「鉄辞苑」第8回 鉄道アホだな~(そうだよアホだよ!)

 今回は路線のネタじゃなく、ちょっと脱力したおバカなものを取り上げることにしましょう。

その1:(東北本線)郡山発仙台……市内行き?!?

 さて、東京23区・及び政令指定都市(ただし川崎市は横浜市内扱い)始発着で、営業キロが200キロを超える区間のきっぷは、すべからくその市内の中心駅からの運賃で計算され、なおかつその都区市内では途中下車できないきっぷになります。ちなみに山手線内から101km~200kmの駅の場合も中心駅たる東京駅からの運賃で計算されるのです。

 さて、ここで東北本線郡山と仙台を乗車する場合のきっぷを考えてみましょう。郡山~仙台間は125.1km。運賃は2,210円となります。ということはフツーに考えたら郡山~仙台間は途中下車もOK、ということになるんですが……実は私、2度ほど仙台市内途中下車不可能なきっぷを作ってしまったんです。それがこれ。

 まあ、常識的に考えて郡山から仙台に行くとしたら普通は次のような経路をたどりますよね。
郡山から東北新幹線・ないし東北本線経由で仙台に
しかし、途中で新潟の母の実家に寄って、となると話が違います。
郡山から磐越西線で会津若松~新津、羽越本線で神山途中下車、そこから坂町まで羽越本線、乗り換えて米坂線で米沢へ、更に奥羽本線(山形新幹線でも可)で山形へ、とどめに仙山線で仙台入り。
 何でこんなムチャクチャなきっぷを買ったかというと、まあ簡単に言えばいちいち買いなおすのが面倒だったのと、1枚で買った方が運賃が安くなるから、てだけなんですよね。実際に比較してみると、神山打ち切り(郡山~会津若松~新津~神山+神山~新発田~坂町~米沢~山形~仙台市内)で買うと学割でも2,600+3,440=6,040円。それに対して1枚で買うと写真のように5,460円で済む計算になります。

 よく、「途中できっぷを分けると運賃が安くなる」ということが言われているのですが、必ずしもそうではないようです。長距離のきっぷの場合、たいてい1枚で買った方が安く上がると考えてもいいかもしれませんね。特に600km以上の場合は往復で買うと1割引になるという特権もありますし。


その2:電気のムダ

仙台駅8番線発車案内(実物とは著しく異なります)

 実際の駅構内の表示とは大幅に違いますが、まあ大体こんな感じに表記されるんです、仙石線8番線発車案内。でも冷静に考えてみるととっても無駄な気がするんですよ。だって次どう考えてもあおば通なんだから、ケツのどこ行きは要らない。そして普通だろうが快速だろうが次は終点あおば通なのだから普通や快速の表記もいらない(仙石線には特急は走らないし)。となるとぶっちゃけたはなし、次は何分だけでもいい……と言うか、大体において1時間に何本も来てくれるのだから時刻表示すら要らない、と思うんですけどねぇ……。

 他の駅の場合にも似たようなことが言えまして、どんな電車でも仙石線の上り列車はあおば通行きに決まっているのだから(石巻発矢本行きなんていう中途半端なやつはない)、後ろのあおば通行きの部分を電光にするのは電気の無駄だと言えるわけで、これは直に書いちゃってもいいと思うんですけどねぇ。その分9番線(下りホーム)の行き先・停車駅表示が電気食ってるんだし。