クリスのピンボケ写真館(T T) アルバム3ページ目

 写真をクリックすると大きい写真を見ることが出来ます。見終わったら、ブラウザの「戻る」を押して戻ってくださいね。


 

その43、仙石線起点

 仙石線の始発駅・あおば通駅の2番線にある0kmポスト。見ての通り、実際に列車が停車しているスペースはもっと後ろになりまして、そこに起点からマイナスnメートルとかご丁寧に書いてるのがお茶目。ちなみに1番線が本線じゃない模様で……。あれって路線のどっち側につけるか、とかの決まりってあるんですかね?

 

 

その44、仙台駅9番線(あおば通行き決定)
その45、仙石線ホーム入り口

仙台駅8番線(現9番線)発車案内(実物とは著しく異なります)
 そう、あの謎の物体がある仙石線9番ホーム(上りあおば通行き)でございます。ご丁寧に1/2の表示までございます。基本的にはここから列車に乗る人はまず居ません。大抵降車専用です。500mくらい歩けよ、ということなんでしょうが。ちなみに左10番線が下り線、右9番線が上り線です。ほらやっぱり電気の無駄遣いしてる! 隣の榴ヶ岡・宮城野原・陸前原ノ町・苦竹・小鶴新田……に使わせてあげなさい!(笑)

 

その46、その反面、仙山線は……

 その仙山線の0kmポストはというと、7・8番線のいっちゃん北側、ホームが終わったところにブスッと刺さってやがりました。つまり何かえ、7・8番線は仙山線じゃなくてこっから仙山線だよん、とでも言いたいのか?! ……いや、事実信号的にはそうなんだろうけどさ……。したがってホームは全部仙山線起点よりマイナス扱い。わぁお。磐越西線は起点がちゃんといっちゃん後ろになってたというのに。

 

その47、2番線工事中

 仙台駅改良後の構内図
 ただいま仙台空港アクセス鉄道の下準備として仙台駅のホーム増設を実施中。そのため2番線が使用停止の工事中になってて、4番線がやけに堂々とたたずんでやがります(笑)たぶん放っておいたらメチャクチャ広くなるんだろーな、ここ。広い方が待ちやすいから乗客にしてみりゃありがたいんですけど。4番線って結構下りも上りも頻発するし。

 

その48、そのただいま工事中な2番線

 その2番線を撮影しようと思ったら、1番線の一ノ関行きに邪魔されて結局3番線から撮る羽目になっちまったよコンチクショウ! でも工事の様子はここからだけでも十分わかります。まだ始まったばかりなのでホームの形すら見えませんけどね……。しかもエレベーターも作るってんだからまぁ大変ですこと……。

 

その49、で、折返しになった3番線は……

 エスカレーターが新たに設けられた3番線(第2ホーム南側)。北側の線路が途切れているため、事実上東北線上り・常磐線専用ホームになっているわけで、しかもしばらくの間工事の影響でこのホームがほっとんど使われてなかった時期もあるし……(10/16~11/13)。実際のところ、停車位置が結構前の方になるので、それ相応の距離を歩かなきゃならんのが弱点。まあ、どっかの水郡ホームに比べりゃまだマシだが(爆)

 

その50、地下道だけはどうしようもない

 仙台駅の地下道に関してはこれが改造不能。出る場所が跨線橋の下じゃねぇ……。反対側に出口をつける工事をすると今度は跨線橋が邪魔になるしで大変。仕方がないからここだけは2・3と4という形になってしまいましたとさ。もちろん地下の発車案内もそうなっているわけで……(無論2番線はまだ使われてないけど)。

 

その51、結構長いホーム

 私の住んでいる町の玄関口、磐城石川駅。普段3両までしか止まらないのに、ホームが結構長いんですね。昔はここで貨物列車や機関車列車が走ってたという名残なんでしょうか?

 

その52、ちょっとばっかし鄙びた観光地の駅っぽくない?

 磐城石川駅の正面。お世辞にもきれいとはいえませんけれども、タクシーが2台待機してたりするあたり、小さな観光地の駅という感じがしませんか?

 

その53、でも改札は開いていない……

 なまじっか有人駅のため、勝手に改札を通り抜けて写真撮影、ということは出来ず、入るには入場券が必要。もちろん券売機は最新のものを使っているんですけどね。うーん、コスプレ写真をここで撮るということは事実上無理というか、お金払わなきゃならんのか……(つーか入場券は140円なんだから払ってもいい気もするが……)。

 

その54、何つー位置で合流すんだこれ……

 撮影した橋の真下(といっても角度は45~60度くらい)。こんなところで合流したら、ヘタすると脱線した勢いで橋げたにぶつかる……というか完全に周りをコンクリートで覆われた状態なので、横殴りになって路線つぶすんじゃなかろうか……。大丈夫かJR水郡線?!

 

その55、実はこれ……

 ここだけでばらしちゃいますけど、実はこの構内、現在鋭意製作中の自作RPG『ELDORADO of the CHILDREN』に登場するスティア駅の原型です。つまりスティア駅は磐城石川駅パクったというわけです。磐城石川駅の場合、右から1番線(上り:磐城棚倉・常陸大子・水戸方面)、2番線・3番線(下り:郡山方面)という感じになっています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

その56、81~87、121、122、水郡線新車両 キハE130系

 なんだか知らないんですが、どうやら水戸側での混雑解消のために3ドアにした新車両がお目見えしました、水郡線。シャッター切るタイミングが遅すぎてこんなんなっちゃいましたけれども、なかなかにきれいな車両です。トイレがアホみたいにでかくなった(車椅子対応になったためです)座席が減ったのはちょっといただけませんが……。電車でいったら719系、といったところ。

 ちなみに、1両で走るタイプはボディカラーが赤、2両セットのはボディカラーが水色になっています。今回は撮影できなかったのが残念……。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

その57~64、75、76、118 E721系

 東北本線から455系などの国鉄時代から引き継いだ車両が続々と引退し、代わりに電車もたくさん新型が導入されるようになりました。その一つがこれ、E721系。車両とホームの間に段差が全くない用に設計されており、車椅子の乗客にとってはまさに春が来た状態。……その代わり、車両と車両の間に段差ができており、車両を行き来するときにつまずいてしまう乗客もいるのではないか、と心配になってきます。ちなみに、駅の案内は自動放送(ワンマン列車のようになり、ドアに字幕も出ます)、運転席もデジタルっぽくなっています。

 
 
 

その65~67、磐越西線カラーの719系

 先ほど述べたとおり、磐越西線からも455系が引退しましたが、代わりに磐越西線用に投入されたのがこれ。会津名物の「あかべぇ」が車両に描かれており、車両もそれまで磐越西線用に使われてきた455系の色を引き継いで赤いラインになりました。

 

その68、ホーム番号が変わりました

 それまで水郡ホームを名乗っていたホーム番号が一新。旧2番線(改札を出てすぐ)が1番線となり、順次番号を入れ替えていった結果、旧3番線は2番線に、水郡ホームは3番線を名乗ることになりました。しかし、よく見ると、案内板を上書きしたように見えるんですがこれ……。ちなみに3番線(水郡線)はこのエスカレーターから150mほど離れており、あちこちに3番線案内がでかでかと書いてあります。

 
 
 
 
 
 

その69~74、なぜこんなところに……?

 一瞬我が目を疑いました。ここは郡山駅。入ってくる列車は交流専門の電車とキハ110系(磐越東線)・キハE130系(水郡線)だけ……のはずなのに、なぜこんなところにキハ40系などという古い車両が……? 車庫入れの関係でここからどこかに運ぶものと思われますが、仙台方面なのか会津若松方面(只見線)なのかわかりません。とにかく珍しいので撮影しておきました。これから『EDC』用列車素材を作るのに役に立ちそうなので。

 
 
 
 

その77~80、こぎれいにおしゃれになった郡山駅地下道

 味気ない古い番線案内の数字が取り外され、字体も改められ、さらにはホーム番号が地下道の壁全体に描かれて、視力の弱い人でも読めるようになった地下道。6番線は磐越東線専門(赤紫)、2・4・5番線は東北本線(緑)、3番線は水郡線(ピンク)、1番線は磐越西線(オレンジ)という具合に色分けされ、利便性が増しました。

 

その88、新旧入り乱れの仙台駅

 左が455系、右が719系。仙台駅は列車(ほとんど電車)の本数が多いために、跨線橋から地上を見るとこんな風になっているケースが多いんです。これ確か左が7番線(仙山線)、右が6番線(東北本線・常磐線)だった記憶が……。

 

その89、珍客

なぜ仙台駅にキハ110系が(しかも陸羽東線・陸羽西線カラー)が?! ……どうやらこれ、臨時の新庄直通快速のようで、乗客も結構いるようです。

 
 

その90、91、岩沼竹駒神社参拝の際の2枚

 たまたま竹駒神社にいく用事ができたので、仙台から岩沼までさらりと行ってみました。岩沼駅は東北本線と常磐線のジャンクションのような駅で、しかも本数がベラボーに多いので、案内板も大変です。発車番線はほぼ固定されているようですが(1:常磐上り、2:常磐下り(=東北下り)、3:東北上り、4:東北下り、5:東北下り(岩沼始発))、2と4を間違えると超悲惨なことに……。

 

その92、モグラ

 モグラといっても土合駅ほどではありませんが、2回の在来線跨線橋から地下2階の仙石線ホームまで下りるエスカレーターです。仙石線のホームは思った以上に狭いんですね。当然、列車到着の暁には地上ホーム乗換えや改札へ向かう人たちで、上りのエスカレーターはほぼ満員です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

その93~105、仙石線祭り

 記念すべき100枚目の写真は、就職活動で利用した仙石線の列車。仙石線電車は直流専用列車なので、一般の在来線ホームには入ることができません(東北は交流)。福田町駅から車窓を眺めると車両基地が見えてきたのでここぞとばかりにシャッター切りまくりました。実は仙石線列車は元山手線とかでがんばってた205系なんぞがはやっており、それを改造してドアもボタンを押して開ける東北仕様に変わっています。

 で、列車によっては車体に仙石線沿線の名物をずらり並べた車両もあります(100から103)。