「鉄辞苑」第6回 山陰本線のミステリアス現象


<山陰本線路線データ>

区間
京都(京都府)~幡生(山口県)、全長673.8km 幹線。
他に長門市~仙崎間2.2kmの支線(こちらも幹線だが、実質は美祢線の延伸区間のような運行状況となっている)を持つ。
駅数
158+1
路線状況
二条~花園間・嵯峨嵐山~馬堀間・綾部~福知山間・伯耆大山~安来間・東松江~松江間・玉造温泉~来待間複線。
京都~城崎間・伯耆大山~西出雲間直流1500V電化。城崎~伯耆大山間・西出雲~幡生間非電化

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 より引用。
全線走破所要時間
本数と接続の関係上、たぶん丸一日かけても無理(汗)
特急列車も案外接続がしっかりしてないし……。
使用車両
もうそれこそあげたらキリがないので省略。

 2002年12月1日の東北新幹線八戸延伸に伴う盛岡―八戸間の第三セクター移行に伴い、東北本線の営業キロが631.3kmになってしまったのを機に、JR線の営業キロとして最も長くなった山陰本線。東北人としては何気にすげー悔しいんですが(つーか、何で新幹線新しく通すと在来線ば切り離しに掛かるわけ?>JR東日本・JR九州)、まあ、それはそれで仕方がないので愚痴るのはやめにしましょう。

 で、この山陰本線、昔は京都から長~~~~~~い距離を通しで走る列車がいっぱいあったんですけれども、今は運行経路がいくつかに分かれてしまい(どんな感じに分かれているかは各自時刻表でチェックしましょう)、しかも肝心なところで接続が思わしくない、という、『青春18きっぷ』ユーザーにはあんまりありがたくない路線ではございます。

 ただ、特急列車は案外走っているんです。ただ、山陰本線を初めから走るんじゃなく、福知山線、播但線、因美線・智頭急行、伯備線などを経由して山陽本線・山陽新幹線側から入ってくる、というパターンがかなり多かったりします。まともに山陰本線を長距離走る特急って、「スーパーまつかぜ」や「スーパーおき」(「スーパーおき」は益田から山口線で新山口(旧:小郡)に抜けるけど)ぐらいじゃなかろか……。

 まあ、それはそれでいいとして……なにげな~~く山陰本線のページを読んでたら、とってもミステリアスなものを発見しちゃったんですよ、ねえ、聞いて下さいよ皆さん。なんとなんとなんと、「特急が特急を追い越す」という珍妙な現象を見ることが出来るのです!
 まあ、普通の線区でもよくあることです、追い越し、ってのは。複線・単線に限らず後発の特急や快速に各駅停車が道を譲ったり、ねえ(ただ、単線の場合の追い越しは案外多くないけど。少なくとも磐越西線や仙山線では見たことない)。ですが、どういうわけか特急が特急を追い越しちゃうんです、山陰線のある区間では。

 その「ある区間」とは、米子―出雲市間。山陰線の数少ない電化区間(+複線区間)です。

 事件が起こるのは通勤ラッシュも終わってさぁみんな働くぞー、という10時ちょっと前。寝台特急「出雲」が米子にやって参りました。……ところがいつまで経っても発車しません。そのまま8分経過……後ろからL特急「やくも1号」が入ってきました。……そーかこいつが来るのを待って……っておい、「やくも1号」がさっさと発車しちまったじゃねーか(汗) 待ちぼうけを食らった「出雲」、結局21分も米子駅で停車する羽目になってしまいました。
 やっとこさ発車、ところが異変がまた起こってしまいます。米子の次の次の停車駅、松江にて……なんか知らんがまた止まったまんま動かんぞ、なんだ、おい、別なホームに新山口行きの特急「スーパーおき3号」が入ってきて……マタオイヌカレタヨ、セキニンシャデテコイ!

 実際に時刻表を見てみましょう。(注:3列車とも通過する荒島・揖屋・東松江・乃木・来待・荘原・直江は省略。↓は通過)

駅名(寝特)出雲(L特)やくも1号(特)スーパーおき3号
米子9:269:349:57
9:479:359:59
安来9:579:4210:07
松江10:2610:0010:22
玉造温泉10:28
宍道10:4210:18
出雲市10:5710:3010:46

 もう見事に抜かれてますね(苦笑)潔くて大変よろしい(?)

 で、まーさか上りはそんなことあんめーと高を括ってたら……マタ「イズモ」ガヌカレテルヨ!

駅名(寝特)出雲(L特)やくも28号
出雲市17:3917:51
宍道17:5418:05
松江18:2118:18
安来18:4218:33
米子18:5118:41

 嗚呼、特急に抜かされる不憫な特急「出雲」……


※「出雲」の名を冠する寝台特急は2種類あり、一つは京都から山陰線にすぐ入ってしまう客車型「出雲」、もう一つが京都から山陰線に入らず、岡山まで山陽線を走り、そこで高松行きの「サンライズ瀬戸」と切り離し、伯備線に入る電車型の「サンライズ出雲」の2種類がある。サンライズのほうが東京発は1時間弱遅いが、終着の出雲市到着はサンライズのほうが1時間弱早い。おそらく客車出雲は単線区間があることや(その牽引力ゆえに)速度が出せないこと、サンライズは完全電車で、なおかつ高速運転が可能な山陽線・伯備線を経由することからこのような差が生じるものと思われる。

 なお、上記のネタは2003年10月1日改正のダイヤで確認されたものですが、結局このおかしな(?)ダイヤ、2004年3月13日改正でも直ってませんでした(涙)

現在は客車寝台特急出雲(京都から山陰本線経由)が廃止になり、電車寝台特急サンライズ出雲(倉敷から伯備線経由)のみになったのでこういう現象は起こりません。