麻雀雑記6 二盃口の嘆き

二盃口です。めったにできないとです。
二盃口です。よく七対子と間違われます。
二盃口です。待ち牌が出にくいからとすぐに七対子にされます。
二盃口です。チーして門前放棄すると役がなくなってしまうとです。
二盃口です。3翻役の同志、混一色と純チャンはくって作っても1翻下がって2翻なのに、自分だけ役なしになります。
二盃口です……  二盃口です……  二盃口です……

かわいそうな二盃口

 二盃口という役をご存知の方は大勢いらっしゃると思います。というか知らないと多分このページは読んでませんよね(笑) ご存知の通り、同じ順子ワンセットを2つ作るもので、たいがいは門前3翻(ところによっては2翻)、副露すると役なしになる、というのも周知の通りです。最低点数は二盃口のみの40符3翻は5,200点。平和がつけば満貫まで見えてきます。ところがこの役、あまりの難度にすぐ投げ出して変なところでリーチをかけてしまわれ、結局高い手を逃してしまうこと、ありませんでしたか? ええ、かくいう私も「あー二盃口になってたチクショー!」と絶叫したことがあります。逆に二盃口になるまで回し打ってリャンペーフゥ~ということもありました。

 しかし、私ははっきりいって納得できません。つかみで書いたとおり、他の3翻役である混一色や純チャンは鳴いて作っても役は失効せず、1翻下がるだけで済みます。他にも食い下がり1翻役として三色同順、一気通貫、チャンタ(以上門前2翻・副露1翻)、清一色(門前6翻・副露5翻)の4種がありますが、清一色以外はどれもそれ相応に順子が絡んでいます(三色同順と一気通貫は3順子、チャンタは最低1順子ないと混老頭に化ける)。ところが、全部順子である二盃口はチーした瞬間に劇的に安くなります。ヘタすりゃ役なしアッチョンブリケ。

 しかし、しかしですよ、二盃口と七対子、元祖は間違いなく二盃口、アメリカ生まれの七対子よりも難度が高いのですから、それ相応の待遇を受けててもいいはず。実際小島武夫氏も形としてはチートイツとおなじですが、連続形でなければいけないので、確率的にはチートイツよりははるかに難しく、チンイツあるいはコクシムソウ(国士無双)など大物手と同じくらいの難度がある役だといえます。3翻では安すぎるという意見があるくらいです。(小島 2000)とコメントしています。それだけ難度が高いのですから、チーして作ってもいいんでねべか、と私は思うんですよ。もちろん食い下がって2翻役で。

二盃口=一盃口×2?

 さて、この二盃口という役、形は一盃口×2、別名ダブル一盃口ともいわれています。当然順子4種からなっている役です。順子が4組ということは、手牌的には平和に限りなく近い、とも言えるわけです。そしてその平和は門前限定。だとすると、平和がベースになっている二盃口、とも見ることができるわけで、そうなると門前限定、ということもいえるわけです。そして二盃口のベースは一盃口。それ×2が二盃口なのですから、一盃口門前限定、じゃ二盃口も門前限定ね、というのもうなずけます。

 でもねぇ……それ差し引いても難度高いわけですよ。確率的には先ほど書いたように清一色や国士無双並みの難度、とありますが、国士無双は1/9820、清一色(門前)は1/9690。同じ3翻役と比較すると混一色は1/418、純チャンは1/2020という計算結果が出ています(小島 2000より。原典では表にて解説している)。同じ3翻役でこれだけ差が出ていいものやら……ホントに4翻ぐらいにするか、チーしても2翻にするかしてもいいと思うんだけどなぁ。

 いや、事実二盃口のパワーアップ版である清盃口は4翻ですが、こんなの6翻役に等しいですよ、いやマヂで。

実践・二盃口!

 では、次のような牌姿を見てみましょう。この図は南4局オーラスの自分の手牌です。4順目で自分を含めて全員が南以外の字牌を切っているとしましょう。以下の牌姿でドラが一萬だったとしましょう。

一筒一筒二筒二筒三筒三筒二索三索四索四索七萬南南 ツモ六索

 これが和了りトップなら当然ダマ、2,600直撃か1,000-2,000ツモならリーチでしょう。ですが、それ以上の差がつけられている場合はこれはもう七萬切るもののダマ聴で二盃口手替わり待ちです。裏ドラ期待で嵌張(カンチャン)に、という手もあるでしょうが、それよりは索子の引き直しで二盃口狙いの一手でしょう。しかも二索ツモで待ちが嵌張3索になったとき、手替わりで捨てた6索が目くらましになります。しかし、その反面ここで三索をツモってしまった場合は……6索を切って即リーチ、ツモ和了りを狙うのがベストです。だって待ちが6索の裏スジの2-5よ、出和了り期待しないほうがいいでしょう。いずれにしても、二盃口は使える役です。赤麻雀・鳴き麻雀で使えない役だけに軽視されがちですが、それに他の役が加わることでパンチ力が思いっきり増します。ただのタンピンが倍満に化けることだって……。

結論

 二盃口はもちろん、一盃口もそれ相応に他の役と混ぜると爆発的破壊力を持つ。狙えるときは鳴かないで、鳴かないで、僕だって強かないよ、と腹をくくるべし。

余談

中国麻雀では一盃口は鳴いて作ってもいいんですが、門前で作ったとしてもたったの1点役です。しかも二盃口なんて役は存在しません。ついでに言うと純チャンも役名としては存在しません。天和・地和なんてものなど存在すらありませんし、もちろんリーチもドラもありません。


文献

小島武夫 2000『勝つ麻雀負けない麻雀』日本文芸社