「鉄辞苑」第3回 羽越本線のウンチク

<羽越本線路線データ>

区間
新津(新潟県)~秋田(秋田県)、全長271.7km  幹線
駅数
59
路線状況
単線/複線  全線電化(直流/交流)
詳細は羽越本線 - Wikipedia参照のこと
全線走破所要時間
接続状況にもよるが、各駅停車なら5時間以上は間違いなくかかる。
使用車両
 普通列車は新潟県内では主にE127系、115系、キハ40、キハ47、キハ110系、キハE120系など。特に新津-新発田間は気動車の使用が多い。村上-酒田間では国鉄系気動車(キハ47、40など)が活躍。酒田-秋田間は主に701系電車を使用。特急はその大多数が485系。

 たまたま母方の祖父が羽越線沿線に住んでおりますので、乗る機会はそれなりに多い羽越線。以前秋田に行くとき、この線を経由していったことがあり、その時に全線走破しました。では、今回のお話はその羽越線にまつわるエピソードをお話しましょう。

 この羽越本線、運行形態が4つのエリアに分かれています。

新津-新発田間
 この区間は主に気動車が使われている。両数も1両から3両と、比較的短い編成のものが多い。この区間にある水原は、冬季に白鳥が訪れる湖、瓢湖で有名である。
新発田-村上間
 新潟方面から来る電車が幅を利かせているが、一部新津からの気動車も入る。6両前後と、比較的長めの編成も目立つ。羽越線の中で最も列車の本数が多い区間でもある。
村上-酒田間
 羽越線は全線電化されているのだが、どういうわけだかこの区間では各駅停車に電車が供用されていない。最大の謎であるが、これについては後ほど解説を。この区間は、車窓から日本海を見渡すことが出来たり、庄内平野の中を駆け抜けたりすることになる。
酒田-秋田間
 701系電車の天下。田園風景を一望することになる。

 さてさて、この区間を利用したことのある方なら分かると思うのですが、実は村上から先の各駅停車に電車が使われていないのにはワケがあります。その訳とは……「デッド・セクション」と呼ばれる罠が仕掛けてあるからなのです。略してD.S……ってヲイ、誰だ今「ダル・セーニョ」なんつったのは?!(笑) セーニョに戻ってどうする?!(爆笑)

 で、デッドセクションってなんじゃいとお思いの方に解説しましょう。デッドセクションというのは、電車の動力源として使われている電流のタイプを変えるために、一時的に電流の供給をストップする区間のことをいいます。具体的に言うなら、村上から南(新津側)は直流、それ以北(鶴岡側)は交流電源が使われているのですが、その切り替えを村上駅のちょっと北の線路上で行っている訳です。当然電気の供給が止まる訳ですから、車内の明かりは一斉に消え、冷暖房も一時的に止まり、電車そのものも超徐行運転になります(完全に止まらないのは惰性が働いているから)。その間に、車内の電源からまりのスイッチを入れ替えて、受ける電源の種類を切り替えるという訳ですな。

 で、なんでこういう面倒なモンが存在するかというと……簡単に言えば、工事した時期の違いってワケです。割に新しく電化されたトコは、交流なんですけど、これ、実は交流の方が発電機だかモーターだかが作るの簡単らしくって、そのせいで最近電化されたトコは全部交流になってます。

 ちなみに、厳密に言うと直流と交流を切り替えるだけでなく、交流どうしや直流どうしであっても電源の種類(違う電圧・周波数)だったり、発電所や鉄道会社の違いにより電源の切り替えをすることになる区間は津々浦々にあり、そういうところには必ずデッドセクションが設けられています。とはいうものの、こちらは交流と直流が違わないので、列車の中でいろいろ面倒なことをしなくても済むわけではありますが。

 このような切り替えポイントは、日本全国で見ると村上-間島含めて9箇所存在します。各セクションの詳細については、日本のデッドセクションに詳しく書かれています。

線名直流側の駅交流側の駅備考
東北本線黒磯(駅構内で入れ替え。通常の列車はすべて黒磯駅で専用ホームに分けられており、直通の貨物列車のみ交直切り替えあり。交流の列車は4・5番線使用)
このセクションに関しては2017年中に移設され、黒磯駅構内が全て直流電化に、セクションが黒磯-高久間の本線上になります。
常磐線取手藤代下り・取手を出てすぐ
水戸線小山小田林小山駅進入直前に
羽越本線村上間島上記の通り
えちごトキめき鉄道梶屋敷糸魚川第3セクター唯一の交直セクション
七尾線津幡中津幡七尾線進入後
北陸本線敦賀南今庄北陸線には2ヶ所存在
山陽本線下関門司門司駅直前・関門トンネルを出た直後
つくばエクスプレス線守谷みらい平JRに関係しない私鉄では唯一の交直セクション