき、すでに「終了宣言」を出していたということになるわけです。それを知ったのが……いつだっけ? 忘れました(バッカモノ!)。思わず、「ナニ~~~~~~~!」と叫んでしまいそうになったりしたし……。でも、いい曲だという私の評価は変わることなく、その後もこうしてファンであり続けたわけです。

 で、その「昔話テープ」なんですけど、「BE TOGETHER」の1番のサビの部分までバカ話に蝕まれていたんで、CDを買って修理(笑)。とりあえずアーティスト名と歌詞だけが手がかりだったんだけど、一発でお目当てを見っけたのねん。で、早速ダビング開始(ただし、私はこの当時自分のCDプレイヤーを持っていなかったので、知り合いのを借りた)。はっはっはっは~~~! 復元成功!