「鉄辞苑」第1回 磐越西線のウンチク

 ハイ、始まりましたこのコーナー、担当はもちろんクリス_NKでございます。

 まず、このコーナーは、私が過去全線走破(もしくは、それに準ずる乗車経験を)したことのある線を取り上げていこうというのが基本コンセプトです。……そのうちネタが詰まるんで、そん時は新しく何かお気に入りというか、乗ってみたい線とかを取り上げる予定。

 じゃ、早速行ってみよう!


<磐越西線路線データ>

区間
郡山(福島県)~新津(新潟県)、全長175.6km 幹線
駅数
42 (うち臨時乗降場1)、他に信号場2(中山宿~上戸間に沼上信号場、翁島~磐梯町間に更科信号場)
路線状況
単線、電化(郡山~喜多方)・非電化(喜多方~新津)
全線走破所要時間
最短3時間30分程度
使用車両
719系(オリジナル塗色がほとんどですが、ところどころ東北本線カラーで運転することもあります)、
485系(快速あいづライナー)、
キハ110系(快速あがのなど)、
キハE120系、
キハ40・47系(新潟県側)など多数
かつてはオリジナル塗色の455系も走っていましたが、今は東北本線でも455系が引退したので完全になくなっちゃいました。

磐越西線というと、「あー、あのSLが走ってる路線ね」と思う方も多いかと思います。

 この「SLばんえつ物語号」、使っているのはC57 180です。この機関車、もともと新津市立第一小学校(磐越西線の車窓から見えます。)に保存してあったものなのですが、それを復元して、1999年から磐越西線を走っています。そもそもこの新津という町(市だけど……。)、今も昔も「鉄道の町」なのです。新津駅は、信越本線、磐越西線、羽越本線が交わり、さらに新津駅構内にはディーゼル列車の車両基地、さらに車両工場がある上、近くには鉄道資料館もあるという、まさに鉄道の町。ちなみに、このC57という形式、別名「貴婦人」というそうです。均整のとれた優美な車体、颯爽と走るその姿がその名の由来だとか(パンフから失敬)。

 とにかく、見ているだけでも興味深いSL。年配の人たちには子供の頃に見たSLの懐かしさがこみあげ、若い人たちにはレトロな雰囲気がかえって新鮮に移ることでしょう。機会があったらぜひ見てみることをオススメします。詳しい運転日時や時刻等は、時刻表をご覧下さい。

<「SLばんえつ物語号」乗車の思い出>

 2010年8月11日、遂にSLに乗ることができました! そんな思い出を皆さんにご披露したいと思います。今じゃめったに見られるものではありませんからね、私もかなり興奮して「早く来ないかな~?」とたっぷり待ちに待ったんですけれども、いいですね~、乗ってみるととても乗り心地がいい。旅路もゆっくり進む……これはぜいたくですよ、究極のぜいたくです。指定席券510円払う価値は十分あると思います(※SLばんえつ物語号は全車指定席ですので、あらかじめ指定席券をお求めになる必要があります。心持ち早めに入手しておいた方がいいかもしれません)。


 ところで、時刻表や地図を見ると非常に面白いことに気が付くと思います。実際に乗ってみるともっと分かるのですが、会津若松駅への磐越西線の進入方法がどうもおかしいことに気が付きませんか? そう、喜多方方面と郡山方面が同じ方向に線路が出ているんです。これ、要するに新潟に抜けるルートを作る際に会津若松を通そうとすると、どうしてもこんな線形になってしまうんです。というわけで会津若松駅の構内はこんな風になっています。(2004年8月13日現在)
会津若松駅構内
のりばはといいますと、
  1・2番線:磐越西線上り(郡山方面)・下り(喜多方・新津方面)
  3番線:磐越西線下り・只見線
  4・5番線:只見線・会津鉄道
となっています。ちなみに郡山方面から喜多方へ行く(逆もまた然り)列車は会津若松でバックして新潟方面の線路に入り、喜多方まで行くという荒行をかまします。ちなみに昔は2・3番線に行く南側通路はありませんでした。1番線から階段で地道に乗り換える、ということを強いられてたんですよね。


注:パーミル(‰)とは、勾配のきつさを表す数字です。この値の意味は、1000m(=1km)進んだら何m上がる(下がる)かを意味しています。例えば25‰の場合、1000m進むと25m上がるということです。ちなみに、かつてJRでは最急勾配だった碓氷峠の66.7‰を度に直すと、およそ3.8度になります。勾配角の正接(角度をθと置くと、そのtanθ)の1000倍がパーミルになるというわけですね。