麻雀雑記3 『むこうぶち』 傀との対戦一覧

 『むこうぶち』という麻雀漫画をご存知だろうか? 竹書房から刊行されている『近代麻雀』に連載されている作品である。今回は、私が麻雀に嵌ることになったきっかけとなったこの漫画について軽く解説してみたい。

 この漫画の主人公は「傀」という、ぱっと見た感じではまだ20代と思われる男性である…が、作中で詳しく語られたことは一度もない。決して内面や本性を見せず、ただ超然たる麻雀の強さを見せ付け、そのうち方は正に獲物を見つけては襲い掛かる虎の如し――そのような表現が非常によく合う。人の姿をしていながらその打ち手は敗者を一目で見抜く鬼の如し…、卓に潜む魔物、とも形容できる。

 舞台は1980年代の東京。地価が暴騰し、貨幣の価値が基準を失って高騰し、世の中の座標軸がすべて狂い始めたという「バブル経済」の幕開けの頃である。その中に存在した、異常な高レートの雀荘・あるいはマンション麻雀などの賭場が舞台となっている。もちろん、現在このサイトを訪れている方の大多数はそのようなものの内実はご存じない、と思う。

 これまで、幾多の打ち手が傀に挑み、「御無礼」の言葉と共に散っていった。一度彼の打ち方を見たものはすべてその闇の中に飲み込まれ、そして傀に食い殺され、すべてを剥ぎ取られることとなる。それも何の前触れもなく、目の前に登場するのだ。

 ここで、その傀に食い殺されたものたちの遍歴を見てみよう。彼に潰されたものたちには、実は2種類のパターンがある。そのパターンとは、

  1. 傀に何もかも剥ぎ取られたが、最後に大事なものの存在に気がつく、「パンドラの箱型」(以下、「救」と記す)
  2. 何もかも剥ぎ取られ、丸裸で放り出される、Wiz灰蘇生失敗型(以下、「食」と記す)

 これら2種類のパターンが存在しており、また殺られた者のその後はさまざまになっている。本当はあらすじも紹介しようかと思ったが、どういうやられ方かを説明していくと実際に読んだときの感動が薄らぐと思われるので、ここでは解説しない。

 レート表記は"N,P-Q,B"と略記する。N:1000点いくらか、P-Q:順位馬、B:ビンタ(後述)。また、レートは1,000円単位で記述するので、1,10-30,0と書いた場合は、「1000点1000円、順位馬10000円-30000円(いわゆる『デカピンの1-3』)」である。なお、被害金額は可能な限り実額を記載。

話数副題被害者
(職業)
□レート
●被害金額合計
印象深い台詞(すべて引用)


1-3
  • 王座失格
  • 東風戦アリス
  • 見・ケン
水原祐太
(麻雀研修プロ)
□0.2,2-6,?,アリス1
●せいぜい10万程度
-
4死に金小暮
(米穀商)
□1,100-300,?,トビ600
●不明(最低でも500万は失っていると考えられる)。借金も他にあったため、自殺の保険金で清算

「傀:死んだ金は卓の上に帰ってこない。」

5賭場荒らし代打ち3人□10,100-300,?
●廻銭全部(500万以上)
6親流し元井・若竹・末広
(代打ち)
□●いずれも不明
7列・レツ若竹・章二
(代打ち・打ち子)
□2,30-60,100

若竹:「ま…また来るのは勘弁してくれっ!
    たのむ! 廃業になっちまう!」

8-10氷の男日蔭
(裏プロ)
□2,30-60,300→1500→3000
●2000万以上。最後は逗留先のホテルが火災で焼け、全財産を失う。
11-13雀荘殺し水戸・赤塚
(雀ゴロ)
□2,30-60,100→500
14,15縛られる男勝田
(雀ゴロ)
□2,30-60,1000
●トータルでは-1000円。しかし、実際は3000万近く失う。

傀:「最後に来て男を曲げたんですか?」
傀:「マイナス1000円…それがあなたの男の価値です。」

16-19
  • 深海
  • 流れ
  • 歪み
  • 巫藍子
巫藍子
(アングラカジノディーラー)
□2,30-60,100→500(傀・巫のみ)

安永:「今のお前は、男に惚れたことに気づいていないだけのただの美しい女(エモノ)だ…!」

20,21まがいもの織田・佐藤
(若手麻雀プロ)
□2,30-60,100
●織田:佐藤が帰るまで660,000円で、その後、佐藤:1,086,000円

安永:「まがいものだよ、おまえら。プロとしても人間としても。
    人間をなめてかかった奴は人間扱いしてやる必要は全くねぇ!」

22老兵金吾[通称]
(馬券師)
□1,10-20,?

金吾:「バクチから引退しろってお告げらしい。そういうことなんだろ? 兄さん。」

23-27荒野江崎
(不動産業)
1度目:□2,30-60,100、 ●1,086,000
2度目:□10,100-200,500→1000、 ●2500万以上

同席者:「ここにいるのは、弱者の一生に一度の不様が見たいだけのひとでなしなんです。」

28,29付け馬郷原
(付け馬)
□2,30-60,100

傀:「生き延びて行きますか…、日の当たる側で…。」

30,31無尽佐野
(町工場経営者)
□2,30-60,100 ●トータルで500万以上、借金も他にあったため、自殺の保険金で清算

傀:「分かりませんか? 使い切ったのは…あなたの人生の残額です。」

32-34女衒打ち深見ヨシユキ
(スカウト見習い)
□2,30-60,100 ●230万

深見:「どっちでもいいよ…喋り続けててくれ。なんかナマリが…温けぇんだ。」

35-39深沼
(貸金業)
□2,30-60,100トップビンタ ●2,032,000

安永:「傀と打ったあとは必ずこんな気分だ。
    この世には絶対強者がいると思ってる内は
    俺はトップにゃなれねぇや。
    俺もまた丸裸…だな。」

40,41花道木下・風間・梅原
(プロ野球選手)
事実上ノーレート

傀:「では自分が…翻弄しますが、いいですね?」
傀:「勝負には…押し通して勝ち残る一手がある事をお見せしましょう。」

42三橋秀俊[通称:秀]
(裏プロ)
□2,30-60,100(傀、秀のみ),一発赤裏御祝儀5

傀:「運がよかったからだと…思いますか?
 ご自分の運が尽きたからだ…とは思いませんか?」

43-46邪鬼宮島雅芳[通称:雅]
(僧)
□2,30-60,500,一発赤裏御祝儀50、●2000万

傀:「流れはある…。狩人(ハンター)なら獲物よりも静かに潜め。(>安永)」
安永:「今の雅には傀が人にはみえねぇだろうな。」

47-49あぶくぜに相沢・三宅・金森
(ラーメン屋・不動産業・裏プロ)
1,10-30,200→500→1000→2000(→3000[2日目])
●相沢25,488,000、三宅11,107,000、金森1,650,000(1日目終了時)

三宅の上司
「麻雀のバカ強い男がいくら稼ごうがタカが知れてら。
 21世紀の人間たちはきっと皆こういうさ。
 『最後に笑ったのは土地を手に入れたものたちだった……』ってな。」

50,51三都州[みつくに]
(力士)
□5,50-150,1000→5000(傀、三都州のみ)
●13,475,000
52-55リンダ前野・フェリペ
(?)
□2,30-60,100
●前野:1,256,000、フェリペ:714,000(4回戦までで)
56デビュー久喜
(新人サラリーマン)
□0.2,2-6,?,アリス1、 ●約18万
57-60逢魔が辻中村頑次郎、中村輝勝
(和菓子職人、その孫)
□店の権利書
佐藤(雀ゴロ)□5,50-150,300
61,62プロ[土岐野(エステサロン経営)][□2,20-60,100、 ●1000万前後]
63-67裏プロ三橋秀俊[通称:秀]
(裏プロ)
□2,20-60,300、
●秀1,280,000、須田2,516,000
68,69秘密御薗 薫
(財閥の未亡人)
□2,20-60,100、
●1日目:+32万の後負けが込んでドロップアウト
 2日目:+108,000
70-73邪眼柳野 聡
(ボクサー)
□2,20-60,100、傀との対戦で傀―柳野だけ300ビンタ
●VS多河:+596,000
 VS安永:+702,000
VS傀・安永:2回戦までで+102,000、そこから連敗でマイナス。
74-77千田(裏プロ)
他漁師衆
□2,20-60,50→100→5000→10000(ただし傀―千田のみ。)
●漁師衆からまず770,000以上、千田との直接対決は2回戦までで18,942,000。トータルで外ウマ含め2億近く持っていく。
78神様京子
(雀荘経営)
□1,10-30,20
●119,000(厳密な意味では「被害者」ではないのだが…)

真美:「迷っている京子に4索切りなんて…神様でなきゃできない一打だったわ…」

79-82群れ多河・須田・藤永
(プロ雀士)
□2,20-60,50
●多河:+14,000、須田:-424,000、藤永:-434,000

多河「なんだ!? (第1打)9筒切りで電気が走った!」

83,84キリトリ兼子
(ヤクザ)
□2,20-60,200(推測)→傀と500ビン→1,000ビン→2,000ビン
●9,112,000
85-90海流
(証券会社経営)
□江崎VS多河:2,20-60,100
 VS乾:10,100-200,5000→10000(ただし江崎―乾のみ20000)
●多河:江崎に完敗。
 乾:3回戦までで126,230,000、その後廻銭で3億借りるが、
   傀と江崎に完全に剥ぎ取られる。

注:本戦のメンバーは「荒野」の時の傀・江崎・劉・乾

91役者風間大悟
(ベテラン俳優)
□1000点1000円の即金清算無限麻雀を傀とだけ1000点1万→1000点10万
●4,900,000、最終的にはスターのように格好をつけずに1300で爆連荘を止める。
92-95呪い安永萬
(プロ雀士)
□1,10-30,100→傀とだけ300
●3回戦から5回戦にかけて-1,131,000。その後何とか種銭の1,000,000を1,052,000円にした

傀「沈まなかっただけですね。 満足しましたか?」
安永「人生はやり損なった事とやり過ぎたことの積み重ねだな」

96-99村田
(会社員)
□1,20-60,100→300(マンション麻雀での精算額を記す)
●2,300,000
100-102炎(ほむら)柳沢(画廊の長男)
田坂晴記(小道具屋)
杉原剛三(造園業)
□白井画伯の家にあるもの全て
●3人そろって50万ずつの計150万だけをお持ち帰り
103-108無邪気水原祐太
(元プロ研修生)
□2,20-60,100→200
●-1,848,000

傀「…名は?」 祐太「…水原祐太」

109-111バンス山城孝一
(冒険小説作家)
□2,20-60,100
●2回戦時点で元手500,000が1,456,000、3回戦で-532,000。その後残額を見事にスる。
112,113玉(たま)矢沢晴男
(不動産業)
(「あぶくぜに」の回で登場した三宅の上司)

□2,20-60,500
●横領した30,000,000を見事にスッカラカン

114-117痛み星宮洋子
(歯科医)
□2,20-60,100→200
●1,120,000
118川の底-
119,120荷物水野・拾子・地見屋
(?)
□・●持っている現金全て(ただし水野の1億円は残す)
121-123君塚
(タクシー運転手)
□2,20-60,100・割れ目ルール・トビ賞20万
●1,192,000

君塚の妻「女が許してるうちは絆は繋がってるもんよ」

124-126すっぴん樹村潤子
(競技麻雀プロ)
□1,20-30,0
●81,900
127-129勝ち組森江
(ベンチャー企業社長)
□5,50-150,0・一発・赤・裏ドラにチップ1枚(5万円相当)
●少なくとも200万は負けている計算になる
130,131三人峠角田
(大手不動産会社営業)
大西(大学教授)
村長
□2,20-60,100
●角田-1,760,000、大西+68,000、村長-58,000
132-135航路岩田弘(全雀連理事)□1枚5万円のチップを4枚ビンタで、その後傀と差し出8枚ビンタ
●5,000,000(横領した額全て)
136-138理由巫藍子
(アングラカジノディーラー)
鉢黒剛毅(右翼の大物)
□トップに200万円、その他、安永と傀に100万前払いの車代
●上記の通り(いうまでもなく傀の勝利で幕を閉じる)

安永「失った物が大きければ大きいほど雀運は付いて回る」

139,140示談野々村(悪徳弁護士)
博実(痴漢)
桑田(弁護士・博実の義兄)
□2,20-60,0
●不明だが、2回戦は博実+10,000、野々村-74,000、桑田-30,000

雀荘の店長「審判は下った! このWリーは一発ツモだ! 被告・原告ともに敗北! 勝ったのは傍聴人だった!」

141-143童心山口(元凄腕雀士の好々爺)□0.5,5-15,0
●-5,500

山口「じゃあな、現役…だとさ。」

144-147氷の男達日蔭(裏プロ)□2,20-60,300→600→1000(ただし日蔭との差しで5000)→2000→5000(日蔭はドロップアウト)
●11,010,000

日蔭「俺は…降りる。ハメ手と判ったら乗るなというのが今夜得た法則(セオリー)だ。」

148,149裏ドラ勘太
(屋台のラーメン屋)
□2,20-60,300
●元手500万に1回戦で増やした200万の、700万円前後をスる
150見栄鈴ヶ森(漫画家)□1,10-30,50
●他の二人の負け分も込みにして374,000
151-154手積み卓の番人□完全順位制:1位+10万・2位+3万、3位-3万、4位-10万(場代はトップ払いの5千)
●死亡
155-157変針古畑(全雀連理事)□2,20-60,100
●1,090,000

ちなみにその前の安永の大会戦歴はというと…
 ルールは馬1万・3万、
  1回戦:12,500でラス
  2回戦:93,700で逆転トップ、大会初王者を手にする

158,159不要牌
(データバンク会社経営)
□2,20-60,50
●2回戦までは+111,000をキープするも、その後の連戦で大敗したと見られる。
160,161観客新小岩のトシ
(自称エンターテイナー)
□0.1,1-3,0  トシとは直撃の5千円あり
●+700で終了。おひねり全部持っていかれる
162,163病葉(わくらば)葉山(雀荘経営)□レートなしの、トップ者への全額支払。50万→100万→傀とだけ200万
●死亡
164-166天の声渡辺(官房長官)
川島(通産大臣)
山本(大蔵大臣)
□傀がトップの場合に限り1000点10万
●1,510,000
167悪夢名前不明
(多重債務者)
□不明
●不明、その後自殺
168-171旅人条二
(裏メンバー)
□2,20-60,100、その後傀と差しビンタで500
●1,820,000
172家畜 傀、登場せずおっさん「お前…側に置いといて太らされてる最中の家畜だって気づかねぇか?」
条二「無邪気な顔して友人知人を喰う…それが俺たち麻雀打ちなんだ!」
-
173,174不要な情報辻(株屋)注:「網」に出てきたサラリーマン・辻とは別人

□2,20-60,0
●240,000

175-178麻将(マージャン)張(チャン)
 (麻雀店店員)
□完全順位制:1位+5千、2位+2千、3位-2千、4位-5千、場代はトップ払いの千円
●不明
179丸裸タツ・ゲン爺・シマ
(列の雀ゴロ)
□レートなしの馬が30万・60万
●不明
180-183引っ掛け1回目:藤村
 (雀荘店長)

2回目:鈴井
 (雀荘バイト・関東学生王者)

□2,20-60,100
●200万持っていたのが30万ショート

□0.05,馬不明
●鈴井は+250円、傀は+2950円

184,185占有屋タツオ(チンピラ)□1,10-20、その後傀とサシウマ20万
●490,000
186-188ルポ原(裏プロ)□0.5,馬不明,30
●不明
189-193孤塁安永萬
(競技麻雀プロ)
□レート不明
●サラ金で200万借金したが傀相手に全額スってしまった代わりに、競技麻雀タイトル獲得。
194,195私淑
(リスペクト)
鉈切初男
(競技麻雀プロ)
□2,20-60,100
●200万
196白夜登山家□●不明。ただし傀に役満3発(四暗刻単騎・字一色・国士無双)浴びている
その幻覚を見たまま山で凍死
197-201平和山下(代打ち)
勝田(裏プロ)
□10,200-400
●山下31万、勝田118万
202-206天使(アンヘル)の麻雀ルイス・ゴンザレス
(ミゲル・アンヘル共和国大使)
□ややこしいルールなので下記
●1億2000万以上持っていかれたと推測。
 同卓者もかなりむしり取られた。
207,208終の住居
(つひのすみか)
稲積
(ヤクザ)
□1000点10万の差し勝負
●不明。ただしオーラス4本場で親の三倍満を和了って300万を支払ったのは確実。同時に高齢者の年金通帳や病院の先代院長の博打の負けも支払ったため、千万単位の現金が手に入ったと思われる。
209-211不戦勝小川(アマ)□0.2、馬・ビンタ不明、アリスなし
 一発・裏ドラが1枚1000円、役満が5000オール
●不明
212,213手紙国田(フリー)
境(雀荘店長・表プロ)
哲夫(ギャンブラー)
□0.5,10-20
●不明
214-218吉井陶幻(大地主)
山下(代打ち)
塚田(ヤクザ)
□トップ+300万、2着+100万、3着-100万、ラス-300万
 ただし、3回戦からレートが倍に。
●吉井:2200万、塚田:脱走するも追っ手に捕まって殺害、山下:浮き600万
219-220視線樹村潤子
(麻雀プロ)
□1、馬不明、ビンタ50。2回戦はビンタ100
●550,000  ※傀との対局なし
225-228家族(トライブ)桐谷準
(バーテンダー)
□順位清算、トップ+60万、2着+20万、3着-20万、ラス-60万
●トータル不明(2~6回戦で-40万)
229,230鉄砲玉岡(ヤクザ)□1,10-30、4回戦から傀とのサシウマ10万
●4・5回戦で384,000、その後殺害
231-234折り返し地点日蔭・水原祐太
(裏プロ)
□レート不明
●不明  ※傀との対局なし
235別れの局条二・水原祐太□不明
●東南戦1局で祐太の勝ち  ※傀との対局なし
236,237ひとでなし仲川(親子)
(商店街の一員)
□0.5,5-15,30
●不明。最終的には親子揃って打つも負け続き。
239死神神崎□不明
●対局中に心臓発作を起こし、搬送先の病院で死亡
240-成金月島
(倉庫会社経営)
後堂
(秘書)
□500,5000-10000、ビンタなし、焼き鳥600万、トビ賞1000万
7回戦で終了し、後堂が別な卓に移動
●バカレートで2億2650万円
     

 傀はこれまでに7人の人間を死に追いやっているが、それは傀の責任ではない。己の分を弁えず、不相応なレートに手を出して自らを破滅に追いやった、ただそれだけのことである。

 しかし、こうしてみると安永よりも(まあ、安永も十分強いけど)、多河がものすごい勢いで伸びてきてるなぁ、と感じる。12巻で多河が表のタイトルを手にすることになるのだが、やはりこうやって裏で鍛えた勝負勘が表で役に立っているんだろうな、と。特に「群れ」の回では傀の「御無礼」をくじいて和了りに持っていったわけだし。

 最後に、この作品の原案を96話まで勤め、2004年3月27日、食道がんにて亡くなられた安藤満氏のご冥福を心よりお祈り申し上げる。

『むこうぶち』を読む上で知っておくと便利な知識

アリス
 門前和了りのときに、ドラの隣の牌を次々にめくっていき、上がったときの手牌と一致すればご祝儀になる。ツモ和了りなら3人から同額、ロン和了りなら振った本人からもらえる。したがって、この手のご祝儀がある場合はツモ和了りのほうがお得(ロンの3倍だし)。
廻銭
 バクチ場で負けた客の貸し金のこと。通常は胴元や店側に金を借りるが、場合によっては同席者に金を借りることもある。ただし、第5話(賭場荒らし)での廻銭は別な意味で使われている。ここでは、代打ちの清算用の現金の意。
代打ち
 代走ともいい、やくざの世界での勝負事専門で動く麻雀打ち。
ビンタ
 正確には「配給原点ビンタ」。自分より順位が上の者に規定の金額を支払う特殊なルールだが、このルールの最大のキモは、配給原点を割ったものは配給原点以上の点数の者に対して、規定額の倍を支払わなければならない。例えば、1万ビンタだったとして、1着だけが配原以上、2着と3着と4着が配原未満だった場合、4着は3着と2着に1万ずつと1着に倍の2万の計4万、3着は2着に1万と1着に2万の計3万、2着は1着に2万支払うことになる。
 コンビで組んでいる仲間のこと。打っている本人同士だけではなく、周囲の者を含める場合もある。
ローズ
 何らかの手段で、待ち牌や必要牌などを組んでいる相手に伝えるイカサマ。「通し」とも言う。ちなみに口暗号で伝えるのが「チクローズ」。語源は「ばらす」のバラからきているのだろうか?
無尽
 構成員が一定の掛け金を出し、くじ順で特定の人がその金を使う仕組み。頼母子講とも言う。
バンス
 advance(前借金)のこと。ホステスが仕事を始めるに当たって、店などから契約金代わりに借りる金のことである。
割れ目
 配牌を取り始めたところに座っている人は、和了ったときの得点・和了られたときの得点がそれぞれ倍になる(ツモ和了られた場合も同じ)
天使(アンヘル)の麻雀・基本ルール
配牌を見てまず掛け金を決め(10万単位)、子が和了ったら翻数×掛け金を親からもらい、和了らなかった子の掛け金は親が没収。親のツモ和了りの場合は翻数×それぞれの賭け金を全員からもらい、ロンの場合は振った子の掛け金×翻数をもらう。