クリスのピンボケ写真館(T T) アルバム2ページ目

 写真をクリックすると大きい写真を見ることが出来ます。見終わったら、ブラウザの「戻る」を押して戻ってくださいね。


 

その28、セイテンカイセイ

 2004年8月のダブル帰省の出発点、JR国見駅(仙山線)。手前に黄色いとげみたいなのが見えますが、これ踏み切り絡む陳情者されないようにするためのまあ一種の地雷(違)みたいなものです。……そこまでして無賃乗車防がなくてもなあ……。だいたい仙台近郊は自動改札が普及してるから改札で出られないのがオチだし。

 

その29、1番線から改札に行きたいんだけど……

 国見駅の構造はちょっと変わっていて、
国見駅簡略構内図
つまり、1番線から改札に行くには構内踏切を渡らなければならない。ところが2番線は基本的に上り仙台方面のホームで、写真でいえば左から右に進んでいく。ということは、1番線の下り愛子・作並・山形方面列車から降りた人は踏切で待たされることになるのだが……この目の前をものすごいスピードで列車が下ってくわけですよ。すっげー風圧です。迫力も凄いです。スリル満点です。いつか死人が出るんじゃねーか?

 

その30、急勾配

 仙山線、フツーの都市近郊路線のように見えて実はすげームチャクチャな路線なんです。何と、仙台市内で既に20‰以上の急勾配が!。これが延々続くんですよ、県境まで。すげーところ走ってんだなぁ……。ちなみにこの標識の裏には「25」の数字が……。

 

その31、仙山線の主役

 仙山線を走る列車は今はほとんど719系の4両ないし6両編成。ごく稀に701系も走るけど、これが一番よく見かける。思ったほどモーター音がうるさくない車両なので、気張ってモーター回しまくる仙山線には一番向いてるのかも?

 

その32、サミット

 面白山高原駅構内の標識。33‰ってもはやJRに限れば日本でも有数の急勾配でしょう。ちなみに県境越えの面白山トンネルは、凄い長さでトンネル内に信号場まで設けてあるというとんでもないトンネル。写真には収められませんでした。どこが信号場か分からんのやもん、暗すぎて。

 

その33、山寺の 和尚さんは

 山形と仙台の間にある山寺。無論観光地にございまして、この日も人が大勢乗ってきたり降りたり、でも実物はまだ見たことがない私であった……。

 

その34、快速べにばな1号 キハ40系

 最新の新潟色で染まった快速べにばな号。昔は急行でしかも新潟~山形を直通で結んでいたのに、山形新幹線の開業に伴う米沢~山形間の標準軌改軌、更には利用客の減少などもあって、今では坂町止まりだったりする列車も多いんですよね……。しかもこの列車、快速と謳っておきながら途中飛ばした駅はたったの5駅。しかもべにばな2号・3号にいたっては米坂線内各駅停車。をゐ。
(↑2004年3月13日改正のダイヤ)

前から見るとこんな感じ
余談ですが、このキハ40系、中が完全ロングシート化されてます。……何でンな改造するかなー?

 

その35、え~、D-E?!?

 坂町駅で反対側の羽越線下りホームに入ってきた貨物列車……なのはいいのだが、何ゆえ電気機関車とディーゼル機関車が一緒になっとるんじゃこれ?! まあ、おそらく対村上デッドセクションなんだろーが、めっちゃ違和感を感じる一品。

 

その36、新潟は直流

 普段交流電化区間ばっかり乗っている私にとって、純然たる直流区間の列車はかなり貴重。というわけで新潟色の115系電車(4両1ユニット)。乗車率もかなりのものでしたがとにかく早い早い! エンジンがちっとばっかしうるさかったのは気になったけど。ちなみにこの列車の車掌が女性でした。で、思いっきり間違えてくれました。平木田を出て、次は中条と言うべきところを「次は、坂町です」と。……お姉さんバックしてどうすんですか(^^;

 
駅自由通路
改札口
旧0番線跡

その37、今回最大の謎

 噂には聞いていたが、新津駅が超爆裂近代化して、遂に橋上駅化してしまった。まあ、だだっ広い駅だから橋上化は当然なんだけど、いくらなんでも小奇麗過ぎやしませんかね? それよりもこの廃止した0番線の跡をもっときれいにして欲しいところ。1番線から特急も発車するってぇのに……汚い。こういうのを「頭隠して尻隠さず」という。

 
真ん中のモハ454-2車両

その38、赤の磐越西線

 磐越西線・郡山~会津若松~喜多方間の電化区間の主役は今も455系が担っています。719系なんかも走ってるって聞いたことがあるようなないような、そんな感じもしますが、とりあえずやっぱりこれでないと磐越西線って感じがしません。私の一番のお気にカラーでもあります。一昔前はこれの仙山線バージョン(水色)もあったんですが、車両が全部719系に乗っ取られた今、そのカラーはどこに逝ったのやら……。

 
拡大図

その39、磐越西線のスタート

 磐越西線0kmポストは2番線の南側にひっそりとたたずんでいました。新津駅の羽越本線0kmポストみたいにホームの下にひっそりと。これじゃかわいそうだよなぁ……。もっと目立つようにしてやらないとさぁ……。

 

その40、その一方で福島は……

 一方、福島駅の奥羽本線(山形新幹線)0kmポストはマトモな形状で5番線にしっかりとありました。やっぱりスペースを食うという理由で手抜きして設置されるんでしょうかね……? 見てみたいもんだ、ほかの線のやつも。手近なところでは仙台(仙山線)、あおば通(仙石線)なんだけど。

 

その41、いまどき珍しいよなぁ……。

 快速仙台シティラビット1号・仙台行き。快速にヘッドマークが付くだなんてすげーレアなんじゃなかろか、と思うんですがいかがでしょう? まあ、この車両は昔は急行としてあっちこっちで突っ走ってた車両だからヘッドマークに全く違和感がないところがいいやね。

 

その42、行き先は2分岐、でも4分岐

 周知の通り、福島からは山形新幹線が分岐して下に下りてきます。一番奥の高架の線路がそれ。その手前にある奥羽線標準軌の線路と合流して米沢に向かいます。そして私が乗っているのはさっきの快速仙台シティラビット。そしてこの上を走っているのが東北新幹線。線路をまっすぐにしたいらしく、東北本線を乗り越えて信夫山の真下をトンネルで突っ切っていきます。