おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字8文字以内)   情報を保存
画像認証 (右画像を入力) 投稿キー

においってのは重要な要素です

>綺羅さん

まず、レスが相当遅くなってしまって申し訳ありませんでした。

練習すれば何とか「憐」は形になりますけれども、
実は以外にも最大の鬼門は「南」なんです。
バランスが採りづらい次男ですよねぇ…。
確かに画数が多いのも難点ですが、それ以上に
文字数が多いのが難点で…。
とはいえ、漢詩の七言を2行にするというのは
この手の書道では典型的な書き方の一つなので、
マスターしたいところではありますね。
そうなんですよ、慣れるまではずれるんですよね、中心線など。
縦書きって意外に難しいなと思いましたね、やはり。
縦書きを日常的に使っている言語って、アジア圏だけなんですよね。
パソコンの普及などもあって、圧倒的に横書きが増えてしまいましたが、
縦書きにも縦書きのよさがありますから、捨てがたいところです。
お菓子でも絞りなどで影響するものがありますけれども、
そういう、ちょっとしたミスが全体のバランスを崩してしまうという事例、
かなり多いのではないかと思いますね。
それだからこそ、集中力を持たせることが必要になるわけで、
その修練とかすごく大事なのかなと。

いますねぇ、そういう人が少なからず。
インターネットなどを使うことができる環境が一般化し、
気軽に意見を言える場が増えたのは望ましいことかもしれませんが、
そういう、メディアの使い方などについての知恵が足りないことによるものや
日本的な意見の述べ方の特徴が悪い方向に働いている面も
あるように思います。
言ったもん勝ちとか言うのはやめてほしいものです。

狭き門ですね、本当に。実際にアマが勝てることもありますが、
さすがに挑戦者決定戦に参戦したという話はありません。
まあ、私だったらそこに達する前にもうアウトなんですけどね。
たぶん12枚くらい落としてもらわないと勝てません。
玉と金銀1枚ずつと歩だけで戦ってくださいなんてのは…。
私はまあ、せいぜい…10級のCOMにすら苦戦していますから、
そんなもんなんでしょうねぇ、実力は。
将棋というと、どうしても縁台将棋というイメージがありまして、
やはり「そういうところに行ってまで指すものではない」という
どちらかというと軽い扱いを受けているというのもあるかもなぁと。
うちの父も言っていました、「何で羽生は竜王に挑戦しないんだ」と。
そんなこといったって竜王戦のランキングで勝てなかったんだから
しかたなかんべと思うんですよね。
2014年は糸谷哲郎六段(当時)に挑戦者決定戦で負けていますし
(ちなみに今日はその二人が王座戦第3局対局中)、
前期は決勝トーナメント緒戦で4組優勝の永瀬拓矢六段に敗れて、
今期は1組5位決定戦決勝で豊島将之七段に負けましたし。
ただ、伝説達成を見たいという人は少なからずいますね。
私はリアルタイムで羽生さんが七冠達成したのを見ていましたし、
二上達也九段の本で将棋の基本を覚えたものですから、
そのお弟子さんの羽生さんの活躍を期待するのもありますし。
アマ名人が棋王戦参加できるというのもさっき知りました。
…あれ、竜王も棋王も現在渡辺さん…? まあ、偶然でしょうけど。

ゲームに没頭するってのはすごく面白いんですけれども、
親には大変に不評でございますね、あれ。
勉強しないってのもありますし、電気料金ってのもありますし。
ただ、電気料金という側面で話をすると、
私が一人暮らししていたときにゲームに没頭してたわけですが
(加えてパソコンもずいぶん起動していましたし)、
その際の電気料金、月に2000円でお釣り来てました。
ということは…ゲーム機器で電気料金を食うってのは
必ずしも当てはまらないんじゃないかなと思いますね。
ああ、ありますね、桃鉄の貫徹プレイ。
私は99年やりきったことはないんですけれども、
マリオも3ではワールド1〜8まで笛使わずにクリアしようとしたり、
スマブラも結構やりました。ゲームキューブののDXになるんですけど、
私の持ちキャラは…ロイ様でしょうかね、FEから乱入した。
ゲーム機に関しては確かに昔の子は歴史を知らないってありますよ。
私が生まれたころがちょうどテレビゲームの黎明期ですから。
まあ、逆に本質的な面白さがついている分、初代のほうが面白いと
判断される場合もかなりあると思いますよ。
クリス_NK 2016/10/04(Tue) 15:35 No.97

本のインクの匂いとか私は好きで、図書館はパラダイスです!

>クリスさん

難しい字を書いてますねぇ。
画数が多いのも難しいですし、全体のバランスも難しく。
私はきちんとやれば字も上手い、と言われますが、
ただ、昔からというか、直筆で書くと、
ラインというのでしょうか、それがずれていきます。
横に書いていけば、まま大丈夫ですが、
縦に書くと右へ右へと文字がずれていくことも。
これも慣れですね。慣れてしまえば、初歩的なミスも減りますが、
反対に不慣れな場合ですと、上手にやるということばかり意識して、
他がおろそかになったり。
プリン、ケーキなども同じで、
絞りやナッペとか一つのミスが最終的な完成度に影響します。
これに味のミスもあれば、もう泣くに泣けずという(苦笑)。
ですねぇ。シビアな世界だからこそ、逆に面白いというか。
ひとつ確かなのは、仰る通り、
プロになればなるほど、失敗を活かし、
また失敗しないように進める、でしょうかね。

中には馬頭するだけなく、その人の人格をも否定する人もいて。
他にも話を一方的にするだけで、相手の話を聞かないというケースも。
知識人であるなら、常識人でもあって欲しいなぁと。

なるほど、プロの試合にアマも参加できたりすんですね!
ただ、本当に狭き門ですね、それ……。
でも、その狭き門に入れたというだけで既にプロ並みの実力だったり!?
けど、プロアマが入り乱れた棋戦、というのは面白そうですよね。
まぁ、私の実力(棋力)では、プロだけでなく、
アマ強豪にも駒落ちでないと戦えませんが(笑)。
駒落ちでも、最低ラインが2枚落ち、欲を言えば、
香車か桂馬あたりまで……や、これは落とし過ぎでしょうか。
でも、それほどに実力不足なのは確かですから、
せめて(百歩譲って)初段か二段クラスにはならないとなぁ。
そうなんです。将棋所とかも交通費が掛かりますからねぇ。
更にそこへ席料なんてのも取られて。
以前、地元の囲碁クラブに入っていましたが、
そこは年間で3000円、月に2回だけ日曜日を利用して対局してました。
勿論、打ち放題。これが将棋となると1日の対局回数も決まってたり、
何より、指せる場所も減ってたり。
彫駒を買いに行った時の店主も、将棋の指せるところは周辺にはないねぇ、
と仰っていて、あぁ、昔は多かったのになぁと。
ひとまずは、羽生さんの伝説達成は観たいですね!
これで人気も出て、それこそ将棋の復権というか、
それができれば……或いは、将棋所も増えてくれるかなぁ。

そうそう、RPGなどは上が見えないほど時間に没頭します。
学生時代は、ゲーム祭りと称して、休みを利用しては、
ほぼ1日中にかけてプレイした、なんてほどのことも。
いやぁ、当時はSFCでRPG以外に桃鉄もやっていて、
99年設定にしては、桃鉄の完全プレイを目指したり。
桃鉄は他にPS2だったかな、当時、桃鉄USAもやったり。
ニンテンドー64では、アクションでしたがスーパーマリオ64と、
スマッシュブラザーズを極めようとしたり。
中でもマリオは鉄板で、昔も今も人気ですよね。
あ、それあります。私の場合は小説執筆に、ほぼ徹夜込みで、
時間にして10時間は軽く超えたり、中学時代は、
絵で模写ばかりに時間を費やして、気づけば朝からやって夕方とか。
結局のところ、好きなものは好きで、
それを辞めたり、やらなかったりは、苦行の何物でもないという。
や、確かに有害なのは駄目ですけどね、流石に(汗)。
ゲームと言えば今の若い子なんかは、
ゲームボーイの存在を知らなかったり、というのも聴いたことが。
まぁ、時代の流れなのでしょうねぇ。
先日なんかは3DSではなく、2DSとセットでポケモンの赤緑などが、
発売されましたが、今の子には初代ポケモンって受けるかなぁ。
ピカチュウは可愛い、それ以上にミュウが可愛い、
というのは決まりですが(笑)。
綺羅 2016/10/02(Sun) 21:13 No.96

墨の匂いをかぐと吐き気が収まります

>綺羅さん

そうなんです、一度始めちゃうと結構ハマっちゃって、
次はこうしようとか、こうすればよかったとか思うようになると
だんだんその面白さがわかってくるという感じですね。
去年は「冬嶺秀孤松(冬嶺 孤松に秀ず)」と書いたんですが、
今年は「十月江南天気好 可憐冬景似春華」
(十月江南天気好し 可憐の冬景、春華に似たり)と書いてます。
一気に文字が3倍近くになったので、ミスする確率も上がって、
どれか1文字うまくいかないってことが必ず発生するという(苦笑)
そういうのも書(描)いているうちにミスしにくくなるのかなと。
プリンも卵や牛乳の品質一つで相当変わりそうですよね、確かに。
加えて風味づけのバニラにもさまざまな流儀があるんですよね。
あー、確かにお菓子で失敗すると食べられなくなってしまって、
もったいないということになりますね…食べられるものに仕上げるために
ひたすらコツをつかむまでが勝負なのかなというところでしょう。
でも、逆にシビアな世界だからこそ面白ってありますよね。
それこそ先々のことまで考えた上でやらなければならないものと同じで、
ミスしたら終わり、だからこそそれまでの下準備を怠らないという感じで。

ああ、ありますよね、知識が浅いからといって罵倒したりするっての。
そういうのが必要なときもなくはないんでしょうけれども、
それがマイナスに働くことも多いわけで。
やはり相手の劣等感を強くするような行為はどうなのかしらと。
知識は正しく習得し、正しく活用し、正しくひけらかしましょう…
そんな感じなのかなぁと思います。

実はプロの棋戦の中でも、竜王戦はごく一部のアマも参加できますね。
まあ、竜王戦の6組参加なのでかなり狭き関門ですけど。
もちろんそういうのがあると面白いところですけれどもね。
例えばアマとプロが戦う時、プロは駒落ちにするとか、
そういう形でやればかなり面白いんじゃないかなと思います。
確かに選考とかはなかなかしんどいところではありますがね…。
加古川清流戦という棋戦だとアマが優勝している実績もあります。
http://www.shogi.or.jp/match/kakogawa/
ちなみにこの稲葉聡アマ、実はA級棋士の稲葉陽八段のお兄さんだそうで。
あー、確かに高いですね、プロの指導対局も、免状申請も。
えーっ、って思う額になっていますけれども、
まあ、これは仕方がない側面もあるのかもしれませんね。
教室に関してもいろいろお金もかかりますし、交通費もかかって、
なかなか大変ですけれども、その辺はネット…といっても、
やはり玉石混淆ですし、中にはマナーの悪い人もいて。
将棋はマナーも大事な要素の一つだと思いますから、
その辺も含めて考えてほしいかなと。
あと、ネット将棋だと感想戦もやりづらいですしね。
棋譜が自動的に記録される代物があるのはメリットですけど。
ま、まあ、アヒルは…好みだからいいかなと(笑)
羽生さんの牙城はまだまだというところでしょうかね。
あと竜王1期獲得すれば7棋戦すべて永世称号を手に入れるだけに
そこをクリアしてほしいという思いはありますけれども。

ゲーマー第一歩ですね、その辺に関しては。
その域に足を踏み入れたら真のゲーマーになれる資格を有するという(?)
RPGみたいに、時間をかけてプレイするゲームに関しては
いくら時間をかけてもいいというか、切り上げ時を見失いがちで、
結局たっぷり時間を費やしたなんてことも多いですし。
まあ、本当に集中できることがあるってのはいいことなんでしょう。
私の場合、昔何かしらの文章を書いていたら、
いつの間にか22時…確か14時から書き始めてたから…8時間?!
そのぐらい何も口にせず、トイレに行くぐらい、
一心不乱にやってたという経験がありますね。
ゲーマーにとってはゲームをしないってのは苦行である、というのは
もう間違いありません。そこまで行くと依存症といえるかもしれませんが、
やっぱり好きなものは好きなんだということになるんじゃないかなと。
もちろん健康を害するものだと問題ですけれどもね。タバコとかお酒とか。
全部飛んだというのはまああくまでも一例で、そんな経験はないんですが、
本当にそうなったら悲惨ですね、いろいろな意味で。
ただ、以前にPSのメモリーカードのデータがロードできない(データが壊れた)とか、
そういう経験はありました。しかもツクールのデータでした(涙)
あとは、これもツクール3のデータonPSの話なんですけど、
データを呼び出す際にパスワードを入れなければならないんですが、
そのパスワードが思い出せなくて、やむなく全消しとかいう経験も。
クリス_NK 2016/10/01(Sat) 15:30 No.95

ハマる気持ち、分かります!

>クリスさん

継続は力なり、ですからね!
書道でも美術でも継続することで力もついて、
上達もしていきますから。1日に1枚書(描)けば、
1年で300枚以上はできますから、勿論、波はありますから、
毎日のようにとはいかないかも知れないんですけど。
そこですね、創作と同じです。
色々なことを考え、次の作品へと活かす。
まさに創作ですし、それはプロもアマも関係なく、
基本というか基礎中の基礎な訳で。
お菓子作りでも、例えばプリン1つとっても、
卵と牛乳を変えるだけで味に影響しますからねぇ。
バニラエッセンスも高いのはエクストラクトがあって、
他にもエッセンス以上に高い、バニラビーンズもあり。
ただ、絵でも書道でもお菓子でも失敗したら悲惨ですが。
特にお菓子の場合は失敗イコールでゴミ箱いき、
というのも多くありますからねぇ(涙)。
けど、シビアな世界でも凄く楽しみ甲斐がありますよね。

知識のオンパレードは時として凄く助かります。
ただ、仰るように無関係な場面で熱弁されてしまうと、ねぇ。
中には知識の浅はかさを愚弄するというパターンも無きにしも非ず。
やっぱり互いに持ちつ持たれつ、なんでしょうね。

私の場合、『しおんの王』という漫画で出てきたように、
プロとアマを問わないタイトル戦(7大棋戦はプロ専用ですが)、
それを作ったら面白いだろうなぁと思うことがあります。
ただ、その為には弊害というか壁が多くあり、
例えば、アマの参加者をどう振るいにかけるのか、
有段者のみにするとか、参加者の選定をする場合にも、
誰でも歓迎ではなく、きちんとトーナメントを行うとか、
他にも7大棋戦とは違う立ち位置にするとか、数えたらきりがなく。
それで将棋と言えば自分の棋力ってどのくらいかというのを知りたくて、
指導対局っていうのかな、それを受けてみたいなぁと思うことも。
けど、対局料があれって高いですし、仮に有段者の資格あり、
と認められても、免状の料金も高くて。
まぁ、それ以前に地元に将棋所はないですし、
遠出するだけで席料×2倍の料金が往復でかかります。
なので、結局はまだまだ敬遠してるという。
ところで、何故にアヒル!? と思いますよね。
羽生さんの実力ってまだまだ衰え知らず、ですねー。

ですよね(笑)。基本中の基本ですよ!
ツクールやドラクエなどのゲームは、一度でもプレイすれば、
もう時間がいくらあっても足りないというか、
小説の執筆と同じように次々に色んなアイデアとか、
攻略法とか出てきて、それを試すにはいられないという。
将棋の棋譜並べも同様で、あれも集中すると楽しくもあり大変でもあり。
流石にお風呂沸かしっぱなしはなかったですが、
ある種、危険ゾーンになったことはありますね。
昔なんですが、学生だった頃、
長期休みなんかに食事そのものを忘れて……気づいたら夕食時になり。
ゲームと言えば、教会でミサが開始されるまでの間、
隠れてゲームをしてた信者さんがいたなぁ。我慢すればいいのに、
とも思うんですけど、ゲーマーにとってそれは苦行!?
うわぁ、それは悲惨ですね(汗)。
バックアップもすべて飛ぶというのはきっついですね。
あのデータ飛びも、詰まり過ぎてるから飛ぶのかなぁ。
綺羅 2016/09/30(Fri) 07:57 No.94

覚えるには何度も繰り返すのが一番!

>綺羅さん

地元公民館が主催する書道教室ってのがありまして、
それに2年連続で参加しているうちに、ハマりました(笑)
もちろん、決してうまい字じゃないんですけどね。
それでも書いているうちに、次はこうするのがいいのかなとか
いろいろ考えつつやれるようになるというのがありまして、
そういうのが創作と同じだと気付いたんですよ。
おっしゃるように、納得(妥協)したら終わりなんですよね。
やはり何度も書き直したり1からやり直したり、
あるいは新しい文字なりテーマに取り組んでみたり、
そういうのがあるからこそ成長につながるんだと思います。
綺羅さんのお菓子作りの話もそれと同じですよね
(お菓子だけではなく料理全般でもそうなんですけれども)。
1つレシピを極めるだけではなく、ある時は少し味が足りない、
またあるときはちょっと味がくどかった、なんてこともあります。
小麦粉をはじめとする材料の質、あるいは焼き上げる時の環境、
混ぜ方のむらなど、さらにはその日の天気なんてのも左右されますし、
そこまできちんと見極められるようになって、常に最高のものを作れるように
修練を重ねまくる、ってことが大事なのかなって思います。
絵に関しても書道に関しても、失敗したら次にもう1枚ですからね。
その辺がとってもシビアな世界というところになります。

知識があって、専門的な分野の話が必要だって時には
そういうオタトークは大歓迎というか、救いの手になるんですよね。
それが関係ないところでただの談話のところにその手の話持ってこられると
これはオタトークではなくウザトークになりかねません。
おっしゃる通り、時には自分を引いて相手を立てるとか、
そういう心遣いというか、相互理解をしようとする心がけは
どうしても必要になるのかななんて思います。

最近は「将棋」の第一線に出てくることは少なくなり、
将棋普及のための活動に従事することも多くなっている感じで、
あのキャラクターが+に出ているかなという感じですね、加藤九段。
うちの父は落っこちた高段者は段位を下げろなんて言ってますが、
段位はその棋士の歴史を表しているものですから、
安易に下げろというのはどうもなと思います。
その棋士の過去の努力の否定ですからね、考えようによっては。
羽生さんの奥様のTwitterは確かに動物…最近ではアヒルが多く、
他にもさまざまな動物が載っているようですけれども、
おとといの王位戦に関してのコメントも載ってましたね。
木村八段が惜しくもタイトルに手が届かず、
やはり羽生さんの牙城がすごかったということになるのかなと。

安心してください、宿題そっちのけでゲームだけじゃなく
授業中に考えてたのが将棋とかツクールのこととかってのは
そんなの基本中の基本です(待て)
ツクールも一度火がつくと何時間もできますよ、あれ。
ただ、それで大事なことを忘れたりすると大変ですけどね。
私の場合、お風呂を沸かしながらゲームを始めて、
気が付いたらお風呂を沸かしっぱなしのまま集中してて
(浴室からボコッと音がしたから行ってみたら沸騰してた)、
えっらいことになった経験も2度ほどあります。
アホだなぁ〜(そうだよアホだよ!)。
言われてみれば、ドラクエのデータの飛び方って頻繁ですよね。
なんであんなに有意に頻度が高く飛ぶんだろうって思います。
一番悲惨なパターンが、バックアップ取っといたにもかかわらず
ぜーんぶ飛んじまうパターンといいますか…。
クリス_NK 2016/09/29(Thu) 14:07 No.93

描いて描いての繰り返しですねぇ。

>クリスさん

書道ですか! 私の父はペン字の練習ばかりしてます。
達筆過ぎるぐらいに達筆なんですが、本人曰く「納得できん」という。
まぁ、創作と同じですよね。納得したら終わっちゃうみたいな。
常に妥協しないで追及するというのは、お菓子作りでも、
お絵描きでも、小説の執筆でも、同じな訳で。
そうなんですよねぇ。流石に実物だと、
失敗する訳にもいかず、仮に失敗して修正できないなら、
また最初からやり直しというか。
書道と言えば、絵と同じく特に失敗できなさそうです。

ですねぇ。熱いオタクトークは敬遠されることも。
それでも熱中できるというのは、ある種の尊敬も出来たり。
それですね。押すだけでなく、引くことも大切で。
それは人付き合いでも、駆け引きでも同じなんでしょうね。

あの御年で現役というのも凄いですね。
アウトデラックスという番組でのあのキャラも好きです。
ありがとうございます! ご質問していただいて。
どうなるでしょうね、棋譜の権利関係などって。
創作に使う場合とかも。
流石に詰将棋の場合は著作権など発生しそうですが、
あくまでも勝負の結果でしかない棋譜は……うーん。
羽生さんの私生活は気になりますよね。
ツイッターに出てくるときもあるそうですが、
基本はそのツイッターで最近では動物関係(?)みないことが、
多く載せられているそうです。

やっぱり、ありますよね。宿題そっちのけというパターン。
それで将棋と重なりますが小学生の頃、私は授業中に、
将棋のことばかり考えてて、ノートにも授業内容ではなく、
将棋の囲いとか定跡のことを書いてたことも。流石にこれは(笑)。
それも、あるあるですよね、朝早くからゲームするということも。
スーファミのRPGツクール2だったかな、それを私は夜通しやったり、
いやぁ、これがまた集中しちゃうと何時間でもできてしまい。
それがドラクエになると尚のことという。
その末にデータが飛んだ、飛ばした、となると涙ものですね。
私も経験があって、他人のデータを上書きしてしまったということが。
しかも、かなりやり込んでたデータを初期状態に上書きとか。
あの時は、「すまぬ、お主のデータを死なせてしまった」と、
笑いながら謝ったことが。まぁ、そのあときちんと全クリアしたんですが、
当時のことは、まさに「あかーん」という。
しかし、ドラクエのデータ飛び易さは、あれって何故なんでしょうねぇ。
飛ばない時は飛ばないですが、飛ぶ時は見事なまでに全て飛んでしまい。
綺羅 2016/09/28(Wed) 00:31 No.92

慣れでしょうね、とにかく描くことでうまくなるべしと

>綺羅さん

そうなんでしょう、たくさん描いて覚えるしかないというか。
書道に関しても同じで、書いて書いて書きまくって、
そのうえでどう書くのが最も美しくなるのかを考えて、
そして次に生かしていくということになるんですよね。
…あ、いや、最近書道をちらりほらりとやってまして、
昼間に文化祭に出す作品を出してきたところなんですよ。
さすがに実物の絵だと彩色で失敗すると戻しにくいですね。
白い絵の具などで戻せないことがほとんどですし。
直せると便利だなと思いつつも…ねぇ。
ただ、実物の枝と重ね塗りがやりやすいってのはあります。
複雑なレイヤーとか考える必要もありませんからね。
キュアスカーレット、3人目の敵からのプリキュアですが、
凛々しさとかいろいろなところですごくいいなと感じました。

特にオタトークってのは人によっては嫌うものがありますし。
所構わず気に入ったアニメの話題をされても、
「知らんがな!」といいたくなることも多々ありますからね。
恋愛に関しても、友人づきあいに関してもそうで、
やはり人と人が付き合う際に、押しが強い性格ってのは
あまりいただけないのかななんて思うこともあります。

それは確かにありますねぇ…御年76歳ですから。
それでも現役棋士最年長で、あのキャラクターが好きだという人も
なかなか多いようですからね。
加藤さんといえばこんなのが…
https://www.youtube.com/watch?v=1BpbjedPf0Q
というわけで、今日、日本将棋連盟に対して
公式に質問をしてみましたので、回答が届きましたら
追ってお知らせしますね。
羽生さん自身はあまりインターネットなどで
私生活を公開されていないようですけれども、
奥様がTwitterをされていると…確かに出てくるかも?

『ヨッシーのクッキー』は私もやったことがありまして、
あれも盛り上がりますよね、確かに。
早あがりを目指すか、妨害狙いを目指すかの戦術面とか、
妨害中の行為に対してのヤジが盛り上がったりとか、
本当に面白かった印象があります。
まあ、宿題そっちのけというのはゲーマーなら誰しもありますよ。
私の場合は朝5時に起きて1時間だけDQ3とかやりましたし(笑)
確かにテトリスは運がからむ面があります。
運が悪いと棒がいつまでも来ない、きちんと積み重ならないとか
日常的になりますし、もう困っちゃう状態になることもあって。

DQに限らず、RPGで詰むとやってられるかと投げられますからね。
そこでうまくリカバリーできるような形になっていないと、
相当厳しいものがありますし。
Lv99カンストっていう裏ワザは…うーん、いいのか、と。
やはりRPGはキャラクターを自分で育てるのが売りというか。
まあ、あくまで裏技ですから封印することもできますし、
それはそれでいいのかなと。
いや、自分の冒険の書が消えるのはまだいいんですが
(それも嫌ですけれどもね、もちろん)、
他人のデータをトバしたら…あの時のへこみ方といったら…。
クリス_NK 2016/09/26(Mon) 21:12 No.91

パソコンでの着色は便利そうです。

>クリスさん

マウスもペンタブも、最終的には慣れなのでしょう。
確かにパソコンで描くと着色にしてもやり直しが簡単で、
便利そうだなぁと思うこともしばしば。
アナログですと失敗すると中々に修正もできませんでし。
沢城みゆきさんの、キュアスカーレット! 良いですねぇ。

ですねー。愛でも適度な距離感というのでしょうか、
それがあった方が長く続くのかもしれません。
なりふり構わず、場所も問わず、イチャイチャ、というより、
きちんと節度を守った付き合いの方が、自然体でいられますね。

羽生さんはまだまだ現役ですが、
一二三さんは、実際の話として年齢が……。
や、それでも将棋界の神様でもありますし、あのキャラクターも、
結構な人気があって、やっぱり対局を見てみたいですね。
同じくA級順位戦など、ハイレベルな戦いの場で。
それで棋譜の著作権については、どうなんでしょうねぇ。
曖昧な部分やグレーな部分もあるんですけど、
実際に創作に使う場合など、その出典を明記すれば大丈夫なのか、
それとも完全にアウトー、なのか。うーん。
羽生さんの私生活、確か奥様がツイッターをやられていて、
そこで極々稀に羽生さんのことが載ることもあるとかないとか。

そうそう、それなんですよね。
シンプルなゲームほど燃えて、熱戦で、湧き上がる!
パズルゲーだと、『ヨッシーのクッキー』が好きだったなぁ。
SFCのソフトなんですが、よく寝る間も惜しんでプレイしたり、
宿題そっちのけで楽しんだりしていました(笑)。
ぷよぷよは、完全に腕の差によりますね。テトリスの場合は、
腕というよりも、運の要素もありますから、面白くて。

ドラクエで「詰む」のはあまりないですよね。
と言いつつ、私も詰む寸前にまで追いやられたことがあります。
あれは、ドラクエ3でバラモスだったかな、そこまで進んだところで、
凄く間抜けなことをしてしまって、MPが危険状態に……(笑)。
しかも、回復用アイテムも残りわずかという。
でも、引き返すのも嫌だったので、玉砕覚悟で挑みましたよ。
結果は……いやー、なんともスリル満点の戦いでしたねぇ。
まぁ、ドラクエあるある、という。
ただ、それであってもきちんと油断せずに、
レベル上げとアイテムの補充さえしておけば、
余程のことがない限り、大丈夫なんですけどね。
因みに、ドラクエ3のGBC版(GB版だったかな)には裏技があって、
一気にレベルを99カンストさせることが可能だったりします。
あぁ、データが飛びやすいのも泣かせますよねー。
当時、あのBGMと共に、冒険の書が消えました、と出た時には、
それまでの冒険が水の泡になったので、その日1日はボーっと。
けど、またプレイしだすんですけどね。
綺羅 2016/09/26(Mon) 09:23 No.90

そういえば私の父の絵を見たことがない…

>綺羅さん

慣れるのが結構大変です、マウスで絵を描くってのは。
ただ、最近は逆にマウスというか、パソコンで描く方が
楽かなーなんて思ってる面もあったりします。
着色のやり直しがなんぼでも利きますからね。
あー、気に入ったキャラクターだと使いたくなるっての、
それは誰しもあることですよ。私もそうですし。
ちなみにそんな沢城さんの役柄の一つ、キュアスカーレット、
こんな感じになっとります。
https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88

まあ、愛もね、ほどほどにやるのがいいのかなーなんて。
年がら年中べたべたされているよりは、少し離れることもあっていい、
それくらいの気持ちでいる方が自然に付き合えるかななんて思います。
なので、所構わず濃い話をされるってのはあまりなぁって思うんですね。

現役のうちにということになると、羽生さんはともかくとして、
加藤さんは…今年もう少し頑張って粘ってほしいところです。
もともと加藤さんは強い信念のある人ですし、
新しい目標もできたわけですから、ここから巻き返して、
順位戦に残るみたいな活躍を見せてほしいかなと。
羽生さんと当たるとしたら、やはりタイトル戦で見てみたいですし、
あるいはA級順位戦とか、そういうハイレベルなところで戦ってほしいなと。
うーん、どうなんでしょうね、将棋の棋譜の著作権って。
公式に日本将棋連盟に聞いてみようかと思います。
ちょうど棋譜関連でちょっと気になってましたからね
(『EDC』でも将棋の棋譜を使おうと思っていたところなので)。
羽生さんは…普段いったいどんな生活をしてるんでしょうかね?
ブログもTwitterもやっておられないので、わからない面が多くて。
まあ、さすがに渡辺明さんみたいにあけっぴろげってことにはなりませんが
(本人のみならず奥様がブログに加えて漫画で明らかにしてるなんて、
 たぶん歴代300人ちょいいる棋士の中でも唯一かと)、
やはりファンとしては気になるところです。
ちなみに、最近はTwitterをやっている棋士も少なからずいて、
佐藤天彦名人もやっていますし、加藤さんもやっていますね。
情報機器音痴の父に加藤さんを見習わせたいくらいです(笑)

かえってシンプルなシステムのゲームのほうが燃えますよね。
単純だからこそ腕の良しあしが問われるというか。
パズルでもテトリスやぷよぷよは本当にハマりました。
ギャラガはやったことはありませんけど、
パロディウスはかなりやりましたね。
パズルゲーム対決は人が集まった時にやると盛り上がります。
ぷよぷよは腕の差があると結構微妙なところですけど、
テトリスはルールが極めてシンプルですからね。
あっちの方がかえって盛り上がるんじゃないかなと。

確かにDQは「詰む」ってことがほとんどなくて。
…あ、そうでもない。昔3で詰んだことが…。
仲間全員死亡、お金はない、ルーラ使えない、でも戦闘に勝てない、
ロマリアからアリアハンに帰れない、って事態に陥った時、
本当に続行不能になりました。…武器か何か売って
キメラの翼買えばよかったんでしょうけど、それ気づいたのは
だいぶ経ってからだったりもするんですよねぇ…。
それは例外だとしても、基本的にじっくり進める感じで行けば
詰まるとか詰むとか、そういうこともほとんどありませんし、
極めて良心的な難度に設定されていると思います。
FFはまだやってないんですよ、それほど。今6を中途半端にしてるところで。
3はキャラクターを自由に作り出せるところとか、
それを使って自由に想像できるところとか、
本当によくできているなと思いますね。
私も最初にやったDQは3でしたが、本当にいいゲームだなと思いましたし。
それだけに、「お気の毒ですが」事故がねぇ(笑)
クリス_NK 2016/09/25(Sun) 16:58 No.89

父も絵が苦手で、作品のどれもがお化けになります。

>クリスさん

マウスで描くのは難しそうですからね。
今はペンタブもありますし、そちらの方も良いかも。
ただ、私は手描き派なので、ずっと手描きばかりなんですけど。
『ギャラクシーエンジェル』は観たことがあります。
確かに今は大人の女性というか、そういったキャラクターを、
主に演じてらっしゃいます。シノンもそうですし。
ここだけの話というか、ソードアート・オンラインのゲームで、
VITAにあるんですが、シノンばかり使ってました(笑)。

まぁ、先回のあの番組も、あれだけ語れるのは、
愛ゆえのものだとも思いますし、あれはあれで良いのかなと。
ただ、所かまわず、濃い話のオンパレードは……流石にちょっと(?)。

一二三さんや、羽生さんが現役の時に、
今回の新進気鋭のプロがぶつかって欲しいなぁと。
未だに第一線で活躍する羽生さん相手にするのは、
かなり厳しいものでしょうが、得るものは多いと思いますし。
というか、対局が見てみたいですよね。
どこまで通じるかというよりも、
自身の棋力を図るためにも、寧ろ、良い経験になるはずですし。

そうですねぇ。1冊は手元にあると便利です。
私も手元に1冊、初心者向けの本がありますから。
分からない時なんかは何度も見直してます。
そういえば、チェスの棋譜は著作権というか、
勝負の結果でしたかないということで、基本は「なし」ですが、
将棋の場合ってどうでしたっけ。
今も根強く(?)議論されてるテーマらしくて、
一応、調べたりしてはいるんですが、今もって曖昧なんですよね、あれも。
いえ、将棋をテーマにした小説を書きたい、と思うことが以前あって、
その際に気になったんですよねぇ。囲碁の場合は……チェスと似てたり。
というか、羽生さんって何者!? って思いますよね(笑)。

ウィザードリィは、本当に好き嫌いが分かれるゲームです。
ただ、シンプルなゲームってはまると、本当にハマります。
ファミコン時代の『ギャラガ』というシューティングゲーム、
これも私は凄くハマって、最高で40万点以上取って、
ステージも40面を超えたことがあるほど、好きなゲームです。
シューティングゲーム、本来は苦手なんですけどね。
ひと昔前は、インベーダーもあって、名古屋打ちが流行ったことも!?
テトリスも面白いですよね。あれもかなり熱戦です。
特に友達を呼んだり、家族同士でテトリス祭りとか。ぷよぷよも好きです。

ドラクエは、鬼畜仕様というのが殆どないですからね。
その点はファイナルファンタジーも同じかなぁ。
けど、ドラクエとFFとでは、根本的に違う面もあるんですけどね。
FFで、8、9、10が特に好きだったなぁ。8は学園の感じが、
9は命の大切さ、10では葛藤や戦争と平和を考えさせられました。
ドラクエ3はドラクエシリーズの中でも傑作中の傑作ですよね。
あの自由度も、内容の濃さも。
それに冒険するキャラクターを勇者以外なら自由に作れるのもグッド。
ドラクエ、今はドラクエ11が製作中ですが、あれも面白そう。
綺羅 2016/09/24(Sat) 08:08 No.88

私は絵が苦手です…

>綺羅さん

私は絵ってあまり描かないですねぇ…
マウス絵、これまで何枚か描いたことはあるんですが、
まー、ちょっと微妙な出来になってました。
手描きのイラストももちろんなんだかなぁな出来でした。
沢城みゆきさん、私は『ギャラクシーエンジェル』で知ったんですよ。
その時はロリッとしたキャラクターをやっていたわけなんですけど、
今ではどちらかというときりっとした女性をやる感じですよね。
シノンといい、『Go!プリンセスプリキュア』の紅城トワといい。

濃い話をするのはとても楽しいことではあるんですけど、
ただ、周囲の立場はちゃんとわきまえてほしいなと。
まあ、逆にそういうレベルまで話ができるほどハマれるってのは
すごい作品であったり文化であったりする証かもしれませんけど。

プレッシャーももちろん感じるところはあるでしょう。
ただ、それをはねのけて今回プロ入りを果たしたわけですし、
自信を持って棋士の世界に仲間入りしてほしいですね。
一二三さんも独特の感性の持ち主ですからね。
『将棋の渡辺くん』の2巻でもちらほらそのエピソードが…。
でも、本当に現在の将棋界の神様というか大先輩というか、
そういう立場であることは間違いありませんから、
そういう方と対局してみて、今後自分がどうあるのか
改めて考えてみるのもいいかもしれません。

やっぱりインターネットだけではちょっと足りなそうですね。
超初心者向けの本を買ってみようと思います。
チェスの棋譜表と将棋の棋譜表とでは感覚が違いますから
確かにわかりづらいものはあるかもしれません。
その辺は慣れるしかないんでしょうね。
数学のXY座標でいえば、将棋は第3象限、囲碁は第4象限、
チェスは第1象限を使っているわけですし…。
羽生さんはチェスも将棋も、およそ駒と駒がぶつかるゲームは
何でもできるようですね。いわゆるチャトランガ系のゲームはOKと
Wikipediaには書いてありましたし。

Wizは確かに好みが分かれると思いますね。
その厳しめの戦闘難度もありますし、
システム的に「不親切な」ところもありますし。
ただ、ハマると本当にハマってしまいます。
実際にやるだけではなく、二次創作としてWizを選ぶ人も
私含めて少なからずいますからね。
昔のゲームはみんなシンプルにできていますけれども、
シンプルだからこそ面白いってのもありますもの。
私の場合、今は携帯電話でテトリスやることもありますが、
あれもシンプルながらものすごく熱いんですよ、いろいろ。

なるほど、DQはそんなに難しめではなさそうですし、
一通りやってみるのも手なのかなーなんて思ってます。
とりあえず3・4はやっていましたから、あとは…
どっからいこう…リメイクされた5あたりがいいかもしれませんね。
竜王は確かに大変かもしれませんねぇ…
同じ竜王でも某Wさんと絵で対決とかだったらいけそうですが、
…これもある意味では泥仕合になりそうな気も(笑)
3はRPGそのものですよね、いろいろな意味で。
自分で自由に目的を持って世界を冒険できますし。
クリス_NK 2016/09/20(Tue) 22:37 No.87

まぁ、イラスト関連は、物心ついた頃からのものですからねぇ。

>クリスさん
イラストというか、お絵描き何年も何年もしていますからねぇ。
物心付いた頃から絵だけは続いています。飽きることもなく(笑)。
SAOのシノン役の沢城みゆきさん良いですよね!

ナカイの窓、先回のオタク特集は濃い話もありました。
ただ仰る通り、ちょっと偏った感じも。でも、本当に濃かったです。
まぁ、良し悪しは抜きに面白かったです。

四段昇格と同時にプロ入り、今後が楽しみですが、
プレッシャーに押し潰されないと良いなぁと思っています。
ひふみん! 加藤一二三さんは、アウトデラックスに出られてます。
一二三さんとの対局は観てみたいけど、果たしてどちらが勝つか。
何だかんだ言っても、一二三さんは将棋の神様的な存在ですし。
でも、孫との対局っぽいですね(笑)。

私も最初はチェスの感覚が分かりませんでしたが、
動かし方さえ最初は憶えてしまえば、あとは何とかなるというか。
細かなルール(キャスリングやステイルメイトなど)は、
少しずつ実践や本などを通して覚えられますし。
ただ、チェスの棋譜は記号ですから、これは慣れるしかないですね。
チェスの棋譜集を持っていますが、まだ並べられてないです。
けど、将棋と同じくらい面白さがあるのは確かですよー。
ソフトも良いですね。一番は、チェスの簡単な教本を、
一通り目を通すとより良いかも知れません。
羽生さんは、あれはもう別格です(笑)。
将棋もトップクラス、チェスも日本でトップクラス。
読みの深さが凄いですねぇ。

ウィザードリィで私も3Dポリゴンで描かれたダンジョンも好きです。
ただ友達の中にウィザードリィは受け付けれないという、人がいて、
その度に「ウィザードリィは好みが分かれるからね」と。
不思議のダンジョン系のローグライクも、もともとは記号ですし。
あれも万人受けしないからなぁ。私は記号で表現されたローグも、
ワイヤーフレームのウィザードリィも好みなんですけどね(笑)。

ドラクエ8は面白いですよー。私は3DS版のをプレイしました。
追加キャラクターもいて、PS2版と同じくらい面白いかも。
難易度的なものは、竜王相手にするのは厳しいですら、
それ以外はレベル上げさえすれば、苦ではないほどです。
と言いつつ、私もドラクエで最後までプレイしたものは、
3、8ぐらいで、あとのものは最後までプレイしてなくて。
3は別格で、何度も周回プレイしては、新しい発見があって。
リメイクされないなぁ。されないよなぁ。
綺羅 2016/09/19(Mon) 18:51 No.86

まーた雨模様が続くようで…

>綺羅さん

相変わらずイラスト関連で頑張っておられるようで、
本当に、新しい趣味を見つけられたなという感じですよね。
SAOの二人も味がありましたよね。
シノンの沢城みゆきさんはいい感じですよ。
数多くのキャラクターをやっているわけですが、
それこそ子供っぽいキャラクターから始まって、
現在ではボーイッシュなキャラクターも、
加えて英語も堪能だということもありまして、
ストリートファイター4のキャミィもやってますし。

ナカイの窓については…見てないんですけれども、
それ相応に濃い会話が繰り広げられたようで…
ただ、あそこに出てきていたオタクに関しては
なーんか、自分が知っていることを他人が知らないと
それはおかしいという、どこか狭い感覚も感じられまして、
うーん…と思う面もあります。

藤井聡太さん、四段昇段が決まりましたけれども、
これによって最年少プロデビュー記録が更新、
加藤一二三九段が「ぜひ対局したい!」と話していました。
60歳以上差がある対極というのははたから見れば
ほとんどおじいちゃんと孫の対局みたいな感じですよ。
過去の中学生でデビューした棋士は四人とも素晴らしい成績を
残していますからね(加藤一二三九段はタイトル24回登場、
名人含めて8期獲得、NHK杯7回優勝、史上最年少A級昇級。
谷川浩司九段はタイトル27期・現役2位、最年少名人記録。
羽生善治三冠はいまさら語ることもありませんね。
渡辺明竜王は竜王戦9連覇・初代永世竜王資格保持者。)。
そういう期待をされているプレッシャーもあると思いますが、
棋戦を勝ち上がって、ぜひ頑張ってほしいなと思います。

チェス…あれも感覚がまだわからないんですよねぇ。
初歩から勉強させてくれるソフトを探してみます。
駒の動きについては熟知している感じではあるんですけど。
しかし羽生さんは本当にチェスが強いというか、
日本でトップクラスですし…趣味の域を超えてますね。
国際大会に出場するために独学で英語(英会話)を学んだり、
好きでやってるにしてはすごいというほかありません。
いやまあ、そういうものなのかもしれませんけれどもね。
例えばゲーム作るにしても、自然に絵の描き方とか
文章(ストーリー)の書き方とかを覚えたりとか
そういうものもないわけではありませんし。

ウィザードリィは私もどちらかというと古典派ですね。
賛否両論あると思うんですが、6〜8はかなり変わってしまい、
結構違和感があります。ということでまだ触れていません。
いつかは研究ということで触れるかもしれませんけどね。
私は「リルガミンサーガ」から入ったクチなので、
本家本元とちょっと違う仕様でものを考えてますけど、
実際のところ、ワイヤーフレームのダンジョンだけではなく
3Dポリゴンで描かれているダンジョンのほうが雰囲気が出ていて
私は好きですね。ワイヤーフレームがダメってわけじゃありませんが。

DQは…実は8はおろか、1・2、5以降は全くプレイしてません。
そのうちやってみようかなと思ってはいるんですけれども、
なかなか今は手を付けられないかなーという感じです。
クリス_NK 2016/09/19(Mon) 14:06 No.85

最近、天候が思わしくないですねぇ。

ちょっと期間が空きましたが、元気ですよ!
最近は絵本の共同制作を機にメルヘンイラストや、
絵本向けのイラストも描けるようになったこの頃です。
先日はソードアート・オンラインのキリトと、
な、なななんと、シノン(声優さんが良いですよね)も!?

>クリスさん
今年のコミケも凄かったそうですね!
ニュースでネットで、色々なところで凄かったという。
先日も。ナカイの窓でしたっけ、その番組で、
オタクをテーマにしていましたし、ポップカルチャー(?)は凄い!

そんな中、将棋で最年少の子がプロ入り。
まだまだ伸び盛りだと思われますが、羽生世代を追い越すぐらいに、
実力をつけて欲しいですね。

羽生さんと言えばチェスの腕前も凄いですね。
私はチェスを憶えて日が浅いですが、チェスも面白いですよ。
お勧めです。将棋とほぼ同じで、引き分けと駒の再利用不可を除き、
殆ど同じ動きですから、クリスさんも覚えられると良いと思います!

さて、ウィザードリィと言えば、個人的に♯1が好きです。
ただ、ウィザードリィネメシスアドベンチャーでしたっけとか、
同じウィザードリィの#8は、なんかしっくりこなかったなぁ。
やっぱり、本家#1〜3かなぁ。ありきたりなんですけどね(汗)。
それと、ワイヤーフレームというか、あのダンジョンもグッド。

最近は、ウィズとは違うドラクエ8をプレイしていましたが、
やっぱり、RPGは良いですね。安心します。
クリスさんはドラクエ8ってプレイしたことありますか?
綺羅 2016/09/18(Sun) 23:23 No.84

追加シナリオとしてがちょっとまずかったかも

>ひちゃさん

初めまして、サイト管理人のクリス_NKと申します。
お役に立ててうれしく思います(^^)

#2(KOD)についてはいろいろな意見がありますね、確かに。
#1をクリアした人たちに贈る上級者向けの追加シナリオ、という概念は
私は面白いと思うんですけれども、と同時にクリアレベルのキャラクターですから
それ相応に核爆発ぶっ放せば何とかなる、という大雑把なバランスであること、
いきなりMALOR必須であることから、ある程度育てたキャラでないと話にならない、
そのせいでキャラクターを「1から育てる」という楽しみがないなど、
問題も結構あったように思います。
もちろん、MALORでいきなり飛んじゃうという先方もありますけれども
地下3階だと4か所石ブロックがありますし、4階に至っては
半分は石なので、そこにはまってロストという憂き目に遭った人も
少なからずいるでしょうし…MALORを必要としているバランスというのは
決していいものではなかったと思いますね。

おっしゃるように、レベル1からでも遊べるようにするというのもいいでしょうし、
コッズアイテムへの道を開くためにはスイッチなりフラグなりをこなしていって、
一つ一つクリアしていく、みたいな面白みがあれば
確かにずっと良かったのかもしれませんね。
そういう意味からすれば、FC版のKODの工夫はよくできていたと思いますね。

リルサガの仕様は全体的に厳しめになっているとはいえ
(アイテムを引き継ぐことができない、MAKANITO・LAKANITOも無効化対象)、
それでもコッズアイテムを手に入れるのは難しいことではないので、
もう少し趣向を凝らしてもよかったかもしれませんね。

現在は#4・#5攻略中とのことですけれども、
難攻不落に近いほどの難度を誇る#4(特にクラシック)は
私が感じた限りですと本当に奥が深く、そしておバカなので、
ぜひじっくりと複数のエンディングを堪能してみてください。
#5は定番かつ新要素目白押し、その後の国産Wizの礎ですし、
攻略に際して非常に頭を使うシナリオですので、これも面白いかと思います。
また何かありましたらいつでも書き込みをお待ちしていますね。
クリス_NK 2016/08/29(Mon) 19:04 No.83

#2の失敗

はじめまして!ここのWizardy攻略、参考にさせていただいてます。
ただいま、#4と#5を攻略中であります。

さて、今までさんざんWizardryをプレイしてきて思ったことなのですが、#2において、クリアレベルのキャラ必須にしたのは失敗だったのではないかな、と……
と言いますのも、2Fはともかく、他のフロアは、直接マラーでコッズのいる場所に飛べばいいので、あっさりカタがついちゃうので……。
(実際僕も、リルサガ版の#2をプレイしてたときは、それで思いっきりショートカットしてました)
まぁ、当時は、ここみたいな攻略サイトがないので、どこに飛べばいいのかわからなかったから大丈夫だろう……というのもあったかもしれませんが。

レベル1キャラでもプレイできるようにして、(もちろんFC版のように、やっぱりマラー必須というのはなしで)スイッチを押してコッズへの道を開く、というようにすればよかったかも? あるいは、スイッチを入れなければマラー不可、あるいはそもそもずっとマラー不可(せめて、上り階段付近のみ)という風にするという手も……

どう思いますか?
ひちゃ 2016/08/29(Mon) 14:52 No.82

参加するなら冬コミかなぁ

>綺羅さん
夏コミは12・13・14で、ジャンル別にある程度わかれているようです。
私も参加したことはありませんから詳しいことはわかりませんけど…。
確かに戦場なんですよ、特に夏は…いろいろな意味で…。
私は暑いのが極端に苦手なので、夏はなぁ…と思ってます。
実は、いつか私のWiz小説(今ホームページで連載しているもの)も
コミケで出そうかなーなんて思っているんですよ。
そのために今頑張って設定を直したり、推敲したりです。

オリンピック、私もあまり興味がないといいますか、
まあ、メダル取った取れなかったというのはありますけれども、
努力していることと、日本で一番の実力者だということと、
そういうことを考えれば、どんな形でも素晴らしいことだと思います。

とりあえず、いつか参加したいです、コミケ。
クリス_NK 2016/08/14(Sun) 13:01 No.81

夏コミですね!

>クリスさん
お久しぶりです。

いよいよ今日からですよね? 夏コミ!
聖地であり、戦場であり、その集大成たる場所!

東京都知事も小池さんに決まって、
オリンピックもメダルを量産してるそうで。
私はオリンピックってあまり見ないのですが。
ただ、いつも楽しみにしてる番組が潰れてしまうのがなぁ。

まぁでも、何はともあれ、コミケですよ!
綺羅 2016/08/13(Sat) 12:53 No.80

投票は午後からが本番?

>綺羅さん
意外に午前中の投票率の伸びが悪いなと思ったら…
投票率がまた50%台前半とは…なんともはやという感じです。
投票用紙を逆に渡したというミス、ありましたねえ。
それが無効票になるというのはいたたまれません、本当に。
公正を期すためということで、投票時間中に投票箱を開けることはできませんが、
特例として他の有権者の相互監視のもと認めるということもできないかと思いますね。
意図的なものかどうかは実際に捜査してみることが必要ですけど。

野党は力不足だったというよりもいまいち政策が見えなかった、
というところに落ち着くんじゃないかなと思います。
もちろんきちんと公報には書いてあるわけなんですけれども、
それよりもマスメディアの報道によるところも多々ありますし、
もっともっと政策に訴えかけることが必要なのではと思いますね。
これは前にも言いましたけれども、当時の民主党が政権を取った2009年の衆院選の時、
いったいどういう選挙戦略を取ったか、きちんとマニフェストを持ち出していたではないか、
これに尽きると思うんですよね。
このことをもっとよーく野党側は考えるべきです。

結局石田純一氏は出馬を取り下げましたね。
政策に関してはどうも国政と都政とを勘違いしている面もあったようですし、
その辺で認識の違いがあった面は否めないと思います。
結果的に野党統一候補がきちんと成立しつつある点はよかったんですが、
それにしてもドタバタしすぎたという感じです。
クリス_NK 2016/07/12(Tue) 13:21 No.79

行ってきました、要れてきました!

>クリスさん
投票へ行ってきましたよ!
午前中に行ったのですが、流石に朝も混んでました。
しかし、無効票になる地区があるとかないとか。
なんか、投票用紙を別々に違うのを渡したそうで、
なんか意図的なものを感じてしまったのは、私だけでしょうか。

今回のも自民圧勝でしょうかねー。
半数を公明と合わせて議席確保したっぽいですし、
野党はいまいち力不足だったのでしょうか。

そんな中、都知事選に石田さんが……。
不倫は文化といわないですが、石田さんに政策ってあるのかなぁ。
なんか、その場の雰囲気や勢いのような、違うような。
綺羅 2016/07/10(Sun) 22:07 No.78

- LightBoard -