おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字8文字以内)   情報を保存
画像認証 (右画像を入力) 投稿キー

当たった当たったよ―

>ミカイさん

これ、すご〜くやりやすくなりましたね!
偶然性によらず、ある程度の目押しというか、
BARくらいなら「あ、ここで押せば合わさるはず」という感じで
合わせられるようになってきました。
というわけで、最近は少し当たるようになってきて、
この間はREPLAY、今日は鈴を当てられました。

見た目は単純なものであっても作るとなると結構しんどい、
そういうのもあるんですよね、どんなものであっても。
でも、実際に動くとそんな苦労もいい思い出です。

スコアランキングに名前載せられるほどになるかどうかと言われると、
私の場合はもともとこの手のゲームをほとんどしないので、
微妙かもしれませんけど……(苦笑)
クリス_NK 2018/04/15(Sun) 17:00 No.171

アドバイスを受けて

>クリスさん
クリスさんのアドバイスを元に、スロットに新しくモード選択と、
さらにスコアランキング機能を付けました。
http://mikainochi.s25.xrea.com/game/slot/
是非またお時間があればプレイして頂ければ幸いです。
貴重なご意見ありがとうございました。

ではまた。

http://mikainochi.s25.xrea.com/

ミカイ(「未開の地」管理人) 2018/04/14(Sat) 15:51 No.170

JavaScriptってここまですごいんですね……

>ミカイさん

たいっへんにご無沙汰しておりました。

ゲームを作るのってなかなか大変ではありますからね。
アクションゲームとなると動作とかの指定もなかなか厄介そうですし、
RPGを作るよりもハードルは高いかもしれません。
そこからJavaScriptでさっくり作ったスロットというのも、
なかなかに面白いといいますか、JavaScriptってこういうことも
できるんだなぁ、と感心しました。
で、早速やってみたわけなんですけれども……
揃わないですねえ(笑)
うん、普段この手のスロットって全くやったことがないもので、
コツってものが全くつかめなかったりします。
アレンジとしては、初心者向けに目押ししやすいモードとか、
そういうのもあってもいいかなと思います。
スーパーマリオUSAでもスロットがあったわけなんですけど、
あれは目押しがかなり効きましたからね
(ただし、SFCの『マリオコレクション』のみ。FC版は早すぎ)。
クリス_NK 2018/04/05(Thu) 19:40 No.169

横スクロールアクションは作れませんでしたが...

クリスさんお久しぶりです、ミカイです。
あれから色々あったのですが、結局横スクロールアクションゲームの制作は断念してしまいました...

その代わりとしてはなんなのですが、大分前に個人的にJavascriptで作って、そのまま放置していたスロットゲームを2ヶ月間かけ改造し、先日サイトにアップしました。
http://mikainochi.s25.xrea.com/game/slot/
しかしまだ未完成の状態なので、お時間ありましたら是非遊んでいただいて、改善点などのご意見をよろしくお願い致します。

それではまた。

http://mikainochi.s25.xrea.com/

ミカイ(「未開の地」管理人) 2018/04/05(Thu) 16:42 No.168

朝晩が涼しいのう……

>綺羅さん

今年は夏バテになる人はなったのかもしれませんが、
東北では夏バテになる人いたんだろうかというぐらい
雨ばっかりで日照時間も気温も低くて……。
お陰で野菜は大打撃を食ったんじゃないかなと思います。
懇意にしている知人に専業農家をやっている人がいるんですけど、
やはり種や苗を植えることができない、育ちもよくないと
話をしていたというかもうほぼ愚痴をこぼしていたわけで……。
とは言え、秋口になるとすごく気候も安定してきて、
毎日晴れ間、たまに雨みたいな感じで、過ごしやすく、
空気も乾燥して、洗濯物も安泰です。

私は秋……というか、つい先日誕生日を迎えたばかりですが、
それを考えると私に向いている季節かもしれません、9月は。

創作ってのも、結局人間を外面なり内面なり描くというものですし、
そういう意味では自分と会話することができるような状態でないと
進まないものなのかな、なんて最近は思っています。
いやいや、そういう勉強熱心な姿ってのは、
人を知ろうとする、様々なものを知ろうとするということですから、
全然問題ない癖ですよ。
模倣から独創を生み出すということもあるわけですからね。
まずオリジナルを作ろうとする前に模倣をしてみて、
自分が作りたいと思うものを色々分析してみるという手法も
創作においてはアリアリです。

確かにPC周辺機器の問題は難しいところで……
相性とか、メモリをどれだけ食うかとか、その他もろもろ……。
まあ、メモリは増設できるからまだしも、マザーボードやCPUなどは
交換しようにもハードルがとーっても高いですし
(HDDとメモリは交換経験アリの私にもここはまだ越えてない)。
色々専門の人と相談して、というところでしょうかね。

『ワールド・ネバーランド』……なんでもできそうなRPGって感じですね!
ポップな絵柄も現代向きな感じがしますし。
クリス_NK 2017/09/12(Tue) 20:04 No.167

ご無沙汰しております。

>クリスさん

見事なまでに間が空きましたが(汗)。
梅雨も夏日も過ぎて、少しずつ涼しい季節へと変わり、
名台詞の「やる気、元気、〇脇」ではないですが、
夏バテなんてどこ吹く風で、いよいよ秋冬という、
一年の中で一番といって良いほどの好きな季節になります。

この涼しい時期から寒くなる時期は過ごし易く、
というか、冬生まれだから冬好きなのかは分からないですが、
創作活動(と言っても公募に出したりは、ここ最近ないですが)も、
特にお絵描きの方は色々な描き方を試したりしつつ、
自分らしい絵というのか、それを探したりとか。
なんか、色々な絵やアニメや漫画を見てると、
ついつい解剖学的な感じで、どう描いてるのかといった風に、
同時進行で頭の中で描いたりしちゃいますねぇ。
小説のアイデア作りにも役立ちますが、うーん、重い癖ですね(笑)。

先日は東急ハンズで画材を見る以外にも、
ペンタブを見に別の量販店に行ってきました。
ペンタブといっても板タブですが、サイズ的なものを知りたくて。
というのも、仮に導入しても置き場所の問題があり(汗)。
他にも、パソコンのモニターやメモリとの相性もありますからねぇ。

そんなこんなで『ワールド ネバーランド』と呼ばれる、
PCゲームに何故だか無性に興味が湧いてるこの頃です(笑)。
綺羅 2017/09/11(Mon) 23:29 No.166

俺、永田町でAMULET of MAKANITO使いまくるんだ

>綺羅さん

あるあるですよね、梅雨時は脳みそも鈍るというの。
私もこの1週間ほど、仕事中に妄想できてません(待て)
うちのフィルの初体験とかユータ×エルミーネとか、
あとはアッーな展開とか(だからやめなさいバカ!)
その分文章をじっくり楽しむのもいいかなって思います。

創作自体は自分がまず楽しめないとというのがあります。
「楽しさの共有」というのが創作物の基本ですからね。
一緒に面白いものをやり合おう、楽しみ合おう、
そういう思いから共同で作業したりもありますし、
一人で作るにしても、作ったものを遊んでもらったり読んでもらったり
そういう作業をしてもらうわけですからね。
その中で自分も様々なところを学んでいくというか、
ある種の「知の探求」をするところとかもあるわけですし
学問ともそっくりなところがあるわけで。
これもまた文化のひとつなのかなって思います。
まあいろいろと某紫の着物の方の腹より黒いものもありますけど……。
『wanderers』、私もダウンロードはしているんですが、
色々古風というか減点の減点まで立ち返っている面もあり、
ユーザーインターフェイス的にどうよという感じもあるようで。
ツクール作品も楽しいものも相当多くありますので、
思いっきり楽しんでみるといいと思いますです。
7月になったら私も作るのを再開したいところですが。

毒のジャイアントなら塵化の呪文で一網打尽ですが
(ただしリルガミンサーガやパソコン版仕様だと無効化される)、
経験値とかどうなんですかね?(違)
41,320とかだったら喜んで狩りに行きますけどね。
もちろん危険も伴うわけではありますが。
まあ、冗談はともかく、その豊田真由子議員、
さっき新聞の写真で見たら、こう鬼の形相といいますか、
なんかこう、他者を圧倒していそうな表情をしてました。
ヒステリックというかなんというか……ちょっとこれは行き過ぎですよね。
で、義家議員、なんかこう、目の色も目の周りも濁りまくってしまいました。
ただ、闇に包まれるのは仕方がないかもしれません。
何分いろいろな人間が表と裏の顔を使い分けて集う
「危ない」世界なわけですから。
その中で自我を持っていろというのも相当しんどいなーって。
ただ、他者を頼ってでもいいからきちんと議員の矜持を持とうとする意欲だけは
常に持ち続けてほしいなって思うんですけれども。
あるいははじめからそういう裏の世界を知った上で代議士になって
たくさん美味しい思いをした挙句に「糖尿病」になったとか。
自覚云々というよりも、一種の依存症みたいなものかもな、と
最近の私は思うようになっています。
依存症になったらあとは周囲の協力をもってして
根本原因を解決しつつ、原因となった「薬物」から
引き離すことが最大の治療なんですけれども……。

そういえば、今日の朝日新聞の投稿欄で、
政治をお上に任せっきりにする傾向が非常に強い日本の国民性が
日本の現状を作ってしまったのだとか、更には民主主義の本質とは
多数派が間違った結論を導いてしまうおそれがあるからこそ
熟議した上で結論を出すものだという提議、
そのために国民自身がきちんと意見を見聞きし考える必要がある、
そういう意見がありましたね。
そのとおりであり、まず、私たち自身が変わらなければならないんです。
人を変えるというのは想像以上に大変ですが、自分が変わろうとすると
案外変わってくれるものだったりもするんですよね。
そのことを考えて、私たちも政治参加をすべきなんでしょう。
クリス_NK 2017/06/23(Fri) 17:56 No.165

リアルなポイズンジャイアント?

>クリスさん

梅雨時季ですからねぇ。
私もここ数日の雨とか晴れとかで気温の変化などで、
あまり体調面が優れず、珍しくお絵描きが出来ませんです(涙)。
小説の執筆については、文章を読むぐらいで、
まだまだ書くというところまでは難しいというか。
夏場は嫌だなぁ、苦手です。

同人誌については多様な見方ができますね。
先日、『エロマンガ先生』のアニメを観たんですけど、
あ、タイトルからR-18指定されそうですが(笑)。
その中でも同人誌ではないけど、1つの作品を作る時に、
文章を考える人、イラストを描く人とかあって。
あと、『レクリエイターズ』というアニメも観たんですが。
同人誌でも商業誌でも、やっぱり楽しくあり、
なおかつ、クリスさんの仰るような交流もあって、
こういった感覚は昔の学生時代にあった感覚と同じだなぁと。
要するに創作はやっぱり楽しさと面白さがないといけないなぁと。
確かにドラえもんの最終回は、目立ち過ぎたのかも。
本当、中にはバッタもんもありますし、
ドラえもんの同人ゲームもありますし。
ただ、クローンゲームはファールというかアウト系ですよね。
『Javardry』! ウィザードリィのクローンですね!
私は『wanderers』を時々プレイしています。
モンスター画像もBGMもない作品ですが、未だにクリアもできず。
呪文も入力式、罠も入力式ではありますが。
ツクールのランタイムパッケージについて、
最新のOSでも大丈夫なんですね。
ちょっとインストールしてみます。ツクール作品でプレイしたのもあり。

しかし、本当に毒のジャイアントが出ましたね。
自民の国会議員で、秘書に強迫、暴行といったことを繰り返したという。
これは完全にポイズンジャイアントです。
音声データもあって、聴いてみましたが。
なんかもう許せない内容ばかりで、ヒステリックじゃないかと。
速攻で離党したそうですが、これは普通に考えて逮捕レベルではないかなぁ。
そうです、その人ですね。ヤンキー先生の人。
当時と今との比較画像もありますが、
政治家って、なんでこうも目つきというか、
雰囲気にしても闇に包まれてしまうんでしょうねぇ。
今年だけで自民関係から離党とか辞めた人が多くいて。
任命責任もありそうですが、自覚がないのでしょうね。
綺羅 2017/06/22(Thu) 19:40 No.164

私の場合は特に、ですね

>綺羅さん

私の場合は季節の問題もありますし、さらにもとが双極性なので
なおさら、という感じもありますね。
こちらも梅雨入りしましたが、気候がま〜不安定で、
今日は肌寒いのと蒸し蒸しするのとが混ざってちょっと体調崩したかも。
コスプレイベントも2時間とおらずに帰ってきました……。

廃刊になった雑誌もたくさんありますね、確かに。
ジャンプにしても、月刊もあったんですが、そちらは廃刊ですし。
アプリで読ませるというのも確かに紙がかさばらなくていいんですけど、
私も紙の方がいいですねえ、読んだ(読んでいる)って感じがしますし。
それに、アプリやらで読むと目が疲れますし。
もちろん同人誌に関する考え方は人それぞれで、
きちんと売上を出したいと思う人もいますし、
楽しめればそれでいいと思う人もいます。
一番は同人誌を経由して共通の好きなものを持つ者同士の
交流を図るというのが目的だと思いますね、私は。
件の『ドラえもん最終回』、もちろん発想自体は悪くないんですが、
ただまあ、さすがにやりすぎたかなという面はあります。
敬意についてはWikipediaにも記載がありましたけれども
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%81%88%E3%82%82%E3%82%93%E6%9C%80%E7%B5%82%E8%A9%B1%E5%90%8C%E4%BA%BA%E8%AA%8C%E5%95%8F%E9%A1%8C
(もちろんWikipediaなので一部に誤謬などの可能性がありますが)、
この件に関しては、相手がドラえもんだったというのもあります。
ドラえもんの版権はかなり厳格に管理されているものですので
(その割にドラえもんのバッタもんはあちこちで見かけますが……)
そこで「目立ちすぎてしまった」というのもあります。
まあ、それに最終回についてきちんと言及されないままに
原作者が亡くなってしまった作品ですから、その部分もあります。
(藤子F先生が亡くなったのが1996年ですが、上記の「最終回」の元ネタは
 別な人が書いたものがチェーンメールで流れていたということなので、
 そのことを考えるとF先生逝去後と考えられる)
クローンゲームについても、もちろん完全にファールなんですけど、
実際には製作者側のお目こぼしみたいなのもありますからね。
ちなみに、Wizardryのクローンというか、趣を出した作品として
Javardryというのがあります。これはJavaを入れないとダメなんですが、
それさえクリアできれば楽しめる代物になっています。
http://thu.sakura.ne.jp/games/javardry.htm
ツクール作品に関してですが、最新のOSでも大丈夫ですね。
ランタイムパッケージのインストールは大丈夫です。

毒巨人単体ならまだいいんです。
オプションでマイルフィックを伴うと大変なことになります。
まあ、なんというか、どこの国でもそうなんですけれども、
三代目が国の中枢になると国家が傾きます。
それは皮肉なもので日本も北朝鮮も同じでありまして、
安倍晋三首相も岸信介元首相から数えて三代目ですし。
他の内閣よりマシ、という意見はたしかに多いですが、
本当にそうなんだろうかと思います。
むしろ、他の内閣がどういうものか考えたことないんじゃないかしらと。
テロ等準備罪とは名ばかりの共謀罪(あえてこう呼びます)の採決も
通常の手順を思いっきり端折ったものでしたし。
もう「決定ありき」で議論をさせない雰囲気でしたけれども、
きちんと国民を守る法だったら、国民の権利を守る意味でも
最期までどういう運用をするかとかきちんと付帯意見を付けてって
その上で法を作るってことをしなければならないんですけど。
権力を持ち続けることでそれにあぐらをかいて、
本質を忘れてしまったというのはなんともなぁ……と感じます。
義家副大臣でしたっけ? ヤンキー先生と呼ばれていましたけど、
その先生としての良さはどこいっちゃったの?と言いたくなります。
いや、ある意味「ヤンキー」そのものだ、それがあいつの本質だなんて
ある種の揶揄もありますけどね。
クリス_NK 2017/06/18(Sun) 20:04 No.163

季節性のものってありますからね。

>クリスさん

季節の変わり目などは体調を崩し易いですからね。
特に今の時期からは暑くなったり、雨も多くなったりで、
かくいう私も少し夏バテ気味で、食欲があまりないですし。

本当にねぇ。商業誌は利益を出さないと次に繋がりませんし、
中には廃刊となった雑誌も多くありますからね。
最近ではジャンプもマガジンも、アプリで読ませるというのも活発で、
ただ、紙の媒体が好きな自分としてはアプリで読むのは苦手です。
時間がない時にササっと読む分には良いのですが、
じっくりと読む場合には手に取ってというのをやらないと、
どうも身に入らないというか、なんというか。
一転、同人誌などの場合は、確かに仲間同士で楽しむ、
それを発表する、仲間も増えるというのが良いんですよね。
しかし、ドラえもんの最終回はねぇ。
ストーリーは良かったのですが、というかあれが正式でも良いほどに。
けど、拙かった問題ではあります、やっぱり。
まぁそれを言ってしまうと、クローンゲームなんてのはグレーというより、
真っ黒のような感じもしますが(汗)。
ドラゴンクエスト……ではなく、ドラゴンオエストとか。
他にもドラゴンクエスト3ダブルプライムってのもお勧めです。
そんなクローンゲーム、私は好きなんですけどね。
同人ゲームとしてパロディなのもありますし。
商業作品よりも奥深いのもあれば、長く楽しめるのもあって。
最近では、ツクール作品でもクローンゲームもあり、
ただ、Win10でランタイムって対応してるかなぁと。
古いランタイムはサポートが切れてたりして、
下手に入れると不具合の原因にもなりそうで......。

北は毒の巨人よりも厄介な相手ですよね。
あの国にはこれまでの常識というのが通じませんし。
本当、色々な道を模索するというのが大切なのに、
それを根本から放棄しているというか。
ですねぇ、日本にも悲しきかなら沢山います。
件の共謀罪の強行採決にしても、安倍一強にしても、
私は支持したくないですし、嫌悪感すら抱いていますが、
中には他の政党よりはマシという理由で支持している人もいて。
加計問題の文書も、結局は計画通りに国会が終わってから、
調査結果を公表しましたし。ただ、個人的に嫌だなと思うのが、
文科省の副大臣でしたっけ、その人の発言かなぁと。
内部告発者の処罰も視野、というのは、たとえ一般論で述べたとしても、
国が率先してのその態度では、民間企業の方でも委縮してしまいます。
綺羅 2017/06/17(Sat) 18:54 No.162

頻繁に消してますがねえ

>綺羅さん

どうもねえ……やっぱり最近落っこちんのも早いというか。
気候のせいにしておきますね、とりあえず(汗)

商業作品ってのはあくまでも経済的な側面で考えられるもので、
そこには様々な人・ものが費やされていますし、しがらみとかもあります。
アニメに関しても「製作委員会」がかなりの力を持っているという話は
先日も『クローズアップ現代+』で取り上げられていたようですが。
たしかに同人もブームを考えてというのはありますけれども、
結局「やりたいものをやりましょう」というのが同人の良さですし、
それを楽しみましょう、というのが本筋なんですよね。
マイナージャンルでも楽しめるし、それで同士を募ったり知り合ったりするのも
面白いものがたくさんありますよね。
ドラえもんの最終回に関してはいろいろありましたね、確かに。
私も読みましたが、これはまずいだろうなあ……と感じました。
いや、いい話なんですけれどもね、ただ、藤子・F先生のプロットとして
(一発目に冨士子先生と出る辺り、私のIMEってなんなんだべ……)
そういうのがはっきりしないことと、ドラえもんに関する厳しい権利の問題もあり、
ああいう風に発展してしまったのかなと思います。
熱しやすく冷めやすいってのは本当に日本人の特性というのがねえ……
いや、それはそれでいいんです。ただ、本当に肝心要の問題を本格的に論じる前に
次の話題に移っちゃって、それで議論が深まらないってのがあるのが
どうもいただけないなと思います。

ああ、バリボーは間違いなくそうなります。
「やるかジジイ!」→「んにゃろてめぇ!!」
https://www.youtube.com/watch?v=ojP5gRGqoJo
こうなるのがオチですね。
(「俺を誰だと思ってんだ!」→「それが最期の言葉でした……」のときはもっとひどくて
 実際に歌丸さんが自分で座布団をかっ剥ぎにかかっているんですけどね。
 http://www.ntv.co.jp/sho-ten/02_week/120212/week_02.html
そこで癒やされちゃダメですよ(苦笑)
人形というか、半分以上犬入ってますからね、あのドワーフ。

いやまあ、当然でしょう、日本が最初に焦土になるってのは。
あの国にとって一番わかり易いのは日本を攻めるってことですから。
毒巨人……FC版やGBC版ではMAKANITOで一発なんですけどねえ……
リルサガで同じことを(前提知識として知ってたので)やったら、
ことごとく無効化されて……その後どうなったかは推して知るべしですね。
そうなんですね、相手に歩み寄るというか、まず相手が何を求めているのか、
そのことをきちんと聞いて、その上で自分はこういう風に思っているんだ、と話し、
最後はお互いにすり合わせたり、必要に応じて第3の道を考えるみたいに
(それこそヘーゲルの弁証法におけるアウフヘーベンの話ですね)
色々考えることをするってのが必要なんですよね。
それこそ、人間は考える葦であるわけですから。
ところが、あの人たちは「自分に逆らう概念は全て破壊・殺害」ですから……
残念ながらそういう人たちは日本にもタックさんいます
(こういうのをネットモブというふうに呼んでいる人がいる。
 ネトウヨではきちんとした知的下地がある右翼に失礼だということなので。
 元はこの主張から。http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48225?page=5
言っていることはもっともそうに見えても現実は自分勝手な解釈で、
その中に一体性は何一つ見受けられないとか、残念です。

そのネットモブの得意技がデマ発信と煽りですからね。
しかもああいうのに限って人に絶対謝らないという。
言い訳して、何度も言い訳して……というのが腹立たしい限りです。
某作家先生とか某フリーアナウンサーとかねえ……
ああいう人たちをも手生やすのもどうかと思いますし。
そうですね、対局で負けたら素直に「負けました」と礼をして、
その上で再戦するときにはきちんと一局を振り返って、
次につなぐというのが本来の人としてのあり方なんですけど……
いや、それ以前にヘマしたらまず謝って、次にしないように心がけるとか
考えるもんなんですけど……何度チョンボしてもダメなんだなぁ、と。
学がある人達がそういうふうに見事な厚顔無恥をしているんですから
何もしてないはずのこっちまで恥ずかしくなります。
バイキンマンに関しても、いないと確かに困るというか、
バイキンマンにはバイキンマンなりの生きる術って物があるわけですから、
それはそれで全否定はされないんですけど、
他者に迷惑をかけないってのに必要以上に引っかかるとやはり……ねえ。
だからこそのアンパンチなわけで。

件の共謀罪に関してのしっぺ返しは早急にやらにゃならんでしょう。
選挙で落っことせば早い話ですし。
色々、現在の制度に関して寝ぼけたことを言っている議員も少なからずいますね。
国民に主権があることは間違っているだの。
その国民に食わせてもらって選んでもらって今の権力持ってるくせに
何抜かしやがるかと。支持者に忍者がいたらクビ刎ねられまっせ。
クリス_NK 2017/06/12(Mon) 20:54 No.161

ここ最近、海外からの投稿が多いですね(汗

>クリスさん

浮上したみたいで安心しました!

さて、商業作品は確かに利益を出さないといけませんからね。
購買意欲に刺激して、売れるものを作らないと駄目ですから。
まぁ、広義の意味で言ってしまえば、
同人作品でもブームを考えないといけませんが、
それでも商業作品に比べればかなりの自由さがあります。
流石にドラえもんの最終回問題みたいに、
同人で発表してしまったのは、うーん、という感じではありますが。
ですねぇ。熱しやすく冷めやすいのは日本人の悪い部分かも。
けど、だからこそ次々に新しいのを作り出したりするんですけれど。

『ととモノ。』のドワーフは、あれは可愛らしいですからね。
もはや、お人形さんっぽくて(笑)。
あのイメージでバリボーさんを……って、イメージできませんね。
設定を見た感じ、バリボーさんは歌丸さんのように、
「やるかジジイ!」と言われたら物凄い勢いで対抗するというか。
それが『ととモノ。』のドワーフみたいな人形っぽさで、
反論とか反発しても、「あぁ、可愛らしい、癒される」と(笑)。

戦争について、最近は北朝鮮が連日のようにミサイルを発射していて、
しかも、日本が最初に焦土化する、と言い切っちゃいましたし。
なんかもう、毒にしかなりません。ポイズンです。
ポイズンジャイアント並みに厄介です。
グレーターデーモンなら養殖バグがあって……あ、駄目だ。
逆に増え過ぎて、大変なことになるかも知れません。
って、脱線しましたが。
戦争にしろ、テロにしろ、
自分たちの主張や言い分を通したいのなら、
まずは相手のことも考えて、歩み寄る姿勢を、と思います。
けど、実際には歩み寄るどころか根絶やしにするという思想ですし。
何より、個人的に嫌なのが、
世界遺産とか、そういった歴史的価値のあるものを次々に破壊する行為。
これがどうしても許せないというか。
また、〇〇は偉大なり、とかなんとか言っては行為を正当化したり、
そこまで偉大な存在が悪しきことを美化する訳がないと思うんですが、
如何せん、聖書と同じで、拡大解釈をしたり、
一部分の文言を取って変に利用したり。

いますねぇ。政治家だけでなく、ネットの中でデマを発信する人も。
特にネットの場合は情報がすぐに広がっていきますから、
より注視するというか、気を付けないといけません。
謝罪する際にも、そこに何を見出すかなのでしょうね。
将棋の世界でも、礼に始まり礼に終わる的な感じで。
対局前に「お願いします」みたく礼をして、
対局後にも「負けました」とか「ありがとうございました」など礼をして。
ドラえもんの世界だけでなく、アンパンマンでも同じですよね。
アンパンマンの世界では、バイキンマンにも存在する意味があり、
悪戯ばかりをするのも、アンパンマンを目の敵にするのも、
理由があったりして。

これから先、法律が「権力者を縛る」為のものが、
「民間人を縛る」為のもに変わってしまいそうで。
海外からも共謀罪に関することで、問題提起されていますし、
しかし、日本の政治家、今の政党は聴く耳持たず。
しっぺ返しが来ぬように、と思います。
綺羅 2017/06/10(Sat) 16:40 No.160

ソニックは私もプレイ経験無し

>ミカイさん

いろいろ準備が整ってきたようですね!
一つ一つの技術を身に着けていくというのも面白いものですし、
たとえそれがドット1個動いたということでも感動モノです。

では、さっそく頂いたご質問の私なりの回答です。
あくまで「私の」意見ですので、「正解」ではありません。
最終的な判断はミカイさんによるものになります。

1について。
私の場合は主人公は少なくとも自分できっちり決めちゃいますね。
やはり主人公あってこその物語・ゲームですし、
その主人公が愛すべき存在であればあるほど作ってて楽しいです。
もちろん、主人公にモチーフとなる先達の作品があっても問題ありません。
例えばロックマンですと、実はモチーフは鉄腕アトムだそうで、
性格とかロボットが悪の天才科学者と戦うとか、そっくりですね。
そういうのからヒントを得て、ちょっと失敬して……みたいなのでも
全然問題ありませんから、まず一人主人公を考えてみて、
その上でどんなゲームにするかということを考えてみましょう。
「我が子」が可愛いと思えるほどいろいろアイデアを練ってみて、
あんな動きやらこんなストーリーなんてのを妄想すると楽しいですよ。

その他のキャラクター案については募集するのも問題ないでしょう。
ただ、主人公だけはミカイさん自身の分身とも言える存在ですし、
ある程度練っておく必要はあるかなと思います。
あとは、どんな世界観かぐらいを考えておけば、アイデアの募集をかけて
いろいろ頂いてみるというのもいいかなって思いますね。
もちろん、かなり集まりづらいというのが本音のところかなと思います。
実際にそういうところまで考える人の大部分は、自分で作っちゃいますからね。
それが日の目を見ないだけで、実際ツクールでゲームを作ったことがある人は
ゲームを公開している人の10倍はいる……かも、と私は推測しています。
いわゆる「エターなった」というものですけれども、
案外そういう人は多いものです。


2について。
これに関しては、実は最終手段になっちゃいますけれども、
「その筋の人たちに『有償で』頼む」しかないかもしれません。
オリジナルのものをとなると、どうしても実際にロハで作ってくれる、
なおかつ知り合いにそういう人がいるというわけでもない、となると、
かなりハードルが高くなりますね……。
私もいろいろ考えた上で、現在の絵師さんであるarusoraさんに
有償でお願いして、いろいろ描いてもらっているところです。
やはり、デザインをすることや音楽・効果音を作ることも
相応に手間がかかりますからね。
そうなると、お金をもらえずにボランティアでというのはかなりしんどくて、
よほど人がいい、本当に自分が作ったものが公開されるんだったらそれでいいという
願望が少ない人でないといませんからね。
この辺については、気に入った絵師さん(絵柄が好きだという理由で構いません)に
いろいろ交渉してみて、まとまったら正式にお金のやり取り含めて契約を結ぶ、で
大丈夫ですから、焦らず見つけるようにするといいかなと思います。
ちなみに、絵師さんの見つけ方ですが、Twitterにも
#絵師探し というハッシュタグがあるようですし、
他にもPixivで探すという手もあります。
あるいは素材屋さんを辿っていって、「有償でデザインをお願いしたいんですが」と
お願いしてみるという手段もいいと思います。
参考までに、日本イラストレーター協会に詳細があるのでご紹介します。
http://jpn-illust.com/
クリス_NK 2017/06/09(Fri) 18:29 No.159

製作開始しました

> クリスさん
確かにロックマンもそうですね。あと「ソニック」っていうゲームもありますね。(どっちもプレイした事は無いのですが...)

さて、早速開発環境を整えてゲームの製作を開始しました。
パソコンのOS:Windows10
開発ソフト:Visual Studio 2017
ライブラリ:DXライブラリ
で開発を進めていきます。
今はまだ画像のテスト表示の段階なのですが、この数日間でキャラクター操作のプログラムを作っていこうと思います。

ここからは開発についての質問をいくつかさせていただきます。
1. ゲームのストーリーや登場する主人公・ザコ敵などのキャラクターの案をサイトで公募しようと思っているのですが、今すぐ募集するか、ゲームのシステムが程度完成してから募集するか、どちらが良いでしょうか。

そもそもストーリーやキャラクター案を募集するという事にはクリスさんはどのような見解をお持ちでしょうか?やっぱりある程度は開発者自身が考えないとダメだとは思いますが...

2.背景やキャラクターデザインなどのイラスト、BGMや効果音の製作に協力してくれる人って、どうやって集めたらいいでしょうか。

フリー素材を使うのも良いんですけど、出来るだけオリジナルのものをつかいたいんですよね。
しかし自分の周りにはそんな技能を持っている人は居らず、かといってネットで探して依頼しても受けてくれるかはわからないですし...
どうすれば良いでしょうか。

ご提示よろしくお願い致します。

http://mikainochi.s25.xrea.com/

ミカイ(「未開の地」管理人) 2017/06/04(Sun) 22:38 No.158

ともに育つ精神というか

>綺羅さん

同人だからこその面白さっていうか、同人だからやれるというか、
そういうのもあると思うんですよね、やはり。
商業作品(文学作品もゲームも)ですと、どうしても売上という
経済原理が働いてしまう分、作品にやりたいこと・書きたいことが
持ち込めなかったりもする面も少なからずあります。
ブームとかそういうものも考えなければなりませんしね。
同人ですとそういうしがらみが少なくなりますから、
その作家さんの「本当に表現したいもの」を延々書けたり、
あるいは商業的に難しい作品も書けたり。
だからこそ歯止めが効かないという面もありますが、
有害と決めつける前にまず出版とはとか表現とはとか、
そういう「日本語に関わるもの」をきちんと考えたいものですね。
まあ、下火になったらまたすぐ流されそうではありますが……
日本人の悪い癖かもしれません、こういう熱しやすく冷めやすいっての。

ドワーフに関しては……一番日本人に馴染みがあるのは
白雪姫に登場する七人の小人じゃないかなと。
……どっかで『囚われし亡霊の街』のとか『ととモノ。』とか
変なのが聞こえてきましたが……
とりあえず、ガタイがいいというイメージですよね、やはり。
相撲取りを半分の大きさにして、さらに筋肉質にしたみたいな。
更に髭が猛烈に生えてて、口ひげとあごひげとほほひげが一体化して
つながってて区別がつかない、みたいなところはあります。

何度もいうように、命が失われても何も得られず、
そこにあるのは互いに虚しいものばかりだと思います。
殺された方(遺された家族含め)は花実も咲かず、恨み骨髄まで……で、
殺した方も夢の中に出てきたり、というのはかなり多いようです。
英霊と称して戦争の犠牲者を「賛美」している人たちは
そういう「実際に人を殺めるという意味」をきちんと考えてないのかなと。
「戦争をすることが人間を愚かにする」というよりも、
私は「愚かになった結果戦争する」ということになると思いますね。
結局、他人と仲良くしようと思うことなく、自分さえ良ければそれでいい、
そういう「共同体の理論」を無視した結果の一番悪い結果、
自分を滅ぼしかねない独善的な行動(その一つが戦争であり、
共同体からの脱退でもある)を取って、そして滅んでいく……
中近東やアフリカを見ていると、民族や宗教が違うことから
同じ人間同士が戦い、お互いを殺めあっているというのが今もあります。
もし互いに自分の利益のために協力することを選んでいたら、
どうなっていたんだろうかという想像力が働いていたとしたら、
こういうことにならなかったかもしれません。
宗教だけ、民族だけという単純な視点のみで判断すると、
そこに破損ばかり、結果的に喧嘩ばかり、故に発展も何もないということになり、
お互いに損だということにならないのかな……という感じではあります。
もちろん、これは東アジアにおける国家同士の関係にも当てはまりますが。
おっしゃるように、他国の文化を吸収してそこから自国の成長を見てきたのが
日本の歴史の大本の一つであるといえるんですけれども……。
それを無視するだけでは全く意味もない……温故知新も何もありませんし。
同じことを今でも紛争を続けている地域にも言えないものかなと思います。
少し石頭すぎやしませんか? 頑固すぎやしませんか? と。

恥ってなんだろうということをもう一度真剣に考える意味で、
恩師の本である『秘密と恥』をを読み直してみようと思っています。
そういう謝罪=恥=自分を貶める、というふうに誤解している人も多く、
残念なことに政治家ももちろん、ネットの一部のデマ発信者もまたそうで。
むしろ「間違っていることを教えてもらった」ことこそが素晴らしいことで、
それは自分を改めてもらい、高めてもらったということなんですから、
申し訳ありません、とか、ありがとうございますとかいうべきなんですよね。
それこそ将棋の世界ですよ、負けたときに「負けました」と素直に言って、
そこから感想戦を行って一極を振り返り、さらに勉強をし直すっての。
こういう精神を身に付けていくこともまた一つの自己成長であると思います。
そう考えると、将棋棋士ってのは人間として模範的な人たちなんでしょうし、
また将棋を勉強することで学問にも様々な応用ができるのかなとか、
人付き合いにおける極意も学べるのかな、って私は思います。
https://www.shogi.or.jp/column/2017/06/post_165.html
こういう話を読んで欲しいなー、そしてそういうスキルを身につけて欲しいなー、って思いますね、誰もが。
まったくです。のび太がドラえもんに頼る理由がなくなりますものね、
ジャイアンもスネ夫もいない世界だったら。

ドライフルーツはたしかに多種多様ですよね。
あれを単独で食べたりするのも面白いですが、製菓用になっているものが
実際にお菓子になってたりというのもとても趣深いものがあります。
柑橘類は酸味が強いぶんジュースに向いていますが、
そればかりですと飽きますからねえ、確かに。
逆にあの人たちは「票をもらえなかったら職を失う=
きちんと仕事しなかったらその後おまんま食い上げ」ってことを
肝に銘じてほしいですし、逆に有権者側がそういう意識を持って、
政治家とともに物を考え、きちんと仕事をさせるという気持ちを持たないと
本質が何ら変わらないんじゃないかなって思います。


>ミカイさん

おおっ、横スクロールアクションの制作に挑戦ですか!!
私のイメージだとマリオももちろんですし、ロックマンもイメージします。
まずは簡単なもの……それこそ画面を3つ4つくらいからやり始めて、
そこからノウハウを焦ることなく学んでいくのがいいかなって思います。
C言語というところが本格的な感じですけれども、
確かにアクションゲームだとそれがいいかもしれません。
実はツクールでも「アクションゲームツクール」というのがありましたが、
今年の4月にサポートが終了したそうで……。
私も逆に新鮮な気持ちで色々考えることができるかなって思います。
アクションRPGを作る考え方にもつながりますからね。

お互い、目指す作品のタイプは違えど、たくさんのことを学んでいき、
一つの作品を公開できるように研さんしていきましょう!
クリス_NK 2017/06/03(Sat) 20:41 No.157

Re:[155] 決まりました

製作するゲームのジャンルを書き忘れていました。
「横スクロールアクション」です。
このジャンルのゲームでは「スーパーマリオブラザーズ」が有名ですよね。

http://mikainochi.s25.xrea.com/

ミカイ(「未開の地」管理人) 2017/06/02(Fri) 20:21 No.156

決まりました

> クリスさん 8日ぶりです。
考えた結果、ゲーム製作の方をやってみようと思います。

実は、1年前くらいに横スクロールアクションゲームの製作をやってみようとした事があるのですが、中々難しく挫折してしまいました。
じゃあこの機会にリベンジしてみよう、という事でゲーム製作を選ばせて頂きました。

プログラムは、今の所C言語で開発する方向で決めています。
クリスさんが製作していらっしゃるゲームとはジャンルは違いますが、色々とご教授頂ければ幸いです。

http://mikainochi.s25.xrea.com/

ミカイ(「未開の地」管理人) 2017/06/02(Fri) 19:26 No.155

日本の美しさが少しずつ失われているという。

>クリスさん

ですねぇ。中にはグレー的な作品もありますが、
というか、明らかに黒い作品もあったりしますが、
同人作品から有名になられた作家さんや商業作家さん等など、
いますし、まぁ、確かに暗黙的な部分も否定できないのですけど。
この辺りは著作権とか色々と関わってきますからね。
ただ、それであっても、軽視したり、
「有害」と決めつけたりするのはなぁ。
中には同人というか、オリジナルのものを出してる人もいますし。
とりあえず、この論文炎上事件(?)は、
下火になるまでもう少しかかるのかなぁと。

さて、ドワーフのイメージについてなんですけど、
バリボーはスキンヘッドではないんですねぇ。
一応、ドワーフについて調べて画像を見たりしても、多くがスキンヘッド系で、
或いは、何かを被っていて見れなかったり。
しかし、ドワーフとひと口でいっても、色々なタイプがありますね。
基本的な部分としては、男性なら長い髭と大柄な体格、でしょうか。
バリボーに関しては、長い髭……参考画像でもあるように、
鼻の下の部分とあごの部分の髭が一色淡というか、ほぼ同化(?)。

「等価交換」……戦争ではどう見ても、等価でなくて。
命を、それも何万・何百万という命を犠牲にした上での、今の平和で。
当時の軍部というのは暴走気味だったようで、
ある種の弾圧的というか、国民も閉塞感があって、言論が統制されたり。
本当、戦争というのは、人を愚かにするというか、
醜い部分を曝け出してしまいますよね。
今の時代でも一部の国というか地域で戦争行為に、紛争行為があって。
どこの国か場所というのは、もう共通認識のようにニュースでも扱われて。
世界遺産を破壊したり、宗教をバックに拡大解釈したり。
世界が滅びるまであの地域は争いを辞めません。
日本にしても戦争は今の時代では行ったりしないのですが、
かといって、他国や異文化を貶したり、目に見えない形での衝突はあり。
日本だって色々なものを吸収して、それを改良して今の文化を作り上げていて。

まぁ、謝罪が恥というか、プライドが傷つく人がいるんですよね。
中には屈辱に感じる人もいるそうですし。ただ、その一方で、
人に頭を下げさせることを喜びにしたり、
プライドの保全(?)をしたり、そういった人たちもいます。
ただ、政治家たちの謝罪を見ていて思うのは、
「ごめんなさい」とか「すみません」とか「申し訳ありません」とか、
そういった言葉って極力使わないんですよね。何故だろうと。
なんか濁した言葉を使っているというか。
あれも「頭を下げる」行為がイコールで「自尊心を傷づける」のかなぁ。
本当、当人にとって心から謝罪の気持ちがないと、
それはもうパフォーマンス染みていて、
悪く言えば謝罪をして「あげた」という上から目線(?)のようでもあって。
ただまぁ、クレーマーに対する対応として、
クレーマーが調子づかないようにするのも技術なんですけどね。
そう、歩のない将棋はなんとやら、みたく、
飛車や角ばかりだと本当に面白くない勝負になりますね。
歩も敵陣に入れば金将になり、一段と強くなる。
チェスにしても、ポーンがなければ勝負になりません。
ポーンはキング以外なら何にでも成ることができて、
ポーンがあるからこそ、奥深さが生まれると言えます。
ドラえもんからジャイアンがいないと、うーん、駄目ですよね(笑)。
ジャイアンがいてこそ、のび太であり、
のび太がいてこそのドラえもんであります。

そうなんです。フルーツのリキュール漬け。
ドライフルーツなら沢山あるんですが、フレッシュ(生)のフルーツとなると、
そのまま果汁をシャーベットにするか、ムースにするか、
タルト系にするかぐらいな感じで。
勿論、フレッシュなフルーツもリキュールで味漬けしたり、
工夫はできるんですけどね。
柑橘系ならピールにしてみたり、ジャムにでもできますし。
ただ、ジュースにして飲むのは、なんかそれは味気ないというか、
ダンボール箱一杯のミカンジュースも流石に飽きますからね(笑)。
政治家の勉強……問題があるとするなら、
政治家を目指す前と目指した後とでの温度差かなぁ。
綺羅 2017/06/02(Fri) 00:32 No.154

島国根性もどんどんひどくなると目も当てられない

>綺羅さん

文化ってものを真面目になんだろうなと定義してみようとすると、
私なら「人間が人間として生きてきたことのうち、
誰かを楽しませるために表現したもの」とします。
かなり曖昧な定義で、その中には様々なものもありますが、
私はいわゆる同人作品もまた入れることができると思います。
人を楽しませるために書かれたものであるわけですし、
もちろんグレーな部分も少なからずあるとはいえ、
そもそも文化ってのは大なり小なり「権力に対する抵抗」があり、
古くは川柳・狂歌でお上を皮肉った江戸時代の文化に始まり、
日本の明治時代も含めて風刺画の文化を長く持つフランスとか
(件のシャルリーエブド事件のようにやりすぎることも多々あるが)、
大きな力を持つものを面白おかしく茶化して、それで満足をという精神があります。
その辺を含めて研究するならともかく、今回の研究は本質からずれまくりですよね。
もちろん、法的にグレーな同人を軽視するというのも
「本物の文学」の研究ならありえなくないんですが、
ただ、そういう同人から「本物の文学」を作る作家も出てくるわけで、
その辺考えれば決して軽視はできないんではないかと。

ドワーフのイメージに関してはいろいろありますけれども、
バリボーに関してはスキンヘッドじゃなくて、結構生えてます。
Marutaboさんのサイト「石の中にようこそ!」だと、
看板キャラのマルタボーは見事なスキンヘッド+美髭設定ですが。
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Domino/6006/first.htm

その「等価交換」を私も相当意識して物を言ったんですけど、
戦争に関しては等価どころじゃないんですよね、どう考えても。
命を失いまくって得たものが今の私たちの平和だという見方もできますが、
でも、ふと思ったんです。それを失わせたのは誰のせいだよと。
それは当時の上層部=軍部であり、そしてそれを支持した国民でもあり。
言うべき正しいことを言えなかった国民を作ってしまったという、
罪を償わされたのが実際に戦地に派遣された人たちだというふうに見ることもできます。
アジア太平洋戦争=日本国民は犠牲者であり、アメリカが加害者だという見方も
(※アジア太平洋戦争という言い方について。
 「太平洋戦争」だけでは、日本がアジア諸国にも手を出していた事実が見えなくなるし、
 かと言って「大東亜戦争」だとその逆になってしまうので、両方混ぜた言い回しをしてます)
日本が加害者であり、中国韓国をはじめアジアに酷いことばかりしたという見方も、
正しくもあり、間違いであるわけで……結局みんな死んで花実咲いてませんからね。
誰のために、何のためにかと言ったら、一つ言えるのは、
「国民のため」ではなく「国家のプライド」というただの看板のため、
「誰も得しなくてもいい、国の名前だけに箔が付けばそれでいい。
 外交で得することができさえすればそれでいい」みたいな浅はかなものでしょう。
何度か書いているように、私は国家というか社会が存続するためには
まず人がよりよい生活を追求することができなければならない、
つまり人が全てで社会は後づけの概念であると考えています。
島国根性というのは大なり小なり東アジアにはあるんですよね。
日本の場合は国家が本当に島国だから尚更そうなりますし、
中国は例の中華思想があり、朝鮮半島は中国と日本しか見てないわけで。
ただ、その日本における島国根性が今ますますひどくなっているのも間違いありません。
ジャパン・アズ・ナンバーワンの神話はもうとっくに崩れ去っていますが、
それを今ことさらにバーっと広めて盛り上がって、他国の違う文化を貶めている。
違うんですよね。地球に生きるものとして他国の文化を吸い取って
アレンジきた私たちは、日本の文化を賞賛しまくるだけではなく、
悪いところも見つめた上で他国の良いものを吸収して、
さらにいいものを作るために必要に応じてパクリ(笑)、様々な事象を学びつつ

日本の「恥の文化」が悪い方向にでている面の一つでしょう。
もちろん、そういう話を初めにしたのはアメリカの文化人類学者で
第二次大戦におけるアメリカ側の研究・助言担当者の一人である
ルース・ベネディクトの『菊と刀』になるわけなんですが、
他にも日本人とは何かを研究した著作についてだと、
私の恩師・正村俊之先生の『秘密と恥 日本社会のコミュニケーション構造』もあります。
それは置いといて、頭を下げることが恥なのかと言われると……うーん……
むしろ世間体に問題があることを平気でやらかすことこそが恥だと思いますけどね。
そのくせして他人にそれを強要するのもまた恥ずかしいことで……。
自分がそうさせられたときの気持ちを考えればそういうこともできません。
その人が公人だったらともかく、私人に対して恫喝を繰り返して
それで謝罪を強要するってのはどう考えても行き過ぎで独善的すぎます。
加えて似非政治屋共も、違いはあれど謝罪を甘く考えすぎです。
クレーマーは謝罪を使って他人を貶めることに優越感を感じているだけ、
政治屋は謝罪をギリギリまで渋ってやっと上っ面だけの謝罪……
前者は謝罪させることに意味はなく、後者は謝罪そのものを軽んじている、
謝罪をなめんなよと言いたくもなりますね。
当人に心からの謝罪の気持ちを持った状態でなければ謝罪は意味なく、
そうでないものは謝罪でも何でもないただのパフォーマンスですよ。
私はその「正しいごめんなさいを言える心」を大切にしてほしいと思います。
将棋の駒もそうなんですけど、どの駒も飛車とか角ばっかりだったら
スパーンと敵陣に突っ込めるけどすぐ取られて……みたいで勝負も面白くなく、
やはり様々な駒があってこその戦略であり面白さであるといえます。
まあ、ある意味ではTMはかなり特殊な事例だともいえますけどね。
あそこはリズム重視・デジタルサウンド派の小室哲哉将軍様と
メロディ重視・アナログサウンド派の木根尚登将軍様二人がいるから
ああいうバリエーションが生まれるわけで。
しかも3人共種々のジャンルに精通しているというのもありますし。
うん、全くです。ドラえもんでジャイアンがいないというのはありえません。
一休さんのアニメで将軍様とか桔梗屋さんとかがいないのと同じです。
そういうのも含めて、悪役とか脇役とかがいるからこその主役であり、
同時に主役がいるからこそ脇役も悪役も見せ場があるといえるんでしょう。

お菓子に使う果物のリキュール漬けですが、たしかに柑橘系のそれは
あまり例が見当たらないように思えます。
クエン酸の含有量が多い影響もあるのかもしれませんね。
まあ、残念ながら権力やお金は人間を狂わせるというのが定説で、
小室哲哉将軍様(まだいうか>俺)もある面ではお金が狂わせた、
で、いい音楽を作ることだけじゃないものに手を出して負債を抱えて、
結果として詐欺を働かざるを得なくなったといえるんじゃないかなと。
うーん、政治家が勉強するのはそういうものだけというのは、
人間としてどうかなと思う面もたくさんたくさんあります。
クリス_NK 2017/05/31(Wed) 20:59 No.153

昔から島国ですからねぇ、日本も。

>クリスさん

論文の炎上騒ぎ、色々と話題です。
仰る通り、同人作品と言えども、創作活動の一環で、
それ相応に苦労もしますし。まぁ、グレーな部分もありますが、
でも、最近の同人作品への軽視は、私も残念な気持ちです。

ところで、2次小説に出てくるドワーフなんですけど、
頭ってスキンヘッドなのでしょうかね?
調べてはみたんですけど、スキンヘッドバージョンもあれば、
ロングヘアーなのもあり。2次小説のあのバリボーさんは、
どちらのタイプなのかなぁと、ちょっと気になりました。

さて、戦争の対価、代償は本当に取り返しがつきません。
錬金術における等価交換ではないけど、戦争の場合は等価ではなく、
寧ろ、失われるもの(払うもの)が異常ですからね。
一瞬にして何万もの命が失われるだけでなく、
戦争関連死、被害、損失も、それこそ書類上のデータでは測れません。
本当、何の為の政治家なのかなぁ。
今のアメリカの政治というか、大統領を見ていても、
どこを見て政治をしているのか、誰の為に、何の為にしているのか。
日本でもそうですからね。
というよりも、維新が公〇党みたいな感じになっていて、
結局は長い物には巻かれろ的な。
島国根性は日本も未だにありますよね。
その形のひとつが今の日本の状況でしょうし。

しかし、行政に関してはドヤ顔は許せないというか。
失策ばかりをしておいて、「世の為、人の為」的な態度がなぁ。
確かに日本の場合、謝ることが苦手というか、
人に頭を下げるのを、ある種の「敗北」と考えてしまうところもあって。
その一方では、他者に頭を下げさせることで、優越感に浸るというのもあり。
ただ、政治家というか議員たちの上辺だけの謝罪を見ていると、
毎回これで許されるのが不思議に感じます。
ですよねぇ。多様性を主張するならば、尚のこと皆で同じことは変です。
寧ろ、「個性」を伸ばして、如何にして才能も開花させていくか。
ムスカは大事ですよね(笑)。
ドラえもんでジャイアンがいなくなると、のび太が映えない的な。
本当にねぇ。どんなドラマ、アニメ、ゲームでも、脇役がいて、悪役がいて、
主役がいて、そうして名作は生まれ、後世にも残っていきます。
あぁ、音楽もそうですよね。
激しいロック調ばかりでなく、バラード調も組み込むことで、
それこそ、メリハリが生まれます。
また、音楽にストーリー性を持たすこともできますし。

ミカン、その方法があったんですね。
普段、お菓子を作る時なんかはフルーツなど材料はすぐに使うんですけど、
でも、生のフルーツ類の場合は、ドライフルーツじゃないので、
リキュールで漬けておくこともできなくて。
しかし、政治家たちの場合は、環境に漬ければ漬けるほど、
品格も失われていって、お金しか見えなくなっていくような。
例の加計学園の問題にしても、森友問題にしても、
もうトカゲのしっぽ切りで終わりそうですし。
政治家が勉強を続けるのは、如何にして天下るかぐらいなのかなぁ。
綺羅 2017/05/29(Mon) 18:16 No.152

- LightBoard -