「鉄辞苑」第4回
東北新幹線・秋田新幹線のウンチク

<東北新幹線・秋田新幹線路線データ>

区間
●東北新幹線:東京(東京都)~八戸(青森県)、全長631.9km、幹線
●秋田新幹線:盛岡(岩手県)~秋田(秋田県)、全長127.3km、地方交通線・幹線
 (大曲~秋田間が奥羽本線で幹線、盛岡~大曲間が田沢湖線で地方交通線)
駅数
両者合わせて26(うち東北新幹線が21)
路線状況
●東北新幹線:複線・全線電化(交流25000V)
●秋田新幹線:単線(ただし奥羽本線神宮寺~峰吉川間のみ複線)・全線電化(交流20000V)
全線走破所要時間
最速で、東京~秋田間3時間49分、東京~八戸間2時間56分
使用車両
 東北新幹線単体(「やまびこ」、「なすの」)では200系、E4系(一般には『MAX』という愛称になっている)が主で、E2系を使うこともある。「こまち」併結の「はやて」はE2系、「こまち」そのものはE3系、「つばさ」はE3系と400系を使用。なお、「こまち」は必ずしも「はやて」と併結されるとは限らず、臨時列車で「やまびこ」に併結される(基本的には盛岡でだが、稀に仙台で併結されることも……。)こともある。最近は200系が相次いで引退し、E2系単騎、もしくはE2系とE3系の併結版が「やまびこ」や「なすの」として運転される場合もある。ぱっと見た感じでは「はやて・こまち」なのか「やまびこ」なのかわからないこと多々あり。

 今回のお話は、新幹線の話題にしましょう。今回のテーマは「聞かん」……ではなく「軌間」。つまり、2本のレールの内側の間の幅のお話です。

 試しに秋田駅の6番線から、新幹線ホームの11番線の線路と、6番線の線路を見比べてください。なんか違いませんか? ん、「6番線はTMで、11番線は掲示板」? ……それはここの話ですって(笑) そうじゃなくて、レールですよ、レール。幅があからさまに違うということに気がつきましたね(盛岡駅の7番線・8番線や、山形駅の5・6番線と4番線を見比べてもOK。盛岡駅の8番線(田沢湖線)や山形駅の4番線(奥羽本線(通称:山形線))は在来線ホームだが、新幹線車両の軌間に合わせて線路を敷き替えてあるので)。

 そう、一般に「在来線」と呼ばれる線は、その幅が1067mmなのですが、新幹線はその幅が1435mmとなっているのです。ちなみに、1435mmの軌間を一般に「標準軌」といい、それより狭いものを「狭軌」、広いものを「広軌」といいます(ただし、日本の場合1435mmも広軌という場合がある)。

 ところで、何故日本の鉄道は1067mmの軌間を採用したのでしょうか。これ、実は(今にして見れば)すご~~~くアホらしい話なんですよね……。1870年4月、明治政府のお雇い外国人であるイギリスの技術者エドモンド・モレルが来日して鉄道建設の指揮にあたったのですが、当時民部兼大蔵大輔(大臣)だった大隈重信に、軌間をどうするか尋ねたのですが、肝心の大隈は軌間についての予備知識がありませんでした。モレルは前任地のオーストラリアで狭軌鉄道を手がけて、それが好評であったことを話すと、大隈は、「それなら狭軌でいこう。日本は貧しい国だから、狭い方が宜しかろう」ということになっちゃって、それで決定と、こうなったわけです。何ともいい加減な話ですけど、当時の日本の代表的な指導者である大隈重信でさえその程度だったのですから、その当時はまだ鉄道の持つ重要性(特に軍事的な側面)は全く認知されていなかったというわけです。まあ、日本の場合、陸軍が列車で攻めてくる、という可能性は0ですからまだいいんですけど……。

 で、ここで問題になるのが列車の輸送力と安定性です。これは、線路幅が広い方が大きい列車が作れる上に、列車の安定性も高いのですから、こちらの方が高速運転には適しているわけです。したがって、日本の場合、新幹線が1435mmを使用しているわけです。ちなみにそれ以上にしないのは、有効利用できる国土の狭い日本の場合、線路幅が広くなりすぎて敷地を圧迫してしまうなどの理由があるためです。

狭軌と標準軌の違い・標準軌は1435mm、狭軌(日本)は1067mm ところで、山形新幹線にしろ秋田新幹線にしろ、新幹線開通の前に全ての列車を運休して線路を敷き換えました。そのため、ここに走っている列車は全て在来線といえども標準軌の列車になっています。ところが、仙山線の羽前千歳~山形間とか、奥羽本線の大曲~秋田間は、仙台方面(仙山線)や寒河江・左沢方面(左沢線)、及び横手方面(奥羽本線)からの狭軌の列車も入ってくることになりますので、そのままでは列車が進入できません。そこで、このような区間では「三線区間」と呼ばれる特殊な配線になっています。
 どのようなものかというと、左図のように、片方のレールを標準軌・狭軌で共有し、もう片方を1067mm及び1435mmにして、両方の列車が同じ線路を走れるようにしてあるものです。ただし、羽前千歳~山形間は三線にせず、1435mm単線と1067mm単線の併設になっています。

<文献>

 興味のある方は、こちらも参考にして頂けると幸いです。