「鉄辞苑」第5回 米坂線のウンチク


<米坂線路線データ>

区間
米沢(山形県)~坂町(新潟県)、全長90.7km 地方交通線
駅数
20
路線状況
単線、非電化
全線走破所要時間
平均2時間20分程度
使用車両
現在はキハE120系・キハ110系(ほぼ全列車ワンマン運転)。かつてはキハ52系などの旧国鉄時代からの車両が走っていた

 新潟から仙台に戻るときに利用しました。いっちゃん最初に全線制覇した地方交通線だったりします(男鹿線はあと1駅で全線制覇なんだけど)。え、「地方交通線」って何じゃらほい? 今回のテーマはそれだったりします。

 JR6社は、全ての路線に「幹線」「地方交通線」のグレードをつけています。幹線が人や貨物の輸送において重要な路線、いわゆる地域密着型のローカル線が地方交通線といえば分かりやすいでしょう(実際は幹線の中にもローカル化しちまった線はあるんですけどね……)。

 じゃあこの2つ、何が違うのかといいますと、運賃が違うのでございます。時刻表を開くと、地方交通線のキロが2種類書いてあります。一つは実際の路線の長さを表し、運賃算出に用いる「営業キロ」(注:言うまでもなく、幹線のキロは営業キロだけ)、もう一つは、地方交通線と幹線とを一度に乗るときの運賃計算に使われる「換算キロ」(JR四国・JR九州では「擬制キロ」と呼ぶ)です。よく見ると、換算キロ・擬制キロは営業キロの10%増しであることに気がつくでしょう。そう、地方交通線の運賃は幹線の運賃の10%増しになるのです。何やかんやでローカル線の維持費って結構かかるもので、そう考えると1割り増しでも文句言えないのかなー、とか思います。

 ところで、さっきもチラッと言いましたけれども、幹線にしろ地方交通線にしろ、運賃を決めるのは駅と駅との距離だけです。決して駅の数という要素は混じってないので注意しましょう。ところが……この運賃計算、皆さんは時刻表とにらめっこしてやったことありますか? これがまた麻雀の点数計算と同等の面倒臭さだったりします(ちなみに私は、当然のことながら両方できますが)。

 ちょっと前まではJR6社全部同じ運賃だったので、単純に営業キロや換算キロを用いる方法を全国統一で行えたのですが、いつからだったか忘れましたけど、JR北海道・JR四国・JR九州が運賃の値上げをして、そのせいでJRの管轄をまたいで列車を利用するときの運賃がすさまじく面倒になってしまいました。

 詳しいことは時刻表に譲るとして、基本となるやり方を軽く説明しておきますと……幹線だけ、地方交通線だけの場合は、営業キロで運賃が求まります。(JR四国・JR九州の地方交通線だけを利用する場合は擬制キロだけで運賃を求める)、幹線と地方交通線を乗り継ぐ場合は、幹線部分の営業キロと、地方交通線部分の換算キロ(擬制キロ)とを足したもので運賃を求めるというのが大まかなルールです。

 試しに一度やってみると、多分嫌になります(^^; でも、運賃計算ができるようになるととっても楽しかったりしますので、余裕があるならこの方法を勉強してみてもいいかもしれません。