「鉄辞苑」第2回 白新線のウンチク

<白新線路線データ>

区間
新発田(新潟県)~新潟(新潟県)、全長27.3km  幹線
駅数
10
路線状況
単線/複線(新潟―新崎間のみ複線) 全線電化
全線走破所要時間
各駅停車で40~45分程度。特急なら20分で駆け抜けてしまう
使用車両
普通列車は主にE127系、115系など。特急はその大多数が485系。

 この線が担っている役割は、ズバリ「庄内地方と新潟との連絡」。庄内地方から来た電車が新潟に乗り入れる際、いちいち新津を経由するよりは、豊栄を通るようにした方が便利だということから開業しました。(というのも、新津に入れると、羽越線から信越線に入るときに、バックする羽目になるし、そっちの方が距離が長いため)

 現在は、あるいは豊栄・新発田・村上行きの各駅停車が20~30分おきに発車したりと、日本海側最大の都市・新潟の通勤の足となっています。また、それだけではなく、酒田・秋田方面の特急が通ったりもしています。

 長岡方面から新発田方面に行く場合、新津から水原を経由する方が距離的には短いのですが、本数は白新線経由の方が圧倒的に多いです。そこで、この区間には、「特定運賃」というものが導入されています。

<特定運賃とは?>

 2つの線が平行に走っている区間で、どちらかが主要な幹線で、かつ2線の距離の差が大きい場合、どちらの線を経由しても、短い方の距離で運賃を計算するというルール。

 ちょっと説明が難しいので、具体的な例を白新線で示してみましょう。時刻表の欄外に、「新津以遠(古津・東新津方面)と、新発田以遠(加治方面)との各駅との運賃・料金は、新潟回りの場合でも水原回りの営業キロで計算します」とあります。

 これ、どういうことかと言いますと、例えば富山から秋田に行くという場合に、特急「白鳥」(注:この特急列車は、2001年にこの区間から廃止されました。したがって現在はこの区間の特定運賃も廃止されています。)を利用したとします。この列車は、大阪発青森行きで、途中、新津から信越線・新潟・白新線経由で青森に向かいますが、距離そのものは、新潟回りより水原を回った方が少し短くなります(新津―新発田の距離:新潟回り46.5km、水原回り26.0km、その差16.5km)。そのため、水原を回る乗客と比べて損してしまいます。従って、この区間に関しては、新潟を回ろうが水原を回ろうが、どちらも水原回りで計算しようじゃないかというのが『特定運賃』です。

 なぜこうなったか……、簡単な話です。水原回りで、寝台特急「日本海」と「あけぼの」があるからです。どちらも機関車牽引で、しかも新潟県内を通過するのが夜明け前なので、わざわざ新潟を経由して旅客を降ろす意味が全くないわけです。一方の特急「白鳥」は、登り大阪行きが12時台、下り青森行きが16時台と、乗客がいる時間帯です。そのため、新潟でどうしても乗降を行わなければなりません。
 ところが、同じ特急で行き先もほぼ同じなのに、運賃計算が異なるのはけしからんという話になり、やむなく特定運賃という形を導入する事になりました。


 ところで、この白新線に関して、ちょっと面白い事を発見しました。以下の表をご参照ください。時刻表左端の、『営業キロ』の欄です。なぜだか知らないんですが、小数第一位にやたら0が……。しかも、豊栄-黒山間、黒山-佐々木間が、どちらも3キロちょうどって……。 左がその、「疑惑の営業キロ(笑)」です。
 開業が昭和30年代という、それほど古くない線の白新線。短い線ですが、こういう変な(?)現象アリ、通勤通学の足という一面アリ、特定運賃アリと、なかなかミステリアスな路線です(笑)

0.0新潟
5.0東新潟
7.0大形
9.6新崎
11.5早通
15.0豊栄
18.0黒山
21.0佐々木
24.1西新発田
27.3新発田