おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字8文字以内)   情報を保存
画像認証 (右画像を入力) 投稿キー

情報が遅いというか…

>綺羅さん
参院選に関しては情報の伝わりが遅いですよねぇ…。
国政なんだからもっとパパパッと情報を伝えて、
なるべく無駄な時間を使わないようにするのが理想なんですけど。
もう少し盛り上がりを見せてもいいところなんですけどねぇ…何だべと。
いろいろな考え方がありますけど、とりあえず今の政権をどう見るかってことを
まず第一に考え、そしてその先のことを考えて投票する党を決める、
こうするのが一番かなと思いますね。

アベノミクスに関しては一向にトリクルダウンの気配がありませんね…。
日経平均株価は上がってましたがまた下落していますし、
実際のところ「見た目の経済指標だけ」だったのかなぁと思う面もあります。
そもそも株価が上がっていることが景気回復かといったらそれだけじゃありませんしね。
様々な指標を総合的に判断しないと実態はわからないものだと思うんですが、
一面的なものだけで判断するのは危険なものですよね。

ドラクエ3は今でも語られていますよね、面白さという点では。
やはり自分で最初からキャラクターを作る、そしてストーリーを紡ぐというのがあるから
面白いんじゃないのかな、本当のROLE PLAYINGというところなのかなと。
『世界樹の迷宮』もなかなか面白い作品だという話ですけれども、
今のところハードがないので未プレイですねぇ…。
クリス_NK 2016/07/01(Fri) 21:00 No.77

投票も、誰が選挙に出ているのか此方は分からず?

>クリスさん
なんか、ダブル選挙の様相ですねー。
参院選とか、今回は(も)必ず投票が家族会議で決まり、
ただ、こちらは誰が出ているのか、未だにあまり分からず、
というよりも、選挙カーとかも走ってきませんし。

さぁ、誰に投票しようかなぁ、と考えても、
自民党には入れないと思いますが、じゃあ、どこかしらという。
アベノミクスで浮かれてる方もいますが、
実際は大企業とか一部の方たちだけで、その実は変わらず。

さて、いよいよコミケも本格的になってきましたね!
ドラクエ3とか、未だに根強い人気がありますから、
といいますか、ドラクエ3は本当に面白いです。

そんな私は最近『新・世界樹の迷宮』をプレイしてます。
といっても、序盤だけなんですけどね(笑)。
綺羅 2016/06/30(Thu) 17:34 No.76

抜歯は奥歯ほど手間がかかるという

>綺羅さん
親知らずの抜歯ではないんですけど、私も3年前の今頃に
重い虫歯をやってしまって治療したことがあります。
奥歯の痛みって生半可ではありませんよね。
しかもそのあとのケアも手間がかかりますから厄介です。
親知らずの神経は結構根っこが深いというのもありますから
痛みが引きにくいというのはあるんでしょうね。
何はおいても、お大事になさってください。

コミケデビューというのは本当にありがたいものです。
今回はドラクエ3からということになるんですけれども、
実はドラクエ3の創作は今回が初めてでして
(4の二次創作は自作RPGでクリフトとアリーナを登場させた経験あり)、
うまく書けるかどうか心配な面はありますけれども、
大きな舞台でデビューできるということですので精いっぱい頑張ります!
私も実はコミケに行くのは不安なんですよね…
おっしゃる通りあの地獄の環境が…。
特に夏は酷暑となるに決まってるのでなおきついという。
批評については処女作ということですからいろいろとあるんでしょうが、
あまりに心無い言葉だったらそれはそれでなんともはやという感じです。
人に意見を述べるときにはマナーとか心がけとか
そういうものを大事にしたいものですよね。

今回は佐藤名人の得意戦法、横歩取りの作戦にやられた感じですね。
とはいえこれからまだまだタイトル戦が続くわけですし、
棋士の中でもやはり一番知名度がある人ですから、
これからもがんばってほしいなと思うところです。
もちろんそれだけじゃなく、そういう上の世代を脅かす
若い世代の棋士がどんどん出てきて、面白い将棋を指す、
それがきっかけで将棋界がどんどん活気が出てくると
ファンとして嬉しいところです。
今期のNHK杯でも若手棋士がずいぶん出ていますから、面白いです。

舛添氏に関してはまあ辞職ですか、という感じですね。
どのみち不信任案が可決される可能性が高かったですから
こうなるのもまあ仕方がないという感じでしょうか。
なんにしてもカネの問題で辞めるってのが2代続いてるわけで、
ここでいい加減折り合いをつけないといけません。
ただ、今回も異常にたくさんの候補者が出るんでしょうね…。
47都道府県知事の中でも最も権力が強いであろうところですから
それを目指して野心家たちが…っていう風に解釈もできます。
実際に「あんた何の展望があるんだ?」と思う人も多い感じですし。
そうじゃなくて本気で都民のために仕事をする人が欲しいんですがね。
クリス_NK 2016/06/16(Thu) 14:41 No.75

おめでとうございますーっ

>クリスさん
いやはや、親知らずの抜歯って痛いですねー。
というよりも、抜歯後のアフターケアの段階が、
とても痛くて、痛み止めを飲んでも痛くて、眠れない日も続き。
ようやく、最近になって痛みが引きましたよぉ。

ということで、コミケデビューですか!
凄いですね、素晴らしいです。ドラクエをテーマも中々にグッド。
私はコミケまで足を運べないorあの地獄のようなコミケ会場では、
きっと途中で倒れてしまうこと必至なんですけど。
ただ、それは差し置いて、コミケで作品を知っていただけるのは、
それだけでうれしいですよね!

まぁ、色々と批評とかあるんですけど......。

そんな中、羽生さん、名人位を奪取されましたねー。
新しい若い棋士が名人になったことで、これからも、
どんどんと若手棋士が出てきて欲しいところです。ファンとしても。

そう言えば、舛添さん、辞職ですね。
まぁ、分かり切ってたというか、往生際云々が悪かったというか、
最後まで具体的説明もなく、という感じでしたね。
なんか、猪瀬さんの方がまだ都知事として良かった(?)かも、
と我が家では話題に挙がってました。
というか、次期の都知事は誰になるんでしょうねぇ。
橋下さんは……流石に辞めて欲しいけど、
かといって、クリーンなイメージのある人っているのかなぁ。
綺羅 2016/06/15(Wed) 19:16 No.74

3年目の反抗くらい大目に見ろよ?

>綺羅さん
パソコンが3年たつと不調を起こすってのは私も経験があります。
まあ、システムが大幅に変わってくるというのもありますからね。
Win10に関してはまだわからないことも多いですから、
ちゃんとした報告が出て車でいじらない方が賢明かなと。
CCleanerは一見すると使い方がわかりづらいですが、
初期設定のままでも十分役に立ってくれるという感じですね。
あとはネット上にも使い方を詳しく書いているところもありますから、
そちらも参照にしてみるといいと思いますね。

文化そのものがたくさんあってどれも「正しい」わけですから、
一概にどの概念が正しいのかっていう答えに行きつくわけにいかないというのが
実態だといえなくもないわけですし。
例えばスイス、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、アメリカの一部州では
安楽死を合法としていますし(もちろん厳しいルールはありますが)、
命に関しての見方だっていろいろあるわけですから、何とも言えないところがあります。
とはいえ、遺骨をペットと同じってのはちょっとなぁと思います。
待ったレベルじゃなく打ち歩詰めです。反則負けですね。
人と同じレベルにペットをというのならまだわかりますけど、
その逆はさすがに…その人の人間としての尊厳に傷を与えかねません。
本人は間違いなく同意していないでしょうから、こじれそうですね、その問題。

もちろん時間がもう少しとれればというのはあったと思いますけれども、
あの時はちょうど伊勢志摩サミットの真っただ中ということもありますし、
サミット自体もあまり長々やると地元に混乱を招く時間が長くなりますから
(実際今回もずいぶん警備が大変だったらしいですし、交通規制も激しかったようです)
あの時間がぎりぎりだったのかもしれません。
とはいえ、人類に対して初めての核兵器投下という惨事の実態を目の当たりにした
その核兵器を撃ち込んだ国の元首が今後の核問題をどうするかを決め直すというのは
実に意義があることだと思いますね。
ただ、オバマ大統領は任期が今年1年だけですから、
今後にその精神が引き継がれるかどうかというのはわかりませんが…。
過去に学ぶという意味では、やはりチェルノブイリ・スリーマイルというのがあり、
かつ日本では死者も出た東海村の臨界事故、そして福島第一の爆発、
そういった下地があり、原子力発電には事故が起きた時に近隣住民の生活を破壊するという
基本的な認識があるというのをあらかじめ確認しなければならないというのは
自明のことだと思いますね。
住民がそれを納得したうえで原発を受け入れるのならまだいいのですが、
それでも放射線は当然飛びますから、下手をすればその地域だけの問題ではなく
もっと他地域に火の粉が飛ぶ事態も十分に考えられますから、
リスクは相当高い、できることなら避けるべきではないかというのが
本来一般的になるべき議論になるんじゃないかなと思いますね。
ところが経済成長という名目のために実際は再稼働をしたがっている。
人をないがしろにした経済成長って意味があるのかしらと思う面も
私は少なからずありますけれどもね。
この辺もいろいろ話のタネをいくらか持っていますので、
あとで少しずつ書いていきたいなと思います。

現在第5戦2日目が行われていますね、将棋の名人戦。
第5戦はまだ形勢が互角というところのようですけれども、
中終盤の手の進み方でどちらに傾くか…。
羽生さんはもう将棋の世界では伝説的な棋士といえる存在ですし、
これからもがんばってほしいところですね。
あー、プロの将棋に興味がないというのはまた珍しいですね。
例えばNHKの対局とかも実際に一緒に見るということもないんでしょうか?
独学ではやはり限界というものがあるわけですから、
ある程度プロだったり先達だったりの研究を知ることも大事ですよね。
自学独習の陥りやすいわなというか、ちょっとしたコツをつかむだけでも
大きく進化するってことがありますからね。
あー、それは私もすごくよく感じます。
一手間違えただけでボロボロとどツボにはまるってこと、
K-Shogiの形勢判断の数字が一手間違えた瞬間にありえないくらい偏って、
取り返しがつかないレベルになって負けてるってケース、
何度となく(というかそれがほとんど)経験してます。
将棋に関しては、相手がいないというか、一緒に指してくれる人がいない、
それでいて不特定多数の人と指すのはちょっと…という、
昨今の風潮もあるのかもしれません。
囲碁の場合は先達で『ヒカルの碁』のような漫画もありますし、
最近はおっしゃるように井山九段が七冠達成ということもあり、
また復活してきた感じではありますけれども、
将棋は最近はあまり伸びしろが薄くなってきたかなという感じです。
とはいえ、プロでも西遊棋のような若い棋士が立ち上げたプログラムもあり、
橋本崇載八段のような活動をしている人もいますし、
あとは『将棋の渡辺くん』もありますし(笑)
これからまだファンのすそ野を広げる可能性があると思います。
将棋ファンとして悲観的になる必要もないかなと思います。
私たちも少しずつ将棋の面白さを広めていくというのもいいかもしれませんね。
クリス_NK 2016/05/31(Tue) 12:50 No.73

羽生さんが勝つか、コンピューターが勝つか…。

>クリスさん
ありがとうございます^−^

パソコン、我が家のメインパソコンのデスクトップは、
調べてみたらもう3年以上のもの。まだ寿命ではないですが……。
Win10、確かにどこをいじれば良いのか、あまり分からず。
システム関連は特に下手に触らない方が良いかも。
あぁ、CCleanerですかぁ。
使い方があまり分からなくて避けてました(汗)。

そこなんですよねぇ。生と死の価値観を決めることって、
突出して難しくて、地域性も然ることながら、
文化とかも影響しますから、古今東西、議論が続いていて。
ただ、いずれにしても、遺骨をペットの犬と同じにしよう、
とするのは流石に「待った」ですよねぇ。
実は親戚の方が亡くなられて、そういった話があがりました。

オバマ大統領が訪問しましたね。あれも時間がもう少しあれば、
きっと他のものも見て回ることができたでしょうに、
現実は10分か20分かで終わってしまって。
核軍縮、核エネルギーの縮小、いずれも私たち人類にとって、
非常にプラスに働く訳ですから、もっと議論してほしいですよね。
未来志向、過去から学び、未来に活かす、ですね。
その為にも核に依存しない仕組みが必要なんですけど。

羽生さん、今期の名人戦を勝ち越して防衛するか、
挑戦者の若手が新しく名人になるか、どうなるでしょうね!
電王戦も気になりますが、今はとにかく、名人戦でしょうか。
父は、将棋の棋譜を観ず、読まず、全てが自己流ですから、
プロの方の棋譜に興味を持つというのは、まずないですねぇ。
父は片美濃や、最近では金無双を使っていますが、
そのあとに続く手がなくて、基本、私の全戦全勝です。
将棋は(チェスもですが)、一手のミスが負けに繋がりますからね。
そう言えば、というか、将棋サロン的なのが年々減っていて、
囲碁サロンや碁会所はありますが、地元でも将棋所がなく、
遠出しても、席料が1000円もしますし、囲碁なら500円なんですけど。
特に囲碁の場合、井山さんの7冠が更に囲碁の人気に火をつけて、
将棋では、羽生世代とか、あの頃は人気が凄かったですが、
今は下火になっていて、うーん。
以前、彫駒を買った時に店主に訊いたんですけど、
将棋所やサロンはやっぱり少なくなってるねぇ、とのことでした。
綺羅 2016/05/31(Tue) 05:05 No.72

羽生さん出撃ですね!

>綺羅さん
いやいや、ここはいつでも来てもらって大丈夫ですよ(^ ^)
遅れるとかそういうの一切気にしていませんので、
書き込めるときにちらっと書き込むというスタンスで問題ないです。

パソコンなんですけど、Win10だとどこをどういじっていいのかって
まだよくわからないというか、システム関連だとか
フォルダ構成とかも少し変わっているでしょうから
ヘタにいじるととんでもないことになりかねませんからね。
私はCCleanerというソフトを使っているんですけれども、
そういうクリーンアップソフトのうち軽いものを選んでみるというのも
一つの選択肢ですよ。

日本でも「武士道は死ぬことと見つけたり」なんてのがありましたし
(これについては諸説あるようですけれども)、
一概にどこの国で「死と生の価値観」がこうだと断言できるわけではなく、
また地域性ってのもありますから、この辺の議論も終わらないでしょう。
なんにしても人が亡くなるってのは不可逆的でかつ避けられませんから、
それについていろいろ考えておくというのは必要かもしれません。
遺骨に関してはかなり難しいものがありますからね。
お墓だってものすごく高いものですし、土地も必要ですし。

核エネルギーに関しては現時点で人間が100%制御しうるものではないことではなく
制御しきれなかった時の被害がその周辺の人々の生活そのものを
完全に粉砕してしまうリスクがあまりに大きいというのがありますから、
やはり段階的に減らしていき、次世代のエネルギーに移り変わっていくのが
望ましいといえるでしょうけれども、代替が今のところ不安定なのが
何とも不安というか。
原爆でオバマ大統領が広島を訪れましたけれども、私も同じ思いですね。
オバマ大統領が直接指示して落としたとかそういうわけではありませんし、
単に現在のアメリカ合衆国大統領であるというだけですから。
ただ、現在最も世界の軍事に影響を持つアメリカの大統領が広島を訪れたことは
今後の核軍縮に関していい方向に向かっていくとは思いますね。
人間は過去に向かって生きているんじゃなく、未来に向かって生きていく、
そのために過去を正しく謙虚に知る必要はありますけれども、
それにとらわれず、だれもが幸せになれることを模索しなければと思いますし。
おっしゃる通り、戦争に正しいとか悪いとかないんですよ。
戦争そのものが絶対悪だということは言えますけれどもね。

羽生さんの出場は私もびっくりしました。
ただ現在名人戦で3本取られちゃっていますから、
そちら…だけじゃなく、上半期はタイトル戦が名人含め4つありますし、
まずはそこを乗り越えるということから始まりそうですね。
それにしても、友人の佐藤天彦八段に先に名人挑戦を決められた
渡辺明竜王は果たして心中いかにという感じです。
それはともかく、やはり将棋というゲームに関してあれだけ世間にその実力を
これでもかと見せつけてきた羽生さんが、コンピュータと対局するということは
(まだ決まったわけではありませんけれどもね)
やはり将棋が好きな人たちにとってはすごく興味深いものがあると思います。
ただ、その叡王戦の公式サイトで「羽生善治九段」と書いてあるのは
ちょーっと、違和感を感じちゃいました。
いやまあ、確かに九段ですけれども…。
あー、お父様は自分で独学で徹底的にやるという感じなんですね。
ふーむ、それだと…結構いろいろ覚える余地はありそうです。
あとはそういうものに興味を持ってもらうようにする方法ですね。
いい方法があるのかなぁという感じではありますけど。

舛添氏はなんかどんどん粗が出ますねぇ。
ただ、また都知事選ですか…不祥事があってってことですけど、
それが2連続だとさすがに都民も呆れますよ。
とはいえ、そこにたくさんの候補が出てきますからねぇ…
選びきれないというのが正直なところかもしれません。
3人か4人に抑えられれば一番なんですが、そうもいきませんし。
クリス_NK 2016/05/27(Fri) 21:29 No.71

Win10が……また、重く感じる……?

>クリスさん
掲示板に来るのが遅れました(汗)。
なんか、メインのデスクトップが不機嫌です。
そろそろ、ディスククリーンというか、お掃除の時期かなぁ。

文化によって生きることも死することも、
どちらの方も美徳とする考えがありますねー。
どこの国、どこの地域かはうろ覚えなんですけど、
例えば、葬儀に関しても、東西とで価値観が違いますね。
四国方面では、きちんと弔うんですけど、
都会になればなるほど、遺骨は受け取らないというのが多いそうな。

核エネルギー、これからは依存しない社会になると良いですよね。
実際、依存しきっていると、必ずしっぺ返しが来ますし、
何より、人体に悪影響が出るのは核の悪しき部分ですし。
戦争で核爆弾が使われて、戦争が終わってまだ70年ちょっと、
つい最近に戦争は起こっていた訳で、今回のG7とか、
オバマ大統領の広島訪問は多方面で謝罪するべき、しないべきと、
色々と言われていますが、個人的に謝罪は要らないから、
これから先の未来の話をしていって欲しいなぁと思ったりします。
戦争は誰が悪いとか正しいとかない訳ですから。

羽生さんが遂に重い腰をあげましたね!
電王戦でトーナメントを勝ちあげれば、凄い戦いに。
将棋界の重鎮であり、羽生マジックとも羽生世代とも言わしめた、
あの羽生名人(今、名人戦で劣勢を強いられていますが)、
どちらが勝つか、いえ、勝ち負けよりも素晴らしい戦いを、
コンピューターも羽生さんもしてくれると思います。

因みに、父は棋譜の読み方も、並べ方も知りませんです。
また、実践タイプなので、プロの対局を観ることもないです。
完全な我流です。完璧なまでの独力です。

舛添さん、次々に粗が出てきて、
まるで、叩けばホコリが出てくるような。
綺羅 2016/05/27(Fri) 15:30 No.70

…死は穢れなんでしょうかね?

>綺羅さん
私はこの時期くしゃみが止まりません。
気候も不安定ですよね、連日。
養生しておきたいですね、お互いに。

死をどうとらえるかってのはおっしゃる通り文化によって違っていて、
日本の場合は忌むべきものとか穢れだとか考えられてますけど、
死ぬことからは人間は逃れられないわけで、
その辺はしっかりと向かい合わなければならないかなと。
生きるってのは難しいですし、また死ぬことも難しい。
どちらが正しいのかってことに答えを出し切るためには
まだまだ時間がかかる…いや、永久に答えが出ないのかもしれませんね。
ただ、生きている人が人工的に死を選ぶってのは苦しいので、
それなら生きる方がまだいくらか楽なのかなと思う面はあります。
問題は肉体的にはそうですけど精神的にそうでない場合で…。
今これ私がシャレにならない…というか2〜3か月に1回はそうなってるんですが(汗)

核をエネルギー源として使うってのは現在確立されてますけど、
問題はその副産物として出てくる放射線なんですよね。
原発の場合、現在は格納容器の中だけでやってますけど、
それが万が一漏れたら…なんてことが実際に起こりましたし、
また格納容器に関してもいつまでも使い続けるわけにはいかない、
老朽化したら解体しなければならない、そうなったときには
中身の放射性物質はどうするのかってことも考えるべきですが、
そこがまだ完全に議論しつくされていないわけですよね。
原子力の利用は人類の大いなる知恵の暴走だと思います。
もちろん当時はそういうアセスメント(事前影響評価)なんて概念は
なかったから仕方ないという考え方もありますけれども、
放射線というものについてきちんとしたデータなりを取らないままに
こういうことに利用するってのは本来はあってはならないわけです。
医薬品なんかそのわかりやすい例ですよね。副作用などのデータを取りますから。
太陽光の他には風力も出ていますが、風力も発電用の風車が
低周波音を出すってことで公害問題になっているという話もありますし、
地熱も今度は温泉に影響を与えるなどの懸念があります。
熊本もかなりひどい状況ですね…コミュニティの崩壊もありますし、
物的被害だけではなく、人間的・心理的な被害も深刻ですね。
それはお金ではほとんど戻せる見込みがないものですし、
そこまで手を加えることができるかが行政の腕の見せ所かなと。
ただ行政府だけではもうパンクしてしまっている状況ですから、
その辺は民間のボランティアなども手助けをしていければなと。

先日のNHKスペシャル(羽生善治名人が登場したあの番組です)で
人工知能に関しての話をやっていましたけれども、
http://www.nhk.or.jp/special/ai/
AIの考え方の基本になるのはやはり人間のやってきたことの積み重ねで、
そこから自己流の手法なり法則性を生み出すというものなんですよね。
将棋や囲碁の手だけではなく、ごく小さながんの診断なんてのもそうですが
(番組では肺のCT画像から、白い部分が血管かがんかを判断していました)、
必ずしも100%ではないのもまた事実で、実際に囲碁の対局でイ・セドル九段相手に
途中の新手にAIが暴走を始めたというシーンもありましたし。
理論的に考えられても、そこからさらに一歩踏み越えた段階にはまだまだかなと。

我流というのも強みではありますけれども、それ故に
ちょっとしたコツがつかめていなかったりってけっこうありますからね。
なので、まあその辺はいろいろ指してみて…ということになりそうです。
プロの対局を何局か実際に見てもらうというのも手かもしれませんね。
初手端歩…えーと…見ないですねぇ…そういうの。
端歩では基本的に大駒の利きが生かせませんし、あまり意味がないように思いますね。

舛添氏に関してはもうめちゃくちゃですね…あれでは説明になってないというか、
むしろ不信感をますます増やしてしまった感じです。
クリス_NK 2016/05/18(Wed) 12:42 No.69

覚悟としての死生学、でしょうか。

>クリスさん
この時期、風邪にはご注意ください。
父が風邪をひき始めていて、私にも遷るか遷らないか、
と、ひやひやしています。

死生観というか、生きること、死すること、
この二つを如何にして捉えているか、というのもありますね。
私の場合は生きることから目を背けないよう、
とことんまで生き抜いてやる、という風に考えてます。
まぁ、日本の場合は死を敬遠する傾向にあって、
一方の海外や田舎の方では、身近なものとして捉えていますから、
その両者の温度差も、また、生と死の概念を難しくもしていて。
ただ、それであっても、覚悟をした上でどう生きるか。
私なら、やっぱり折角の命ですから、
徹底的に生にしがみ付いてやろうと思います。

そこなんですよねぇ。
放射線などの分野は、よく分かってなくて。
それなのに次々に原発だの、核エネルギーだのに費やして。
いつか放射能とか無害にする装置なりが作られると思いますが、
それにはまだまだ現代科学では不可能で。
線量にしても、影響がある分、厄介ですよね。
動植物にもすでに影響が出ているそうですから、
それが蓄積されていくと、いずれは人間の方にも何らかのダメージが。
電力は現状として不可欠ですが、
やはり、新しいエネルギー源を確保しないとなぁ。
太陽光だけでなく、原発にも頼らない、そんなエネルギー。
熊本では、すでにコミュニティが崩れている地区もあり、
それこそ復興の目途が立たない方たちもいて。
そこにお金を積めばいいだろう的なやり方も、個人的には違和感。
寧ろ、お金以外の補償にも力を入れて欲しいところでしょうか。

コンピューター将棋に囲碁、チェス、
いずれも人間が負けてしまっていますが、
だからといって完全にコンピューターにとって代わるというのは、
言い過ぎなのでしょう。
コンピューターやプログラムなどは、あくまでも蓄積データで、
その根底には私たちの活きた(生きた)情報が不可欠です。
AIが自律稼働的に何かを生むというのは(現状)無理ですし、
それこそ、第三者などの介入がなければ、難しいでしょう。
といっても、コンピューターを全否定はしないんですけどね。
こういったものも使い方次第では善悪くっきりと分かれますが、
でも、全てがすべて悪になるとは言い切れませんし。
まぁ、ほんの少しの介入で暴走したり、
不具合が出たりするのが一番の弱点ではありますが。

父は将棋では、どちらかというと定跡を知らないので、
王を守るのは少しで、ほとんどを攻めていたいという棋風です。
なので、棒銀とかゴキゲン中飛車とか、居飛車とか、
そういった戦法や戦術は父には無縁だったり。
基本的に我流で、定跡も全く知りません(汗)。
逆に私は色々な本で学んで、実戦もして知ってはいるんですけど。
難しいですねぇ。父に適した戦い方を見つけるの。
そう言えば、初手端歩(1六歩とか、9六歩)というのは、
今も昔も流行ってるんでしょうかねー?
や、ブログにも書いたんですけど、昔と最近とで、
その初手端歩を指す人がいて、まるで月下の棋士みたい、と。

時に、舛添さんの謝罪会見って、あれ何なんでしょうねぇ。
色々と違和感というか、不都合な部分が見え隠れしてました。
綺羅 2016/05/16(Mon) 04:28 No.68

死が難しすぎる概念ですからね

>綺羅さん
もちろん生きていてほしいと思うのは周囲の望みなんですけど、
と同時に本人が本当にそれを望んでいるのかなーというのもあり、
それを当人たちが確認できないというのもありますから、
実に厄介な概念なんですよね、死に関するもろもろとは。
だからこそ生きているうちに、意思疎通ができるうちに伝えたいという
いろいろな活動が今注目されているというのがありますね。
ただ、生きる権利というのだけは忘れてはならないというのもまたしかりで。
医療の進歩はこういう形で人間に反旗を翻したというか、
死に対する考え方が複雑になったというわけで、
そのことに関して社会全体できちんと議論をしていかなければならないんでしょう。
ただ、答えはそう簡単には出ないんですけどね…何分死ですから、
不可逆的な、亡くなった人から意見を聞くことはかなわないものですし。

福島第一にしてもチェルノブイリにしても、あとスリーマイルにしても、
まず放射線に関する因果とかそういうのが明らかになってない部分、
今後10年、20年、50年先の見通しが立ってない部分、
そういうわからないことだらけなんですよね、根本的に。
影響に関してはものすごい被曝だと原爆の被爆のように
とんでもない影響が出るのが明らかなんですけれども、
今の中途半端な量を長期間被曝し続けるという状況が
どういうことになるかというのは詳しいデータがあるわけでもなし、
ただ総量のことを考えると影響は0ではない可能性がある、
そういうことしかわかってないんで、そこが怖いという。
動物たちはそんな中でもそこが放射線だらけだということはわかりませんから
そこにずっと住み続けているということになるんでしょうね。
でもその影響は全くないとは言い切れませんし。
ただ明らかなのは、炉心溶融・原子炉そのものが爆発(穴が開く含む)したら
ただでは済まされない、明らかに5年で100mSv(放射線業務従事者の限界)とか
簡単に越えてしまう被害が出ることになります。
計算しやすいように年間20mSv=20,000μSvに達するとしましょう、
そうすると、20000÷365÷24≒2.283(μSv/h)の放射線が出てるところだと
もうアウト…こういう場所、原発周囲には今でもところどころありますし
 ※http://radioactivity.nsr.go.jp/map/ja/ ←詳細はこちら
 (一定の高さの空間放射線量だけです。実際の放射線量のデータは
  この値とはずれが生じている可能性があります)、
原発事故発生当初はもっと多くの地点で危なかったと思われます。
経済活動のために発電は必須、しかしながら安定供給するためには
現在の火力に無理させている状況は好ましくない(ここまでは正しい)。
だから原発は必要ということですけれども、どうなんでしょうか…
もし万が一のことを考えると不安になるのが人情というものです。
事故が起きたらこういうことになるんだというのがわかったと思うんですが、
今の安全基準を満たせば事故にならないと思ってるんでしょうかね…?
何が起こるかわからないのが災害(含む人災)ですし。
補償に関しては何をすればいいのかがわからなくなったというのもあるんでしょう。
国としてもまず住民が全町村避難することで失われたコミュニティは元に戻せない、
お金は保証できるがその先、生活の再建に何をすればいいのかわからない。
お金に関してもどこから財源を出すかに苦慮…という状況なのかなと。

コンピューターは怖いです。もちろんコンピューターそのものも怖いんですが、
私が危惧するのは、何度も書いてますが人間、つまり使い手の倫理観の欠如が招く
とんでもない状況だと思うんですよね。
おっしゃるように人工眼球とかコンタクトレンズ型カメラとか、
アイデアが人間の役に立つ分には問題ないんですけど、
AIのために何でも紋切りになってしまうというのは確かにあります。
論理的に考えるってことはコンピューターの得意とするところですが、
そこにファジーな面が絡むと人間でないとやりづらいものがあります。
例えば医学…外科手術でどこまでが病変でどこまで切除すればいいか、
それは執刀する医師の感覚によらないと現在は無理でしょうし。
現役の医師も『ブラック・ジャック・ザ・カルテ2』という本で
切るだけならコンピュータの方がうまいかもしれないが、そういう面に関しては
人の判断が必要と述べていますし。
逆に商議とか囲碁とかは得意でしょうねえ。
膨大な棋譜データからの計算、そこからの次の一手判断による状況分析、
そういうのを短時間に数多く桁外れにこなせますし。
私の場合は将棋ソフト相手にコテンパンに伸されてます(汗)
棋譜は確かに勉強になりますよね。私もいろいろ棋譜を見ては
こういう攻めや受けがあるのかとかいろいろ勉強していますし。
私は…結構フィーリングで組んでます、囲いとか。
おっしゃる通り囲う前に攻められると大変ですよ。
個人的には美濃が5〜7て程度で組めるので重宝している感じです。
矢倉とか穴熊は駒組みに時間がかかるのが難点ですね。
特に矢倉は相手も矢倉志向がないと基本的に指せませんし。
お父様がどういう攻め方をするかによりますね、囲いの選択は。
急戦志向ならたとえば棒銀とかゴキゲン中飛車とかいろいろあり、
囲いもいくつかありますけど、囲いとしてはもろいですし、
持久戦志向ならじっくり構えることもできますが、相手が急戦志向だと…という
なかなかに悩ましい状況ってのもありますし。

介護破綻は一番避けたいところです。金銭的な余裕がないばかりに
みんなが自分を犠牲にしてしまい疲労してしまうなんてことがあってはならず。
ただ、そのためにどうしろということになるとなかなかしんどいですけどね…。
金銭的には予算をつけろという話になりますけど、労働人口の問題だけは
一朝一夕では解決しない問題ですし。
ムヒカ氏のように清貧を貫くボランティア的な人がいる一方で
お金まみれの議員が多いのが日本で…。
連中が削っても国家予算から見れば雀の涙だという人もいますが、
その雀の涙でも使える部分があるのもまた事実なんですよね。
クリス_NK 2016/05/10(Tue) 20:50 No.67

明確な答えが出ないのが……。

>クリスさん
安楽死に尊厳死等などありますが、個人的には、
やっぱり生きていて欲しいなぁと思うというか、
すぐに安楽なり尊厳なりで死へと結びつけてしまうのが、
どうも違和感というか、なんとも複雑な気持ちになりますね。
まぁ、当人に意識がなくて、脳死と同レベルと判断されていて、
という状況下なら、延命処置は意味のないものになるかもですけれども。
それだけでなく、無駄に医療費がかかったり、というケースもあって。
ただ、それであっても、最後の最後まで生き抜いてやるという、
意思も尊重しないといけなくて。
でも、まだ生きられる、生きていられるというのに、
自死というか、安楽死を望むのは、なんか違うような気もします。
どれが正しい、間違いはないんですけどね。

原発事故に関して、収束が見られません。
チェルノブイリ原発の方でも未だに解決してないというか、
福島の方の原発周辺も見聞きした範囲ですが、人が住めず、
動物たちの住処的になっているとか、いないとか。
お金で解決できるなら安いものですが、
実際にはお金で解決できない問題も多くあって。
これで第二、第三の事故が起こったら、と思うと怖いですね。
可能性がゼロではない以上、常に起こる前提に見ないと、と。
残念ながら、国は未だに原発を推進していて、
積極的な補償もしないまま、というのがなぁ。

コンピューターは日々向上していて、性能も上がっていて、
便利な反面、怖い面もあるように思います。
ただ、機械レベルというか、色々な技術が生まれるのは良いですね。
例えば、コンタクトレンズ型のカメラとか、人工的に作った眼球とか。
でも、裁判とかでコンピューターが判断するようになったら、
ある意味で人情が入る余地がないですから、恐ろしいです。
反面、きちんと判断を下せるというのは便利なんですけどね。
時に囲碁や将棋では、コンピューターに人間の棋士が負ける時代です。
チェスもそうですがプロの棋士が負けてしまうので、私のようなアマでは、
中押し負けするのが目に見えるようです(笑)。
将棋ということで、先日に、棋譜集を買いました。
言わずもがな、将棋は矢倉の名局集ですよぉ。
昭和の時代からの名局集で、棋譜を並べてます。
こう見てみると、矢倉も進化してるんですね。
そういえば、父に合った囲いを考えてますが、何がありますかねー。
カニ囲いは嫌で、穴熊も嫌で、今は片美濃囲いですが、
それでは弱くて中途半端で。
金無双を教えてみても、どうも戦い方が分からず。
というよりも、囲いを組む段階で攻められたら、
その瞬間からどう指すべきかが分からなくなるそうです(汗)。

介護については、仰る通りですね。
もう少し予算を盛って、それこそ、介護破綻がなくなるように。
あぁ、そっか。価値観などが違いますよね、ムヒカさんとは。
ただ、それでも日本の政治家は高給取りみたいな感じですし、
名古屋にしても一気に600万の報酬アップとか、
何を考えてのことなのかなぁ、というか、なんというか。
トランプさんのあの過激発言は、もしもその通りになりでもしたら、
日本の損害というか、日米の関係はかなりギクシャクするっぽいです。
綺羅 2016/05/10(Tue) 15:36 No.66

私に言う資格があるのかどうかは疑問ですけど…

>綺羅さん
安楽死の問題は難しいところですね。
実際問題として、医師が患者に死を与えるってことが
道義的に本当に正しいことなのかって問題がありますし。
しかし逆に憲法第25条の「健康で文化的な最低限度の生活」という
国民の権利に照らし合わせれば、延命治療は健康的でも文化的でもなく、
患者としても家族としても見ていて辛いというものがあります。
人それぞれでいいとは思いつつも、社会的に「患者の延命」ということに
真摯に耳を傾けることも必要なのかもしれませんね。
特にそういう末期の疾患の場合、患者の意思を確認できないということも
少なからずあることでしょうし、難しい問題です。
ただ、私は安楽死まではいかないにしても、尊厳死ということで、
自分自身も父に関しても無駄な延命はなくしてほしい、と思っています
(父も自分の時は尊厳死を頼むと話していました)。
延命することでの負担を家族にかけたくありませんし、
自身も何のために生きているのか、生かされているのかわかりません。
生きている人たちが自身のよりどころとしてという見方もありますから、
全部が全部否定できるものではありませんけれども。
就活に関しても…まあ、これもなかなか微妙なところですね。
本人が亡くなってからトラブルになるってのは非常によくあるケースですが、
それはなくなる本人と生前よくコミュニケーションしてなかったからってことの証で、
あまり自慢できることではありませんからねえ。
私も終活はあまり好きになれない感じですけれども、
余命を宣言されたらでも遅くないんじゃないかと思います。

「生きる」ってなんなんだろうってことはいろいろな人も交えて
ここでもう少し議論していきましょう。

少なくとも憲法はそうなんですよ、国民の定義・権利と義務を国民自身が決め、
国家とは何か、その国家を国民が監視するという規定をまとめたものです。
さらに「六法」と呼ばれている法律の一つですけれども、
憲法はその法のさらに一つ上の立場にいるわけです。
そのことを勘違いしている人って結構多いかなと。
法ってのは作る人間のモラルが問われますからね、ある意味で。
いますねぇ、逆手にとって抜け道を通っちまう輩ってのも。
原発事故に関してもまだまだ全然収束していませんからね。
現在でも原発周辺は人が住める状態ではありません
(インフラの問題もありますが、それ以上に年間放射線量が非常に高い)。
この時点で十分に生存権を脅かされているわけなんですけれども、
それに対して国が施策として原発推進したことをきちんと認めて、
それ相応の補償だったり、被災した人たちの再スタートを手助けするとか
そういうことをもっと積極的にやってもいいと思うんですよね。
そして2回目の原発事故が起きたら…これは本当にまずいです。
福島第一の事故から何も学んでなかったんだということになりますからね。
放射線がばらまかれたら…と思うとぞっとします。
これに関してはおっしゃる通り、単純にお金で済む問題ではないんですよね。
住んでいた土地を追われてコミュニティも壊されて…それはお金だけでは
取り返しがつかないものなんですから。
震源の揺れが終息するのにはまだ少し時間がかかりそうです。
3.11の時も1か月してまた6の余震が来たってケースがありましたし。

法律のところでも話をしましたけれども、どんなに良いツールであっても
使う人間が間違った使い方をすれば間違った結果になるわけで、
その最たるものが原子力でしょう。使い方を正しくすれば発電にも使えますが、
間違えば核兵器になって世界中に災禍を与えますし、
原発だって管理の仕方を誤れば事故を起こしてたくさんの人を不幸にします。
人造人間が人間に有害なものになりうるってのは、私の場合だと
「人間は間違えるものである。間違えるのであれば不必要だ」という
コンピューターなりの計算が生み出すものじゃないかなーと思います。
確かにあのときは半端ではない被災の仕方でしたし、
あとは原発事故がえらいこっちゃでしたから仕方なかったんですけど、
それでも本当の被災地の様子がきちんと知らされていたか、知っていたか、
その辺はちょっと疑問かなーと思っています。
堀江氏と東国原氏…もうほとんどどっちもどっちですよねぇ…。
言葉遣いがどうもって面も、議論が不毛な点ってのも。
ネームバリューというよりも「いろいろな人が言っているから」という、
自分の頭できちんと判断しない人が多いというのがあるのかなと。
情報量が決して多いとは言えなかったかつてならまだしも、
現在はこれだけ様々なメディアで情報が流れているわけですから
それを総括的に判断して…ということもできるはずなんですけど。
もちろん情報量が半端ではなかったから混乱している人が多いのも
また事実ではあるわけなんですけど…。

介護に関してはもっと予算を手厚く盛るべきなんですよね。
それこそ人の生存権云々にかかわることですし。
憲法を守らない国会・内閣があるかってんだって話になります。
どうなんでしょう、ムヒカ氏と私たちとでは価値観が違いすぎますから
なんとも…という部分はあるんですが、政治家として日本の議員を見たら
ちょっと…と思う面もあるかもしれませんね。清廉潔白とは程遠い
お金たっぷりもらってる面子も相当数いますし。
高齢者に鞭打つというよりも…何だか見捨てている感じもします。
件の給付金3万円も、それ違わないかと思います、私は。
賃金が上昇した分をそのまま年金額の割合を増やすことにできないのか、
一律3万円でいいのか、という観点からですね。
トランプ氏のあの破天荒な発言は確かに…アメリカをひっくり返しかねません。
そうなったら日米関係は1から作り直しになりかねませんから、
何ともしんどくなりそうです、日本側にとっては。
トランプ氏はアメリカの利益第一主義なので、日本のことなんか
搾り取る相手ぐらいにしか見てないかもしれませんね、ある意味で。
クリス_NK 2016/05/01(Sun) 14:13 No.65

不穏といえば、こんなのを観ました。

>クリスさん
ヤフーのトピックスで、安楽死関係のことを見てました。
ブログでも書いたんですけど、私個人的には、
あまり賛成はできないかなぁというか、なんというか。
否定・肯定もしないけど、できるなら生きて欲しいと思ったり。
勿論、不治の病とか、尊厳とかありますが、
それでも、すぐに死に結び付けないで、生きる方へ。
最近では、終活が流行ってますが、私的には違和感が……。

ですね。議員さんや政治家さんの勘違いというのもあり、
思い込みもあり、本来、法律にしてもそういった権力者を、
縛るという意味で整備されていますからね。
ただ、それを逆手にとった方々も中にはいたりして。
原発事故にしても、もしも第二・第三のが起こったら、
日本は本当に住めない国になってしまいます。
特に問題なのは、お金を積めば済む、なんて安直な考えが、
一部の方にいることでしょうか。誰とは言いませんが。
先日も愛知は揺れたそうです。一方の熊本では変わらず揺れていて、
早く収束して欲しいですが、中々に自然は思うようにいかず。

そこですよね。人間のモラルが問われてます。
どれだけコンピューターが発達しても、それを扱う側が、
少しでも間違えたり、さじ加減を違えたりして、
牙をむくというのもありますからね。
かの有名な人は自律稼働する人造人間なり、マシンなりができたら、
人類にとって有害になるとか仰っていますし。
ありましたね。東日本大震災の時の自粛ムード。
ただ、東日本大震災の場合は、原発事故がありましたから、
それもあって復興も未だに難しい面もあり。
堀江さんは、なにか東国原さんとツイッターで喧嘩してるとか、
してないとか、聞いたんですけど、どうなんでしょうねぇ。
どちらも言葉遣いが荒くて、あれでは、どっちもどっちです。
ネームバリューに弱いんですよねぇ、日本人。
もっとこう、「質」にこだわって欲しいんですけど。
あと、ネームバリューといえば、ネットのレビューを鵜呑みする、
というのも無きにしも非ずというか。

仰る通り、介護事業とか、介護関係への手当とか、
そういったのを度外視して、予算を組む政権には、
ちょっと残念という思いがあります。
あの、世界一貧乏な大統領であるムヒカさんでしたっけ、
その方が日本の政治を見たら、どう思うのかなぁ。
次々に欲のままに生産しては捨てて、繰り返すやり方も、
高齢者に鞭うつやり方も、若者が活躍し辛い世の中の仕組みも。
そう言えば、トランプさんがアメリカの大統領になったら、
大変なことになります……というか、
日本も色々な意味でダメージ、損益が来そうです。
綺羅 2016/04/30(Sat) 22:29 No.64

不穏な日本列島

>綺羅さん
私はこういうのあまり詳しくないんですけど、
確かにBの方が色とりどりで華やかですからそっちのがいいかもしれません。

あー、彼らは自分たちが一番何でも知ってると勘違いしてるのかもしれませんね、ある意味。
彼らにしてみれば「自分たちが国を動かしてるんだ、自分たちが正しいんだ」という
思い込みがあるのかもしれません。とんでもない間違いなのは明々白々ですが。
専門家でもないのに知ったかぶりというか…これも「自分はありとあらゆることを勉強した」という
間違ったプライドがなせる技なのかなーと思う面もあります。
本当に、イザ事故になったらどう責任取るのかと思います。
いや、取るつもりはないんでしょうね。その場その場でお金になることだけ考えてるとか、
そういう軽い気持ちがあるのかもしれません。何も学ぼうとしてないでしょう、彼らは。
上の理由から思い上がっているという根っこの部分がありますし。
国の根幹をなす人たちほど謙虚になるべきだと私は思うんですけどね。
揺れに関してはやはり敏感になりますね。たとえ1や2であっても、
先日の大地震の記憶がありますから身構えてしまいます。

現在のコンピューターはまだまだ計算機としての力を発揮しているだけかもしれません。
ただ、計算機だけではなく大量のデータを保存するものとしての側面もありますから
そこで今インターネットの媒体の中心として活躍しているという見方もできます。
これもコンピューターが自動的にどうの河野じゃありませんからね、人間がやることですから
人間自身のモラルが問われます。人間が狂ってしまってはおしまいなんですよね。
今の使い方を見ると、たくさんの人間が持ち出した氾濫状態の情報に対して
人間自身が混乱しているという状態なんじゃないかなとも思います。
人が困っているのに手を差し伸べないってのはどうもいただけないわけですし、
そのために自分ができることはなんなのか、現地の人の必要に添える援助のうち
自分でできるものはなんなのか考えて寄り添うことが一番いいのかなと思います。
もちろんおっしゃるように自粛自粛ではかえって息詰まってしまいますから、
その辺のバランスがなかなか難しいところではあります。
東日本大震災のときはひどく自粛ムードが漂ってしまったために
著しく消費(=お金の循環)が落ち込んでしまったということがありますから、
その辺ちょっと私たちも一考した方がいいかもしれません。
堀江氏は…ちょっと意見が上から目線という感じが強いですねえ。
本当にわざわざ喧嘩になるような罵りかたしなくてもいいと思うんですけど。
日本人は確かにネームバリューに弱いところがありますし、
以前父と話をした時に、マスメディアの情報に踊らされる傾向が強いと
結論が出たこともあります。メディアで取り上げられたからよいものだとか
そういう風に考えて、自分で判断したり研究したりすることをしない。
ちゃんと自分で判断しましょうよ、という能力をもっと身につけたいですよね。
その辺、Facebookでいろいろ意見を述べる私も自戒しなければなりません。
ネットに真実があるとは思わないで、きちんとした文献なりに当たることも必要です。

舛添氏のあの話もちょっとと思いますね。
それはそうと、実際介護をした身としては、やはりいざかかわることになると
本当に苦しいものがあります。誰かに支えてほしいとか思いますもの。
そういう意味でも人に頼ることができる環境を作る必要はあります。
実際のところ無駄なものって相当あると思うんですよ、国家予算に関しては。
ブログにも書きましたが、海外への円借款につぎ込みすぎです、現政権。
もっと国内に回すのが普通じゃないのかなぁと思いますね。
教育費とか高すぎますし、福祉関連も負担が増えているわけですから、
そっちに回す方がよっぽど国内の状況が改善するはずです。
こういう政治状況だとしばらく福祉国家とは言われないでしょうねぇ…。
負担ばかりが多くて。

ミートボールただ乗せとか…握ってないんじゃとすら思えます。
まあ、回転寿司は握ってないですけどね、実際(苦笑)
アレルギーの治療に関してもいろいろな方法が出てきていますし、
今後に期待しましょう。
クリス_NK 2016/04/27(Wed) 05:36 No.63

愛知も揺れ、東北でも少し揺れ。これは……!?

>クリスさん
東京五輪のエンブレムが決定ですが、個人的にB案の方が良かったなぁ。

これは父がいつも言ってますが、国のお偉いさんは、
専門家などの意見を聞かない、とのことです。活断層にしても、
今後に起こり得る地震についても、言われてみれば、聞いた試しがないというか。
特に原発の下にある断層とか、きちんと専門家の意見を聞かないと、
後々に大変なことになりかねないんですけどね。
そうでなくても、今回の原発は強行採決的に再稼働させましたし。
今後、南海トラフが起こった時、或いは、また原発事故になった時、
どう政府は解決に乗り出すんでしょうねぇ。
今回の地震の影響か愛知でも揺れましたね。震度的に1か2程度の揺れでしたが、
うーん、久しぶりの揺れにちょっと驚きました。

VRについてはまだまだです。正直、今のVRはVRとは言い切れないというか。
けど、災害時のシミュレートに使う分には、十分な性能がありますね。
ですね、コンピュータの高性能に於ける計算力が実現させてます。
ただ、おっしゃる通り、使う側のモラルが少しでも崩壊すれば、
一気に悪に落ちてしまいます。
ありましたね、関東大震災、そのあとも阪神大震災に、中越地震に、
東北の大震災、挙句が熊本地震。大事なのは被災時にどんな配慮ができて、
どんなことが為せるのか、なのでしょうね。
寄付、募金にしても、それを偽善と罵る前に、
自分ならどんな活動をして、どんな支援をしたか、というのを見つめないと。
まぁ、だからといって、被災地を思い今までの生活を自粛するというのは、
ちょっと極端すぎる気もしますが。
あぁ、堀江さん、また何か言ってましたねー。
なんか、尾木さんとのやり取りも、見てるとただの子供の喧嘩みたいで、
良識ある大人のすることではないような気もします。
経歴とか、学歴とか、ああいった人たちは鼻にかけますね。
大切なのは、そういった歴ではなく、どう生きてきたか、なんですけどね。
なんというか、日本人ってネームバリューに弱い生き物です。
お菓子にしても、大手の菓子屋さんだからという理由で、
無条件に美味しいと決めますし。うーん。

ですよねぇ。舛添さんの介護のお話しは、なんか説得力もないというか。
介護は誰もが経験し、体験し、だからこそ、一人の問題ではないですね。
やっぱり、議員報酬とか、思いやり予算とか、ああいったのを削減して、
福祉・医療方面に充填させてくれれば、きっと、
日本も福祉大国なんて呼ばれると思うんですけどね。難しいかなぁ。むぅ。

あぁ、なすのお新香の握りですか(笑)。
ミートボールをただ乗せただけの握りもありますし、
最近の回転ずしはなんでもありですね(汗)。
アレルギー、なんか遺伝子が云々とかで研究がされてるそうな。
何年かすれば、アレルギーも根治できるものになるかも知れませんね。
綺羅 2016/04/26(Tue) 19:49 No.62

これから先収束することを祈りたい

>綺羅さん
活断層は本当に想定以上に広がっている感じで、
今回も阪神・淡路の時と同様にあまり注目されていなかったようです。
とりあえず現在は八代周辺で一応下がらなくなっていますが、
鹿児島に近いところで地震となったらと思うとかなり怖いものがあります。
あと、鹿児島には桜島がありますからそれも怖いですし。
福島の原発事故に関しても、今のところはまだ何とか
ギリギリのところで踏みとどまっている感じですが、
またさらにひどくなる可能性も全くないとは言い切れませんし。
日本は世界で唯一の核による被爆を受けた国ですから
原子力に対して一番知識を持っててしかるべきなんですが、
一般にもそのことについて知らされることはほとんどなかったというか。
南海トラフはもちろん、どんな想定しにくい災害であっても、
何があっても落ち着いて避難できるように、
想定をしておく必要はあるのかなと思いますね。

脳という臓器はまだ明らかになっていない部分が多すぎますから
VRに関してはなかなか進展が見られないというのもあるでしょうし、
感覚器との連携もどうなのかという問題があります。
とはいえ、最近はシミュレートに関してはある程度進んでいる感じで、
それはコンピュータの持つ高い計算能力のなせる業だなと思います。
当然ながら、そのコンピュータも使う人間のモラルが問われるわけで、
その機能の一部であるインターネットに関しても
きちんとした考え方ができず、やってはならないデマの流布をするというのはねぇ。
しかも極度に判断するための情報が不足する震災の時ですからね。
これがどんなことを招くかってのは1923年の関東大震災のときに
明らかになっているわけなんですけれどもねぇ…学習しないというよりも
被災した人たちの心理を想像することができないっていうんでしょうか、
そういう配慮ができない人間が増えているのは事実でしょう。
あー、いますね、そういう批判をする人たち。
募金だとかいうのでも十分ありがたいことだと思うんですよ。
別にみんながみんな現地に赴いてボランティア活動できるわけでもありませんし、
やれる範囲で被災地に協力するのは別に偽善でもなんでもありませんよね。
それを偽善といっているのはなんだかあまりいい気分がしないというか…
言い方はきついですが、天邪鬼ですよね、ある意味で。
堀江氏はまたやらかしてますね、件の自分が出演する番組が自粛モードで中止になって
そのことにかなり汚い言葉でぶーぶー言ってましたね…しかもそれを批判した尾木直樹氏に
さらに汚い言葉を浴びせて…実業家として人の心をつかむのは苦手なのかなというか、
どこかしら斜に、あるいは高飛車に構えているところがあるなという印象を強く受けます。
時には学歴が自分より低い人たちに対しても嫌な言い方もしますし…。
まあ、そういうことを見ても、道徳心が欠けているのは子供たちだけではなく、
大人たちにも道徳が欠けているというか、生身の人間と触れ合うことで心を感じるとか
そういうのが減っている分だけ、人を慮ることができない人が増えてるなと。
逆に、人と触れ合うことが大切なんだということの証明なのかもしれません。

ですねぇ、家族で看るってことなんですね、介護って。
なのに、同じ家族でも介護に非協力的な人がいるなんてことになると
本当にみんなで倒れてしまうなんてことにもなりかねませんし。
だからこその介護サービスなんですけど、これがまたけっこう大変で。
舛添氏の介護の話はいささか信憑性に欠けるという指摘もあるようですが、
なんにしても介護ってのは誰もが経験する可能性があるわけですし。
お金があるないという問題と、あとは専門的な介護が受けられるかどうかの問題、
それこそ特養老人ホームとかは入居のための条件は厳しいですし、
また同時に競争率も結構なもののようですし。

アレルギー、命の危険があるケースもあるので、大変ですよ。
外食一つするにしても「この材料を抜きにしてほしい」といったりがあるでしょうね。
そもそも外食もできないという人も多いかもしれませんが。
回転寿司のネタでこの間衝撃を受けたのは、天ぷらが上に乗ってるものですねぇ。
ちょっと待て天ぷらはそうやって食うもんかぁ…と思ったりもしましたし。
あとはナスのお新香の握りもギョッとしました。
クリス_NK 2016/04/22(Fri) 20:21 No.61

第二の原発事故にならぬよう。

>クリスさん
活断層は活発で、予断を許しません。
そこですよね、震源が南下しているのが気になります。
仰る通り、あの付近には原発がある訳で、仮にその場所で地震があって、
原発事故ということになれば、まるで、漫画であったような、
日本が実質住めない国になってしまいそう。怖いですね。
南海トラフ地震も、連動して起こらないように警戒したいところですが、
自然災害の前には予知などできませんから、
常に災害に見舞われるということを念頭に置いて、
命をもって逃げる、ということを考えないといけませんね。

ですよねー。正真正銘のVRには、まだまだ時間がかかります。
仮にできたとしても、脳に直接介入するシステムな訳ですから、
セキュリティとか、何百と重ねないと怖いことになり兼ねません。
ただ、福祉や医療現場、災害のシミュレートに使えるという点では、
とても有能なシステムだと思いますので、やっぱり使い手のモラルでしょうか。
デマにしても、なんにしても、そういったのを平気で流す人っていますね。
中には、善意を踏みにじるような言動をする方もいるそうですし。
例えば、募金にしても、寄付にしても、
それら行為を偽善だとか、自己満足だと罵る方がかなりいるみたいです。
うーん、3.11の大震災の時の結束力というか、教訓というか、
それが5年も経つと風化してしまうのでしょうか……。
堀江さん、言葉遣いが荒くて、あれでは残念というか。
パフォーマンスにしても、狙ってるにしても、
あの言動では、説得力も欠けてしまいそう。
そうそう、学力テストでもなんでも、道徳の観念が薄れているのかな、
と思ってしまうようなことが多いんですよね。
まぁ、私たち大人も道徳観というかそれが薄れてるのも否定できず。
ただ、それでも、熊本の方で子供たちがボランティアをしていたり、
まだまだ希望は消えてない、灯火もある、と思います。

介護はねぇ、一人の問題ではないです。
寧ろ、どの人たちもいずれは直面する問題のひとつだと思います。
介護でサービスを受けられるのは実際多くなくて、
逆に家族で看るというのが多いそうな。それで共倒れもあったり。
議員さんや政治家さんは、何だかなんで経済的に強いですし、
お金で最終的には解決できますから、一般的な見方とはズレてますね(汗)。
あの東京都知事の舛添さんも、介護に苦労したとか言ってましたね(確か)。
けど、経済的に余裕のある方でしたし、普通の生活を送ってる上での介護とは、
やっぱりどこか違うように思ったりします。

私の牛乳アレルギーは、沸騰させたり、何かに混ぜたり、
加工したりすれば大丈夫なものなので、なんとかなってますが、
しかし、粉類、卵関係などの場合は、本当に命の危険になりますからね。
それだけでなく、食べ物関係でアレルギーがあると、
外食も中々にできないそうですし。
回転ずしはねぇ。どうしてもお客様のニーズに応えるあまり、
今では色々なものをネタとして乗せてますね(苦笑)。
中にはお寿司として成立するのか微妙なものあったり。
綺羅 2016/04/22(Fri) 09:52 No.60

震源が南に進んでるのも気になります

>綺羅さん
ですねぇ…まだ相変わらず活断層が活発のようですし。
まだまだ予断を許さない状態であるといえます。
早く収まってほしいところなんですけれども。
気になるのはこの間は熊本市周辺が中心だった震源が
今度は八代市周辺まで南下しているところなんですよね。
さらに南下すると川内原発に近づくことになりますから、
その辺も怖いところではありますけれども。
そうですね、南海トラフも警戒が必要になりますね。
起こらなければそれに越したことはありませんけれども、
念のため警戒は必要になりそうです。

さすがにあそこまではまだまだ時間がかかりそうです。
何せあれは脳に直接アプローチしていると思われますし、
実際に運用するにあたってのテスト運用なんてのも
相当大変になると思いますからね。
脳にアプローチするもの場合、洗脳に使ったりとかいう
悪い使い方をされる危険性も考えなければなりませんけど、
その辺を徐々に解決しつつというところでしょうかね。
おっしゃる通り、非現実だけれども想定しておかなければならない
災害時のシミュレーションに活用するのがわかりやすいでしょう。
デマに関してはなんともはやという感じで。
こんな時にお互いの首を絞めるような行為をしてどうするのといいたくなります。
5年前の東日本大震災の時の教訓はまだ生きていると思いたいのに、
どうなんだこれ…と思うようなものも目にしますね、相変わらず。
堀江氏は人の上に立ったことがある人なのにどうしてああいう風に
ちょっと気配りがある言葉遣いができないのかなと思うことが多く、
非常に残念です。あれでは人が寄り付かなくなると思うんですよ。
パフォーマンスでああいう風にわざと極端に言っているのかもしれませんが、
あまりいい気分にはなりません。
今度は中学校で学力テストを抜け出して怒られた生徒が
教師の首を絞めるとか…「え?」と思うような出来事が
学校内でいろいろ起こっていますよね。
綺羅さんがおっしゃる掃除の時間の悪ふざけで同級生を意識不明にしたとか
そういう事件も、道徳意識が足りないまま育っている子供たちの現状を
ありありと示している…といえるんじゃないかなとも思います。
と同時に、そういう風に育ててしまった大人世代の責任もうかがわせますし。

介護の問題は決して一人の、家族だけの問題ではないんですよね。
周囲の人たちを巻き込むのは明々白々、さらには介護を担当する人たち、
さらに自治体の福祉関係の業務に携わる人たちもかかわりますし、
単純に全部家族でどうぞ、というわけにはいかないんですよね。
人はいろいろな人によって生かされているということを忘れてはいけないわけで。
特に介護に関しては当人が社会に対してすることがごく限られるわけですから
(逆に介護される側になってかかわれるようになったという役割もあるでしょうが)、
その辺まできちんと考えたうえでどうするのが望ましいか考えるべきですよね。
政治家は…その辺まで見えていないと思いますね、おそらく。
身近な人が介護が必要になったといっても、自分で介護することはまずなくて、
全部ヘルパーさんとか施設とかそういうところにお金でまかせっきりにしちゃう傾向が
多分ほかの人たちよりも高いと思われますし。その辺がずれています。
介護をする側の受け皿にはやはり専門的な知識を持つ人たちが不可欠なんですが、
その辺のサポートをすることも考えなければなりません、やはり。
田母神氏は…まあ、今後は支持者がどう出るかというところですね。
日本人の場合はこういうケースに甘かったりもしますからね、意外に。

アレルギーに関しては原因が色々とあるのでしょうけれども、
最終的には体が慣れていくのを待つしかないんでしょう、やはり。
もちろん命にかかわるような発作が起こるのであれば慣らさない方がいいでしょうが。
回転寿司もそうなんですよ、回っているものがお寿司とは限らず、
いや、お寿司が中心なんですけど、そのお寿司も、それまでの常識では考えられない
ちょっと奇抜なものがネタになっているケースも多々ありますからね。

井山名人がついに七冠達成しましたね。
もちろんこれから先もさらにタイトルを保持することを目標にしつつ、
というところでしょうか。
さしあたっては次の本因坊戦と碁聖戦ですね。
これを取って名誉タイトルを手にしていきたいというところでしょうか。
クリス_NK 2016/04/21(Thu) 14:31 No.59

被災地は大変ですよね。

>クリスさん
熊本地震、じわりじわりとダメージが来てますね。
建造物も次々に壊れてますし、南海トラフも注意するべきでしょう。

今のVRは、やっぱりイメージするものと大きく差異があり、
ソードアートオンラインみたいな、ああいったのはまだまだですね。
ただ、それでもVRの誕生は、これから災害シミュレーションなど、
とても役立つことは想像に容易く、まぁ、使い方を誤らない限り、
大きな損害というか、それはないと思います。
東日本大震災から早くて5年ですが、確かに進歩、成長してない、
そんな人たちも中にはいますね。例えば、クリスさんの仰る通り、
デマを流す人もその典型でしょうか。
あぁ、堀江さんですかぁ。私はああいうのは苦手です...。
というよりも、言葉が刺々しいというか、言ってることも極端で、
なんか受け付けません。
道徳授業の義務化でも、先日には、
小学生4年が同級生を意識不明の重体にさせたとか。
児童相談所通知らしい処置ですが、この場合、仮に死亡したら、
未成年ですから親御さんが責任を……というか、学校側も、
何をしてたんでしょうね。掃除の時間に悪ふざけらしいですが。

介護に関しては、どれだけ経済的負担に耐えられるか、
どれだけ介護職の人やそういったサービスを受けられるか、
それができない・難しいなら、家族が見るべき、という風潮がなぁ。
介護の問題で家族共倒れも話題にあがりますよね。
認知症の方の介護、要介護の方の介護、そのほか色々ありますし。
お金の問題ではないですが、実際問題として、
先立つ物が不足してると、満足のいく介護も難しいですからね。
悲しいことに、政治家の方々は、見えてないのか、見えてるのか、
医療・福祉関係への助成金を減らしたり、
施設にしても脱施設と強調してますし。受け皿がないのに、
何故に脱施設なんでしょうかねー。
田母神……あれは、もう駄目です。無理です。
今回の逮捕でも数年で出てくるでしょう。

不思議ですよね。人間の体の構造というのは。
粉1粒でも駄目ですし、煙を吸うだけで危険ですし。
これらアレルギーは、慣らしていくしか解決策がないんですよね。
牛乳でも粉でも、少し食べては慣らして、
その繰り返しでしか完治というのはあり得なくて。
回転ずしは、最近のではもうお寿司じゃない感が強いですよね。
ハンバーグが出てきたり、メロンが出てきたり、
アイスクリームが出てきたり、なんなり。

そう言えば、井山プロ棋士が7大タイトルを総なめしました!
将棋では、以前に羽生さんが、囲碁では井山さんです!
綺羅 2016/04/20(Wed) 20:59 No.58

- LightBoard -