クリスのピンボケ写真館(T T) アルバム1ページ目

 写真をクリックすると大きい写真を見ることが出来ます。見終わったら、ブラウザの「戻る」を押して戻ってくださいね。


 

その1、会津磐梯山

 この写真は、川桁~猪苗代間(……だったと思う……。)から見た磐梯山。低い雲が立ち込めていて、頂上が見えないのが残念。なんか最近磐梯山がくすぶっているとのこと。登山経験があるだけに、ちょっと心配……。

 

その2、会津若松駅構内(南側)

 こちらは駅の跨線橋から撮影。ところが現像したら大失敗ということが判明。フラッシュが窓ガラスに反射しちゃったよぉ……。もう一枚これ系の写真があるんで、そん時にまた……。

 

その3、会津若松駅構内(西を見て)

 この列車の形式って何だったっけ……? まぁイイや。5番線から撮った写真なんだけど……なにぶん2年前の写真なモンで……。

 

その4、会津若松発車後(快速あがの1号・キハ110系車両)

 会津若松を出て1分後くらいに、磐越西線の分岐点(写真の線路はどっちも磐越西線)を撮影。出発時は晴れていたのに、この時間から雨が降ってきちゃった……。ちなみに、左が新潟方面、右が郡山方面。

 

その5、中山宿の旧駅舎

 知っている人は知っている、もとスイッチバックの駅、中山宿。廃止されて1ヶ月ほど経った頃に撮影したもので、架線はもうすでに取り払われていた。でも線路とホーム、駅舎はまだ残っていた。但し、反対側の山にある引込み線はとっくに線路ごと撤去されていた。

 

その6、阿賀野川シリーズ第1弾 上野尻発電所

 東北電力の水力発電所。阿賀野川には、この他に揚川発電所がある(津川~三川間)。いきなりこういうものが現れてびっくりさせられる。ちなみに、この付近は冬場とんでもなく雪が降る。だからこそこういう水力発電所があるんだろう。喜多方を過ぎると、なんとなく風景が変わってくるような気がする。皆さんも実際に乗って確かめていただきたい。

 

その7、阿賀野川シリーズ第2弾 名前を知らない渓谷

 上野尻を過ぎた辺りだったと思うんだけど、こんな感じの渓谷があったりする。ここには、車で入ることが出来ない(ある程度までは入れるが、それ以上は自分の足で行くしかない。でも危険なので、行かないように!)。つまり、お金を払って電車に乗った人にのみ許される特権であるのだ。

 

その8、阿賀野川シリーズ第3弾 橋桁のある風景

 新潟県に入ってから(確か日出谷~鹿瀬間)だったと思う。昔の橋桁が今でも残っていた。取り壊さないのかなと思っていたが、要するにすぐ脇を線路が走っているから壊せないのかな……? そう言えば、昔のトンネルの廃坑とかが、磐越西線の場合今でも残っていたりする。三川を出てすぐに通過する鉄橋のすぐ脇に旧線のトンネル穴があったし……。って言うか、橋を渡ってすぐトンネルっていう線路のかけ方って……。

 

その9、すてきな(?)旅の始まり~郡山駅の2番線から

 磐越西線の起点、郡山駅。新幹線の乗り継ぎ駅でもあり、登山や湖水浴、スキーなどのシーズンには磐越西線を利用する人で賑わう。SLが来ようものなら、あふれんばかりの人がホームに集まる。平日も、通勤通学の時間帯にはものすごい人(もちろん、首都圏などの大都市に比べればたかが知れているが……。)が集まる。とはいえ、この2番線は、なんとなく郷愁を誘う雰囲気がある。少なくとも、3番線の東京寄りに虐待されている水郡線ホームよりは味がある。ついでにお断りしておくが、この写真を撮ったのが2番線。実際に写っているのは3番線。

 

その10、羽越線の起点は新潟じゃなくて……

 新津駅の2番線を、1番線から撮ったもの。今度言ってやろうかと思うのだが、羽越線の起点を新潟だと勘違いしている人が少なくない。確かに、新潟駅ののりば案内には、「白新・羽越線(豊栄・新発田方面)」と書いてあるが、羽越線の起点は誰が何と言おうと新津である。その羽越線の起点が、写真のやや左下にある白いもの。これが、0kmポストである。線区の距離は、この0kmポストを基準にして計測されているのである。ちなみに、郡山駅の磐越西線0kmポストは、まだ写真に収めていない。

 

その11、これどこやねん?!?

 新津駅の跨線橋です。ちょっと暗くなってしまったのは、フラッシュ無しのカメラで撮ったため(TT)。ちなみにこれは、次の会津若松行き(2番線から出ます)に乗る前に撮影。

 

その12、なんじゃいこれは?!?

 この列車、変だと思いませんか? 何がって……よ~~~~く見て下さい。継ぎ目……じゃなかった、連結部分を! 普通、運転台と運転台をくっつけますよね。ところがこの列車……何故にこんな不自然なつなぎ方をしているんでしょう? 列車の途中をぶった切ってねえ……。

 そういや、昔の磐越西線の列車は、編成によってはトイレがなかったりする……。この話は、西村京太郎の「越後・会津殺人ルート 追い詰められた十津川警部」に書いてあるので、そちらもどうぞ。でも3時間トイレ無しは厳しい……。

 

その13、「変」成 at津川

 さっきのアレを、津川駅で目撃しました。ちなみに、これは下りの快速あがの1号を降りて撮ったもの。(雨が降ってたから、降りてなかったかもしれないけど……。) ちなみにこの「白地に青のマスク、赤いラインで……って、このライン国鉄のアレじゃんか!」なカラーリング、新潟ではよく見かけるタイプ(最近は塗り替えられてるものも目立つけど……)です。

 

その14、ダファーの苦悩 ~会津若松駅構内(北側)~

 見ての通り、No.2の反対側を撮ったもの。ご丁寧にフラッシュの反射まで一緒の大失敗……。ちなみに下の列車は、磐越西線電化区間のカラーリングです。

 

その15、1番線よりも手前にあるホームは……

 新津駅の改札口付近で撮った、0番線の写真。日本全国にはこういうホームが結構ある。ちなみに0番線はあっても、-(マイナス)1番線というのは見たことも聞いたことも無いので悪しからず。

 

その16、神山駅にて

 羽越本線神山駅構内にて撮影した、新津発酒田行きのキハ40系。電化区間なのに電車がほとんど走らないとはこれいかに……。

 

その17、長いもの、それは『渡る世間は鬼ばかり』のセリフ……ではない。

 羽越線の列車に乗車し、新津を出て4~5分くらいした頃に通過することになる阿賀浦橋を、並走する国道460号を走る車の中から撮影。全長……いくつだったか忘れたが、日本の鉄道橋の中でもかなり長い部類に入る。

 

その18、合宿の帰りにて。

 よくある観光地の駅舎な感じの強い鳴子温泉駅。……ちなみに、指が入っていることに気がつきませんでした(バカ)

 
 

その19、湯けむりライン。

 鳴子温泉駅に進入するキハ110系気動車。どういうわけかこの線区で使われている車両は、白地に緑の枠、窓下は赤という形になっている。
 ちなみにこれが陸羽東線のカラーなのだが、ごくたまに陸羽西線カラー(窓下が赤ではなくて黄色)が陸羽東線内を走ることがある。っていうか通ったのを見たのだが、心の準備が出来ていなかった上に逆光になっちゃったので撮影できなかった。無念……。

 
 

その20、仙台行きはどこや~~~~~~~!?!?!?。

 小牛田で陸羽東線から東北本線に乗り換えたときの話。何番線だか分からんのよ。って言うか私のお馬鹿な頭の中では、ある程度発車番線が決まっていると思ってたモンで……。
 ところがそうでもなかった……。てんでしっちゃかめっちゃかだったりします。これにはちゃんとした理由があって、実は小牛田で列車の併結や分離が行われる機会がかなり多くて、そのせいであちこちに切り離された車両が出来るもんだから、一つのホームでやりくりできないんですよね。

 ……っていうか、「仙台行きは何番線から発車します」っていうアナウンスをしない車掌もどうかと思いますが……。

 
 

その21、帰りの列車・東北本線

 まさか「快速南三陸」で帰るとは思いませんでした(ちなみに、合宿のときに時刻表は持って行かなかった)。この手の「私いかにも勤続20年以上です」な旧式気動車の場合、加速力がないから、こういう快速のほうが向いているのかもしれません。何せ一度加速してしまえば安定するわけですし。
 ただ、メチャメチャうるさかったんですよね、仙台までが……。

 

その22、たまに見かけるでしょ?

 たまにちょっと大きな駅で見かけるこのランプ。これ、要するに「まもなくこの線の列車が入線して発車しますよ~」っていうランプのようです。駅によっては線名で書いてあったり、その線の終点(または起点)の駅名が書いてあったりとまちまちですけど、暇なら探してみましょう。

 
 

その23、切った張った

 上は反対側3番線に停車中の東北本線一ノ関行き。ちなみに仙台始発なんですけど、小牛田まで6両できてるというのに、小牛田から一ノ関までは何と2両! そう、その切り離しをここでやってるわけです。

 下は私が帰る時に乗った東北本線上り(気仙沼線の気動車ですけど)。こっちは小牛田から1両追加して発車します。片方で併結、もう片方で分離というのもまた結構なお点前で……。