麻雀雑記2 麻雀でハンデをつけるとしたら…

 あるときふと思ったことがある。「どうして将棋や碁にはハンデ(駒落ちや置石)の制度があるのに、麻雀にはないんだろう?」と。

 無理からぬことではある。純粋に打ち筋の実力が問われる将棋や碁と違い、麻雀には「運」という不思議な要素がある。一つ間違えば、始めて1ヶ月も経たない超初心者が役満2連発でプロを破ることだってないとは言い切れないからだ。

 だが、そうでなくとも「和了りに持っていくまでの手筋」や「捨て牌から手の状況、果ては待ち牌を読むこと」に関しては、明らかにプロの方が上である。そういった一種のテクニックが運と複雑に絡み合って、上手い下手が複雑に変化していくのが麻雀の魅力の一つなのであろう。

 私は麻雀を始めてまだ1年と経たない人間だし、ほとんど外に出て打たないのでその辺の事情はよくわかっていない部分がある(無論、それを言い訳にするつもりは全く無い)。とはいえ、実力さや経験の多寡は和了りやすさと密接な関わりがあると思う。そう考えると、「ハンデがあってもいいのではないか」と思う。

 しかし、ハンデを付けるといってもそんなに方法は多くなさそうだ。考えられる2つの方法を紹介すると…

1、点棒でハンデを付ける

 一つの方法は「配給原点でハンデを付ける」、もう一つは「和了ったときにご祝儀を付ける」である。

 前者は、例えば25,000持ちの30,000返しだとしてハンデ対象者2人の場合、「上級者は21,000持ち(25,000-4,000)、初心者は29,000(25,000+4,000)持ち、でも返し点は30,000ね」という具合に、初めから配給原点の一部を初心者にある程度献上しておく方法である。どのくらいがベストなのかは雀力にもよるが、とりあえず経験者の実力を問われる「子の満貫」クラス(=8,000点)が基本だろう。初心者1人なら経験者3人が2,000点ずつを献上し(初心者:31,000、経験者:23,000、初心者3人なら、経験者が6,000点を献上し、それを3人で2,000点ずつ配分する(初心者:27,000、経験者:19,000)ことで8,000点差が生まれる。
 といっても、どのくらいの雀力なのかは打ってみないと分からないので、やはり一度普通に(点棒でハンデをつけず)打ってみてからのほうがよさそうだ。

 もう一方は「初心者が和了ったら、積み棒とかリーチ棒とかを含めた和了り点に、多少の追加点を支払う」というものだ。ツモ和了りなら全員が等しい額を支払うことを考えると、3の倍数で上手くやって欲しいところだ。とりあえず2,100(700ALL)くらいが妥当かなと思う。あまりつけ過ぎると点差が開く一方だし、少ないとマズイしで…。

2、役でハンデを付ける

 初心者が和了ったら、手役に1翻追加するという方法は、一見すると合理的のように思われるが、これ、試してみると鬼になること請け合いである。何せ、最低でも2000点以上(=最低の和了りが30符1翻=1000点・親なら1500点)、3翻で満貫になるケースもなきにしもあらず(普通は19字牌の暗槓でもなきゃ3翻で満貫にならん)という具合に点数のインフレを起こすのが目に見えている。見た目以上に激しい戦いになるので、この方法は却下した方がよさそうだ。

 逆に、経験者は1翻ダウンという方法がある。手が1翻ダウンするわけだから、必然的に2翻縛りになる(言うまでもなく、5本場以上では3翻縛りになる)。もちろん、役なしでリーチをかけることは出来ない(一発かツモ和了り狙いのリーチが2翻縛りでは掛けられないのと同様)。この方法をやる場合、初心者が正しい翻数で自分の手役を計算できるようになるので少なくとも上よりはマシ。そして何より、点数がデフレを起こすので、簡単に勝った負けたの差がつきにくい(ナンボでも挽回可能である)点で、上の方法より優れているように思う。

 他にも、役を制限するというのはどうだろうか。例えば「経験者は一発ナシ、裏ドラナシ」とか、「経験者はリーチすんな」とか、「オーラスで経験者がトップのときにクイタンや役牌の3本5本(ノミ手)で逃げちゃダメ、しかも門前でしか和了っちゃダメ。」というルールを導入すると、逆転することの楽しみが増えるだけに(逆にツモ和了られてボコボコにされることもあるが)なかなかこれはこれで面白いものがあると思われる。「リーチすんな」の場合、ダマテンで待ってるやつの聴牌気配を読む訓練にもなるかもしれない。


 もちろん、これは「そういうのがあってもいいんじゃないの~?」という素朴な疑問の段階である。これを機に、麻雀のルールや初心者と打つときの心構えについてご一考下されば、筆者冥利に尽きる。