おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字8文字以内)   情報を保存
画像認証 (右画像を入力) 投稿キー

それでは足りないのですね。

>ぷりんさん

そうですよね、私自身も決して知識が広くないですし、
例えば理科だと物理や地学がスポーンと抜け落ちてますし、
化学も有機化学のところはすっかりポロリしてました。
でも電気関連の商品を扱っていると、あれこれって……ってなっちゃって、
「あー知識不足だなあ」と思ったりもします。
改めて「自学独習しとけばよかったなあ……」と思ったりします。
化学もぽろりの部分に限って必要になったりもしますし。
文系にとっての数学の論理的なものの言い方や理科の知識ももちろんですし、
理系にとっても人とは何かといった哲学だったり、文章の書き方や語法話法だったり、
そして何よりも公民なんてのは日本で生活していく上であまりに大事ですし。

ですね、興味をもつことこそが知識を広げる最短最善の方法です。
知れば知るほど楽しいですし、また深く突き詰めることも楽しくて、
同時に他人を理解していくということもできますからね。
インターネットなど、「情報が限られた」表面の付き合いだけで
見えてこないとかわからないとかいったところも、
長く実際に会って付き合っていると見えてきますし。
そういう意味でも、出会いと付き合い続けることは大切なんですよね。
……もっとも、私自身長続きしなかった友人関係もありますが。
それもまた一つの学びでもあるかなとは思いますけどね……。

筋金入りの鉄道好きが鉄道の話を徹底的に念入りにしたところで、
鉄道はただ端に移動に使う動く箱程度にしか考えていない人からすれば
意味のない話でもありますからね……。
とはいえ、わかる人同士だったら楽しくて楽しくて話に花が咲いて、
盛り上がって自分自身も嬉しくなりますよね。

温故知新、故きを温ねて新しきを知る。
それもまた自分を高めるコツでもありますし、
また先人の成功や失敗から先を予測することができるものもありますし、
その意味でも、正しい歴史を学ぶことは大切です。
悪いところも良きところも全部ひっくるめて歴史です。
クリス_NK 2018/09/29(Sat) 20:32 No.241

知ってる事よりも知らない事の方が沢山ありますもんね・・・

>クリス__NKさん

そうですね!理系・文系で完全に分かれてしまって、どっちかはしてもしなくても良いみたいになってますもんね(汗)不必要なものはないので、どちらも学ぶのが大切だなと、社会人になって改めて思いました。理系が苦手で、完全に文系なのですが、理系の科目を疎かにしてしまって、未だに分からないのがあります(笑)凄く大切ですよね!

興味を持って知ろうとしない限り、広がっていかないですもんね!
クリスさんの仰る通りです!!!知を深めていけば深めていくほど、相手のとの関係も深めていける気がします^^1人で出来る事もあるかも知れませんが、対人でしていく事の方が大半ですし^^

そうなんです!!!!!私もそう思います。凄くすごくパソコンが好きな方なんだと思います^^先生が「自分は、パソコンオタク過ぎて、みんなからしたら、話があまり面白くないかもしれない」と仰っていた時があって、パソコンに興味がない人からしたら、面白くないかもしれませんが、私はパソコンやガジェットに興味があって、PC関連に詳しい方の方が良いので、先生の話が楽しくて仕方ありませんでした^^そうですね!常にというのがポイントですよね!!

適切に取り入れていくのが、大切ですよね^^
そうですね。見習うというか、昔からしてきた事をもう1度学び直すのも、大切ですよね!
ぷりん 2018/09/27(Thu) 19:31 No.240

学び続けても学び続けても、知らぬことばかり

>ぷりんさん

一昔のソフトであれば、起動がサクッと行きますからね。
最新のものはちょっと怪しかったりしますが。
技術が普及するってのはもちろん大事なんですが、
そこに「人がいる」技術の場合、マナーというか
哲学とか倫理とかの要素も絶対必要になるんですよね。
日本の場合、技術者というか理系の人たちが文系の科目を
ちゃんと学ばなかったりというか、必修ではないものですから
どうしてもスポーンと抜け落ちてる部分がありますからね。
理系文系と分けるとか、あるいは必修科目に専門科ばかりだってのも
ちょっと問題かもなあと思う面があります。
(当然ながら文系が理科系・数学系をやらないのもダメだと思いますが)
大学時代は常に人を見る目を持とうとする、養っていこうとする、
それもまた大事ではないかなと思いますです。

二律背反だということがわかったら、その矛盾を解決しようとする、
ダメだったら自分で考えて、他の要素を把握しつつもいいところを見つけて
どっちの行動に出るか考えるようにしてかないと、ってことなのかなと。
知るってのはもちろん不安にもなりますけれども、
知れば知るほどどんどん新しい疑問が出てきて、その結果ますます知を求めたくなりますし、
その意味では「知ろうとする」気持ちは持つべきですよね。
趣味もまたそんな感じで、知らないものを知る切っ掛けとして
常にどうすればうまくいくのか考えつつやっていくっていう意味では
学びの一環ではないかなと思います。
私の父の釣りにしても、どういうふうにすればよく釣れるのかとか、
どのポイントに魚がいる可能性が高いのかとか、一つ一つ経験を積んだり
実際にアドバイスを貰ったりもしながらですし、
私の小説執筆やゲームづくりといった創作についても、
知らない物事をアイデアとして取り入れたり
更には新しいものを生み出そうとするために何を元ネタとして用いたらいいのか、
そんな知識との対話なのかなとも思いますし。
共著者の方との語り合いの中でも、私の知らない知識が出てきたりもしますし、
そういう意味では「知とは人と人との結びつきと、
自分自身を高めるために行うもの」ではないかなと。

ゼミの先生が素晴らしいと自身の知恵を得るという営みも楽しくなりますよね。
まあ、そりゃ大学や短大の先生っていったらたいがい40超えてますし(^^;
そういう先生なんですねえ。私以上にパソコンに詳しそうですし、
徹底的に好きなんでしょうね、おそらく。
考えるというか、生きる元になりうる知識(知恵)も大切ですし、
楽しむための知識もまた大切ですし、そういうのを常に得続けようとする気持ちとか
常に持ち歩き続けるのが、豊かに生きていくコツなのかもしれませんね。

「隣の芝生は青く見える」とは限らなくて、本当に青々としている、
その理由は何なのかということまできちんと考えていけば、
私たちの国でももっともっといい暮らしができるようになりますし、
他国の文化や考え方を取り入れるというのはマイナスだというわけではなく
むしろ適切な取り入れ方をすればプラスにもなるわけですからね。
そういう形でずっとやってきたのが我が国日本の文化なんですし、
同時に他国の文化も考え方も、そういう形で隣国との関わりや
世界の動きとともに変化して発達・発展していったのは
歴史を見れば明らかなんですよね。
その事を忘れてはいけません。
クリス_NK 2018/09/23(Sun) 10:08 No.239

人生は勉強ですもんね。ずっと。

>クリス__NKさん

凄く早くなりましたよね。確かに、購入してからかなり時間が経ったPCだと、どのみち時間がかかってしまいますよね(汗)普及する少し前でも、考える余地があったのに普及だけ進んでしまってマナーが追いついていない状態ですよね・・・。ネチケも言われましたが、クリスさんが仰るように、ネットとは言え、画面の向こうには生身の人が居る訳で、それを念頭に置いておけば分かるような事なのにな・・・と私も思います。そうですね!!!!!!

どっちが一番良いのかなという感じですよね。私も、知って損はないので、クリスさん同様に知を貪欲に深めていきたいです!!!

確かに、そうですよね。私も、決めつける前にきちんと考えているという事を、もっと知って欲しいなと思ってしまいます。(特に、父親には・・・)関心や興味がなければ、何も気にならないですもんね!!

挑戦して、知っていく事って凄く大事ですよね^^
学んで、知識が増えていく事で自分自身が凄く高まっていきますし!そうですよね!!趣味は、本来そういうモノですもんね。

適切にしていくべきですよね!!!きちんと伝わりつつ、理解をし共感してもらえるように^^
ありがとうございます!!本当に、ゼミの教授が素敵な先生で良かったと思いました^^還暦を越えていらっしゃるのでアレですが、30代か40代くらいなら、完全に好きになっているなと思いました笑
パソコンオタクな方で、パソコンが発売された(一番最初の)時からずっと購入されていて、講義でも先生の話を聞くのが大好きでした^^新しい知識を正しく得て、考える力をもっとつけていきたいなと思います!

そうですね!!柔軟に考えていかないといけないですよね!!!
残すべきものだったり、後生に伝えていくべきものはそのままで他の国の文化で良いところを取ったり参考にしていく事が、大切ですよね^^この考え方に、繋がっていきますよね!
ぷりん 2018/09/22(Sat) 18:04 No.238

常に自分を磨き続けるために、物事を知ろうとするべし

>ぷりんさん

パソコンの立ち上がりは確かに早くはなりました。
とはいえ、年季の入ったパソコンだとどうしてもHDDやCPU、あるいはメモリなどが劣化して、
そのために読み込みや処理に手間取ったりしますし。
それでも昔のWindows98やMeに比べるとまず強制終了しませんからね。
まあ、それは置いときまして、年齢層ももちろん低下していますし、
通信機器(PCだけだったのが、スマホやタブレットになったとか)が
格安で手に入るようになったというのもありますから、
それを含めると「インターネットというものが普及した」というふうにも言えます。
と同時に、インターネットにおけるコミュニケーションのあり方ってのも
改めて考えなければならないよなあ、というか、
本来であればもっともっと早い段階で考えられてしかるべきだったんですよね。
ネチケットというのがありますけれども、わざわざネチケットとまでいかなくとも、
画面の向こうに人がいる、そのことを想像すればどんなふうにコミュニケーションするのが望ましいか
想像できるのではないか……というのは私の早計なのかもしれませんが……。
そうですね、ちょうどネットの創世記と現代の圧倒的な情報氾濫状態を
両方知っておいて、その中で自分をどう考えるか、情報を送ること、受け取ること、
その意味を両方考えるというのは大事ですよね。
……今「情報反乱社会」と一発目に出てきおって、
それもまんざら間違いじゃないのかなあ……と思ったりもしましたが。

知識を得るというのはもちろん安心を得られるというのでもありますが、
と同時に不安も増やしますからねえ……知れば知るほど不安になるというか。
二律背反ですよね、知を得るために不安を受け入れるべきなのか、
不安を受け入れたくないから知を得ることをやめるのがいいのか……。
ちなみに私は「不安を得ることをいとわずに
知を貪欲に極めたい」と思ってしまいます。
極端な言い方すれば、それしか私のやることというか
そうすることしか能がないんですから。
いっそ開ききってしまうのが一番なのかなと。

私もずいぶんうちのバカ茶瓶にいろいろせっつかれますけれども、
それもまた父親だからというのもあるのかなと。
ただまあ、息子離れというか、それ相応に息子だって
ちゃんと考えてたりもするんだぞ、というふうには見てほしいですし、
家族として自分のことばっかり優先させるとか、
自分が家族に何もしないとか、それはダメよと。
なんにしても、相手の悪いところが目につくっていうのは
それだけ相手に関して関心が強くあるからだと思うんです。
関心のない相手だったらなんにも考えたくないですし。

自分を高めるってのは大変ですが、他人をバカにするのはたやすいです。
でも、他人の努力している姿を見てバカにして、
失敗をバカにして、成功をバカにして……だけでは、
自分は何一つ花を咲かせていない、経験していない、という。
自分の知らない何かを経験するというのは実はとても大事で、
それが新しい価値観だったり考え方だったりアイデアだったり、
ひいては成功するにあったって必須の知恵を手に入れたりするチャンスですし。
「誰かに迷惑をかけている訳でもないし、むしろ幸せなんだから」
そうですよね、他人に迷惑かけずに自分が楽しめればそれで一番です。
趣味ってそういうものですよね、本来。

子どもたちは時に無垢であるがゆえに残酷でもあり……
その無垢な残酷さを戒めるというのが大人の役割ですね。
戒めると同時に、他人がどういうふうに思っているのか、
そういうことを想像できるような共感力を持てるようにしていく、
それも大事ですよね。そのために「適切に叱る・諭す」という。
「時代の変化を、歳をとっても楽しめたり、面白いと思える人になりたい」
素敵ですね、そういうふうに思えるようになれれば。
変わっていくものを楽しむ、と同時に変える必要のないものを変えずに、
変えるべきものを少しずつ変えて、大切なものを残しつつ
新しい価値観を手に入れられますから。
そのためには常に新しい知識を正しく得続けることが必要ですし、
考えていく力をつけなければならないなと改めて思う次第で。

薬ですら、ときにとんでもない副作用が出ることがありますし、
それはどんなものでも同じだと思います。
愛国心に関しても、他の国の人を排除する必要はなく、
自分の国を、自分たちの持っている文化を良くするために
他の国や文化からいいと思ったものを取り入れていく、
そういう柔軟さの中で考えるべきですよね。
自分の国が素晴らしい、何も変えなくていい、ではなく。
これもまた「時代の変化を楽しむ、面白いと思う」につながるのではないでしょうか。
クリス_NK 2018/09/19(Wed) 18:09 No.237

いろいろ考える必要がありますよね・・・!

>クリス__NKさん

私も、小学生の頃はPCが立ち上がるのに凄く時間がかかるな・・・と思っていて、成長するにつれ立ち上がるまでの時間が凄く短くなったなと実感しています。比例はしていないですもんね・・・。かなり前の掲示板とはそのような感じでしたもんね^^(ドラマ「電車男」であったような)使う年齢も、かなり低年齢化してきていたり、私の親はネットに関してあまり知識がないですし・・・(汗)現在、私は20代ですが自分で「丁度良い時代に生まれた」と思っています。ネットのはじめの頃と、進化した近年と両方知っているので!「気軽に発信できる」ことの意味を、もっと考えないといけないですよね。

そうですよね・・・。正しい情報もあると思うのですが、必要以上に不安があおられてしんどくなってしまいます(涙)幼い頃から、心配性で、いろんな知識や物事を知るたびに、嬉しさや知識が増えていく喜びもありますが、比例して不安も大きくなってしまいます。

ですよね!!そうだったんですね。確かに、近くに居る存在だからこそ、良い面よりも悪い面ばかりが目立ってしまって、言われた時に他人よりも、腹が立つのかもしれないですね(汗)

ハッキリ言って、時間の無駄ですよね・・・!他人のあら探しをするよりも、自分自身を今以上によくしていった方が、自分にも他人にも有益ですし^^あまり人に言えないですが・・・(笑)自分を高めていった方が、人生が有意義な気がしています!!!
わかります!私も、趣味に関して両親にバカにされるのですが、誰かに迷惑をかけている訳でもないし、むしろ幸せなんだから、ほっといてくれたら良いのに・・・と思ってます。この言葉に尽きますよね。

そうですね。子どもは、大人の所有物ではないですし。暴力や体罰で教えるよりも、きちんと言葉で言っていって欲しいなと思います。しない方が、断然良いことなので。
短大時代のゼミの教授の受け売りなのですが、「時代の変化を、歳をとっても楽しめたり、面白いと思える人になりたい!」と思っています^^自分が過ごしてきた時代は時代で、良い面も悪い面もあって、次の時代でも絶対にあることなので、クリスさんが仰るように寛容に受け入れていくのが一番だなと思っています!!そう思うと、教授の言葉がとても胸に響きました^^歳を取るにつれ、変化に対応しにくかったり、ついていきにくくなり、「自分のルールを絶対!」になった方が、考える必要がなくて楽ですもんね。

両方に目を向けていかないとですね^^
どんな事にしても、プラスの面、マイナスの面があるので、どちらかだけに目を向けていても、解決はしていかないですし!!!!
愛国心にも通ずるところがありますよね!!高校の修学旅行が海外だったのですが、海外に行ったからこそ、日本の良い面を沢山、帰国してから実感しました^^
ぷりん 2018/09/18(Tue) 18:44 No.236

メディアってのはそういうものとはいえ、ねえ……

>ぷりんさん

私自身は創世記というか、ネットを始めた時期だったり
ホームページで情報を伝え始めたりしたのが2000年でしたし、
その頃に比べると、インターネットというものが伝えられるものが
一気に増えたな、と思うところがあります。
昔はアナログ回線で秒間30kb(理論値は毎秒56kb)、1MBのファイルを落とすのに
軽く4分かかるなんてこともザラでしたからねえ……。
ただ、情報そのものは増えた上に、アクセスする機器も増えたものの、
その情報そのものの「質」は果たして上がってるのかなと思ったら、
そうでもないんじゃないかなと思う面もあります。
拡散力がどうのこうのよりも、SNSでつながりっぱなしというわけではなくて、
どちらかというと身近なメンバーだけでちょこちょこ集まってという感じでしたからね。
ただ、昔は「インターネットで情報を伝えるためのシステム」というのが限られてて
(HTMLを相応に学んでホームページを起こすしかなかった)、
それで「ある程度知識がある人でないとハードルが高かった」というのはありますからね。
今はそうではなく、ぐぐぐっとハードルが下がっていますし。
ただ、あまりに「気軽に発信できる」故に、熟考してない情報だったりにも
アクセスしやすくなっていますし、拡散もしやすくなってしまいましたし。

人間である以上評価を気にしちゃうってのは仕方がないわけなんですけれども、
それもいきすぎると身を滅ぼしかねないわけで……。
どんなことでもそうですが、気にしすぎるとかえって身を滅ぼすんでしょう。
気にしすぎないってのも問題ではありますけど、それ以上に危険ですね。
私もホームページを閉じたり、SNSを閉じようとしたりってことが何度もありました。
それを防ぐには、「自分は自分、ただ一人だ」と割り切っちゃうしかないのかなと。

身内だと頭にくるってありますねえ。
我が家の父ことばかちゃびんがどうしても私のことをちゃんと見てくンないというか、
もともと仕事するか地域の重鎮になるかばっかりだったものですから、
家族にちゃんとした形で目を向けたり、自分が家族の世話するとかできない人ですし。
とはいえ、逆に一番近くに射て、一番良く接する人間だからこそ
相手のいい面だけではなく悪い面が特に目についちゃったりするのかなと思いますし。

やっぱり、他人を罵ったりするのが生業になってしまったとしたら
それはそれで「自分を高める時間を無駄にしてしまっていやあしませんかね?」ってなりますし。
例えば、他者のあら捜しばかりする人が10の実力持ってたとして、
あら捜しをされる側が1の力だったとします。
そのあら捜しをされる側が毎日0.1の力をつけてったら、3か月の後には追いつかれて、
それを改めないことには追い抜かされるということになりますし。
もちろん他人の嫌なところってどうしても目についちゃいますけれども、
そればかりに目が言ってしまって、自分を高めるのを疎かにしてしまったのでは
絶対に本末転倒ですし。
趣味に至っては優劣がはっきりしない分だけ余計タチが悪いですよね。
(うちの父は私のコスプレを徹底的に認めていませんけれども、
 それだって楽しいんだからそれでいいじゃないかと)
「自分がされたら嫌なことを他人にするな」、一番の至言ですね。
自分にぜーーんぶ跳ね返ってきますから。

もちろん、げんこつについては肯定はできませんし、
必要悪だと考える向きもありましょうが、できればしないほうが望ましいわけで。
しなくていいことであればしなくていい、それでいいんじゃないかなと。
子供に大人の考え方を押し付ける、極端に言えば「子供を大人の言いなりにする」のではなく、
子供が自分で考えられるようにする手助けができればいいのかなーと。
単純に「世代で区切って考える」ってのは、自分たちはアイツラと違う、
自分たちのほうがすごいんだ、といううぬぼれの象徴じゃないかなと。
もちろん気にはなりますけど、それは時代の移ろいで考え方が変わってるんだとすれば
柔軟に「あ、今はそういうふうになってるんだな」と受け入れるのもいいかなと思うんですよ。
そういう柔軟さが寛容さを生み、余裕を生み……みたいになるんですけれども、
年を経るとどうしても長年やってきたことから他の習慣に切り替えるのが容易でない面もあり、
それがゆえに「俺ルール絶対主義」になりやすいってのもありますからね。

ネットに関してもそういう面は強くあり、悪い部分ばかりピックアップされていますが、
いい面についても当然あって、その両面についての議論をしてかないといけません。
どんな物事にも光が当たる面と影の部分とがありますし、
その矛盾を内包した状態を改善しようとすることが、改良とか進歩を生み出します。
それを影の部分ばかりに目をつけてなくしてしまおうとする、
あるいは逆に光ばかり見てそこを変えようとしない、どちらもまずいです。
考えようによっては、愛国心ってのもそのひとつなのかな、と私は思っています。
クリス_NK 2018/09/16(Sun) 19:48 No.235

遅くなってしまってすみません(汗)出来るようになる為にも!!

>クリス__NKさん

そうですね・・・。良い方向に進む一方で、悪い方向にも益々進んでますもんね。詳しく言ってくださって、ありがとうございます。私も創成期を知っている訳ではないですが、私自身が小学生だった時に比べて、かなり広まりやすくなっているなと感じます。その当時も、釣りや間違った情報などはありましたが、クリスさんが仰っているように、今ほどの拡散力はなかったです。認識も、まだまだだったように思いますし。そういう事があったんですね・・・。私も、人からの評価をリアルでもSNSでも気にしてしまうので、SNSをしない方が良いのかなと思った事が、何度もありました・・・。なので、思いの大きさは違うかも知れませんが、クリスさんの気持ちが凄く分かります。

凄く分かります。私は、身内から言われるのが一番腹が立ってしまって、すんなりと意見を受け入れられません・・・。友人や知り合い、他人からだとすんなりと受け入れられるのに。少しの事で、かなり食い違ったり、全然異なる事がありますもんね・・・!!!!
そうなんですね!自分で、自分の印象を悪くしてしまってますよね・・・(汗)支持していないとは言え、相手が支持している政党をバカにしたり、罵るのはどうかなと思いました。支持する政党に限らず、趣味でも、相手の趣味をバカにするのは、ダメだと思っています。根本的な事ですが、「自分がされたら嫌な事は相手もしない」に尽きると思います!!

そうですね!まだ、正当な理由があってする分には仕方ない所があるのかも知れないですね。(肯定は出来ないですが)
そのような経験をされたんですね^^そうですね・・・!世代によって、色々変わってくるとは思いますが、どの世代に関しても、尊重していきたいと思っています。「世代」に区切って、考えたくないなと思っています。良い意味で!

私も、凄くそう思います^^メディアでは、ネットの悪い部分がかなり取り上げられていて(出会い系・誘拐・自殺を含めた殺人等)詳しく知らない人は、「ネットは・・・」と思っている人が多いと思うのですが、良い部分もあるので、そっちにもきちんと目を向けて欲しいなって思います。素敵な出会いも沢山あるので^^色々と勉強になるな!と日々感じています。はい^^教えてくださって、ありがとうございます!!!
ぷりん 2018/09/15(Sat) 16:19 No.234

「何もさせない」のではなく、「少しずつできるようになってもらうために教える」

>ぷりんさん

残念なことに、世の中にSNSというものが誕生して以降、
簡単に誰でも情報を伝えることができるようになった反面で、
そういう「残念な情報を伝える人」が増えてしまったのも事実です。
正確に言えば、そういう「残念な情報を伝える人」というのは
一定数世の中にいるものですが、それがSNSが大きくなることで母数も増えて、
一定数の「勢力」になってしまったというわけです。
(※ネット創成期にもそういう情報はあったものの、「伝える」側の割合は同じでも母数が少なかったために
 自然淘汰された結果、そのような情報は広まらなかったと考えられる)
まあ、私もあまり人のこと言えなかったり……
なにせかなり人の評価とか気にしまくりますからねえ……。
一時期はそれで厳しい評価もらって創作やめたくなったとかいうこともあったり、
もっとひどいとそのまま自分の人生にピリオド打とうとしましたし……。

もちろん、気にならない人もいるんでしょうけれども、
言い方ってあるというか、「親しき仲にも礼儀あり」とか、
同じこと言われてるのに、あの人だとすんなり受け入れられるけど
あの人の場合はなんかカチンと来る、みたいなところってありますよね。
言葉の調子をちょっと変えると受け入れやすくなるはずなのに、
そのへんがわかってないと(もっと言えば意識していかないと)
本当に伝えたいことが伝わらないなんてありますよ、間違いなく。
私自身は割合政治的に左というか、少なくとも現在の自民党に関して
(もっと言えば自民党を支持している、あるいは野党を批判している層)
厳しく強く批判をしていますけれども、そういう同じ志を持つ人にも
かなりの割合で「上から目線」というか、自民支持層を馬鹿にしていて、
罵るような言い方になっている人たちが見受けられ……というか、
私が見る限りですと、SNSでそういう野党支持+自民絶対悪という
政治スタンスを明らかにしている人の多くはそうなんですよね。
それじゃ支持されないよなあ……と。
自分たちのことを馬鹿って罵る人間を支持することなんかないよなあ……って思ってしまいます。

その辺いくと私なんか父と殴り合いの喧嘩したこともあったりなんかして、
まあ、それはそれで悪いことでもあり、間違っていないとも言え、
なんとも難しいところではありますけれども、
要は、手の出し方かなと。
どうしてそういうことをしたら怒られるのか、というのを
きちんと示した上でそういう行為に臨むのなら、まあ……と思います。
ただ単に気に入らないからゲンコツしたなんて言ったら理不尽ですから。
まあ、私の場合ですと、大学3年のときに、いろいろ縁があってというか、
引きこもりの人たちが社会とつながりを持つための仮の集いみたいな雰囲気の
フリー・スペースってのでボランティアしたって経験がありまして、
なんやかんやで4年間お世話になりました(私のほうが逆に勉強させてもらった)が、
そのおかげもあり、人と接するのはどういうことかなというのも学べましたし、
あとは子どもたちと関わること自体は決して嫌いじゃなかったものですから
(そうでなきゃ今作ってるRPGで小学生を主人公にしたりしない)、
そのへんもあって参加させてもらっています。
まあ、大人をなめてかかるクソガキ……もとい、まあ、なんといいますか……
そういうお父さん世代の人達と付き合うことを知らない子達も多いですし、
こちらも今の世の中で子供達がどういう形で社会を学んでいるのかの勉強になります。
中学生の頃はなかなかそういうのってできないかもしれません。
自分自身のことでも大変ですからね、あの世代って。

結局は、いい出会いであればネットでもリアルでも問題ないと思います。
もちろん、ネットで外面は良いけどリアルではとんでもない輩だった、なんて例や、
あるいはその全く逆の例だったりもありますけれども、
それはそれで他山の石扱いにしてしまうといいでしょうし、
そんな人間も世の中に入るんだから気をつけよう、ってことになりますし。
コスプレ自体は色々サイトでも写真を公開していますし
(昔は専用のSNSをやっていたものの、諸事情で全部やめた)、
よかったらお暇な時にでもご覧ください。
クリス_NK 2018/09/13(Thu) 18:05 No.233

きちんと言うことが、優しさでもありますよね

>クリス__NKさん

本当に、そうですよね。知らなかった事や為になる情報を流してくださる方は、とても有り難いですが、デマや罵倒しているモノを見かけると、こちらまで気分が悪くなってしまうなと思います・・・。そうですね!自分の意志・意見と他人の意見に共感したり汲み取って考える力が必要ですよね!!私は、後者の方で自分の幸せをきちんとつかめない事が多いです(汗)考えることって、凄く大切ですよね。言い方って、本当に難しいですよね。言い方ひとつで、かなり変わってきますし。私の知り合いの方が、上から目線で指摘をしてくるので、知り合いである私ですら少しカチンと来てしまうのに、第三者だともっと腹が立つと、知り合いと話していて思います(汗)

そうですね、私が女だからかも知れませんが、親からは軽い程度にしか叩かれた事はないです。父からは、男なら手が出てたと言われましたが・・・笑(父と揉めた時に言われました)
そうなんですね!ボランティアをされているんですね^^ボランティアではないのですが、中学時代に友人と近所の保育園に行ったのですが、私は小さい子にどう接したら良いのか分からず上手く出来なかった記憶があるので、クリスさん凄いです!!!違いをきちんと、認識していないとですね!難しいところですよね・・・。

そうなんですね・・・!!

そうですね^^リアルでもネットでも、凄い繋がりやかけがえのない友達に恵まれたりしますもんね。私も、そう思います!!!!!
幅広くされているんですね!クリスさんの、コスプレへの想いが凄く伝わってきますし、素敵だなって思います^^
ぷりん 2018/09/11(Tue) 18:23 No.232

間違っているのなら間違っているとたしなめるのも友情

>ぷりんさん

そうですよねえ……ネットに限るとあまりにも軽々しい人間ってのもいます。
自分で人にとんでもないデマを発信したり、さらには人を罵倒したり……でも責任取らない。
匿名なのをいいことに無責任に振る舞い、人を傷つける……
それは結局ものごとを「自分の立場」からしか見てないってことでもあり、
他者から見た自己という視点が欠けちゃっているというのもありますからね。
それ以上に大事なのは、明確に「自分」を持つということと、
と同時に他者に対しての共感力・想像力を持つということなのかなと。
一見すると二律背反ではあります。自分と他者を重ねることと、自分は自分と「影響されないもの」をしっかり持つことと。
でも、他者は他者だと割り切っていては、いつか孤独になってしまい、
人の手が必要なときに人の手を借りられないってことに繋がりますし、
同時に他者に共感してばかりで自分のことに手がまわらないと、
自分の幸せをちゃンとつかめなかったり……なんてことにもなりますし。
世の中こういう一見すると矛盾しているものだらけですけれども、
それを克服するものとして「常に考えていくこと」が必要なんじゃないかなと。
ただ、考えてもわからないこともあり、そんな時に人を頼ったり、
あるいはネットを調べてみたり、本を読んでみたり……でいいのかなと。
もちろん悪いことは悪いことだときちんと諭すべきではありますが、
言い方にも気を配らないといけないってのもまた事実で。
残念ながら、いくら相手に火があって自分の言い分が正当だとしても
言い方で思いっきり損している人ってのもいますからね。
上から目線で相手を罵るような言い方をしてては、一向に伝わるものも伝わりません……というか
それで相手が逆にかちんと来て、余計悪いことになることだってありますし。

怒られ慣れていないというか、大人も叱らなくなってますからね。
ゲンコツしたとかそういう親もいませんし。
私自身、地元の小学校で放課後のボランティアとして、子どもたちと遊んだりするときに、
確かにゲンコツしたりとかビンタしたりとかは気を使ってますからねえ……。
本音を言えば大人をなめてかかったガキには一発ゲンコツかましたいんですが。
まあ、それには様々な理由があるのかなとは思いますが、
とりあえず「叱る」と「怒る」を違えてはならんのではないかと。
そのへんをオンデマンドでうまくできない大人も多いし、
またオンデマンドでやるとそれはそれで……ってこともあるのかなあ……。

『ぼく勉』今日はど助平なネタかましてましたけどね……(苦笑)

意外なところでつながった人であっても、そこから思わぬ形で友情が広がったり、
さらには「ああ、あの人の知り合いなんだぁ!」って形で進展したり、ってのも
またあったりもしますし、人間って、リアルでのつながりとネットでのつながりと、
両方をうまく駆使するとすごいつながりになりますよね。
沢山の人とつながることは、すなわち人間としての学びの可能性を増やすことでもありますし。
私もコスプレはホンキでやってみたいと思ったキャラクターだったり、
ビビッときたキャラクターや衣装を作ってもらってやってみたなんてケースばかりで、
中にはメジャーなものもあり、中にはオンリーワンなものもあったりです。
でも、根本的に好きなんですよね、自分の中にほかのキャラクターが宿って、
それで自分が強くなったとかそういうのを感じられるというか。
クリス_NK 2018/09/10(Mon) 21:09 No.231

そうですね・・・!

>クリス__NKさん

確かに、そうですね。自分のした事が、他人や全体にも迷惑がかかってしまうよ!っていう事ですもんね。日本の為!と見せながら、イメージダウンをせっせと行っているだけですもんね。間違っている事に間違っている!というのは悪い事ではないですし、むしろ、きちんと言わないと分からないですもんね。

クリスさんの仰る通りです。確かに、前に比べるとあまり怒られてきていない世代なのかも知れませんが、怒られてない事はないし、怒られ慣れてないこともないと、自分自身ではそう思っています。
本当に、そうですよね!!!それぞれ違うので、同じくくりにして同じように怒られても、人によって捉え方に差が出るのに・・・と思ってしまいます。

はい^^自分と似てたり、憧れる存在だと、凄く共感しますよね!

凄く分かります。意外な所で繋がって、そこから仲良くなっていったりしますもんね!!そうなんですか!凄いですね^^私は、今、イベントに行った際に、席が隣同士で、そこで仲良くなってお互いにツイッターを教えて、更に仲良くなって遊んでいる方がいるのですが、今年で3年目のお付き合いになります。分かりました!!!
また、見に行きたいと思います^^

そうですね。きちんと理解した上で、していかないといけませんね。
ぷりん 2018/09/09(Sun) 20:05 No.230

まあ、それはそれで仕方がないんですがね……

>ぷりんさん

そのへんは仕方がないかなあ……と思う面もあります。
一人の生徒の愚行に伴って、学校のブランドが失墜する、なんてのはまずいというか、
それはそれで自分だけではなくひいては他の個人にも迷惑がかかる、って意味でもありますからね。
残念ながら、どんな場合であっても「悪事千里を走る」ということわざはほぼ真であり、
悪い噂ほどババーっと広がってしまう傾向はあります(心理学の分析でもこの辺あるかもしれませんが、詳細は不明)
行き過ぎはともかくとしても、まあ、集団の中のひとりとして他の個人に迷惑をかけること
(この「他の個人」には、当人と同じ集団に属している他のものも含まれる)は
ご法度だよね、それは個として自分を下げることでもあるし、と同時に集団全体も下げちゃうよね、と。
例えば、現在ネットで跳梁跋扈する差別発言とデマを生業とするネットモブたち。
彼らがやっていることは、当人たちにとっては「愛国行為」なのかもしれませんが、
確実に日本という国のイメージや、日本人全体のイメージを腐らせてます。
これについては「意見の押しつけ」ではなく「間違っていることだからやめさせている」ということで、
ここを履き違えるのはあまり芳しくはないと思います。
この辺は保守と革新との議論にもあるわけで……
保守が優れていると革新が優れているとかそういうことではなく、
結局、間違った行為は間違っていると正し、更により高い位置に……ということですからね。

実際、企業の中では「教え下手」という人もいますし、
単に叱るだけではなく、ある程度どうすればいいのかフォローすべき、って人もいますし。
「怒られなれていない」っていう言い方もなんかちょっと違うよなあ……と。
正しい怒り方をしてない人の言い訳かもしれません。
そうですね、結局はみんな最適な方法が同じであるわけがないのに、
みんな同じに考えて、そしてその「悪い部分だけをピックアップして」
それを「針小棒大にして広めて歩く」という行為でもあるわけで。

そうなんですよねえ、まさかあそこまでハマるとは思わなかったんですが、
自分と主人公が似たようなところがあるキャラクターだったり、
あるいは憧れられるような存在だったりするとすごく共感できます。
たまたま『ぼく勉』の主人公・唯我成幸はそんなところがあったわけで。

意外なところからフォローされたりされたり、って結構あったりもしますし、
また同時にそこから思わぬ関係に発展したりってこともかなりあります。
私が現在小説を共著で書いている人の場合は、もともと自分のサイトと
全く関連がないところの『ブレスオブファイア』から関係ができ、
そこから今でも18年付き合いがありますし。
さいです、私のコスプレの写真です。
たまに写真を切り替えたりもしますから、よかったらご覧ください。
まあ、目標みたいなものが少しあったほうがいいかなと思う面もありますが。

もちろん、使い方を間違ったら人を傷つけるってのはどんなツールでも同じですが、
インターネットの場合だって「一歩間違えたら人を死に追いやる」ものです。
このことを忘れちゃいけませんよね。
クリス_NK 2018/09/09(Sun) 19:05 No.229

下僕ではなく、意志を持った1人の人間として

>クリス__NKさん

そうですね。押しつけても仕方ないのに、押しつけが横行している気がします。確かに、連帯責任から来てますね。高校時代は、よく「1人の行動が、学校のイメージになり、学校全体の印象を悪くするからしっかりと自覚するように」と朝礼で言われてきました。これも、ある種の連帯責任ですよね。島国根性というか、少しでも違った個性を持っている人を排除しようという傾向にありますよね。
本当にそうですね。守っていくべき部分は守って、それ以外は双方が納得出来る方にしていきたいですね。私も、そう思います!!!

そうですね。叱るだけよりは、具体的にアドバイスをしてもらった方が、下の者からすると(私のような新人)嬉しいなと思います。「最近の若者は、怒られ慣れてない」や「怒るとすぐに帰る」と言われるのですが、怒られて「何クソ!」と思って奮起する人も居れば、精神的ダメージを負うだけになる人もいると思うので、私は後者なので、クリスさんが仰るようにして欲しいなと、注意したり怒ってくれる方に対して思ってしまいます。

そうなんですか^^今まで読んでこなかったジャンルの漫画でも、主人公と自分が似ていたり惹かれる所があると、ハマりますよね!私は、少女漫画やラブコメが多めで、少年漫画は数えるくらいしか読んだ事がないのですが、一度ハマると何度でも読みたくなるくらい好きになります!!機会があったら、読んでみます^^はい!!とても素敵な作品だと私は思っているので、凄くオススメです!!

そうなんですね!!!そう言えば、私もかなり前に大好きな声優の動画をツイートしたところ、かなりの数のリツイートが来て驚きました。

私もなりかけたのですが、今は以前に比べるとかなり落ち着いてきました^^ツイッターのアイコン、コスプレをされているクリスさんですよね??
確かにそうですね!案外、目的や目標がない方が上手くいったりする場合もありますもんね!

本当にそうですよね!私も、凄くそう思います^^リアルとは、また違った楽しみや出会いがあるなと思っています。間違った使い方をすれば、悪になってしまいますが(出会い系で偽ったり等)それをしなければ、凄く便利だし、画期的なモノだと思っています。私は、この時代に生まれて良かったと思っています。いつの時代にも良い悪いはあると思うので、この時代が悪い!とは思っていないでです^^そうですね、そうしていきたいですね!!
ぷりん 2018/09/07(Fri) 16:54 No.228

思考を持たない下僕ではなく

>ぷりんさん

反論を摘み取って押し切ろうとするやり方はどう考えてもまずいですよねえ……。
それは弁証法で言えば正のみ正しく反は明らかに間違っている、故に正がそのまま合だ、という
かなり押し付けがましい(議論にすらなっていない)ものですし。
でもそれを平気でやってしまうのが日本の悪いところというかなんというか……。
もともと日本文化は集団の意思というのが極めて優勢になりやすい素地を持っていて
(江戸時代からずっと続く「連帯責任」の流れが根っこにあると考えられる)、
それ故に集団の多数派がいうことに従い、少数派を淘汰していくという文化になっているんでしょう。
もちろんそれはそれで「均質性」というものを維持する上ではいいのでしょうが、
「異なるもの」が生み出す創造性をまるっきり無視している部分もあります。
その最たるものが障害を持った人たちの排除、不登校=(集団に馴染めない)悪という考え方、
性的少数者に対する侮蔑、外国人に対する悪質な偏見、なんではと。
中庸ももちろん大事です。物事には多くのものに相反する矛盾したものを内包し、
その中で葛藤しながら生きている、とも言えますし。
ただ、何もかも相手と自分の真ん中に、というのだけではなく、
ときに、より優れたどちらかに寄せる(100対0で寄せるのではなく、七三で寄せるぐらい)というのも、
また物事をうまく行かせるコツとも言えます。
そのへんは互いに考えて、お互いの意見を尊重し合いながら……てことですが、
意外に難しいところなんですよね。他人尊重するつもりが自分を考えすぎちゃって、
結果的に相手との関係をパーにしてしまった事例はいっくらでもあるでしょうから。
そう、お互いにいい感じで楽しめる関係ってのが理想ですよね。

否定しないというよりは、否定しすぎないという方がしっくり来そうです。
ソレダメ!なんていうよりも「こういうときはこうしましょう」みたいな具体的なアドバイス、
相手の人格を全否定するような言い方ではなく、「今回のここは良かったけど、ここがまずかったので、
次の目標はこういう形にしてみたらどうか」という具合に、
・自分で考えたり、決める余裕をもたせる
・叱るべきところは叱るけれども、フォローも忘れず
こんなのがいいのかななんて思ってます。
私も職場でいろいろ考えることも多いので……。

個人的にはかなり好きな漫画でもありますね。
ラブコメ自体はあまり読まなかったものの、何故か主人公(男)のキャラクターに
妙に惹かれるものがあって……(できない人の気持ちになって考えられる男になれ、という父の遺言もあり、
他人に教えるために他人に共感したりすることができるやつだってのがあって、すごく好き。
恋愛に奥手というか鈍感なところも似てるしw)
この世界の片隅に……そういえばドラマやってますね。
タイトルは聞いたことがありますが、その辺ちょっと調べて、興味が出てきたときにはじっくりと見てみます。

あるんですよねえ……
あとは昨日は昨日で、北海道の発電所が連鎖的にダウンした事例についてツイートしたら
(といっても「モーニングショー」で聞いた情報をそのまんまコピペ)
それが実際に全くフォローしたりされたりしていないアカウントの人にリツイートされましたし。

就活がうまくいかないってのもたしかにストレスではあります。
いや、実際にもんのすごいストレスで、下手すれば自己否定になりかねませんし
(↑そうなりかけてやばかったアホがここにいます)。
とはいえ、そんな中でぎりぎり踏みとどめてくれたのがやはり趣味の世界で、
私の場合はコスプレだったり創作だったり……。
コスプレにしても、極めようとするのではなく、本当に適当に好きなキャラをやって
(私なんか「なんだそりゃ!?」な衣装も作ってもらってますし)、
それでスッキリすればそれでいいかなぐらいに思っていますし。
かえってこじらせてちやほやされたいとかいう目的を持たないほうが
楽しめるのかなー、なんて考えています。

ネットのすごいところはこれなんだと思います。
地理的な、あるいは時間的な束縛を飛び越えて意見交換をすることができたり、
あるいは普段全く付き合うようなことがないような人たちと付き合ったりできる点が。
情報が伝わるのが早くなった点については善悪ありましょうが、
それでもこういう形で「新たな縁」を結べるようになったことって、
素晴らしいことだと思います、私は。
それだからこそ、このインターネットの空間を大切に、
そして素晴らしいものにしていきたいですよね、お互いに。
クリス_NK 2018/09/07(Fri) 14:06 No.227

個性で大事ですよね

>クリス__NKさん

ただ従ってくれれば良い!みたいな感じですよね。反抗や自分の意志での反論は許さないみたいな。(←上手く言えなくてごめんなさい)本当に、クリスさんの言う通りです。そうですね。どうしても、多数の意見が目立って、多数が採用されますもんね・・・。私も、極端な性格で白か黒かハッキリさせたい感じなのですが、年々、ハッキリ決めなくても(曖昧が良いとは思ってないですが・・・)中間の意見を取るのも良いんだと思えてきました^^
そうですね、お互いにフェアに行こう!っていうのが無い気がします。片方がウィナーで、片方がルザーな気がします。Win-Winな関係ではないなと。

相手の意見を聞いたりする所は、全身全霊で取りくんで」、自分の意見を言う場合は、きちんと時と場合を見極めて、否定しない且つ言うのがベストですよね。

そうですね^^そこに、醍醐味がありますよね!!!!!
タイトルは、聞いたことがあります。そうなんですね。でも、面白そうな漫画ですね!!私は今更ながら、「この世界の片隅に」にハマっていて、現在放送中のドラマから入ったのですが、ドラマの他にも2時間SPで放送されたものやアニメーション映画も観ました!余裕が出来たら、漫画も購入したいなと思っています。

そうですね^^
凄いですね!!そんな事があるんですね!!!

本業でやるのも良いけど、趣味は趣味のままでも良いかもしれないですね。あくまでも趣味の範囲の方が、好きだけど、気持ち的に楽な気がしています。

そうですね。本当に、こうして話すようになってから、凄く実感しています。年齢や立場関係なく、こうして話したり、意見を交換出来る事はとても素敵だなと思いました^^私自身、まだまだ未熟なので、クリスさんから学ぶ事や知ることが沢山あります!
ぷりん 2018/09/06(Thu) 18:33 No.226

個性ある人を育てるために

>ぷりんさん

本当にそうですよねえ……機械を育てるというか、従順なロボットとか、言い方最悪ですが反抗しない奴隷を作ってるというか。
そうじゃないんだよ、と。自分で考え、自分の力で歩く、人間なんだよ、と声を大にして言いたいのですが……
未だに日本って、個性を大事にしないというか、主流派・多数派の意見を是として、
少数派の意見に耳を傾けない、というのが多いですよね。
多数決絶対主義みたいなところも極めて!強いですし。
残念ながら、民主主義ですらその多数決が圧倒的に価値を持つものとしているところもあり……。
そのへんは国会の議論の中でも特に賛否両論がある議決について顕著だなと。
それはともかく、議論自体は適切にする分(相手を全否定しうるものになるとかでない)には
むしろお互いを伸ばせる解決策を見いだせる可能性があるわけなんですが、
どうしても上の話もあって、そうは行かないというか、徹底的に白黒つけたがるというか……
有名な「ヘーゲルの弁証法」でも、まずはテーゼがあって、その中でアンチテーゼがある、
互いに自己の内面にあると同時に矛盾をはらんでいるけれども、
そこからさらに両者を合意に至らしめるアウフヘーベンを……って話になるんですよね。
日本人って、このアウフヘーベンに至る議論ができる人がすごく少ないですし、
上記の国会の論戦でもこれが実際に行われることはまずないわけで……。

全身全霊でやるってのは、もちろんどんなことでもそうではありますが、
あまりそこまで肩肘張らないようにしてかんことには疲れますからね……。
これもまた正と反であり、さあ合はどうするんのかなあ……となりますが、
相手の言っていることを汲み取ろうとするのは全身全霊で臨むべきでしょうが、
自分が意見するときには最適な出力で出しゃいい、軽くてもいいしみっちりでもいい、
ただし相手を全否定しちゃいけないよ、というところでしょうか。

そうそう、実際に顔を合わせての駆け引きというか、
ときに表情から「あ、あいつは何待ちだ」とか「あいつこうしてほしいんだな」というのを
感じ取る、ってのもなかなか面白いですよね。
最近ドハマリしている漫画『ぼくたちは勉強ができない』のヒロインの一人、
緒方理珠というキャラクターは、これが全くできないというキャラクターだったり……
(※数学・物理などは大得意だが国語の読解がアッチョンブリケ。
  でも「アナログゲームで勝ちたい」という理由から心理学を志したいと思い、
  文系学部……というか心理学をやっている文学部系の学部に進みたい高3)
https://dic.pixiv.net/a/%E7%B7%92%E6%96%B9%E7%90%86%E7%8F%A0

あるあるですね、意外なところでリークされてるっていうこともありまして、
例えば私も自分のウェブサイトで音楽のコード理論をやってたら、
参考に使ってた本の著者さんからメールを頂いたなんて事例があって。

まあ、とりあえず成果については、かえって本業で出すのではなく、
本業とは別のもので出したほうがスッキリするというか、気分転換になりますね。
それがストレス解消ってものではないかなーなんて、私は思ってます。

出会いと火炎って、そういう異なものでもあり、味なものでもあります。
様々な人と出会い、時には傷つき、時には嬉しい気持ちになり、
時には怒り、時には……それもまたコミュニケーションでもあり、
また人というものを知る、そして世の中というものを知る勉強でもあるかなと。
クリス_NK 2018/09/05(Wed) 21:14 No.225

今、少なからず小さな成功体験をしているので、実感しています!

>クリス__NKさん

確かに、そうですね。人というより、まるで機械のように扱っているという印象を受けます。気楽にお付き合い出来るのが、ベストですよね。今まで、そういう見方をした事が無かったので、クリスさんから言われて、とても納得しました。分かっていない人に方が、ある種、コミュ障ですよね。全身全霊でする事に、意味がありますよね!!

実際に、顔を合わせてする方が表情での駆け引きもあったりして、楽しいですよね^^

相手とは全く繋がっていなくても、自分の知り合いの知り合いかもしれないですよね。知り合いではないですが、ツイッターのフォロワーさんが私の知り合いだった事があって、クリスさんが仰るように変なことは言えないなと思いました(汗)何のメリットも得も、無いですもんね。むしろ、デメリットで損ですよね。私も、そう思います!!!

はい・・・。一体、それだけ成果を出せば良いんだろ・・・と思って、辛くなってしまいます。そうですね、少しでも幸せが多いのが理想的ですよね。そうなんですか!凄いですね^^私自身、数学は全然出来ないのでw
そうですね!ありがとうございます^^

クリスさんは、少し前にブログで知り合って、この掲示板に移動して沢山話して、いつも丁寧に返事をしてくださって、本当にありがとうございます^^
ぷりん 2018/09/04(Tue) 18:14 No.224

小さい成功体験が大きな成長を生む

>ぷりんさん

20世紀の企業の中身ってものを見ると、どうしてもバリバリやりまくって、
その上で自分で成績を目に見える形で出して……なんてのが当たり前でしたが、
その中には余裕とかそういうものがなかったというか……
人を人として扱わない、ある種の軍隊的な様相をそのまま引っ張ってるんですよね。
人と人とが付き合うってのはそんな固っ苦しい、息詰まるようなものではなくて、
もっともっと、相手と自分とが対等で、気楽にできるものなんですけどねえ……。
そのへんをわかってない人もかなりいますけれども、そっちのがよっぽど
コミュ障じゃないかって私は思うんですよねえ……。
機械的にやるんじゃなくて、相手が人だからこそ適切な触れ方をする、
そして適切な形で返して、初めて物のやり取りが成立すると思います。

実際私も麻雀をコンピューターと打つ場合と、人とネットを通じて打つ場合と、
実際に4人なり3人なりで顔を突き合わせて打つ場合と、一番面白いのはどれかと言われたら
顔を突き合わせて打つってのが一番ですねえ。
その表情を見る、そしてその表情の微妙な変化を把握して打ち方を考えるだけでも楽しいものがあります。

現実逃避といいますけど、現実ともしかしたらつながってるかもしれませんよね、向こうさんが。
どこでどう巡り巡って知り合いにつながるのかと思うと……うかつには変なこと言えませんよね。
他人を馬鹿にするだけで自分を伸ばさないことには、成長も進歩もなく、
何も救われないじゃありませんか……。
ネットの使い方は本来自分を高めるためのツールだと思うんですが……。

成果が認められないときって不安になりますよね……。
もちろん、死ぬまでに幸不幸を全部足し算したらほんの少しだけ幸が多くなる、ってのが
私の持論ではあるんですが……そう思えないことも多かったりします。
これを数式(定積分と極限)で強引に表したことがあったりもしますが。
あまり突き詰めすぎて考えると疲れてしまいますから、
少しだけ好きな飲物を飲んだり、好きな食べ物を食べたりして、
一服してみるのもいいかもしれません。それだけでも変わりますよ。
クリス_NK 2018/09/03(Mon) 17:17 No.223

言われてしまってますね・・・(汗)

>クリス__NKさん

返信が遅くなってしまってすみません。

そうですね・・・、他人を頼ったり褒めてもらう前に自分自身でめちゃくちゃ頑張って、それで結果を出してからだ!みたいなとこがありますもんね。自分に対して余裕が持てないから、他人に対して攻撃的ではないですが、余裕が無さ過ぎて褒めるに繋がっていかないんでしょうね。そうですね。感謝するだけでも、余裕が出てきて少しずつでも、良い方向に向かっていきますもんね^^

そうですね。面と向かってだと、文字だけでは伝わらない微妙なニュアンスや表情が分かりますもんね。私も、クリスさんと同じ意見です!家族でよくトランプをするのですが、ネット経由より、人と人でした方が、何倍も楽しいなと感じます。

対人だとは思っていないんでしょうね。ただの画面だったり、ディスプレイだけなのかなと。画面の向こう側であろうと、人が居るのに・・・。現実逃避やストレス発散で、言ってる場合もありますよね。

そうですよね・・・。
そうだったんですね。私も、色々ありすぎて、落ちてばかりだし余裕が無く焦っているのかも知れないです。意見をくださって、ありがとうございます!!
ぷりん 2018/09/01(Sat) 15:35 No.222

- LightBoard -