クリス_NKの鉄道写真 アルバム4ページ目

 写真をクリックすると大きい写真を見ることが出来ます。

その60、私です。

サムネイル以上。スーツ着てるのは就職の面接に行く最中だったから(面接が終わって帰って来る最中だったかもしれませんが)

その61、仙台市営地下鉄と仙石線の乗り継ぎ

サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル

 実は仙石線の仙台駅から地下鉄の仙台駅までは意外に距離があるんですね。ということで、仙台で全部折り返しじゃたまらない、ということで生まれたのが新しい始発駅、あおば通駅。ここからだと専用の乗り換え改札をくぐるだけであっという間に乗換えができるようになっています。

 ただ、一つだけ問題がありまして……仙石線ホームと地下鉄ホーム、直角に交差しているんです。つまり、階段も途中で曲がってるわけで。エスカレーターもどうにもならない上に、エレベーターの設置も困難と来たわけで。仕方がないから車椅子用のスロープ(108番)を設けたりして何とかしのいでます。

 ちなみに写真に収めた2枚の地下鉄車両ですが……どっちも乗り損ねたものです。改札まで気合で走ってホームに駆け込もうとするも、自動改札機が遮断、私はその遮断を突き破ってホームに吹っ飛び、とんでもないことになってしまいました。7分待てば次のが来るのにねぇ……。

その62、最近の私のアジト(思いっきり違)

サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル

 通っている医院が須賀川にあるもので、医院開院までは須賀川駅でじっくり待機しなければなりません。普段はここで本読んだりゲームのネタ書いたりしてるんですが、たま~に水郡線の臨時列車があるとここから電車(郡山方面)、ということにもなります。それにしてもこの無理やりS字のところに取り付けたようなホーム、何とかなりませんかね? 貨物列車は悲惨な思いしているんじゃなかろうかと。制限速度70まで下げなけりゃならないようですし。

 で、116番の写真……これは須賀川市の名物である「松明あかし」のときの太鼓の音を奏でるからくり人形なんですね。なんともぎこちない動きですが、愛嬌はあります。松明あかしは日本三大火祭りの一つで、自作RPG、『ELDORADO of the CHILDREN』にもモンスターとして登場してもらってたりします。

その63、何設置するかはわかったから。

サムネイル サムネイル

 改札付近になにやら物騒なものが取り付けられましたが……私の予想では多分この形からして自動改札機じゃなかろうか、と思ったんですね。そしたら2009年3月14日のダイヤ改正で、Suicaの利用地域が拡大、東北本線は矢吹まで来るそうで、便利な世の中になったもんだね、と一言。もっとも私はほとんど使わないので意味ないんですがね……。磐越西線でも利用するわけじゃなきゃ郡山で降りることなんかまずないわけですし。

 しかし、納得がいかないのは磐越東線が船引までSuica使えるってなったのに、磐越西線がまだだということ。なぜ? 磐越西線は幹線よ、磐越東線は地方交通線よ。その辺の判断がビミョー。

その64、2014年のJR泉郷駅。

サムネイル サムネイル サムネイル

 ちょっと前までは思いっきりどピンクに塗られた気持ち悪いカラーリングだったんですけれども、先日写真を撮りに訪れたら白く塗られてました。そんなところで3枚撮らせてもらいました。最初見たとき「土蔵みたいな色になってるなぁ……」という印象を受けましたけど。

その65、ワンマン列車の乗り降りの仕方。

サムネイル
 水郡線内のワンマン列車の乗り降り方法の案内です。ちゃんと水郡線色のキハE130系の塗り方になっているのがポイントですね。

その66、私の住んでるのはこの辺です。

サムネイル
 石川町野木沢地区の簡単な地図が載っていました。私の住んでるエリアはこの地図のあたりにあります。

その67、水郡線絵画展。

サムネイル
 水郡線沿線の小学生が、水郡線のかかわっている絵画を描いてます。大人の視線で見た水郡線列車ではなく、子供の目線から見た水郡線というのもまた面白いものがあります。「配色とか違うべ!」なんていわずに見てみましょう。

その68、2014年のJR野木沢駅。

サムネイル サムネイル
 こっちは私が高校生だったころと何一つ変わってない野木沢駅です(※高校生時代に大きく変化を遂げました。昔は重みのある木造だったんですけどねぇ……)。GPSで現在の列車の位置を知らせるLED看板が特徴的といいますか。

その69、泉郷駅のGPS。

サムネイル
 こっちは液晶ディスプレイで現在の列車の位置を知らせてくれます。あと何分ぐらいしたらやってくるんだろうというのが一目でわかります。この状況だとあと5~6分で到着しそうですね。