麻雀雑記1 こんなのアリ? ユニークなローカル役の数々

 全国的に知られている遊びには、共通ルールのほかに、必ずといっていいほどその地域ならではの変則ルールが存在するものです。トランプの大貧民然り、UNO然り。麻雀とてそれは例外ではなく、かなり笑ってしまうような役を採用しているところもあります。

 今回は、それらのルールのうち、私が知っているものを紹介しましょう。

 

1、通常の役に追加される系2、役満系

 

1、通常の役に追加される系

三連刻

1筒1筒1筒2筒2筒2筒3筒3筒3筒6萬7萬8索8索
和了り牌……5萬8萬

 同種の数牌で、3つの数が連続した刻子、または槓子を作る役。門前2翻、鳴いても2翻

 中国麻雀では「一色三節高」という、かなり高い役になります。

トップへ


清盃口

4萬4萬5萬5萬6萬5筒5筒4索4索5索5索6索6索
和了り牌……3萬6萬(6萬で清盃口になる。3萬ではタンピン・一盃口)

 二盃口で、2組とも同じ数字になっている場合。二盃口にさらに1翻追加で4翻。(鳴くと役なし!)

トップへ


二同刻

3索3索3索7索7索3萬3萬3萬7萬7萬7萬東東
和了り牌……7索東(7索で二同刻完成)

 雀頭は何でもよく、4つの刻子または槓子が2色2種で、かつそれぞれが同じ数字で出来ている対々和。通常の対々和にさらに2翻追加される(もちろん鳴いてもOK)。

 中国麻雀では「双同刻」という役がこれに相当します。

トップへ


鳴き九連宝燈

1索1索1索 2索3索4索5索6索7索8索9索9索9索
和了り牌……1索2索4索5索7索8索

 鳴いてはいるが、形が九連宝燈と同様になっているもの(例は1索をポンしている)で、通常の鳴き清一色(5翻)にさらに3翻追加され、事実上倍満以上が確定する。

トップへ


見立てドラ

 特定の牌をあるものに見立て、常設のドラにする(要するに赤5みたいなモンです)

 これらは、その筋の人たちが打つときの暗黙のルールとして登場したもので、2種類以上が見立てられることはありません。

トップへ


三色通貫

中中1筒2筒3筒4索5索6索7萬8萬9萬5萬6萬
和了り牌……4萬7萬

 一気通貫と三色同順を強引にくっつけたような役で、萬子・索子・筒子の3種類を使って123,456,789の順子を作る役。もちろん、雀頭と残りの1面子は限定しません。門前2翻で、鳴くと1翻になります(この辺って一通とか三色そしてチャンタと同じ)。

トップへ

 中国麻雀では「花竜」という役になります。


ルート246

1萬3萬4萬5萬6萬7萬8萬9萬9索9索9索南南
和了り牌……2萬

 一気通貫で、完成形にするための待ち牌が2、4、6の場合、さらに1翻追加。

トップへ


七五三

3萬3萬7萬7萬7萬5筒5筒3索3索3索7索7索7索

和了り牌……3萬5筒

3萬5萬7萬3筒5筒7筒3索5索7索の9種36牌を用いて作ったタンヤオ・対々和で、食い下がり無しの満貫扱い(ってコトは……5翻)になります。

トップへ


白一点

1筒1筒3筒3筒3筒5筒6筒7筒9筒9筒9筒白白
和了り牌……1筒白

 筒子の1筒3筒5筒6筒7筒9筒で構成される混一色に白を加えた7種の牌で作った役で、通常の混一色にさらに2翻追加(したがって門前5翻、鳴いて4翻になる。)

トップへ


七対子+α

以下に示したパターンの場合、通常の七対子にさらに1翻追加

1萬1萬5萬5萬9萬9萬1筒1筒7筒7筒3索3索5索5索
奇数七対子……構成牌が全て数牌の奇数

4萬4萬6萬6萬8萬8萬2索2索6索6索8索8索4筒4筒
偶数七対子……構成牌が全て数牌の偶数(ちなみに必ずタンヤオがくっつく)

白白發發中中1萬1萬3萬3萬8筒8筒9筒9筒
三元牌七対子……白發中の対子を含んだ七対子

東東南南西西北北7萬7萬3筒3筒9索9索
四風牌七対子……東南西北の対子を含んだ七対子

トップへ

 

2、役満系


大七星

東東南南西北北白白發發中中
和了り牌……西

 要するに字一色七対子。扱いはなんとダブル役満(子64,000、親96,000)!

トップへ


紅一点

 2索2索3索3索4索4索6索6索6索8索中中中
和了り牌……7索8索(8索で紅一点完成)

 緑一色の發中に換えた役で、緑一色と同様に役満となる。(もちろんポン・チーして作っても問題なし)

トップへ

紅孔雀

1索1索5索5索5索7索4索9索9索9索中中中
和了り牌……1索7索

 緑一色と対極にあるような役で、中と赤入りの索子(1、5、7、9)で作った混一色。確率的には大四喜以上に出来にくいと思われる。 ……え、上の絵の1索は赤入っとらんじゃろだって? 気にすんな!(爆笑)


百万石

5萬6萬6萬6萬6萬7萬7萬8萬8萬9萬9萬9萬9萬
和了り牌……4萬5萬7萬8萬(7萬か8萬で和了れば合計100を越えるので百万石になる。ちなみにこの形は5萬で和了るとジャスト100)

 萬子の清一色で、牌の合計数が100を越えている場合。

トップへ


金門橋

1筒2筒3筒3筒4筒5筒5筒6筒7筒7筒8筒9筒6索
和了り牌……6索

 雀頭は何でもよく、順子が4つあり、それらが一色で統一されていて、なおかつ123,345,567,789のように繋がっている役。もちろん両面待ちでもオッケー。チーして作っても良い。

トップへ

 中国麻雀では「一色四歩高」という、相当高い役になります。


東北新幹線

東を暗槓しました東東東を暗槓しました 北北1索2索3索4索5索6索7索8索
和了り牌……3索6索9索(9索で一気通貫が完成し、東北新幹線として認められる)

 東と北を刻子・槓子及び雀頭として(どっちが刻子でも問題なし)、残りの牌は一気通貫を構成している、混一色・一気通貫です。
 (ちなみに私ルールでは、この役は「杜の都」である仙台と、東北新幹線の初代ボディカラーである緑に引っ掛けて、索子の門前混一色・一気通貫に限り認めるっつーことに……したい。)

トップへ


変形九連宝燈

形……想像がつきませぬ(--;;;;

 九連宝燈と形は違うが、一応同種牌であれば全ての牌で和了ることが出来る門前の清一色。

トップへ


アル中

2萬2萬2筒2筒2筒6筒6筒2索2索2索中中中

和了り牌……2萬6筒(2萬でアル中完成)

 2の牌3種2萬2筒2索中を刻子、または槓子にした対々和・三色同刻。雀頭は限定しません。

トップへ


西中島南方

4筒5筒6筒7筒西西西南南南中中中
和了り牌……4筒7筒

 西南中を刻子(または槓子)にすればいいだけの役……なのだが、南西がどちらも役牌であることが条件。すなわち、南場の西(もしくは西場の南)にのみ認められている役ということ。

トップへ


大車輪

2筒2筒3筒3筒4筒4筒5筒5筒6筒6筒7筒7筒8筒
和了り牌……2筒5筒8筒(8筒で大車輪)

 ローカルルールの中では最も有名で、筒子で門前清一色・タンヤオ・七対子を炸裂させる役。ただし、形は常に二盃口聴牌になり、また必ず両面待ち、または3面で順子を待つ形になるので注意が必要。

 ところがこの役、困ったことにローカルの中でも有名であるせいか、ところによっては1234567や3456789の七対子も大車輪にしているところもあり、すごいところになると「筒子の清一色・七対子ならとりあえず大車輪」というところもあるし。

 ちなみに、七対子風味であることが条件なので、2筒2筒3筒3筒4筒4筒5筒5筒6筒6筒7筒7筒7筒で7筒で和了っても大車輪にはならない(とはいっても、門前清一色・タンヤオ・平和・二盃口で、そんでも3倍満になる)

トップへ


南北戦争

1索8索6索1索1索8索6索5索南南北北北
和了り牌……南

 ちょっと変な役で、同種の数牌で1を3枚、5が1枚、6が2枚、8が2枚と、南と北の刻子が必要(どちらか片方は槓子でも構わない)。ただし、数牌で待つことは出来ず、結果的に南か北の刻子の完成を待つ形になります。門前のみ成立する役満ですが、非常に変則的な手役であるので、和了るのは至難の技かもしれません(だって和了り牌2枚しかないし、とっとと切られやすい牌だし、鳴けないし)

トップへ


十四不塔

 「十三不塔」は第1自模の時点(親は第1自模の先取りを加えた配牌)でとりあえず対子が一組だけあって、あとは両面どころか嵌張・辺張・対子すらないという最悪な状況ですが、十四不塔は最後の望みである対子すらないという、てんでバラバラの手牌です。

 たとえばこんな感じ。
十三不塔1萬5萬8萬2筒6筒6筒9筒3索7索東南西發中
十四不塔2萬6萬9萬1筒7筒1索4索東南西北白發中

 というか、十三不塔って採用しているところ、あります? まあ、めったに見かけませんけど……。

 中国麻雀では、数牌が萬子・筒子・索子おのおのが筋(1-4-7・2-5-8・3-6-9)になっており、さらに字牌がバラバラのとき、全不靠(チュェンプカオ)という役になります。

トップへ


花鳥風月

5筒5筒5筒1索1索1索南南南1筒1筒6萬6萬
和了り牌……1筒6萬(1筒で花鳥風月になる)

 花の5筒、鳥の1索、風の自風牌、月の1筒を用いた対々和。これらの4つは全て刻子・槓子でなければならない。上図の場合、南家であれば役満になるが、東家、西家、北家の場合は南場であっても役満にならない。

トップへ