おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字8文字以内)   情報を保存
画像認証 (右画像を入力) 投稿キー

ファミコンミニとレトロフリークと、どちらが優れるんだろー。

>クリスさん

ファミコンミニとレトロフリーク、
まるで、クリントン氏と、トランプ氏みたいな。
それでクリントン氏が敗れ、トランプ氏が大統領になりました。
個人的に高圧的過ぎるトランプ氏は好きじゃないとです。

棋譜ファイルの形式は、KI2形式が主流なのだそう。
私も手持ちの形式がそのタイプですし。
ただ、やはりデータ量がなぁ。
容量も1GBとかにはなりませんが、ただ、
ファイル数が多いので、コピーしたり、
データを移す際に時間が掛かりますね。
最近は、チェスの棋譜集が欲しいなぁと思ってるのですが、
探しても探しても、見つからない……。
というか、本ならあるんですが、棋譜ファイルがないですねぇ。
ホコリを被った囲碁セットについては、
なんとか最近になって綺麗になりました。
というのも、父がなんとか19路盤を打てるようになって、
ただ、やっぱり道具は使ってこそですね。
将棋でも、定期的に椿油で駒を綺麗にして、
将棋盤は乾いた布で拭いたり。
そう言えば、iPadに囲碁のアプリを購入してインストールした際、
友人が「課金と同じやな!」と言ってました。
いやいや、この場合はゲーム課金とは違うでしょーっと。
ソフトを購入するのと同じですよぉと。
因みに友人はゲーム内で課金をするタイプだったりします。
他にも、硬派なゲームを探してると言ったら、
ゲームに後派(硬派)も前派もないわぁーっと(笑)。
いやいや、そこは、意味がちがーうっと。

そういえば、土人発言をした人を肯定する人もいましたねー。
知事さんもそうでしたし、中には、正当化する意見もあって。
色々な意見があっても良いんですけど、
相手を卑下するようなのは、良識から大きく外れてて。

仰る通り、コンピュータが優れてる面もあって。
ただ、残念なのが人間は脳を100パーセント使ってないという。
おそらく、100パーセントの使用になったら、
人間は正常に動けなくなりそうな感じもしますが。
将棋関係で私はまだ棋力を持ってなくて、
いずれは棋力をきちんと図り、その上で、級段位を取得したいなぁと。
目指せ、初段なんですけど、免状取得は余裕がある時に、
今は、免状が取れる段階まで進めたいと思ってます。

ゾロ目はねぇ。あれも、出て欲しくない時に限って出ますからね。
なんというか、ゲームソフトそのものが意思を持ってるみたく感じることも。
ところで、ファミコンミニが出ましたね!
懐かしいレトロゲームが収録されていて、
ギャラガが出来たり、FFが出来たり、マリオも出来たり。
ただ、俗に転売ヤーの所為で、ファミコンミニの値段が高騰中だとか。
この現象って、PS2が発売された時にも似てますね。
当時、どこも売れきれだったり、入荷待ちだったりで(涙)。
それで、ファミコンミニには、データ保存もできるそうなので、
この辺りは、レトロゲームのフリークだったかな、
それと好みによって分かれそう。
ただ……ファミコンミニに何故ウィザードリィ1〜3がないのかと。
やっぱり、版権問題かぁ。
綺羅 2016/11/13(Sun) 13:04 No.106

電器店のテレビで知りましたが…

>綺羅さん

いやはや、鳥取で6弱ですか…ビックリしました。
以前にもかなり大きな地震があった鳥取ですけれども、
また起こってしまい、本当に地元は大変かと。
ネットではいろいろ言っている人もいますけれども、
実際にあのクラスの地震が起こってみなさい、
きっと狼狽するから、といいたくなりますね。

そうなんですよね、アップデートデータもかなりの容量で、
うっかり残しておくと相当HDDを食いますから。
棋譜データに関してもいろいろな形式がありますけれども、
テキストじゃない場合は結構容量を食いますし、
なかなか保存するのも容易ではなかったりもしますからね。
囲碁は基本的なルールについてすら私もよくわかりませんが、
囲碁も初手からの手の進展数はもんのすごく多いですからね。
それでも将棋に比べると少ないという話を聞きましたが。
ほこりをかぶった囲碁のセット…
それを指したら藤原佐為が…というのはさすがにないでしょうが、
そうやって時々でもいいから道具は使うのが一番ですよね。
道具のためにも、自分の腕のためにも。
お菓子をはじめとする料理についても、道具ももちろん
食材も吟味したいいものを使うことでよりおいしい味わいが出たり、
本当に奥深いものですから、追求するのも一つの道ですよ。

リンク先に「脱『愛国カルト』のススメ」というサイトがありますが、
ここにたまーに、そういう「愛国カルト」と呼ばれる
韓国が嫌い・中国が嫌いというだけであれこれ差別であったり
誤解や偏見にまみれた意見ばかり吐き出す連中がくるんですが、
あー、これはいかんなぁ、情報に飲み込まれとるな、
視点が固まってしまって、物事の本質つかめずにいるなと思いますし。
「土人」についても、あの状況では侮蔑的なニュアンスと考えられても
仕方がないようにも思えますし…言葉の使い方に気を付けないと
いつまでたっても意思疎通なんてできないのかなぁって思います。
荒んでいるというか、そういうことでしか憂さを晴らせないという
無責任な言葉が目立つのは事実だと思います。
言葉を使って生きている、いろいろ発信しているものとして、
じーつーに、嘆かわしいことだと思いますね。

羽生さんのTwitter発言は驚いた限りです。
そもそもにおいてSNSにあまり縁のない人なので、
ああいった形で意見を発言するってのは極めて珍しいですが、
それだけこの問題についてきちんとした対応が求められている、
ひいては将棋界についてきちんとした評価がなされないのではという
危惧があるんじゃないかなと思います。
もちろん白にしても黒にしても証明するのは難しいことですが、
事実関係はきちんと明らかにしないと、本当にまずいですし。
人間同士だからこそ相手の気迫がかかわってくるというのは
間違いなくあって、例えば記憶量とその引き出しにかかる時間は
どう考えてもコンピュータのほうが上ですけれども、
人間だからできるものってのも当然あるわけで、
その中にはそのたった一局の将棋にかかわるドラマであったり
(実際に様々なエピソードがあったりもしますからね)、
https://www.youtube.com/watch?v=1BpbjedPf0Q
たとえはさみ将棋でもこんなエピソードになるくらいですし(笑)
竜王夫妻、以前『深イイ話』でもネタになっていたんですけれども、
あそこに書いてあるのは実話だとか…でも下手な漫画より面白く、
これからも面白いエピソードであったり、将棋界の楽しい話など
ぜひ続けてほしいなーなんて思っています。

まさか全部4とは…って思いましたね…。
この悔しさはWizでディアルの薬使って2しか回復しなかったより
悔しいのは間違いないかなと思います。
ぶっとびカードで目的地に一発で飛び込むと
確か何かしらのボーナスがあったような記憶があります。
すごーく低確率であるのは言うまでもないでしょうが
(ただ、さっきの4つピンゾロよりは高そうですが…)。
ゾロ目は確かに出ませんからね、なかなか。とはいうものの、
どうせ出るなら大金を賭けたチンチロリンで出ろよと(笑)
リメイク作品は確かに敷居が高いかもしれません。
ただ、チュートリアルとかしっかりしてれば大丈夫かなと。
言われてみれば(笑) まあ、サトシがマスターになったら、
それはそれで一時代の終わりみたいな感じでもありますし、
しばらくは頑張ってほしいなーって思いもあります。
ハードの高さも本当に何とかしてほしいというか、
昔PSが壊れた時には結局新しく買ったり
(PS2にしようかと思ったんですが、高かった…
 月10万で生活してる人間に3万は高い…)
ロックマンの場合、特に2のクイックマンのステージは
動画で見るとわかりますが、あそこは修羅場でして、
ほんとに体で覚えろという地獄のようなステージです。
まあ、アクションゲームって大なり小なりそういうのがあって、
結局は反射神経と記憶力に頼るものがあるという。
クリス_NK 2016/10/22(Sat) 14:26 No.105

道具選びから既に始まってますね!

>クリスさん

じ、地震が……。揺れましたね。
此方は震度2、けど、鳥取県では震度6弱とか。あわわ。

っと、間が空きました^−^;

道具選びは大切な要素ですよね!
仰る通り、パソコンも容量が少ないと、アップデートだけで大変で、
それこそアプリもソフトウェアも入れられないということもあり。
iPad mini2を私は使っていますが、これも空き容量が20GBは、
最低でもあるものを選びました。
用途にもよるんですけど、棋譜を観たりする際、
棋譜データが結構な感じで意外と量があったりして、
クラウドから拾って閲覧する方法もありますが、
オフラインでも使いたい時は、どうしても本体に保存してあるもの、
ということになりますからねぇ。
将棋のその話は本当によくわかります。
私も掘り駒を買ってから、今まで以上に将棋が面白くなりましたから。
まぁ、私の父は囲碁だけは「まったく分からん」と言っていて、
ヒカルの碁が流行っていた時に買った碁石と碁盤が、
寂しくホコリ被ったりとかしてますが。
私は囲碁打ったりもできますので、まだ大丈夫なんですけど。
と言っても、将棋の面白さには負けますね。
最近では、矢倉囲いから、再び美濃囲い+四間飛車、或いは三間飛車など、
昔に戻って使ってます。えぇ、iPadにもプロの棋譜が入ってますです。
ただ、囲碁って面白さが分かるまでが大変なんですよね。
陣取りゲームなのですが、その勝敗の分け方、
どこが陣地で敵陣か、どうすれば死に石になり、生き石になるのか。
囲碁も楽しいと思うんですけど。碁会で何度か打ってましたが、
ずっと夕方近くまで打ってたりも多かったです。
料理、お菓子、将棋に囲碁、
いずれの場合も、良い道具を、と思います。

そうそう、いるんですよね。
当人たちは正論と思っていても、いざ客観的にみると、
中には感情論でしかないものもあったり、なんなり。
まさに見分を広めるのなら、より広い視野で物事を観て、
考えて、理解して、という感じにならないとなぁ。
先日の、沖縄で「土人」発言をした機動隊もいましたし。
なんか、荒んでるなぁと思ったりします。

羽生さんも、今回の問題で奥様のTwitterを通じて発言されましたね。
黒と白を証明するのは難しいですが、来年の三浦棋士の成績次第で、
ある程度は判断されちゃいそうです。
ですよね。将棋も囲碁も人間同士が切磋琢磨して戦うことに意義あるというか。
AIも確かに強くなりましたが、それはあくまでも蓄積データの集合であって、
人間の持つ閃きというか、それらが感じられなくて。
『しおんの王』で、コンピュータで強く育ったアマの子供が、
実際に女流の主人公を相手にした時、それが感情のないAIではない為、
プレッシャーなど圧倒されて負けるというシーンがありますし。
や、その裏ではもっと駆け引きがあるんですけどね。
やはり、人間同士が盤上で戦うことで、どこにドラマも生まれるんですよね。
今では電王戦がありますけど、次の電王戦はどうなるかなぁ。
なるほど、シュールな画像だったのは、そういった前提があったんですね。
でも、逆にいい味を出しているのは、凄いです。

うわぁ、新幹線カードでゾロ目はきっついですね!
私は1が3つ出たことはありますが、流石にそれは(苦笑)。
この桃鉄で、ぶっとびカード(だったかな?)がありますが、
これも運が良ければ一発で目的地に付けますよね。
ただ、ゾロ目というのは、ある意味で幸運かも!?
ですよね、リメイク作品は面白いんですけど、
新規ユーザーにとっては、敷居が高いという面も少なからずあり。
というか、リメイクで言えば、ポケモンのアニメも長いですねー。
主人公のサトシはいつになったらポケモンマスターになるのかなぁ。
私もゲームは辞めれません、というか、辞めたら辞めたで禁断症状が!
なんか、無性にゲームがやりたくなる時ってありますね。
そう、ハードの高さって何とかならないかなぁと思います。
最近のプレステVRなんてのも、非常に高いですし。
ロックマン……ある意味、ロックされました(笑)。
本当、体で覚えるゲームです。
反射神経とか、どこから敵が攻撃を仕掛けてくるのか、
どういった動きをするか等など。
綺羅 2016/10/21(Fri) 16:35 No.104

弘法筆を選ばず、あれ大嘘です(笑)

>綺羅さん

そうなんです、それぞれにミスをする確率がわずか1%であっても、
それが100回あったとして、その100回全部ミスしない確率って
実は36.6%にしかならないんですね。(1−0.01の100乗)
道具選びってのは実は仕事でも趣味でもなんでもそうなんですけど、
ものすごく大事な要素ではないかと思います。
パソコンだって、メモリが多い・CPUがごつい・HDDが多い方が
同時にたくさんのアプリケーションを扱うことができるなど効率的ですし、
やはり質がいいものを買っておいた方が活用するときの心構えも変わります。
将棋がらみですと、大山康晴十五世名人の言葉に、
「私は将棋を勉強しようとする人には、
 まず、いい道具を持ちなさいと勧めるようにしている。
 いい道具を持てば、大事にするのが人情である。
 誰にいわれなくても駒を磨くようになることだろう。
 その気持ちが大切だと思う。駒や盤を大事にすることで、
 いま指し終わった将棋の印象が、いつもより多く残ることであろう。
 その一つ一つの積み上げが、将棋に対する知識を深めていくし、
 そこから視野も開けてくる。」
というものがあるそうなんですが、至言ですねぇ。
いい道具を持てば力の入り具合も変わります。
油彩で使う筆についても材質ごとに筆致が違うと思いますが、
書道の不でも毛の材質によって筆跡も墨の乗り具合も違いますし、
その辺まで含めて凝りだすと止まりません。
そういうものを選ぼうとすることが、自分の作品を高めることにつながり、
素晴らしいものを生み出す原動力につながるんじゃないかなと思いますし。
料理でも、例えば中華料理を本格的に極めてみたければ
火力のより高いガスコンロを使うことに行きつくでしょうし、
それと同じことになるんじゃないかなと思います。
電子メディア上で文章を扱っていると、縦書きって意外に読みづらくて、
普通に本で読むときは縦書きでも横書きでも問題ないっていう感じです、私は。
縦書きだとスクロールにもコツがいるからなのかなと思います。

いますねぇ、スパーンと紋切りでものを言ってしまう人って。
実際にそういう人たちが舌禍事件を起こしているわけですが、
本人たちには「俺は正論を言っているだけだ!」という開き直りもあり、
なかなか自覚されない面があるのが何とも困ったものというか。
十把一からげに議論すること・安易な因果論の乱暴さというのがあるってことも
きちんと認識したうえで、ものをきちんというための準備をする、
そのために普段からきちんといろいろな情報を見たり聞いたりして、
それを自分できちんと噛み砕いて頭に入れて理解する努力をしない人は
こういうことを起こしてしまうんじゃないかなって思います。
それが今回の障害者施設襲撃・無差別殺人事件につながったと思いますし、

私もタバコは吸わないんですが、やはり吸われるのが嫌っていう人の権利もあり、
そういうことまで含めた上できちんと考えなければならないんじゃないかなと。
実はこれってよく人権論の「公共の福祉」のモデルで出るんですよね。
タバコを吸いたい人の吸う権利と、嫌う人の吸わせない権利とのバッティング、
それを解決するうえで必要になるのが「公共の福祉」だぞっての。
あー、三浦さん…なんか最近議論というか話題になっちゃったというか…。
私は渡辺竜王のブログからこの話が出たのを知ったんですけど、
「実際にやってたら棋士としてあるまじき行為」なんです、確かに。
でも、本当にやってるのか…逆に「やってない」という証明をするのが難しいところを
無理に証明させられようとしているんじゃないかと思われる面もあり、
何とも難しい問題に発展しちゃったなという感じになります。
私も綺羅さんと全く同じものを感じますね。
やはり将棋は人間同士が切磋琢磨して、1局の読み合いに命をかけて、
そのうえで最高の棋譜を作ろうとしている姿にこそ将棋の神髄があると思います。
コンピュータの将棋は「強い」かもしれませんが、味気はありませんね。
加えて、これもおっしゃるようにAIの知識は過去のすべての棋譜の蓄積と、
それの少しの応用が中心ですし、それは確率論が支配するものであって、
どちらかというと「ここでこういう一手を挑んでみよう!」とする意欲的な面は
ちょっと少ないんじゃないかなって思います。
あとは対局の合間の人間模様ってのも面白いですし。
王将戦はスポーツニッポン紙上で勝者が一発ギャグをかますんですが、
人間同士の棋戦でないとこういうの全然面白くありませんもの。
あとは棋士同士の棋戦だとおやつがつきものだけれども、
コンピュータはおやつ食べないし疲れないからドラマに欠ける、と
話をしたファンもいましたからね。
シュールな画風なのは奥様が実は漫画初連載だということと、
もともとは「落書きレベルの絵」だったというところから始まったからで、
逆にそれが味わい深いというのも不思議な話ですけど、
渡辺さんの極度に広いおでこは印象に残ります。

桃鉄は運がからむ面も少なからずありますからね。
ボンビーが覚醒するとマジで泣きが入ります。
ちなみに私は昔、新幹線カードでサイコロを4つに増やして
一気に巻き返しを図ろうとしたら…まさかのピンゾロという
珍プレーをかましたことがありまして(確率は1296分の1、0.1%未満)。
言われてみれば、最近は昔のゲームのリメイクだったり、
システムをアレンジしたものだったりが多いように思います。
それが悪いとは言いませんが…というか面白いんです、確かに。
温故知新って言葉もあるくらいですからね。
ただ、新しい面白さを開発しないと、新しいユーザーは
なかなかついてこないんじゃないかなーって思いますね。
私だってやめるつもりは今のところはありません。
だってゲーム面白いですもん。…もっとも最近のはあまり食指伸びませんが。
あとはハードを買う予算が不足してるってのもありますし
(↑その分コスプレ衣装を削ればいいじゃんというのはダメよーダメダメ)。
カービィも面白い面がありました、確かに。
ロックマンはもう何度も何度も死んで、体で覚えるゲームなので、
その辺は仕方がないかなーと思いますです。
中には即死トラップもたくさんありますし。
クリス_NK 2016/10/14(Fri) 21:18 No.103

芳香と言えば、匂いによる被害もあるそうな?

>クリスさん

そこですよね。工程が増える→失敗も増える→忍耐力も必要などなど。
ただ、それだけ根気が強くなるというか、粘り強くなるというか。
他にも道具選びにも関心が強くなることもありますね。
油彩画でも、パレットナイフ、ペーパーナイフ、
油彩画用絵具のメーカーから、筆一本一本に至るまで。
書道となりますと、どんな筆を使うんでしょう?
油彩画の場合は、動物性の毛筆というのでしょうか、それを使いますが、
書道の場合だと、同じく色々な種類がありそうです。
例えば、筆によって書き心地が違うというところから、
墨の乗り具合? とかも。
Twitterの縦書きは、うん、使いづらいですね(笑)。

では、スパーンと橋下さんで。
この方に限らず、過激に物事を仰る方が増えたように感じます。
や、昔もいたと思うんですけど、インターネットが普及したと同時に、
簡単に情報発信ができるようにもなりましたし。
結果というか、「過労死は情けない」と発言された方も出てきて。
なんか、今も昔も世界というか、病んでるのかなぁと、
そのストレスなりなんなりの矛先として弱い立場の人に向けられて。
施設襲撃事件もそうですし、アメリカなどで流行ってる、
ピエロ問題も、その一端でしょうし。うーん、何だかなぁ。

嫌煙権、確かに昔はそういったのがなくて。
私は煙草は吸わないですし、というか味覚が鈍くなるので吸わないのですが、
今の環境では、分煙だったり、喫煙マナーだったり、
そういったのも心掛けないといけないですね。
将棋と言えば、先日だったかな、九段の人が今年のタイトル戦、
出場停止の処分になりましたね。スマホなりでコンピューターの力を、
実戦などで利用して、それが問題視されたとか、なんとか。
過去には、羽生さんを倒した実績もある方で、武蔵と異名も持ち。
真偽は分からないけど、将棋もプロがAIに負ける時代ですからね。
ただ、コンピューターと戦っても、実際の対人戦? に比べると、
やっぱり面白さに欠けるというか、生きた将棋じゃなくなります。
というか、生きた将棋であるからこそ、
公式戦、タイトル戦も面白いですし、切磋琢磨していけると思うんです。
あくまでも、AIの強さは過去の蓄積ですし。
そんな中、これは未来予想図ですが、
アンドロイドなどができて、人間と大差なくなって、
そのアンドロイドが棋戦に出てきたら……どうなるんでしょうねぇ。
早速、試し読みしてみました!
シュール(?)な画風ですが、そこがかえってツボになりますね。
しかも、マガジンで連載されていたんですねぇ。

確かに、ボンビー覚醒、キングボンビー!
となると、大喧嘩に発展するケースも十分にあります。
というか将棋ですが負け続けてた頃、半泣きになったことがあります。
それ以来、真剣に勉強して、でも、運の要素も絡む桃鉄ではねぇ。
といっても、カードのシステムがあって、新幹線カードとか、
特急カードとか、それらを駆使すれば、なんとか勝てることも。
あ、桃太郎伝説の方が本家だったんですね!
そっか、桃鉄の方が派生だったのかぁ。
今のゲームはグラフィックスは進化してる反面、
リメイク作品が多くて、完全なオリジナル! っていうのはあまりなく。
究極の二択ですね、それ。
辞めるか、続けるか。いえ、私は続けますよ(笑)。
ドンキーコング、マリオ、あとは、カービィ、
これらは完全に独立したゲームで、それぞれが一長一短あって。
ロックマン、私は昔にプレイしたことがあります。
ファミコンだったかな、スーファミだったかな、
機種は忘れましたが、当時、借りてきてプレイしてました。
でも、1面(?)のボスにすら到達できず、という最弱プレイでした(苦笑)。
綺羅 2016/10/14(Fri) 11:15 No.102

芳香と悪臭は紙一重?

>綺羅さん

やはり工程が増えればその分ミスする可能性が増えますし、
集中力も精神力もより多く必要になりますが、
さすがにそれで命を取られるとかそういうのではありませんから、
気楽にやるくらいでいい場合もあるのかなと。
逆に肩肘張って失敗する可能性もありますからね。
そうなんですよ、微妙な筆遣いで味わいが変わります。
濃淡も力加減ひとつでうまくいったりいかなかったりで。
基本的にコンピュータの絡んでいる世界はすべて横書きですから、
この辺どうなのかなと思う面は少なからずありますね。
Twitterが縦書きになると…ちょっと使いづらくなるかな?
スマホでは見づらくなりそうです。
加えてTwitterは国際的なサービスですからねぇ…、
ちょーっと、無理かなと。

まあ、この掲示板はモゴモゴという言い方をしなくても
別に問題がないというか、誹謗中傷でなければ大丈夫なので、
橋下徹とスパーンと言っても大丈夫です(笑)
氏に限らず、最近センセーショナルにものをいう人って、
みんなそんな感じがします。長谷川豊氏しかり、
その他いわゆる「愛国カルト」と称されるタイプしかり。
ものをいうってことはそれ相応に責任が伴うことであるんですけど、
それをわかってない人が多いなぁと思うんですよね。
言えばいいってものじゃなく、先のことを熟慮したうえでものを言わないと
あとあと舌禍ということになるのは目に見えているってことをわかっておかないと。

今でこそ当たり前になっている「嫌煙権」ですけれども、
昔はそんなのありませんでしたものね。
タバコを吸わない人が多くなってきているだけでなく、
そのタバコを嫌だという人が多くなっているわけですから、
それに配慮して禁煙に近い形にするのが筋かなって思うことも
多々ありますです、私としては。
やはり、将棋の世界ってのはプロがしのぎを削っている世界ですが、
と同時に一般には分かりづらい世界であることもあります。
棋士=近寄りづらい人たち、というイメージもあるでしょうけれども、
棋士の側から一般の人たちに対する距離を縮めていこうとしている感じで
最近はだいぶ変わったかなーという感じです。
私もそれは思います、やはり将棋は人と指すのが面白いです。
とはいえ、最近は過剰に他人と距離を取る傾向などもあって、
なかなかそういう機会に恵まれないというのも事実なんですけどね。
私もびっくりしました、高橋九段のブログ。
いやいやまあ、ここまでサブカルにハマったってすごいなぁと。
それでいて竜王戦で1組、4年前まで順位戦A級という棋士ですからね。
「ハチワンダイバー」というのもありましたね、確かに。
こちらは鈴木大介八段が監修されていたといいます。
将棋の漫画といってもいろいろな作品があるものですよね。
ちなみに、こちらで『将棋の渡辺くん』のためし読みができます。
http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063378504

ボンビーが覚醒する「大変なこと」になりますからねぇ…。
あれ1つで喧嘩になりかねませんから、まじめな話。
桃太郎RPGというか、『桃太郎伝説』は、実はこっちが本家で
『桃太郎電鉄』が派生作品になっているんです。
そう考えると昔のゲームは誰がやっても面白いを身に着けてしまい、
今のゲームは「何を持って面白いとするか模索するあまりに
道を探し続けているんだけど…」という感じなのかもしれません。
鬼畜なゲームだったり難度が高かったりするゲームっていうと、
「続けるかやめるか」ってところに至るんでしょうが、
やはり続けたくなる面白さがある面もあるんですよね。
ドンキーコングもまたマリオとは違った面白味がありますね、確かに。
ロックマンも私はずいぶんプレイしましたし、今でもプレイしますが、
やはりゲーマーとして育ってきた私たちの場合、
ゲームはいくつになっても遊べば面白いということなんでしょう。
私の場合はツクールをやってきたって側面もありますけどね。
クリス_NK 2016/10/10(Mon) 17:40 No.101

油彩画の場合、溶き油等の匂いが辛いです。

>クリスさん

文字数の多さは、やはり集中力も精神力もより必要になりますよね。
お菓子も数が増えれば増えるだけ大変ですし、慣れればいいんですが、
慣れたころが危ないというか。常に緊張感がある方が、
良い物が作れたりするんですよね。
筆の動かし方、これは絵描きにも通じるところがあります。
他にも濃淡を操るのも。絵描きでも、着色する際には、
色の濃淡を注意しますし、鉛筆を使う時も絵筆を使う時も、
角度や力加減などなど、繊細な動きをしないといけなくて。
あ、これです。これ。ブラウザを縦書き、というの。
横書きに慣れてしまってる現代社会で、
果たして縦書きのブラウザっていうのは求められるのかなぁ。
例えば、Twitterでもなんでも縦書き化とか(笑)。
うん、無理ですね! 流石に......。

そうなんですよ。
言ったもん勝ちというのはあまりいい気持ちでもなく。
日本の悪いところでは、誰とは言いませんが、
弁護士で知事と市長をやった方もいますよね。
言いたい放題という訳ではないけど、時に過激すぎるという。

そうそう、昔はおじさんが集まって、煙草を吹かして、という。
あの雰囲気に慣れずに碁会所を敬遠してる方もいたそうです。
今でこそ本当に綺麗になったのですが。
あぁ、将棋もそうですね。明るくなりました。
やはり仰るように、棋士のSNSの利用、情報発信、
それらが好影響になって今のような将棋界を作ったというか。
それに、中継もあって、観る将も増えたそうです。
けど、私としては観るだけでなく実際に指してみて、
その面白さと奥深さを楽しんでほしいと思っちゃいますね。
おぉ! その方のブログ観てみました。
なんか、流石というか、私の父とは大違いなほどです(色々な意味で)。
『3月のライオン』、アニメ化もされて、今、かなりの人気作です。
つい先日、1巻だけネットで立ち読みしましたが、
なるほど、これは『しおんの王』みたく、アニメ化するわぁと。
そういえば将棋の漫画も増えましたよね。
『ハチワンダイバー』とかもあったような......?

桃鉄、あれも奥深いですからねぇ。
ボンビーが憑くと、他のプレイヤーに擦り付けるかしないと、
見事なまでに物件が飛んだりして。億万長者が最下位に、なんてことも。
桃鉄と言えば、そのシリーズ系か分かりませんが、
桃太郎RPGっぽい名前のゲームがSFC時代にあったような。
プレイしたことはないのですが......。
うーん、こう見てみると、SFC時代もPS時代も名作ばかりです。
勿論、FC時代も忘れるべからずという。
マリオ、マリオメーカーの誕生によって、より凶悪なステージが生まれて。
あれはもう常人ではクリアできませんよねぇ。
YouTubeでもアップされてますが、あの鬼畜仕様のステージは、
誰がクリアできるのだろう。と思うんですが、
きちんとクリアできる人が出てくるからビックリです。
因みにマリオではないですが、SFCのドンキーコングシリーズ(1〜3)。
これもまたマリオとは一線を期した面白さがありました。
綺羅 2016/10/10(Mon) 11:31 No.100

嗅覚だって大切な要素です

>綺羅さん

文字が多いと、その分長時間紙に向き合うわけですから、
それだけ精神的な消耗も大きくなりますからね。
やっちまったが単純に3倍に増えましたから(苦笑)
お菓子もオールインミックスで作れるとはいえ、実際には
入れる順番など厳密に守ったほうがいい場合もあったりして、
いろいろ工夫の余地があるんですよね。
墨は墨汁がありますからまだ簡単なんですけれども、
筆がまた…動かし方に慣れることが第一です、まずは。
そうなんです、濃淡というか、うまいことかすれさせたりとかいう
テクニックってのも実はあるんですよね。
擦るタイプもあるにはあるんですが、使える濃さにするまでかなり時間がかかります。
私は…基本的に横書きに慣れすぎてしまったこともあって、
何を書くにしても横書きがメインになっています。
で、必要なときに縦書きに直し、レイアウトを整えてます。
ああ、ありますね、ブラウザで縦書きに表示するってのは。
ここでそういうのを解説しています。
http://tategaki.github.io/

言ったもん勝ちってのはあまりいい傾向ではないというか、
もちろん場合によるんでしょうけれども、対話なしってのを考えると
なんだか味気ないというか…日本人の悪い議論の中に、
「相手の言い分を言わせないほうが勝ち」みたいなのがあるのもあって、
私はいい気分になりませんね、正直に言ってしまえば。
テレビの討論番組なんかその最たるものじゃないかなと。

真剣師出身の棋士だと、花村元司九段が有名ですね。
森下卓九段や深浦康市九段の師匠でもありますが、
あの大山康晴十五世名人にはなかなか勝てなかったとか。
単純に将棋を指すだけではなく、そこに人生を賭けているってのは
もちろん違法なんですけれども、あこがれるものがあるというのも
うなずけるところだと思いますね。
昔は「おじさんが集まるところ」というイメージでしたものね、碁会所などって。
そういうところだとどうしてもタバコがつきものですから、
どうも苦手って人も少なからずいたのは事実でしょう。
もしかしたらそういうのも影響しているのかもしれませんね。
そうですね、将棋の世界もずいぶん明るくなった感じです。
これはネットによるものも相当あると思います、私は。
棋士自身のTwitterやブログの影響もあるかなと。
特に高橋道雄九段のブログはすごいです。
http://ameblo.jp/t-mitch142
50代半ばのおじさんのブログなのかと思ってしまいますよ(笑)
『3月のライオン』は私もよく読んでいないんですが、
相当流行っているらしいですね、この漫画。
ちなみに私の一押しの将棋漫画(?)は『将棋の渡辺くん』です。
渡辺明竜王のぶっ飛んだキャラクターにすっかりハマっちまいました。
梅沢(現・吉原)由香里さんは『ヒカルの碁』の監修ですね。
その影響があって囲碁の普及にも努められているようですね。

基本ですね、ゲーマーの中高生がそういわれるのは。
ただまあ、やるべきことをきちんとやってるんだったら、
私は別にゲームしてても問題ないんじゃないかなと思いますね。
桃鉄も4人でプレイすると燃えますけれど、
私は5人でもプレイしたことがありましたね。
二人でタッグ組んで、1か月ごとに交代するみたいな
(もちろん相談なし。自分の判断のみでプレイする)。
名前も普段使ってる名前を半分ずつ組み合わせて、
称号もランダムで選んだものにしました。
マリオ3は7面の最後の砦が超鬼畜でしたねぇ…。
足場は土管のみでもちろんファイアパックン標準装備、
間には溶岩、ここはもう…パタパタの羽使わないと無理です。
最近のマリオは確かに難しくなっているかもしれません…というか、
もともとマリオも結構難しめにできていますからね。
とりわけ最近のはさまざまなアクションもあるようですし。
クリス_NK 2016/10/05(Wed) 19:27 No.99

香りで思い出すこともありますからね。

>クリスさん

いやー、私もレスとか返事は遅いので(汗)。

文字数と画数の多い文字って、やっぱり難易度が高いんですね。
考えてもみれば、お菓子でさえも、
作る工程(組み立て)が多いと、それだけで大変ですし。
や、お菓子は全てオールインミックスなんですけどね(笑)。
中にはシュガーバッターとかありますが、
最終的にひとつに纏めちゃうので、オールインミックスだったり。
書道だと墨や筆を使う訳ですから、あれも、慣れるまで大変そう。
墨ひとつとっても、濃淡? 濃さ? それがあるんですよね?
今は便利な墨汁なんてありますが、擦るタイプのもありましたね。
長方形のもので、少しの水とそれを使って、という。
そうそう、パソコンやワープロの普及で、
縦書きに馴染み深いのが少しずつ薄れてきていて。
といっても、私は小説を書く時は、縦書きなんですけど。
アウトラインプロセッサを使う時は、横書きですね。
そういえば、日本のネット環境で、
横書きを縦書きにする、みたいなことを聴いたことがあります。
ホームページなどが縦書き……うーん。

言ったもん勝ち……以前、スクーリングで、
ビジネス法務を受けた時、その時の講師が、
事故に見舞われたり、何か問題が起こった場合には、
基本的に言ったもんが勝ちます、的なことを仰ってましたねぇ。
まぁ否定はしないんですけど、それだとなぁというか。

アマがプロに勝つ、昔は真剣師の小池重明さんが、
新宿の殺し屋とかなんとかで、プロを倒したということが。
勿論、駒落ちなどではありますが、それでも途中に、
プロ入りが認められたそうです。
けど、祖業の悪さで流れてしまったとか、なんとか。
因みに、この小池重明さん、真剣師ではありますが、
個人的に将棋界では羽生さんの他に好きな棋士だったりします。
あの生きざまは褒められたものじゃないかもですが、
それでも将棋の強さは憧れますね。
確かにひと昔前は、将棋と言えば縁台将棋という印象が強くて。
囲碁も、今でこそ禁煙の場所が増えましたが、
以前は喫煙OKだけでなく、煙が黙々とか。
えぇ、昔に一度だけその碁会所に入ってしまったことがあります。
けど、今は囲碁も将棋も華やかになったというか、
イメージも一新されましたよね。女流棋士も活気がありますし。
囲碁も当時、ヒカルの碁以外に、
梅沢ゆかりさん(でしたっけ)の人気もあって一気に囲碁ブーム到来で。
将棋も最近では「3月のライオン」が流行り、
これで将棋ブーム来ないかなぁと。

まぁ、いつの世も、親御さんにとって、
ゲームというのは、遊びの面が強いんですよね(涙)。
我が家ではそういったことはなかったのですが、
他の家庭では「ゲームばかりしてー」だの、
他に「勉強はどうしたのー」とか。
いやいや、今はプロのゲーマーもいたり、e-sportsでしたか、
実際に賞金のかかった試合もありますし。時代の流れですねぇ。
桃鉄、これは大人数でプレイするとより燃えますね。
勿論、スマブラも大人気でした。
私は、カービィばかり使ってましたよ(笑)。
マリオ3で、笛使わないプレイ! 懐かしいです。
ただ、今のマリオは、難易度があがっていたりして、
プレイスキルの低い私にはクリアが難しいですね。
うーん、時代かなぁ。
綺羅 2016/10/05(Wed) 12:55 No.98

においってのは重要な要素です

>綺羅さん

まず、レスが相当遅くなってしまって申し訳ありませんでした。

練習すれば何とか「憐」は形になりますけれども、
実は以外にも最大の鬼門は「南」なんです。
バランスが採りづらい次男ですよねぇ…。
確かに画数が多いのも難点ですが、それ以上に
文字数が多いのが難点で…。
とはいえ、漢詩の七言を2行にするというのは
この手の書道では典型的な書き方の一つなので、
マスターしたいところではありますね。
そうなんですよ、慣れるまではずれるんですよね、中心線など。
縦書きって意外に難しいなと思いましたね、やはり。
縦書きを日常的に使っている言語って、アジア圏だけなんですよね。
パソコンの普及などもあって、圧倒的に横書きが増えてしまいましたが、
縦書きにも縦書きのよさがありますから、捨てがたいところです。
お菓子でも絞りなどで影響するものがありますけれども、
そういう、ちょっとしたミスが全体のバランスを崩してしまうという事例、
かなり多いのではないかと思いますね。
それだからこそ、集中力を持たせることが必要になるわけで、
その修練とかすごく大事なのかなと。

いますねぇ、そういう人が少なからず。
インターネットなどを使うことができる環境が一般化し、
気軽に意見を言える場が増えたのは望ましいことかもしれませんが、
そういう、メディアの使い方などについての知恵が足りないことによるものや
日本的な意見の述べ方の特徴が悪い方向に働いている面も
あるように思います。
言ったもん勝ちとか言うのはやめてほしいものです。

狭き門ですね、本当に。実際にアマが勝てることもありますが、
さすがに挑戦者決定戦に参戦したという話はありません。
まあ、私だったらそこに達する前にもうアウトなんですけどね。
たぶん12枚くらい落としてもらわないと勝てません。
玉と金銀1枚ずつと歩だけで戦ってくださいなんてのは…。
私はまあ、せいぜい…10級のCOMにすら苦戦していますから、
そんなもんなんでしょうねぇ、実力は。
将棋というと、どうしても縁台将棋というイメージがありまして、
やはり「そういうところに行ってまで指すものではない」という
どちらかというと軽い扱いを受けているというのもあるかもなぁと。
うちの父も言っていました、「何で羽生は竜王に挑戦しないんだ」と。
そんなこといったって竜王戦のランキングで勝てなかったんだから
しかたなかんべと思うんですよね。
2014年は糸谷哲郎六段(当時)に挑戦者決定戦で負けていますし
(ちなみに今日はその二人が王座戦第3局対局中)、
前期は決勝トーナメント緒戦で4組優勝の永瀬拓矢六段に敗れて、
今期は1組5位決定戦決勝で豊島将之七段に負けましたし。
ただ、伝説達成を見たいという人は少なからずいますね。
私はリアルタイムで羽生さんが七冠達成したのを見ていましたし、
二上達也九段の本で将棋の基本を覚えたものですから、
そのお弟子さんの羽生さんの活躍を期待するのもありますし。
アマ名人が棋王戦参加できるというのもさっき知りました。
…あれ、竜王も棋王も現在渡辺さん…? まあ、偶然でしょうけど。

ゲームに没頭するってのはすごく面白いんですけれども、
親には大変に不評でございますね、あれ。
勉強しないってのもありますし、電気料金ってのもありますし。
ただ、電気料金という側面で話をすると、
私が一人暮らししていたときにゲームに没頭してたわけですが
(加えてパソコンもずいぶん起動していましたし)、
その際の電気料金、月に2000円でお釣り来てました。
ということは…ゲーム機器で電気料金を食うってのは
必ずしも当てはまらないんじゃないかなと思いますね。
ああ、ありますね、桃鉄の貫徹プレイ。
私は99年やりきったことはないんですけれども、
マリオも3ではワールド1〜8まで笛使わずにクリアしようとしたり、
スマブラも結構やりました。ゲームキューブののDXになるんですけど、
私の持ちキャラは…ロイ様でしょうかね、FEから乱入した。
ゲーム機に関しては確かに昔の子は歴史を知らないってありますよ。
私が生まれたころがちょうどテレビゲームの黎明期ですから。
まあ、逆に本質的な面白さがついている分、初代のほうが面白いと
判断される場合もかなりあると思いますよ。
クリス_NK 2016/10/04(Tue) 15:35 No.97

本のインクの匂いとか私は好きで、図書館はパラダイスです!

>クリスさん

難しい字を書いてますねぇ。
画数が多いのも難しいですし、全体のバランスも難しく。
私はきちんとやれば字も上手い、と言われますが、
ただ、昔からというか、直筆で書くと、
ラインというのでしょうか、それがずれていきます。
横に書いていけば、まま大丈夫ですが、
縦に書くと右へ右へと文字がずれていくことも。
これも慣れですね。慣れてしまえば、初歩的なミスも減りますが、
反対に不慣れな場合ですと、上手にやるということばかり意識して、
他がおろそかになったり。
プリン、ケーキなども同じで、
絞りやナッペとか一つのミスが最終的な完成度に影響します。
これに味のミスもあれば、もう泣くに泣けずという(苦笑)。
ですねぇ。シビアな世界だからこそ、逆に面白いというか。
ひとつ確かなのは、仰る通り、
プロになればなるほど、失敗を活かし、
また失敗しないように進める、でしょうかね。

中には馬頭するだけなく、その人の人格をも否定する人もいて。
他にも話を一方的にするだけで、相手の話を聞かないというケースも。
知識人であるなら、常識人でもあって欲しいなぁと。

なるほど、プロの試合にアマも参加できたりすんですね!
ただ、本当に狭き門ですね、それ……。
でも、その狭き門に入れたというだけで既にプロ並みの実力だったり!?
けど、プロアマが入り乱れた棋戦、というのは面白そうですよね。
まぁ、私の実力(棋力)では、プロだけでなく、
アマ強豪にも駒落ちでないと戦えませんが(笑)。
駒落ちでも、最低ラインが2枚落ち、欲を言えば、
香車か桂馬あたりまで……や、これは落とし過ぎでしょうか。
でも、それほどに実力不足なのは確かですから、
せめて(百歩譲って)初段か二段クラスにはならないとなぁ。
そうなんです。将棋所とかも交通費が掛かりますからねぇ。
更にそこへ席料なんてのも取られて。
以前、地元の囲碁クラブに入っていましたが、
そこは年間で3000円、月に2回だけ日曜日を利用して対局してました。
勿論、打ち放題。これが将棋となると1日の対局回数も決まってたり、
何より、指せる場所も減ってたり。
彫駒を買いに行った時の店主も、将棋の指せるところは周辺にはないねぇ、
と仰っていて、あぁ、昔は多かったのになぁと。
ひとまずは、羽生さんの伝説達成は観たいですね!
これで人気も出て、それこそ将棋の復権というか、
それができれば……或いは、将棋所も増えてくれるかなぁ。

そうそう、RPGなどは上が見えないほど時間に没頭します。
学生時代は、ゲーム祭りと称して、休みを利用しては、
ほぼ1日中にかけてプレイした、なんてほどのことも。
いやぁ、当時はSFCでRPG以外に桃鉄もやっていて、
99年設定にしては、桃鉄の完全プレイを目指したり。
桃鉄は他にPS2だったかな、当時、桃鉄USAもやったり。
ニンテンドー64では、アクションでしたがスーパーマリオ64と、
スマッシュブラザーズを極めようとしたり。
中でもマリオは鉄板で、昔も今も人気ですよね。
あ、それあります。私の場合は小説執筆に、ほぼ徹夜込みで、
時間にして10時間は軽く超えたり、中学時代は、
絵で模写ばかりに時間を費やして、気づけば朝からやって夕方とか。
結局のところ、好きなものは好きで、
それを辞めたり、やらなかったりは、苦行の何物でもないという。
や、確かに有害なのは駄目ですけどね、流石に(汗)。
ゲームと言えば今の若い子なんかは、
ゲームボーイの存在を知らなかったり、というのも聴いたことが。
まぁ、時代の流れなのでしょうねぇ。
先日なんかは3DSではなく、2DSとセットでポケモンの赤緑などが、
発売されましたが、今の子には初代ポケモンって受けるかなぁ。
ピカチュウは可愛い、それ以上にミュウが可愛い、
というのは決まりですが(笑)。
綺羅 2016/10/02(Sun) 21:13 No.96

墨の匂いをかぐと吐き気が収まります

>綺羅さん

そうなんです、一度始めちゃうと結構ハマっちゃって、
次はこうしようとか、こうすればよかったとか思うようになると
だんだんその面白さがわかってくるという感じですね。
去年は「冬嶺秀孤松(冬嶺 孤松に秀ず)」と書いたんですが、
今年は「十月江南天気好 可憐冬景似春華」
(十月江南天気好し 可憐の冬景、春華に似たり)と書いてます。
一気に文字が3倍近くになったので、ミスする確率も上がって、
どれか1文字うまくいかないってことが必ず発生するという(苦笑)
そういうのも書(描)いているうちにミスしにくくなるのかなと。
プリンも卵や牛乳の品質一つで相当変わりそうですよね、確かに。
加えて風味づけのバニラにもさまざまな流儀があるんですよね。
あー、確かにお菓子で失敗すると食べられなくなってしまって、
もったいないということになりますね…食べられるものに仕上げるために
ひたすらコツをつかむまでが勝負なのかなというところでしょう。
でも、逆にシビアな世界だからこそ面白ってありますよね。
それこそ先々のことまで考えた上でやらなければならないものと同じで、
ミスしたら終わり、だからこそそれまでの下準備を怠らないという感じで。

ああ、ありますよね、知識が浅いからといって罵倒したりするっての。
そういうのが必要なときもなくはないんでしょうけれども、
それがマイナスに働くことも多いわけで。
やはり相手の劣等感を強くするような行為はどうなのかしらと。
知識は正しく習得し、正しく活用し、正しくひけらかしましょう…
そんな感じなのかなぁと思います。

実はプロの棋戦の中でも、竜王戦はごく一部のアマも参加できますね。
まあ、竜王戦の6組参加なのでかなり狭き関門ですけど。
もちろんそういうのがあると面白いところですけれどもね。
例えばアマとプロが戦う時、プロは駒落ちにするとか、
そういう形でやればかなり面白いんじゃないかなと思います。
確かに選考とかはなかなかしんどいところではありますがね…。
加古川清流戦という棋戦だとアマが優勝している実績もあります。
http://www.shogi.or.jp/match/kakogawa/
ちなみにこの稲葉聡アマ、実はA級棋士の稲葉陽八段のお兄さんだそうで。
あー、確かに高いですね、プロの指導対局も、免状申請も。
えーっ、って思う額になっていますけれども、
まあ、これは仕方がない側面もあるのかもしれませんね。
教室に関してもいろいろお金もかかりますし、交通費もかかって、
なかなか大変ですけれども、その辺はネット…といっても、
やはり玉石混淆ですし、中にはマナーの悪い人もいて。
将棋はマナーも大事な要素の一つだと思いますから、
その辺も含めて考えてほしいかなと。
あと、ネット将棋だと感想戦もやりづらいですしね。
棋譜が自動的に記録される代物があるのはメリットですけど。
ま、まあ、アヒルは…好みだからいいかなと(笑)
羽生さんの牙城はまだまだというところでしょうかね。
あと竜王1期獲得すれば7棋戦すべて永世称号を手に入れるだけに
そこをクリアしてほしいという思いはありますけれども。

ゲーマー第一歩ですね、その辺に関しては。
その域に足を踏み入れたら真のゲーマーになれる資格を有するという(?)
RPGみたいに、時間をかけてプレイするゲームに関しては
いくら時間をかけてもいいというか、切り上げ時を見失いがちで、
結局たっぷり時間を費やしたなんてことも多いですし。
まあ、本当に集中できることがあるってのはいいことなんでしょう。
私の場合、昔何かしらの文章を書いていたら、
いつの間にか22時…確か14時から書き始めてたから…8時間?!
そのぐらい何も口にせず、トイレに行くぐらい、
一心不乱にやってたという経験がありますね。
ゲーマーにとってはゲームをしないってのは苦行である、というのは
もう間違いありません。そこまで行くと依存症といえるかもしれませんが、
やっぱり好きなものは好きなんだということになるんじゃないかなと。
もちろん健康を害するものだと問題ですけれどもね。タバコとかお酒とか。
全部飛んだというのはまああくまでも一例で、そんな経験はないんですが、
本当にそうなったら悲惨ですね、いろいろな意味で。
ただ、以前にPSのメモリーカードのデータがロードできない(データが壊れた)とか、
そういう経験はありました。しかもツクールのデータでした(涙)
あとは、これもツクール3のデータonPSの話なんですけど、
データを呼び出す際にパスワードを入れなければならないんですが、
そのパスワードが思い出せなくて、やむなく全消しとかいう経験も。
クリス_NK 2016/10/01(Sat) 15:30 No.95

ハマる気持ち、分かります!

>クリスさん

継続は力なり、ですからね!
書道でも美術でも継続することで力もついて、
上達もしていきますから。1日に1枚書(描)けば、
1年で300枚以上はできますから、勿論、波はありますから、
毎日のようにとはいかないかも知れないんですけど。
そこですね、創作と同じです。
色々なことを考え、次の作品へと活かす。
まさに創作ですし、それはプロもアマも関係なく、
基本というか基礎中の基礎な訳で。
お菓子作りでも、例えばプリン1つとっても、
卵と牛乳を変えるだけで味に影響しますからねぇ。
バニラエッセンスも高いのはエクストラクトがあって、
他にもエッセンス以上に高い、バニラビーンズもあり。
ただ、絵でも書道でもお菓子でも失敗したら悲惨ですが。
特にお菓子の場合は失敗イコールでゴミ箱いき、
というのも多くありますからねぇ(涙)。
けど、シビアな世界でも凄く楽しみ甲斐がありますよね。

知識のオンパレードは時として凄く助かります。
ただ、仰るように無関係な場面で熱弁されてしまうと、ねぇ。
中には知識の浅はかさを愚弄するというパターンも無きにしも非ず。
やっぱり互いに持ちつ持たれつ、なんでしょうね。

私の場合、『しおんの王』という漫画で出てきたように、
プロとアマを問わないタイトル戦(7大棋戦はプロ専用ですが)、
それを作ったら面白いだろうなぁと思うことがあります。
ただ、その為には弊害というか壁が多くあり、
例えば、アマの参加者をどう振るいにかけるのか、
有段者のみにするとか、参加者の選定をする場合にも、
誰でも歓迎ではなく、きちんとトーナメントを行うとか、
他にも7大棋戦とは違う立ち位置にするとか、数えたらきりがなく。
それで将棋と言えば自分の棋力ってどのくらいかというのを知りたくて、
指導対局っていうのかな、それを受けてみたいなぁと思うことも。
けど、対局料があれって高いですし、仮に有段者の資格あり、
と認められても、免状の料金も高くて。
まぁ、それ以前に地元に将棋所はないですし、
遠出するだけで席料×2倍の料金が往復でかかります。
なので、結局はまだまだ敬遠してるという。
ところで、何故にアヒル!? と思いますよね。
羽生さんの実力ってまだまだ衰え知らず、ですねー。

ですよね(笑)。基本中の基本ですよ!
ツクールやドラクエなどのゲームは、一度でもプレイすれば、
もう時間がいくらあっても足りないというか、
小説の執筆と同じように次々に色んなアイデアとか、
攻略法とか出てきて、それを試すにはいられないという。
将棋の棋譜並べも同様で、あれも集中すると楽しくもあり大変でもあり。
流石にお風呂沸かしっぱなしはなかったですが、
ある種、危険ゾーンになったことはありますね。
昔なんですが、学生だった頃、
長期休みなんかに食事そのものを忘れて……気づいたら夕食時になり。
ゲームと言えば、教会でミサが開始されるまでの間、
隠れてゲームをしてた信者さんがいたなぁ。我慢すればいいのに、
とも思うんですけど、ゲーマーにとってそれは苦行!?
うわぁ、それは悲惨ですね(汗)。
バックアップもすべて飛ぶというのはきっついですね。
あのデータ飛びも、詰まり過ぎてるから飛ぶのかなぁ。
綺羅 2016/09/30(Fri) 07:57 No.94

覚えるには何度も繰り返すのが一番!

>綺羅さん

地元公民館が主催する書道教室ってのがありまして、
それに2年連続で参加しているうちに、ハマりました(笑)
もちろん、決してうまい字じゃないんですけどね。
それでも書いているうちに、次はこうするのがいいのかなとか
いろいろ考えつつやれるようになるというのがありまして、
そういうのが創作と同じだと気付いたんですよ。
おっしゃるように、納得(妥協)したら終わりなんですよね。
やはり何度も書き直したり1からやり直したり、
あるいは新しい文字なりテーマに取り組んでみたり、
そういうのがあるからこそ成長につながるんだと思います。
綺羅さんのお菓子作りの話もそれと同じですよね
(お菓子だけではなく料理全般でもそうなんですけれども)。
1つレシピを極めるだけではなく、ある時は少し味が足りない、
またあるときはちょっと味がくどかった、なんてこともあります。
小麦粉をはじめとする材料の質、あるいは焼き上げる時の環境、
混ぜ方のむらなど、さらにはその日の天気なんてのも左右されますし、
そこまできちんと見極められるようになって、常に最高のものを作れるように
修練を重ねまくる、ってことが大事なのかなって思います。
絵に関しても書道に関しても、失敗したら次にもう1枚ですからね。
その辺がとってもシビアな世界というところになります。

知識があって、専門的な分野の話が必要だって時には
そういうオタトークは大歓迎というか、救いの手になるんですよね。
それが関係ないところでただの談話のところにその手の話持ってこられると
これはオタトークではなくウザトークになりかねません。
おっしゃる通り、時には自分を引いて相手を立てるとか、
そういう心遣いというか、相互理解をしようとする心がけは
どうしても必要になるのかななんて思います。

最近は「将棋」の第一線に出てくることは少なくなり、
将棋普及のための活動に従事することも多くなっている感じで、
あのキャラクターが+に出ているかなという感じですね、加藤九段。
うちの父は落っこちた高段者は段位を下げろなんて言ってますが、
段位はその棋士の歴史を表しているものですから、
安易に下げろというのはどうもなと思います。
その棋士の過去の努力の否定ですからね、考えようによっては。
羽生さんの奥様のTwitterは確かに動物…最近ではアヒルが多く、
他にもさまざまな動物が載っているようですけれども、
おとといの王位戦に関してのコメントも載ってましたね。
木村八段が惜しくもタイトルに手が届かず、
やはり羽生さんの牙城がすごかったということになるのかなと。

安心してください、宿題そっちのけでゲームだけじゃなく
授業中に考えてたのが将棋とかツクールのこととかってのは
そんなの基本中の基本です(待て)
ツクールも一度火がつくと何時間もできますよ、あれ。
ただ、それで大事なことを忘れたりすると大変ですけどね。
私の場合、お風呂を沸かしながらゲームを始めて、
気が付いたらお風呂を沸かしっぱなしのまま集中してて
(浴室からボコッと音がしたから行ってみたら沸騰してた)、
えっらいことになった経験も2度ほどあります。
アホだなぁ〜(そうだよアホだよ!)。
言われてみれば、ドラクエのデータの飛び方って頻繁ですよね。
なんであんなに有意に頻度が高く飛ぶんだろうって思います。
一番悲惨なパターンが、バックアップ取っといたにもかかわらず
ぜーんぶ飛んじまうパターンといいますか…。
クリス_NK 2016/09/29(Thu) 14:07 No.93

描いて描いての繰り返しですねぇ。

>クリスさん

書道ですか! 私の父はペン字の練習ばかりしてます。
達筆過ぎるぐらいに達筆なんですが、本人曰く「納得できん」という。
まぁ、創作と同じですよね。納得したら終わっちゃうみたいな。
常に妥協しないで追及するというのは、お菓子作りでも、
お絵描きでも、小説の執筆でも、同じな訳で。
そうなんですよねぇ。流石に実物だと、
失敗する訳にもいかず、仮に失敗して修正できないなら、
また最初からやり直しというか。
書道と言えば、絵と同じく特に失敗できなさそうです。

ですねぇ。熱いオタクトークは敬遠されることも。
それでも熱中できるというのは、ある種の尊敬も出来たり。
それですね。押すだけでなく、引くことも大切で。
それは人付き合いでも、駆け引きでも同じなんでしょうね。

あの御年で現役というのも凄いですね。
アウトデラックスという番組でのあのキャラも好きです。
ありがとうございます! ご質問していただいて。
どうなるでしょうね、棋譜の権利関係などって。
創作に使う場合とかも。
流石に詰将棋の場合は著作権など発生しそうですが、
あくまでも勝負の結果でしかない棋譜は……うーん。
羽生さんの私生活は気になりますよね。
ツイッターに出てくるときもあるそうですが、
基本はそのツイッターで最近では動物関係(?)みないことが、
多く載せられているそうです。

やっぱり、ありますよね。宿題そっちのけというパターン。
それで将棋と重なりますが小学生の頃、私は授業中に、
将棋のことばかり考えてて、ノートにも授業内容ではなく、
将棋の囲いとか定跡のことを書いてたことも。流石にこれは(笑)。
それも、あるあるですよね、朝早くからゲームするということも。
スーファミのRPGツクール2だったかな、それを私は夜通しやったり、
いやぁ、これがまた集中しちゃうと何時間でもできてしまい。
それがドラクエになると尚のことという。
その末にデータが飛んだ、飛ばした、となると涙ものですね。
私も経験があって、他人のデータを上書きしてしまったということが。
しかも、かなりやり込んでたデータを初期状態に上書きとか。
あの時は、「すまぬ、お主のデータを死なせてしまった」と、
笑いながら謝ったことが。まぁ、そのあときちんと全クリアしたんですが、
当時のことは、まさに「あかーん」という。
しかし、ドラクエのデータ飛び易さは、あれって何故なんでしょうねぇ。
飛ばない時は飛ばないですが、飛ぶ時は見事なまでに全て飛んでしまい。
綺羅 2016/09/28(Wed) 00:31 No.92

慣れでしょうね、とにかく描くことでうまくなるべしと

>綺羅さん

そうなんでしょう、たくさん描いて覚えるしかないというか。
書道に関しても同じで、書いて書いて書きまくって、
そのうえでどう書くのが最も美しくなるのかを考えて、
そして次に生かしていくということになるんですよね。
…あ、いや、最近書道をちらりほらりとやってまして、
昼間に文化祭に出す作品を出してきたところなんですよ。
さすがに実物の絵だと彩色で失敗すると戻しにくいですね。
白い絵の具などで戻せないことがほとんどですし。
直せると便利だなと思いつつも…ねぇ。
ただ、実物の枝と重ね塗りがやりやすいってのはあります。
複雑なレイヤーとか考える必要もありませんからね。
キュアスカーレット、3人目の敵からのプリキュアですが、
凛々しさとかいろいろなところですごくいいなと感じました。

特にオタトークってのは人によっては嫌うものがありますし。
所構わず気に入ったアニメの話題をされても、
「知らんがな!」といいたくなることも多々ありますからね。
恋愛に関しても、友人づきあいに関してもそうで、
やはり人と人が付き合う際に、押しが強い性格ってのは
あまりいただけないのかななんて思うこともあります。

それは確かにありますねぇ…御年76歳ですから。
それでも現役棋士最年長で、あのキャラクターが好きだという人も
なかなか多いようですからね。
加藤さんといえばこんなのが…
https://www.youtube.com/watch?v=1BpbjedPf0Q
というわけで、今日、日本将棋連盟に対して
公式に質問をしてみましたので、回答が届きましたら
追ってお知らせしますね。
羽生さん自身はあまりインターネットなどで
私生活を公開されていないようですけれども、
奥様がTwitterをされていると…確かに出てくるかも?

『ヨッシーのクッキー』は私もやったことがありまして、
あれも盛り上がりますよね、確かに。
早あがりを目指すか、妨害狙いを目指すかの戦術面とか、
妨害中の行為に対してのヤジが盛り上がったりとか、
本当に面白かった印象があります。
まあ、宿題そっちのけというのはゲーマーなら誰しもありますよ。
私の場合は朝5時に起きて1時間だけDQ3とかやりましたし(笑)
確かにテトリスは運がからむ面があります。
運が悪いと棒がいつまでも来ない、きちんと積み重ならないとか
日常的になりますし、もう困っちゃう状態になることもあって。

DQに限らず、RPGで詰むとやってられるかと投げられますからね。
そこでうまくリカバリーできるような形になっていないと、
相当厳しいものがありますし。
Lv99カンストっていう裏ワザは…うーん、いいのか、と。
やはりRPGはキャラクターを自分で育てるのが売りというか。
まあ、あくまで裏技ですから封印することもできますし、
それはそれでいいのかなと。
いや、自分の冒険の書が消えるのはまだいいんですが
(それも嫌ですけれどもね、もちろん)、
他人のデータをトバしたら…あの時のへこみ方といったら…。
クリス_NK 2016/09/26(Mon) 21:12 No.91

パソコンでの着色は便利そうです。

>クリスさん

マウスもペンタブも、最終的には慣れなのでしょう。
確かにパソコンで描くと着色にしてもやり直しが簡単で、
便利そうだなぁと思うこともしばしば。
アナログですと失敗すると中々に修正もできませんでし。
沢城みゆきさんの、キュアスカーレット! 良いですねぇ。

ですねー。愛でも適度な距離感というのでしょうか、
それがあった方が長く続くのかもしれません。
なりふり構わず、場所も問わず、イチャイチャ、というより、
きちんと節度を守った付き合いの方が、自然体でいられますね。

羽生さんはまだまだ現役ですが、
一二三さんは、実際の話として年齢が……。
や、それでも将棋界の神様でもありますし、あのキャラクターも、
結構な人気があって、やっぱり対局を見てみたいですね。
同じくA級順位戦など、ハイレベルな戦いの場で。
それで棋譜の著作権については、どうなんでしょうねぇ。
曖昧な部分やグレーな部分もあるんですけど、
実際に創作に使う場合など、その出典を明記すれば大丈夫なのか、
それとも完全にアウトー、なのか。うーん。
羽生さんの私生活、確か奥様がツイッターをやられていて、
そこで極々稀に羽生さんのことが載ることもあるとかないとか。

そうそう、それなんですよね。
シンプルなゲームほど燃えて、熱戦で、湧き上がる!
パズルゲーだと、『ヨッシーのクッキー』が好きだったなぁ。
SFCのソフトなんですが、よく寝る間も惜しんでプレイしたり、
宿題そっちのけで楽しんだりしていました(笑)。
ぷよぷよは、完全に腕の差によりますね。テトリスの場合は、
腕というよりも、運の要素もありますから、面白くて。

ドラクエで「詰む」のはあまりないですよね。
と言いつつ、私も詰む寸前にまで追いやられたことがあります。
あれは、ドラクエ3でバラモスだったかな、そこまで進んだところで、
凄く間抜けなことをしてしまって、MPが危険状態に……(笑)。
しかも、回復用アイテムも残りわずかという。
でも、引き返すのも嫌だったので、玉砕覚悟で挑みましたよ。
結果は……いやー、なんともスリル満点の戦いでしたねぇ。
まぁ、ドラクエあるある、という。
ただ、それであってもきちんと油断せずに、
レベル上げとアイテムの補充さえしておけば、
余程のことがない限り、大丈夫なんですけどね。
因みに、ドラクエ3のGBC版(GB版だったかな)には裏技があって、
一気にレベルを99カンストさせることが可能だったりします。
あぁ、データが飛びやすいのも泣かせますよねー。
当時、あのBGMと共に、冒険の書が消えました、と出た時には、
それまでの冒険が水の泡になったので、その日1日はボーっと。
けど、またプレイしだすんですけどね。
綺羅 2016/09/26(Mon) 09:23 No.90

そういえば私の父の絵を見たことがない…

>綺羅さん

慣れるのが結構大変です、マウスで絵を描くってのは。
ただ、最近は逆にマウスというか、パソコンで描く方が
楽かなーなんて思ってる面もあったりします。
着色のやり直しがなんぼでも利きますからね。
あー、気に入ったキャラクターだと使いたくなるっての、
それは誰しもあることですよ。私もそうですし。
ちなみにそんな沢城さんの役柄の一つ、キュアスカーレット、
こんな感じになっとります。
https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88

まあ、愛もね、ほどほどにやるのがいいのかなーなんて。
年がら年中べたべたされているよりは、少し離れることもあっていい、
それくらいの気持ちでいる方が自然に付き合えるかななんて思います。
なので、所構わず濃い話をされるってのはあまりなぁって思うんですね。

現役のうちにということになると、羽生さんはともかくとして、
加藤さんは…今年もう少し頑張って粘ってほしいところです。
もともと加藤さんは強い信念のある人ですし、
新しい目標もできたわけですから、ここから巻き返して、
順位戦に残るみたいな活躍を見せてほしいかなと。
羽生さんと当たるとしたら、やはりタイトル戦で見てみたいですし、
あるいはA級順位戦とか、そういうハイレベルなところで戦ってほしいなと。
うーん、どうなんでしょうね、将棋の棋譜の著作権って。
公式に日本将棋連盟に聞いてみようかと思います。
ちょうど棋譜関連でちょっと気になってましたからね
(『EDC』でも将棋の棋譜を使おうと思っていたところなので)。
羽生さんは…普段いったいどんな生活をしてるんでしょうかね?
ブログもTwitterもやっておられないので、わからない面が多くて。
まあ、さすがに渡辺明さんみたいにあけっぴろげってことにはなりませんが
(本人のみならず奥様がブログに加えて漫画で明らかにしてるなんて、
 たぶん歴代300人ちょいいる棋士の中でも唯一かと)、
やはりファンとしては気になるところです。
ちなみに、最近はTwitterをやっている棋士も少なからずいて、
佐藤天彦名人もやっていますし、加藤さんもやっていますね。
情報機器音痴の父に加藤さんを見習わせたいくらいです(笑)

かえってシンプルなシステムのゲームのほうが燃えますよね。
単純だからこそ腕の良しあしが問われるというか。
パズルでもテトリスやぷよぷよは本当にハマりました。
ギャラガはやったことはありませんけど、
パロディウスはかなりやりましたね。
パズルゲーム対決は人が集まった時にやると盛り上がります。
ぷよぷよは腕の差があると結構微妙なところですけど、
テトリスはルールが極めてシンプルですからね。
あっちの方がかえって盛り上がるんじゃないかなと。

確かにDQは「詰む」ってことがほとんどなくて。
…あ、そうでもない。昔3で詰んだことが…。
仲間全員死亡、お金はない、ルーラ使えない、でも戦闘に勝てない、
ロマリアからアリアハンに帰れない、って事態に陥った時、
本当に続行不能になりました。…武器か何か売って
キメラの翼買えばよかったんでしょうけど、それ気づいたのは
だいぶ経ってからだったりもするんですよねぇ…。
それは例外だとしても、基本的にじっくり進める感じで行けば
詰まるとか詰むとか、そういうこともほとんどありませんし、
極めて良心的な難度に設定されていると思います。
FFはまだやってないんですよ、それほど。今6を中途半端にしてるところで。
3はキャラクターを自由に作り出せるところとか、
それを使って自由に想像できるところとか、
本当によくできているなと思いますね。
私も最初にやったDQは3でしたが、本当にいいゲームだなと思いましたし。
それだけに、「お気の毒ですが」事故がねぇ(笑)
クリス_NK 2016/09/25(Sun) 16:58 No.89

父も絵が苦手で、作品のどれもがお化けになります。

>クリスさん

マウスで描くのは難しそうですからね。
今はペンタブもありますし、そちらの方も良いかも。
ただ、私は手描き派なので、ずっと手描きばかりなんですけど。
『ギャラクシーエンジェル』は観たことがあります。
確かに今は大人の女性というか、そういったキャラクターを、
主に演じてらっしゃいます。シノンもそうですし。
ここだけの話というか、ソードアート・オンラインのゲームで、
VITAにあるんですが、シノンばかり使ってました(笑)。

まぁ、先回のあの番組も、あれだけ語れるのは、
愛ゆえのものだとも思いますし、あれはあれで良いのかなと。
ただ、所かまわず、濃い話のオンパレードは……流石にちょっと(?)。

一二三さんや、羽生さんが現役の時に、
今回の新進気鋭のプロがぶつかって欲しいなぁと。
未だに第一線で活躍する羽生さん相手にするのは、
かなり厳しいものでしょうが、得るものは多いと思いますし。
というか、対局が見てみたいですよね。
どこまで通じるかというよりも、
自身の棋力を図るためにも、寧ろ、良い経験になるはずですし。

そうですねぇ。1冊は手元にあると便利です。
私も手元に1冊、初心者向けの本がありますから。
分からない時なんかは何度も見直してます。
そういえば、チェスの棋譜は著作権というか、
勝負の結果でしたかないということで、基本は「なし」ですが、
将棋の場合ってどうでしたっけ。
今も根強く(?)議論されてるテーマらしくて、
一応、調べたりしてはいるんですが、今もって曖昧なんですよね、あれも。
いえ、将棋をテーマにした小説を書きたい、と思うことが以前あって、
その際に気になったんですよねぇ。囲碁の場合は……チェスと似てたり。
というか、羽生さんって何者!? って思いますよね(笑)。

ウィザードリィは、本当に好き嫌いが分かれるゲームです。
ただ、シンプルなゲームってはまると、本当にハマります。
ファミコン時代の『ギャラガ』というシューティングゲーム、
これも私は凄くハマって、最高で40万点以上取って、
ステージも40面を超えたことがあるほど、好きなゲームです。
シューティングゲーム、本来は苦手なんですけどね。
ひと昔前は、インベーダーもあって、名古屋打ちが流行ったことも!?
テトリスも面白いですよね。あれもかなり熱戦です。
特に友達を呼んだり、家族同士でテトリス祭りとか。ぷよぷよも好きです。

ドラクエは、鬼畜仕様というのが殆どないですからね。
その点はファイナルファンタジーも同じかなぁ。
けど、ドラクエとFFとでは、根本的に違う面もあるんですけどね。
FFで、8、9、10が特に好きだったなぁ。8は学園の感じが、
9は命の大切さ、10では葛藤や戦争と平和を考えさせられました。
ドラクエ3はドラクエシリーズの中でも傑作中の傑作ですよね。
あの自由度も、内容の濃さも。
それに冒険するキャラクターを勇者以外なら自由に作れるのもグッド。
ドラクエ、今はドラクエ11が製作中ですが、あれも面白そう。
綺羅 2016/09/24(Sat) 08:08 No.88

私は絵が苦手です…

>綺羅さん

私は絵ってあまり描かないですねぇ…
マウス絵、これまで何枚か描いたことはあるんですが、
まー、ちょっと微妙な出来になってました。
手描きのイラストももちろんなんだかなぁな出来でした。
沢城みゆきさん、私は『ギャラクシーエンジェル』で知ったんですよ。
その時はロリッとしたキャラクターをやっていたわけなんですけど、
今ではどちらかというときりっとした女性をやる感じですよね。
シノンといい、『Go!プリンセスプリキュア』の紅城トワといい。

濃い話をするのはとても楽しいことではあるんですけど、
ただ、周囲の立場はちゃんとわきまえてほしいなと。
まあ、逆にそういうレベルまで話ができるほどハマれるってのは
すごい作品であったり文化であったりする証かもしれませんけど。

プレッシャーももちろん感じるところはあるでしょう。
ただ、それをはねのけて今回プロ入りを果たしたわけですし、
自信を持って棋士の世界に仲間入りしてほしいですね。
一二三さんも独特の感性の持ち主ですからね。
『将棋の渡辺くん』の2巻でもちらほらそのエピソードが…。
でも、本当に現在の将棋界の神様というか大先輩というか、
そういう立場であることは間違いありませんから、
そういう方と対局してみて、今後自分がどうあるのか
改めて考えてみるのもいいかもしれません。

やっぱりインターネットだけではちょっと足りなそうですね。
超初心者向けの本を買ってみようと思います。
チェスの棋譜表と将棋の棋譜表とでは感覚が違いますから
確かにわかりづらいものはあるかもしれません。
その辺は慣れるしかないんでしょうね。
数学のXY座標でいえば、将棋は第3象限、囲碁は第4象限、
チェスは第1象限を使っているわけですし…。
羽生さんはチェスも将棋も、およそ駒と駒がぶつかるゲームは
何でもできるようですね。いわゆるチャトランガ系のゲームはOKと
Wikipediaには書いてありましたし。

Wizは確かに好みが分かれると思いますね。
その厳しめの戦闘難度もありますし、
システム的に「不親切な」ところもありますし。
ただ、ハマると本当にハマってしまいます。
実際にやるだけではなく、二次創作としてWizを選ぶ人も
私含めて少なからずいますからね。
昔のゲームはみんなシンプルにできていますけれども、
シンプルだからこそ面白いってのもありますもの。
私の場合、今は携帯電話でテトリスやることもありますが、
あれもシンプルながらものすごく熱いんですよ、いろいろ。

なるほど、DQはそんなに難しめではなさそうですし、
一通りやってみるのも手なのかなーなんて思ってます。
とりあえず3・4はやっていましたから、あとは…
どっからいこう…リメイクされた5あたりがいいかもしれませんね。
竜王は確かに大変かもしれませんねぇ…
同じ竜王でも某Wさんと絵で対決とかだったらいけそうですが、
…これもある意味では泥仕合になりそうな気も(笑)
3はRPGそのものですよね、いろいろな意味で。
自分で自由に目的を持って世界を冒険できますし。
クリス_NK 2016/09/20(Tue) 22:37 No.87

- LightBoard -