麻雀雑記5 青天井の恐怖

 青天井……それは果てしなく数が増加することを形容する言葉であります。そもそもにおいて、麻雀の点数計算というのは和了った形から「符」と呼ばれる基本点を出し、それを1翻ごとに2倍にしていく、という手法がとられます。参考までに点数計算の概要をここで記述しておきましょう。

麻雀の点数計算・概要

1. まず「符」を出す。符は面子と和了りの形によって定まる。
  全ての和了りにはまず20符が与えられ、それに以下の要領で加算していく。
(明槓は大明槓も加槓も同じものとして扱う)

面子の符
順子チーしても門前で作っても0符
刻子2~8ポン:2符1・9・字牌ポン:4符2~8暗刻:4符1・9・字牌暗刻:8符
槓子2~8明槓:8符1・9・字牌明槓:16符2~8暗槓:16符1・9・字牌暗槓:32符
和了りの形の符
 嵌張・辺張・単騎なら+2符、両面待ちは0符。
 シャンポン待ちはそれ自体は0符だが、ロン和了りの場合は出来上がった刻子を明刻(ポン)扱い、ツモ和了りの場合は出来上がった刻子を暗刻扱いとして計算。
その他
ツモ和了りは+2符(ただし平和ツモの場合は0符、つまり基本の20符のみで計算)、
役牌の雀頭には+2符、門前でロン和了りした場合は+10符。
チーして作った平和もどきのロン和了りは30符で計算する。
七対子は点数計算の例外の一つで、25符2翻で計算(50符の項目を参照されたし。25符2翻=50符1翻)。

最終的に出た符は1の位を切り上げる。22符なら30符、34符なら40符という具合に。

2. 符×2(翻数+2)に当てはめて、一人当たりの基本支払い点を出す。
  (これで出てきた基本支払い点を以下pとする)

3. 以下の要領に従い、支払い点が決定される。

 上の式で最終的に出た点の10の位を切り上げて、実際の点数が決定される。例:1,440→1,500、1,920→2000、3,840→3,900


 ところが、この方法で計算していくとだんだん点数がとんでもないことになるんですよね。そこで、pが2,000点を超えた場合はもうそれ以上倍々計算をやめて、翻数だけで点数を決めちまいましょう、というルールが確立されました。で、この翻数倍々計算の打ち止めが「満貫」というやつです。英語ではlimitというそうですが、的を射ている表現ですね。

ところが……

 世の中にはこの満貫ルールを採用せずに、計算できるまでやってやろうじゃねぇか、というとんでもないルールをやってしまうところがあるのです。伊藤誠『兎』の5巻作中(キツネ・シャモア組)でこのルールを採用しているのですが、とにかく点数がとてつもないことになること請け合い。大体見当がつくと思います。実はこれ、指数関数になってて、当然累乗がでかくなると値が爆発的に上昇するんですよ(汗) さあ、それでは実際にやってみたらどうなるか、実験してみましょう。上の通常計算に当てはめると……

 

子ロン
翻\符3040506070
11,0001,3001,6002,0002,300
22,0002,6003,2003,9004,500
33,9005,2006,4007,7009,000
47,70010,30012,80015,40018,000
515,40020,50025,60030,80035,900
630,80041,00051,20061,50071,700
761,50082,000102,400122,900143,400
8122,900163,900204,800245,800286,800
9245,800327,700409,600491,600573,500
10491,600655,400819,200983,1001,146,900
11983,1001,310,8001,638,4001,966,1002,293,800
121,966,1002,621,5003,276,8003,932,2004,587,600
133,932,2005,242,9006,553,6007,864,4009,175,100
147,864,40010,485,80013,107,20015,728,70018,350,100
親ロン
翻\符3040506070
11,5002,0002,4002,9003,400
22,9003,9004,8005,8006,800
35,8007,7009,60011,60013,500
411,60015,40019,20023,10026,900
523,10030,80038,40046,10053,800
646,10061,50076,80092,200107,600
792,200122,900153,600184,400215,100
8184,400245,800307,200368,700430,100
9368,700491,600614,400737,300860,200
10737,300983,1001,228,8001,474,6001,720,400
111,474,6001,966,1002,457,6002,949,2003,440,700
122,949,2003,932,2004,915,2005,898,3006,881,300
135,898,3007,864,4009,830,40011,796,50013,762,600
1411,796,50015,728,70019,660,80023,593,00027,525,200
子ツモの場合の子の支払い
翻\符203040506070
1×300400400500600
24005007008001,0001,200
37001,0001,3001,6002,0002,300
41,3002,0002,6003,2003,9004,500
52,6003,9005,2006,4007,7009,000
65,2007,70010,30012,80015,40018,000
710,30015,36020,50025,60030,80035,900
820,50030,72041,00051,20061,50071,700
941,00061,50082,000102,400122,900143,400
1082,000122,900163,900204,800245,800286,800
11163,900245,800327,700409,600491,600573,500
12327,700491,600655,400819,200983,1001,146,900
13655,400983,1001,310,8001,638,4001,966,1002,293,800
141,310,8001,966,1002,621,5003,276,8003,932,2004,587,600
親ツモ(全員からこの点数をもらう)
子ツモの場合の親の支払い
翻\符203040506070
1×5007008001,0001,200
27001,0001,3001,6002,0002,300
31,3002,0002,6003,2003,9004,500
42,6003,9005,2006,4007,7009,000
55,2007,70010,30012,80015,40018,000
610,30015,40020,50025,60030,80035,900
720,50030,80041,00051,20061,50071,700
841,00061,50082,000102,400122,900143,400
982,000122,900163,900204,800245,800286,800
10163,900245,800327,700409,600491,600573,500
11327,700491,600655,400819,200983,1001,146,900
12655,400983,1001,310,8001,638,4001,966,1002,293,800
131,310,8001,966,1002,621,5003,276,8003,932,2004,587,600
142,621,5003,932,2005,242,9006,553,6007,864,4009,175,100

 まあ、5翻あたりから怪しくなってくるんですけど、6翻超えたらもうゲームになりません。当然こんなゲームでトビありにしたら、半荘の途中で誰かしらトビ確定。このルールでやるときは必ずトビなしでやりましょう。

 そういへばふと思ったんですけど、国士無双って何符なんでしょうね? 役満は基本的にこのルールでは13翻で計算するんですが、……私が使ってるソフトのうちPSの麻雀ソフトは国士を20符と解釈してました。いつだったか桜井章一氏が「平和と国士は同じような作り方」というのを聞いたことがあるような気がするので、ツモ20符、ロン30符でいいんでねべか? ええ、もちろんツモの場合は門前清自摸の1翻が加わってバイリツドン、さらに倍してドンです。