おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字8文字以内)   情報を保存
画像認証 (右画像を入力) 投稿キー

直し方も覚える…そういうことになりますね(^^;

>綺羅さん

最近はUSBメモリも容量が大きくなりましたし、
SDカードなどの外部機器も充実していますね。
HDDもうまく使えばバックアップに使えますから、
危なそうとなる前に、定期的(理想的には半年に1回くらい)に
バックアップしておくのがいいかもしれません。

ポケモンにも自分の好みとか愛着とかがありますからね。
そういうのを最優先で育てるのも面白いものですし、
あるいは数値的なものを優先するというのもまた楽しく、
楽しみ方が人それぞれになっているのかなと。
だからウケるんでしょう。
それにしても、1995年にデビューして以来、
衰える気配が全くと言っていいほどありませんね、ポケモン。
日本のゲーム界の金字塔といっていいでしょう。

まずはぶっ壊れてもいいようなパソコンで練習してみて、
それで本番にトライするという手順を踏んだ方が、
安全かもしれませんね、ある意味では。
保証期間が切れたってのは確かに怖いものですし、
実際修理にかなりの費用が掛かるってのも事実ですが、
それでもやはり寿命にはかなわないわけで。
一番消耗するのは何と言ってもHDDだそうです、やはり。

もちろん学校で教育するってことも大事なんですが、
学問をやる場所は私は学校だけじゃないと思うんですよね。
子供に「教育を施す」のは周囲の大人がみんなでやる、
その子が社会に巣立った時に一人で生きていけるだけじゃなく、
みんなで協力することができるような知識や知恵を持つ、
そういうためには社会で育てるということも必要だと思います。
しかしまあ、その「社会化」の過程でいじめとか貧困とか…
大人の社会をそっくりそのままどころかさらに増幅した、
ある意味はっきりした形でいびつな社会の姿をあぶりだすのが
子供の社会の最大の特徴だと考えられますから、
日本の社会もどこかおかしく捻じ曲がったものだな、と思います。
大人がゆがむと子供は(大人の行為を見て「正しい」と思うから)
そればっかり実行してもっとゆがむということになります。
うちのテレビではそれはできませんでしたねぇ…一軒家用のUHFアンテナですが、
BSの受信はあのアンテナではできないようです。残念無念…。
持将棋は確かにたまーにあるんですよね。先手と後手が入れ替わり、
最初から指し直しというのはかなり手間がかかります。
NHK杯は持ち時間が極端に短い棋戦ですから、
そこを考えるとかなり大変ではありますね。
私も記憶力は散漫な感じなので、大変ですねぇ…。

炎上商法は確かに困ったものですけれども、
そういうのをわざとやっている人もいますからね。
もちろんそういうことをすれば自分の名誉にかかわりますから
やらないほうが無難ですけれどもね。

BGMはゲームを遊んでいれば始終耳に入りますし、
プレイヤーの心理部分に多大な影響を与えますから、
決して軽んじてはならない要素だと思います。
まあ、その中でもあのお気の毒BGMは最悪ですけど(苦笑)
ガンダムに関しても、確かキラは不殺を誓っていたようですが、
アスランの親友のニコルを手にかけてしまったということもありますし、
決して戦争は「相手を殺さない」と思ってもそうはいかない、
殺せば殺した方も殺された方も一生苦しむことになる、
そういうことがある、みんなに辛いものなんだぞ、ってことになります。
その辺をわかってないのは為政者とか軍の将校だけですかね。
つまり、戦争やそれに類推するものに積極的に関与しようとする人間は
想像力や人間愛に欠ける人物だ、ということになるのかもしれません。
クリス_NK 2016/12/06(Tue) 17:09 No.117

壊したあとは、直すのも覚えないとですね(笑

>クリスさん

HDDへのバックアップは常日頃からやらないと、ですねぇ。
最近はUSBメモリとか、SDカードも持ち運びが楽だったり、
置き場所に困らない等など、私の中で主流です。
ただ、SSDも便利そう。

それありますね。ポケモンがそれぞれで性格付けがなされてて、
中には個体値を極めんとしてポケモン選別をする方もいますが……。
他にポケモンにもタイプがあって、それによって技が効く・効かない、
効果がないなど、戦略性もありますね。
最近のポケモンシリーズは、技マシンは使い放題で、
よりプレイヤーの好みに沿ったポケモンを育てることも。
しかしポケモンも長いです。始まりが1995年だったか、96年だったかで、
それ以来、もう20年近く(!?)も続いていますからね。

そうなんですよねぇ。あの作業って勇気もいれば、
ある種の壊れても良い的な度胸も不可欠なものだと思います。
以前にBIOSのアップデートが必要だとかで修理(?)に出したことも。
今は保証期間も切れましたから、ちょっとびくびくしながら使ってます。
といっても、電子機器って当たり外れがありますから、
5年も使えれば元は取れてると見た方が良いんでしょうかねぇ。

学問は必須ですね。
ただ、近年ではその学問を満足にできない、という子供たちが増えていて。
それ以前に学校に満足に通えない子もいるそうです。
貧困問題の他に、虐めや差別などもあり、
先日は教師が生徒を「菌」呼ばわりした、なんてのも。
ところで、BS放送って、観れませんかね?
地上デジタルが見れるのでしたら、BS放送も有料チャンネルを除いて、
ほぼすべて観れると思うのです。
確かテレビ裏側に指してある受信ケーブル、だったかな、
それを地デジの方からBSの方へ差し掛えるだけで観れて、
我が家のテレビでもそれで観れてます。型番が古いテレビなんですが(汗)。
差し掛えが面倒な時は、分波器でしたっけ(うろ覚え)、
それを使えば、面倒な差し替えもなく、リモコンだけで操作できます。
『笑点特大号』は面白いですよ! 楽屋の様子も見れますし、
大喜利では観れないプライベートな感じもグッドです。

やっぱりありましたよね。NHK杯で二歩。
待将棋でしたっけ、それで先手後手を変えて指し直しも。
持ち時間が10分、時間が切れれば一手30秒以内ですからね。
そうなんですよねぇ、記憶力が欲しいところです。
プロの場合って、相手の指し手も覚えてるそうですし、
アマチュアでも強豪になればできるそうな。
えぇ、私は強豪でないので、からっきしです(笑)。
ほんのちょっとしかできないですね。

世界中に広がるのも、良い風に広がるのならうれしいですが、
炎上したり、そういったので広められたくはないですよね。
中には炎上商法なる言葉もあるみたいですが。

ドラクエ、FF等など、BGMも含めて耳に残る音楽が良いですよね。
それぞれに特色があって、細かいところでは、効果音も良いんですよねぇ。
ドラクエの壁に当たる時の音、樽や壺を壊した際の音など。
まぁ、データ消失時のBGMだけは、なんとも嫌ですが(笑)。
けれど、なんか聴けると「ドラクエだぁ」と安心感があります。
あぁ、なるほど。ガンダムも確かに戦争ものですからね。
その世界で生きるキャラクターは、いずれも生と死を争う訳ですし、
SEEDのキラ・ヤマト然り、ガンダムOOの刹那・F・セイエイも同じく。
マニアックな作品かもですが、『戦闘妖精雪風』も、
未知の敵である「ジャム」との戦争ですし、
最後には主人公の零が突っ込み、なんとか終わらすみたいな。
因みに、この零の声を、真田丸の堺雅人さんが演じられてますよ!
綺羅 2016/12/05(Mon) 16:00 No.116

物の構造は壊して覚える…?

>綺羅さん

基本は表題の通りなんですが、これはリスクもありますので、
「やるべし」と「やでばまいね(津軽弁で「ダメ」)」が
まーそれこそ見事に同居してます。
とりあえず外付けHDDなどへのバックアップは
取っておくといいかもしれません。

確かに、ポケモンの場合、先輩が出てくることも
確かどこかであったような気がします。
そう考えると、成長をするということが子々孫々にわたって
伝えられているという風にも考えられますよね。
生き生きしているのは、モンスターたちが一匹一匹
性格付けがしっかりしているというのもあります。
そういう、キャラクター付けがしっかりとしている作品ほど
長く支持されているというのはあるでしょうね、間違いなく。

言われてみれば、ノートに比べて不具合というか、
誤作動に近いものが多いのは確かにあるかなと思います。
HDDの大きさを比較すると、当然ノートよりもデスクトップのほうが
大きいHDDを使っていますが、そうすると読み込みに時間がかかるとか、
そういうのも…あるのかもしれなくもないというか…。
確かにこういう作業ってある意味勇気とかもいりますからね、
一歩踏み出すのはなかなかしんどいかもしれませんが、
知人に詳しい人がいたらその人に教えてもらいつつ、
いろいろやってみるといいかもしれません(やりすぎ注意)

結局「自分できちんと考える・調べる・裏を取る」ことができないと
メディアの情報に丸呑みにされて、自分が自分じゃなくなるという
悪い方向に進むことになるわけですから、
そういう力を養うことは必要ですね。
そのために学問をやるんじゃないかと私は思います。
SNSに流れるだけじゃなく、公人でさえ嘘・デマ・妄言を流すほど
情報社会そのものは危ういものですから、
危機感を持ったうえでいかに有用に接するかが必要だと思います。
微妙なところまで精査してみると、メディアによっては
すこーしずつ報道内容に違いがあったりもしますが、
大同小異(しかもダメ)というのは否めないところもあります。
BSの『笑点特大号』は私も気になるんですが、
BSがありませんからねぇ、我が家の環境には。

実はNHK杯では過去3回二歩事件があります。
豊川孝弘七段・松尾歩八段・橋本崇載八段がやっちまいました。
他にも、郷田真隆王将は同一棋戦(JT杯)で
2度二歩をやっちまってますしね…。
ちなみに、JT杯もNHK杯も持ち時間が10分と短い棋戦ですし、
秒読みになった時にうっかりということなのかなぁ…と。
感想戦を完全にやるためには瞬間記憶力がほしいところですが、
なかなか身につくものではありませんからね、あれも。

作ったものに関しては、確かにこのご時世では
バーッと広まりますからね、世界中に。
文化によって考え方とかタブーは違いますけれども、
その辺も含めて、「グローバルな視点」を持つ必要は
どんな人でもある、特に創作物を作る人は、ということですね。
瞬間的に話題になるという意味ではそういう「炎上もの」も
まあありですが(もちろん悪い意味で有名なので意味はあまりない)、
それを「文化」として根付いたものにするためには、
やはり配慮が必須であるといえるように思いますね。

アクティブタイムバトルだったら詠唱時間の演出も必要ですが、
そういう風になっていない作品もありますし。
FFに限らず、名曲を持つRPGは一般に名作だと思います。
そういう意味では私は『ブレスオブファイア』も名作です…
いやまあ実際にすごく面白い作品ですけれどもね。
どんなゲームであっても、私は総合芸術の一つだと思いますから、
あらゆる要素についてベストを尽くしたものが理想だと思います。
ゲームとしての面白さにはBGMの良さもあると思いますし。
現実の戦争でも血が流れるってのは確かになぁ…
このことも考えなければならない大事な問題ですよね。
私が郵便局に勤めていた時の話になるんですが、
サブカルチャーに理解がある上司(私がコスプレイヤーだと知っている)が
「ガンダムの世界も、戦争の話で、一見するとかっこいいが、
 本質的には「戦争は醜い、残酷なものだ」といっている」と
話していました。その通りなんですよねぇ…。
クリス_NK 2016/12/04(Sun) 21:19 No.115

私の場合、機器相手にはレベルがいくつあっても足りませぬ(笑

>クリスさん

ポケモンブラックは、アニメでも2世代前でしたっけ。
ポケモンの場合、個人差はあるんですけど、
私としては、全てがある意味で繋がったストーリーのようにも。
主人公が成長して、その過程ではポケモンとの友情や、
ロケット団なり、プラズマ団なりと対立しつつも、
きちんと問題を解決して、何より、プレイヤー自身にも、
「考える」という大切さも与えてくれます。
他にも、ポケモンの世界が生き生きしているんですよね。
赤緑の時代にはまり、今、またハマってます(笑)。
この辺はドラクエでも感じます。
ドラクエも主人公の出生から、世界を救うまで、
ドラマがありますからね。ロングヒットしてる理由も分かります。

デスクトップって実は今回のが初めてなのですが、
ノートと比べて劣化というか、不具合が多いように感じます。
私はお菓子作りはできても、こういった電子機器については、
本当にど素人、超がつくほどの機械音痴なので、
多分、弄ってからが問題かも(汗)。
どこをどう元通りにして、どこをどう構築し直すのか。
それ以前に勇気が要ります。壊れる前提になりそうです。

それはあると思います。
けど、だからこそ、情報を精査し、
より正確なものを取り入れていく必要があるのでしょうね。
不確かなものを妄信的に信じるのではなく、
確かなものを、それ以上にまずは疑ってかかるというか。
特にSNSやインターネットの普及に伴って、
情報を読み解く技術が不可欠になりましたからね。
番組にしても、報道にしても、そこから何を読み解くか。
しかし、視聴者側などが今の時代では飽き性になる、
というのはありますね。殆ど、似たり寄ったりの番組構成ですし、
それ以前に、ひとつのチャンネルさえ点けておけば、
殆どの情報が手に入ってしまうというのもあって。
ただ、そうなると一ヶ所からしか情報が入手できない、
という欠点が浮上してしまいますが。
でも、テレビ局毎に、番組ごとに、
差別化というか、特色があまりないんですよねぇ。
NHKならこれ、フジテレビならこれ、的な。
サザエさん、最近というかここ2年か3年か観てないなぁ。
ちびまる子ちゃんも観てません。
笑点については、大相撲がやってない限り、毎週見てますね。
他にもBS放送枠で、笑点特別篇が毎週やってます。

いつだったか、NHK杯で二歩をやってしまった棋士がいましたね。
まぁ、身内での対局なら二歩も大目に見たりしますが、
ただ、棋譜を記録してたりはしないので、その辺は記憶力なのかなぁ。
私は少しなら自分の対局のものだったら、
棋譜を取ってなくても感想戦ができるんですけど、
それでも終局図まで、とはいきませんです。

お菓子の世界なら、料理と同じく、
不味いの言葉にいちいち全て反応はしないんですけど、
ただ、こういったクリエイトする場合は、勝手が違いますからね。
特に今はそういったのもすぐに世界中に広がりますし。
中でも差別的なものなんかは、より注意深く慎重にしないと、と。
そこなんですよね、作品を守り、且つ、後世に残す為にも、
工夫とか、配慮とか、必須になります。

ですよね(笑)。ヒーリングサークルがホイミとかはあり得ないです。
呪文も魔法も、今では同じ感じに扱われてる作品もありますが、
やっぱり、私の中でも違うんですよね。
中には詠唱すら破棄して扱う呪文なり魔法なりがありますけど(笑)。
FF、今のFFは特にSF要素が凄いです。CMでも、FF15がやってますが、
あれも凄いです。というか、時代の流れなのでしょう。
ストーリーが良かったのは、個人的に8、9、10、10-2ぐらいですねー。
7はアニメとCGアニメで観るとグッドときます。
何より、FFってメインテーマの歌が良いんですよね。
FF10『素敵だね』とか。逆にドラクエのBGMなどは、
これから冒険だみたいな感じから、悲しい場面では、悲壮感漂ったり。
因みにFF零式は、戦争という重たいテーマを扱っていて、
若い主人公たちは、最後に全員が亡くなってしまいますが、
あぁ、現実の戦争も血で血を洗うんだよねぇ、と。
綺羅 2016/12/04(Sun) 16:10 No.114

直近で買ったソフト:Capcom VS SNK 2

>綺羅さん

まあ、世代的には一つ二つ前という感じでしょうか。
とはいえ、ポケモンとして「このシリーズならでは」というのもあり…、
あるのかしらこのシリーズだけっていうの…? ホントに知らないので…。
いずれにしても、古いゲーム=面白くないというのではなく、
今のゲームの礎になっているという考え方に立てば
十分すぎるほど面白いと思うんですよね。
そうそう、モンスターを育てる過程において、マスター自身も成長する、
そういう精神的な成長というのがきっとポケモンの売りなんでしょう。
実際アニメのサトシもそうですし…まあ時々同じことやらかしますが。

デスクトップのパソコンはノートよりも消費電力などが大きい分
かえって劣化しやすいのかもしれませんね。
パーツの交換…特にHDDの交換に関してでしたら
そんなに難しくありませんよ。
ネットにもやり方が書いてありますし、さらに私みたいな
信じられないくらい不器用で粗忽な人間でもできますから。
…もっとも、交換してからのOS構築がちょっと手間がかかりますが…。
あまり酷使するようなことさえしなければ、HDD容量は
せいぜい200GBもあれば十分かなと思いますし。
ノートPCのメモリの交換はもっと楽ですよ。
電源外して裏ぶた開けてひょいっとできちゃいます。

ある意味では私たちの情報というか、基本的な考え方は
マスメディアによって「恣意的に」作られているのかもしれません。
極端な言い方をすれば世論さえも。
2009年の民主党政権交代の時なんかも、マスメディアの勢いは
相当なものがあったように思いますからね。
ただ、逆にそういう状況からインターネットメディアによる
情報革命に入っている昨今、私たちに求められるのは
きちんとした情報を玉石混交の状態から取捨選択し、
正しい情報を正しい資料から得て、正しい結論を導き出そうとする、
こういう姿勢なのかなと思います。
私の行きつけの「脱『愛国カルト』のススメ」さんでも
http://datsuaikokukarutonosusume.blog.jp/
そういう、情報を得るなら思い込みではなくきちんと論理的なものを選ぶ、
そうでないと自分の意見として成立しえないということを啓蒙しています。
確かに、最近のテレビ番組を見ていると、どうもこう、
即興で楽しめるのはいいものの、自分の身になり知恵となりという
深みがある番組が減っているかなという感じは受けますね。
いや、娯楽を全否定するわけではありませんけれども、
楽しませる相手が誰なのかってことを忘れているとしか思えない番組が
相当な割合であるってのは私が常に感じるところです。
長寿番組に関しては様々な観点があると思うんですが、
一つには「テレビの側が、視聴者のこころにある程度残るような
深みがある、それでいて飽きない番組」を報道しないということ、
もう一つは「視聴者側の嗜好がきわめて飽きっぽくなった」こと、
…その他挙げれば多々あるんですが、その辺含めてちょっと研究するのも
面白いことかもしれませんね、サブカルチャー研究の一環として。
『笑点』のすごいところは、番組そのものは最小限の変化なのに、
出演者が時代時代に対応しているというところなんですよね。
噺家という職業柄、人間観察は怠ってないからなんでしょう。
『サザエさん』も長寿ですが、最近数字が振るわないといいますね。
これは時代の変化に対応しきれていない面もあるのかなと。
簡単な結論としては、人間を見ないで「人に見せるもの」を
面白くすることは不可能だ、というところになるかなと。

ま、まあ…プロもにんげんです、しっぱいしたっていいじゃないか、と。
ただ公開対局やテレビ中継でやると大変なことになりますが…。
私も二歩とかはありますねぇ…待ったもしょっちゅうやらかします。
まあ、ハンデで初心者に二歩有で指させたこともありましたが(笑)
(↑こういうルールで教えないほうがいいんですけどね、本当は)
駒がどこにあったかってのは…あったかなぁ…
ただ、そういう時に備えて誰かが棋譜を取っていれば
すごくありがたいんですけどね。あとで感想戦もできますし。
書ききれないところとかは大変ですけど。

もちろん、すべての人に対して配慮が必要ではあるとはいえ、
配慮しきれなかったってことも十分ありうることです。
人間はミスをしますし、また知識は不完全なものですからね。
そういう時に、どういう形で謝罪するかとか、
相手に納得してもらうためにどう説明するかとか含め、
きちんと想定しておくことは必要だと思います。
「俺は間違ってない! 文句を言うお前が悪い!」というのは
クリエイターとしては一番あってはならないものですからね。
とはいえ、相手が主張する事柄が暴論だったとしたら
説明しても納得しないでしょうし、かえって喧嘩になるでしょうが、
そうなった時に作品を引き下げるというのもまた腹立たしいし…となり、
何とも大変な思いをしますからね…
なので、初めからある程度クレームが多そうな要素に関しては
工夫をしておくとか、初めから出さないなどの配慮はいるでしょう。
それが自分自身も作品も守ることにつながりますからね。
とはいえ、ナチスに関してはなぁ…いや、ナチスに限ったことじゃなく、
人を人として認めなかったということ(現実の歴史に関するもの)は
本当に慎重に扱わないとこうなるのは自明のことだと思います。
配慮しなかったのかなぁ…というところなのかなと思います。

ヒーリングサークル…これじゃない感がすごいです、確かに。
私の思うホイミは円形じゃありませんし…という感じで。
確かに、呪文と魔法では私の中でもニュアンスが違います。
詠唱に特殊な「意味がある」言葉が使われるのが呪文で、
内容を呟くのが魔法、という感じなんですよね、私の場合。
…あ、そう考えると『EDC』は魔法になるなぁ(笑)
例えばWizの呪文は真言(True Word)というものが当てられてて…
という形になっていますから、立派な前者ですし、
ドラクエも各種「変わった名詞」で定義されていますし。
FFも、6からファンタジーの要素だけじゃなくなりつつありまして、
7以降は本格的にSF要素が入ってきましたね、そういえば。
それがFinal Fantasyの考え方の一つなのかもしれませんけれども。
クリス_NK 2016/12/03(Sat) 18:11 No.113

ゲームも出尽くした感があり、でも、そこからオリジナリティを、と。

>クリスさん

そうなんです、ポケモンのブラックとプラチナ。
今のnew3DSから行くと、古いゲームに入りますでしょうかね。
ただ、ウィザードリィもそうですが、
古い=面白くない、という図式は成り立ちませんからね。
ポケモンはその名の通り、ポケモンをゲットして、
好きなパーティを組んで、ポケモンリーグ優勝を目指します。
ただ、その間にも世界の謎や色々な問題に直面して、
主人公が成長するんですよね。

PCの不具合というか、不調で。
購入してから4年か5年近いので、重くなるのは仕方ないとして、
まさか動作不能に陥った挙句、電源が入らないのは驚きました。
一応、今も使えてるので、読み込み不良か、
何らかのデータが暴走? したのかなぁと。
ノートなら1台だけ殆ど使ってないのがあります。
容量が少ないということから、メインには向きませんが。
ただ、流石にパーツ再利用とか、私にはできませんねぇ。
どこをどう弄ればいいのか、逆に壊してしまいそうです(汗)。

そこですよね。国内のメディアが話題性に富んだものだけを、
あたかも今の主流みたく取り上げますが、
もっと肝心な問題もあろうに、と思ってしまいます。
それは娯楽番組でもそうなんですが、
どこも似たり寄ったりで、『笑点』みたいな、
ああいった長寿番組はここ数年で誕生したことはあまりなく。
いずれも、すぐに打ち切りとかになります。
や、真田丸は面白いですよ(笑)。

囲碁、将棋、チェス、
いずれも打ち間違い、指し間違いが大きく勝敗を左右しますね。
ただ、将棋で二歩ってこれ意外とあるんですよねぇ。
私も先日、やりそうになりました。
プロでもある間違いですから、アマチュアの私なんか、
もっと多いですよ(笑)。というか、流石に二手指しは……あ、あるかも。
他にも駒を取る際に、台の上に駒を移動させたあと、
あれ、もとの駒の位置ってどこだっけ、と焦ったことも。

ですね。配慮は不可欠です。
クリエイター、製作者側にとっては特に注意しないと。
全てを把握するのは無理でも、最低限の基本だけは学ぶ必要ありですね。
というか今回のナチス関係のは、製作者側も気づかなかったんですかねぇ。
確かに戦後70年で戦争の記憶が薄れてくるのは致し方ありませんが、
それでも、歴史などで学ぶ機会はある訳ですから、
全くの無知、知らなかったは通じませんよねぇ。

ドラクエで、ヒーリングサークル! みたいなのがあったら、
もうドラクエじゃない感が強まります。
このドラクエの呪文名って、よく考えられてますよね。
ホイミ、ベホイミ、ベホマズン。
魔法と呪文は似てますが、ニュアンス的にドラクエの呪文は、
呪術とか呪法とかの感じがして、逆にテイルズなんかは、あぁ、魔法だなと。
エンシェント・ノヴァ、なんて響きは良いけど、
ドラクエには合いませんね。流石に。
というよりも、ドラクエの世界観そのものが、
FFのような未来的なものではないですからね。
戦闘機も出ませんし、飛行艇もないですし。換わりに神龍とか、
ドラゴンとか、空を飛ぶ術は必ず用意されてるんですけどね。
綺羅 2016/12/03(Sat) 11:52 No.112

最近は古いゲームしかやってないなぁ、私も

>綺羅さん

ブラック・プラチナですかぁ、確かに世代としては古い方ですが、
面白さに関しては確かにシリーズごとにいろいろなものがありますし
古いから楽しめないということもありませんからね。
…とはいえ、私はポケモンのプレイ経験がまぁったくないので
その辺全然知らないというのが何とも。

って、あらま、PCの不調とは大変でしたね、それは…。
購入してから何年ぐらいたちますか、ちなみに。
5年でそろそろ重くなって、10年でほぼゴミになるというのが
PCの基本的なサイクルと思って大丈夫だと思いますので、
状況と経過年数を考えて、新規購入や修理など
考えておいた方がいいかもしれませんね。
パワフルな人なら既存のマシンのパーツも再利用したりして
自分で作っちまうこともできますけど(できんのかしら?)、
なかなかそれはしんどいものもありますし。

うーん、なんだか国内の主要なメディアはそっちばっかりで、
今の日本国内の政治で何が起きているのかわかりにくいですね。
今日もカジノ法案が強行採決されたといいますし、
他にも年金法案も強引な採決に踏み切ったとか、
不穏なことは何一つ報道されない感じになっています。
国内の問題をきちんと見据えていないなんて、
ジャーナリズムの風上にもおくことができませんね、はっきり言って。
とりあえずテレビのニュース…いや、多くの番組に関しては
かなり終わったコンテンツ化していると思います。
どこをつけても似たようなコンセプトの番組が目立っていますし、
もちろん、テレビもお金がないからといって安上がり番組ばかりだと
新規視聴者層が来ない→数字が低い→収入が減る→ますます予算が減る、という
テレビ局流デフレスパイラルに陥る可能性がありますし。

囲碁の初手は361てあり、その各々に対して2手目が360手ありますが、
将棋の場合はさっき数えたら初手30手、2手目も30手なんですね。
このことからしても囲碁がいかに自由で、
かつ微妙な差異がわかりづらいかが言えるんじゃないかなと思います。
とはいえ、1手違いで大違いというのはどちらも同じようで。
プロでも1手緩手指したら逆転負けしたなんてこともありますからね。
二歩や二手指しなどの「君もやったかー(by淡路仁茂九段)」以外で、ですけど(笑)

何でもそうなんですが、多少なりとも「他人がこれを見たらどう思うか」とか
配慮は必要だと思うんですよね。過剰なのはいりませんけれども、
少なくとも「こういうのは一般に忌まれている」といったことは
クリエイターならやはりある程度把握しておく必要があります。
表現の自由というのももちろん基本的人権の一つ(憲法第20条)ですが、
それは公共の福祉に反しないというレベルでなければならず(憲法第13条)
実際に出版物が発禁になった例なども何件かあるという事実はありますし、
極端な話、相手の名誉や人格権を侵害するようなことは
立派な犯罪にあたるわけですから現に慎まなければなりません。
欅坂に関しては、服装そのものではなく、帽子の徽章が
鷲をかたどったもの、それがナチスのものを連想させたというのが真相です。
詳細は朝日新聞デジタルに書いてありましたけれども、
http://www.asahi.com/articles/ASJCT4TWMJCTUTIL029.html
<以下、引用>
 世界の軍装に詳しい服飾評論家の辻元よしふみ氏は
「問題は色やデザインではなく、ワシをかたどった帽章だろう。
 ワシの紋章は古代ローマ以来の由緒あるシンボルで、
 現在も各国の軍隊で使われているが、翼を水平に広げ、
 脚で円形のシンボルをつかんでいる意匠がナチスそっくり。
 帽子の上部に独立したワシ章が付いている特徴も同じだ」と話す。

 辻元氏によると、芸術家志望だったヒトラーは、
 軍装にも強い関心を抱いていたという。
 党組織の親衛隊の制服の特徴的な黒と銀の色使いは、
 18世紀以来のプロイセン王国の親衛軽騎兵、
 たすき掛けベルトや開襟にネクタイは、
 当時最先端だった英国軍のスタイルを採用した。
 伝統と先端のバランスがとれた「完成度の高い」デザインだったという。

 「だが」と辻元氏は言う。
 「ナチスは軍装で大衆を憧れさせ、扇動した。
 『完成度の高い』軍装は今もその記憶と結びついている。
 あえてタブーの破壊を試みるデザイナーもいるが、
 必ず『ナチス賛美ではない』ことを示す弁明を用意している。
 格好よさげなデザインを無自覚に使ったのなら、
 あまりに不勉強と言わざるを得ない」
<引用ここまで>

確かにドラクエの回復呪文がそんな名前になったら
味気ないというか…ドラクエの呪文じゃない感じですよね。
特徴的な名前だと、かえって「ああ、あの手の魔法ね」と
逆に覚えられる可能性も高くなると思います。
クリス_NK 2016/12/02(Fri) 19:21 No.111

冬って、何かと壊れたり、体調が優れなくなったり?

>クリスさん

間が空きました^−^;
ちょっとポケモンゲットだぜ! に没頭したというか。
レトロゲームになるのか分からないのですが、
DS時代のソフトでポケモンブラックとか、プラチナがあって、
それを手に入れてみたとです。

その中、ネット関係に使ってるデスクトップ君が、
先日、うんともすんとも言わなくなって、
マウスカーソルも消えて、キー操作もできなくて。
強制終了させたあと、電源が入らなくなったりして。
遂に、この時が……と思ったら、普通に今も使えてます。

なんだぁ。読み込みエラー(?)っぽいという。
けど、そろそろ覚悟もしないとなぁ。

それで朴大統領が凄いことになってますね。
最近のニュースは、朴大統領か外交か、オリンピックか、
それしか報道してくれなくて、つまらないなぁと思うこの頃。
もっと日本の政治、医療費負担、消費増税、
福祉面での格差など、報道するべき問題が山積みなのになぁ。
強行採決も先日に安倍総理がやりましたし。

囲碁は難しいです。やればやるほど、その難しさが沁みるよう。
例えば、1手目から右上か右下か、小目か星かで、
その後の勝敗が変わることも往々にしてあるそうですし。
将棋でもそこは同じで、飛車先を開けるか、角先を開けるか。
或いは、王を動かすか、その判断が常に求められますからねぇ。

ですねぇ。差別用語や不快に感じられる言葉、
それらをあらかじめ把握して、全てを知るのは難しくても、
流石に欅坂のナチスを連想させる衣装については、
少し配慮に欠けてましたよね。といっても、周りの人たちが、
それを観て何も思わなかった、というのが驚きです。

分かります(笑)。
ドラクエで、ホイミという呪文が、別のヒーリングとか、
そういった名前に変わるだけで違和感というか、変な感じですし。
綺羅 2016/12/02(Fri) 16:20 No.110

ググるなら任せといてください(笑)

>綺羅さん

古いソフトさえあればレトロフリークが数段上回りますが、
なかなかそんなソフトを持っているかというとそうでもなく。
まあ、転売に関しては「買わなければだいたい事足りる」わけで。
ただまあ、個人的には本当に欲しい人に品物がいきわたって、
それで楽しむっていうのが一番なんじゃないかなって思います。
直接トランプ・ヒラリー対決に言及しているわけじゃありませんが、
やはり罵倒合戦になっているのが昨今のメディアの在り方のようで、
例えばいわゆる愛国カルトの中韓に対するデマ交じりの発言など、
きちんとした本質的な議論を外していると思うことも多いです。
そういう過激な話題ばかりに終始することで、
政策論争なんてそっちのけになっちまって、意味がなくなります。
国内はともかく、外交力とか未知数ですからね。
肝心要のそっちの情報が伝わってきてませんよ。

6万局を超えるとか…かなり大変ですよねぇ。
いろいろと分割できるようになると便利なんですが、
なかなか大変なところじゃないかなと思います。
何かキーワードがあって、それで検索できれば楽なんですが、
覚えておくのも結構しんどいかもしれません。
それ以上に、19路盤でしっかり碁を考えられるかというと
なかなかしんどくて…碁は難しいですね。
囲碁にしても将棋にしても、自分の実力を知りたい、
そういうのは当然のところかなと思います。
目標があると向上もしますよね、なんといっても。

共同通信社が『記者ハンドブック』というのを発行していて、
ここに一通り「こういうものはこういう風に書くのがルール」みたいに
きちんと書かれているものなんですが、かなり参考になるようです。
ものを書く人には必携だという評判のようですが、
そこにも差別語や不快語の扱いもありますので、
そういうのを知っている必要はありますね。
逆に言えば、こういうのを知っておかないと、
ものをいう際に恥ずかしい思いをすることになるかなと。
欅坂46に関しても、世界的にナチスというものが
どういう扱い方をされているかってこと考えたら
少し自重するかなと思います。
結局、世界の流れを知らないと恥ずかしいというのが、
明らかになったって感じかなと。

AIでは確かに…語学の問題は大変かもしれません。
数学はかなり安心して解けるかもしれませんが。
微妙なニュアンスとかわかりづらいですからね、AIって。

どうしても私の場合、最強の全体呪文はTILTOWAITってなります。
ニュークリアブラストとか言われてもピンとはきますが、
なーんか違うなぁと思いますし。
クリス_NK 2016/11/16(Wed) 15:40 No.109

チェスも将棋も、今まで知らなかったサイトですーっ。

>クリスさん

そこなんですよね。
古いソフトがGB、FCとか問わず使え、データも作れるレトロフリーク。
ファミコンソフト限定ですが、本体買えば無料で遊べるファミコンミニ。
どちらも人気で、一長一短あり、甲乙がつけ難いという。
転売ヤーは、なんか見ていて、うーん、という。
要らなくなったものを売るのは良いのですが、
明らかに転売目的の買い占めとかは、辞めて欲しいですねぇ。
トランプ氏とクリントン氏については、
どちらも力不足なのは否めませんが、それでも、
国境沿いに壁を作るとか、犯罪履歴の有る者を国外追放とか、
そういった過激的なことばかりでは外交も内政も上手くできないとです。
取り敢えずのところ、この1年で様子を見て、
本当に外交力とかあるのか判断、でしょうね。……多分。

棋譜ファイル、確かにテキストエディタ、それもメモ帳でできますから、
凄く便利で、メリット以上のメリットがありますよね。
反対に、ファイル数の多さがデメリットになることがあって。
例えば、将棋の棋譜だけでも手に入るものの中で、
ファイル数が軽く6万局から10万局を超えていたりする場合もあり。
私が使う『将棋棋譜入力Kifu』アプリもありますが、
これには、棋譜ファイルは入ってないので、個別に入れる必要があり。
(ぴよ将棋も同じく、個別に入れないとならず)。
その際、『Kifu for windows』と連携もできるそうですが、問題が……。
この『Kifu for windows』の1つのファイルに圧縮されてる棋譜データ、
それを1つずつに分けられたら、と思うんですけどね。
因みに囲碁で私が使ってるiPadアプリに『Smart Go Kifu』があって、
それは、本因坊秀作など古い棋譜から、比較的に、
最近の新しいものまで8万局の棋譜が自由にオンオフ問わず観れて。
それであっても、容量はそこまで大きくないのが嬉しいところ。
けど、この場合はアプリをダウンロード・インストールする段階で、
本体側にポンッと入れてしまうので、データ移行とかは苦ではないのです。
ただ、それ以外の場合、1つひとつの棋譜ファイルが、
個別にあると、もう目も当てられないほどの時間が掛かります。
また圧縮ファイルを解凍するだけでも時間が必要で、
それを別の端末に入れようものなら途中でフリーズしてしまい兼ねないことも。
かくかくしかじかで、19路盤は大変です。
9路盤、13路盤ぐらいならすぐに覚え易いのですが、
19路盤はそれらの倍ですから、当然、読みの力と深さも必要になります。
私はさっきの囲碁アプリに入ってる2000問近い詰碁で力をつけてます。
最近になって漸く10級を超えました(笑)。囲碁は難しいですね。
でも、将棋だけは、段位認定してもらいたい、と思ってます。
私もまだまだ実力不足なんですけど、目標があると、
それだけでメリハリというのか、モチベーション維持に繋がります!

やはり、差別的発言も含めて、
『一人の大人である前に、常識人であれ』なのでしょうね。
先日の欅坂46のナチスを連想させる服問題も、なんだかなぁ。

東大の入学を目指したAIが、試験を受けたそうです。
ただ、やはり英文、国語といった分野で失敗したそうで、
この辺は人間に軍配が上がりましたねぇ。

やっぱりWiz関係は版権ですかぁ。魔法の名前使用も禁止ですからねぇ。
まぁ、だからこそ、外伝シリーズもBUSINも、国産Wizは、
正統の名前ではなく、独自のオリジナル名になっちゃうのでしょうか。
綺羅 2016/11/15(Tue) 19:04 No.108

レトロゲー、究極の選択?

>綺羅さん

どちらも古いゲーム作品を遊べるわけですが、
実際どうなんでしょうね?
古いソフトウェアをそのまま使えるのがレトロフリークの強みで
そっちの方が今のところ優勢…なのかな?
まあ、トランプ氏に関しては賛否両論…否が強いですが、
私もあまり好きにはなれませんね、トランプ氏。
とはいえ、どういう形で日米外交をこなしていくかの戦略を
改めなければならないということではありますが。

棋譜ファイルに関してですが、テキストエディタで編集できるとか
そういうメリットがあると便利なんですけれどもね。
容量に関しては確かに悩みどころではあります。
ファイル数が多いときはパソコンなら圧縮する手もありますが、
タブレットだとそれが通用しないかもしれませんし。
チェスの棋譜は…ネットで探すのはちょっと大変かもしれません。
http://www.geocities.jp/tohokuchess/co/wk/
ここにいろいろリンクがあるので参考にしてみるといいと思います。
囲碁、19路盤で対局するというのも大変ですからね、あれ。
使うとしたら初めのうちはそのうちの半分の9路だけにするとか
それ相応の工夫が必要かもしれません。
確かに道具は使ってこそなんぼになります。
我が家の将棋盤も少し手入れをしたり、あるいは実際に
対局するとか、コスプレの際の小道具にするとかしないと…。
そうですよねぇ、ソフトをインストールするのと課金とでは
かなり違いがあります(有料ソフトならまあともかくとして)。
いやいやそこは後ろと前とじゃなくて硬い軟らかいだし!と
盛大に突っ込んでおくのがいいかなと(笑)

土人に関しては、明らかに侮蔑的な意図があったと思われます。
ジッタリン・ジンの「プレゼント」という有名な曲がありますが、
あれも最初の「キリンが逆立ちしたピアス」、初期バージョンでは
「土人が逆立ちしたピアス」となってたのが、土人はNGワードなので
キリンが、という風に変えたという逸話があるくらいですし。
すでに死語になりつつあった言葉で、共同通信社で発刊している
「記者ハンドブック」の中にもこの語は使わないように指導されてますし、
そういうことをわからないとものをいう人としては恥ずかしいです。

人間が脳を100%使うようになったら、脳の負担が増して
本当に動けなくなりそうです。30%でももうアップアップですし。
棋力については、やはりしっかり認定してもらいたいと思いますね。
私はヘボ中のヘボだからまだいいんですが(苦笑)
あれは実際に対局してみることでわかるものですね。
ネットに問題などもありますけれども、当てになるのかしらんと。
まあそれ相応に面白みがありますけれどもね。
http://www.shogitown.com/index.html
こんなサイトもあります。ここに棋力判定問題があり、
読む力があればかなり解けるんじゃないかなと思います。

そうなんですよ、ここぞという時に限って変な目が出るんですよね!
1さえ出さなきゃいいって時に限って1が出るというのとか。
出ましたねぇ、ファミコンミニ。
しかしながら早速この手のあれで出てくるヤフオクマニアが
いきなり売りに出すとかいう…なんだかなぁ、と思います。
Wizは、まー間違いなく版権ですね。
何せTILTOWAITも使っちゃだめよという感じの厳しさのようですし。
クリス_NK 2016/11/14(Mon) 16:45 No.107

ファミコンミニとレトロフリークと、どちらが優れるんだろー。

>クリスさん

ファミコンミニとレトロフリーク、
まるで、クリントン氏と、トランプ氏みたいな。
それでクリントン氏が敗れ、トランプ氏が大統領になりました。
個人的に高圧的過ぎるトランプ氏は好きじゃないとです。

棋譜ファイルの形式は、KI2形式が主流なのだそう。
私も手持ちの形式がそのタイプですし。
ただ、やはりデータ量がなぁ。
容量も1GBとかにはなりませんが、ただ、
ファイル数が多いので、コピーしたり、
データを移す際に時間が掛かりますね。
最近は、チェスの棋譜集が欲しいなぁと思ってるのですが、
探しても探しても、見つからない……。
というか、本ならあるんですが、棋譜ファイルがないですねぇ。
ホコリを被った囲碁セットについては、
なんとか最近になって綺麗になりました。
というのも、父がなんとか19路盤を打てるようになって、
ただ、やっぱり道具は使ってこそですね。
将棋でも、定期的に椿油で駒を綺麗にして、
将棋盤は乾いた布で拭いたり。
そう言えば、iPadに囲碁のアプリを購入してインストールした際、
友人が「課金と同じやな!」と言ってました。
いやいや、この場合はゲーム課金とは違うでしょーっと。
ソフトを購入するのと同じですよぉと。
因みに友人はゲーム内で課金をするタイプだったりします。
他にも、硬派なゲームを探してると言ったら、
ゲームに後派(硬派)も前派もないわぁーっと(笑)。
いやいや、そこは、意味がちがーうっと。

そういえば、土人発言をした人を肯定する人もいましたねー。
知事さんもそうでしたし、中には、正当化する意見もあって。
色々な意見があっても良いんですけど、
相手を卑下するようなのは、良識から大きく外れてて。

仰る通り、コンピュータが優れてる面もあって。
ただ、残念なのが人間は脳を100パーセント使ってないという。
おそらく、100パーセントの使用になったら、
人間は正常に動けなくなりそうな感じもしますが。
将棋関係で私はまだ棋力を持ってなくて、
いずれは棋力をきちんと図り、その上で、級段位を取得したいなぁと。
目指せ、初段なんですけど、免状取得は余裕がある時に、
今は、免状が取れる段階まで進めたいと思ってます。

ゾロ目はねぇ。あれも、出て欲しくない時に限って出ますからね。
なんというか、ゲームソフトそのものが意思を持ってるみたく感じることも。
ところで、ファミコンミニが出ましたね!
懐かしいレトロゲームが収録されていて、
ギャラガが出来たり、FFが出来たり、マリオも出来たり。
ただ、俗に転売ヤーの所為で、ファミコンミニの値段が高騰中だとか。
この現象って、PS2が発売された時にも似てますね。
当時、どこも売れきれだったり、入荷待ちだったりで(涙)。
それで、ファミコンミニには、データ保存もできるそうなので、
この辺りは、レトロゲームのフリークだったかな、
それと好みによって分かれそう。
ただ……ファミコンミニに何故ウィザードリィ1〜3がないのかと。
やっぱり、版権問題かぁ。
綺羅 2016/11/13(Sun) 13:04 No.106

電器店のテレビで知りましたが…

>綺羅さん

いやはや、鳥取で6弱ですか…ビックリしました。
以前にもかなり大きな地震があった鳥取ですけれども、
また起こってしまい、本当に地元は大変かと。
ネットではいろいろ言っている人もいますけれども、
実際にあのクラスの地震が起こってみなさい、
きっと狼狽するから、といいたくなりますね。

そうなんですよね、アップデートデータもかなりの容量で、
うっかり残しておくと相当HDDを食いますから。
棋譜データに関してもいろいろな形式がありますけれども、
テキストじゃない場合は結構容量を食いますし、
なかなか保存するのも容易ではなかったりもしますからね。
囲碁は基本的なルールについてすら私もよくわかりませんが、
囲碁も初手からの手の進展数はもんのすごく多いですからね。
それでも将棋に比べると少ないという話を聞きましたが。
ほこりをかぶった囲碁のセット…
それを指したら藤原佐為が…というのはさすがにないでしょうが、
そうやって時々でもいいから道具は使うのが一番ですよね。
道具のためにも、自分の腕のためにも。
お菓子をはじめとする料理についても、道具ももちろん
食材も吟味したいいものを使うことでよりおいしい味わいが出たり、
本当に奥深いものですから、追求するのも一つの道ですよ。

リンク先に「脱『愛国カルト』のススメ」というサイトがありますが、
ここにたまーに、そういう「愛国カルト」と呼ばれる
韓国が嫌い・中国が嫌いというだけであれこれ差別であったり
誤解や偏見にまみれた意見ばかり吐き出す連中がくるんですが、
あー、これはいかんなぁ、情報に飲み込まれとるな、
視点が固まってしまって、物事の本質つかめずにいるなと思いますし。
「土人」についても、あの状況では侮蔑的なニュアンスと考えられても
仕方がないようにも思えますし…言葉の使い方に気を付けないと
いつまでたっても意思疎通なんてできないのかなぁって思います。
荒んでいるというか、そういうことでしか憂さを晴らせないという
無責任な言葉が目立つのは事実だと思います。
言葉を使って生きている、いろいろ発信しているものとして、
じーつーに、嘆かわしいことだと思いますね。

羽生さんのTwitter発言は驚いた限りです。
そもそもにおいてSNSにあまり縁のない人なので、
ああいった形で意見を発言するってのは極めて珍しいですが、
それだけこの問題についてきちんとした対応が求められている、
ひいては将棋界についてきちんとした評価がなされないのではという
危惧があるんじゃないかなと思います。
もちろん白にしても黒にしても証明するのは難しいことですが、
事実関係はきちんと明らかにしないと、本当にまずいですし。
人間同士だからこそ相手の気迫がかかわってくるというのは
間違いなくあって、例えば記憶量とその引き出しにかかる時間は
どう考えてもコンピュータのほうが上ですけれども、
人間だからできるものってのも当然あるわけで、
その中にはそのたった一局の将棋にかかわるドラマであったり
(実際に様々なエピソードがあったりもしますからね)、
https://www.youtube.com/watch?v=1BpbjedPf0Q
たとえはさみ将棋でもこんなエピソードになるくらいですし(笑)
竜王夫妻、以前『深イイ話』でもネタになっていたんですけれども、
あそこに書いてあるのは実話だとか…でも下手な漫画より面白く、
これからも面白いエピソードであったり、将棋界の楽しい話など
ぜひ続けてほしいなーなんて思っています。

まさか全部4とは…って思いましたね…。
この悔しさはWizでディアルの薬使って2しか回復しなかったより
悔しいのは間違いないかなと思います。
ぶっとびカードで目的地に一発で飛び込むと
確か何かしらのボーナスがあったような記憶があります。
すごーく低確率であるのは言うまでもないでしょうが
(ただ、さっきの4つピンゾロよりは高そうですが…)。
ゾロ目は確かに出ませんからね、なかなか。とはいうものの、
どうせ出るなら大金を賭けたチンチロリンで出ろよと(笑)
リメイク作品は確かに敷居が高いかもしれません。
ただ、チュートリアルとかしっかりしてれば大丈夫かなと。
言われてみれば(笑) まあ、サトシがマスターになったら、
それはそれで一時代の終わりみたいな感じでもありますし、
しばらくは頑張ってほしいなーって思いもあります。
ハードの高さも本当に何とかしてほしいというか、
昔PSが壊れた時には結局新しく買ったり
(PS2にしようかと思ったんですが、高かった…
 月10万で生活してる人間に3万は高い…)
ロックマンの場合、特に2のクイックマンのステージは
動画で見るとわかりますが、あそこは修羅場でして、
ほんとに体で覚えろという地獄のようなステージです。
まあ、アクションゲームって大なり小なりそういうのがあって、
結局は反射神経と記憶力に頼るものがあるという。
クリス_NK 2016/10/22(Sat) 14:26 No.105

道具選びから既に始まってますね!

>クリスさん

じ、地震が……。揺れましたね。
此方は震度2、けど、鳥取県では震度6弱とか。あわわ。

っと、間が空きました^−^;

道具選びは大切な要素ですよね!
仰る通り、パソコンも容量が少ないと、アップデートだけで大変で、
それこそアプリもソフトウェアも入れられないということもあり。
iPad mini2を私は使っていますが、これも空き容量が20GBは、
最低でもあるものを選びました。
用途にもよるんですけど、棋譜を観たりする際、
棋譜データが結構な感じで意外と量があったりして、
クラウドから拾って閲覧する方法もありますが、
オフラインでも使いたい時は、どうしても本体に保存してあるもの、
ということになりますからねぇ。
将棋のその話は本当によくわかります。
私も掘り駒を買ってから、今まで以上に将棋が面白くなりましたから。
まぁ、私の父は囲碁だけは「まったく分からん」と言っていて、
ヒカルの碁が流行っていた時に買った碁石と碁盤が、
寂しくホコリ被ったりとかしてますが。
私は囲碁打ったりもできますので、まだ大丈夫なんですけど。
と言っても、将棋の面白さには負けますね。
最近では、矢倉囲いから、再び美濃囲い+四間飛車、或いは三間飛車など、
昔に戻って使ってます。えぇ、iPadにもプロの棋譜が入ってますです。
ただ、囲碁って面白さが分かるまでが大変なんですよね。
陣取りゲームなのですが、その勝敗の分け方、
どこが陣地で敵陣か、どうすれば死に石になり、生き石になるのか。
囲碁も楽しいと思うんですけど。碁会で何度か打ってましたが、
ずっと夕方近くまで打ってたりも多かったです。
料理、お菓子、将棋に囲碁、
いずれの場合も、良い道具を、と思います。

そうそう、いるんですよね。
当人たちは正論と思っていても、いざ客観的にみると、
中には感情論でしかないものもあったり、なんなり。
まさに見分を広めるのなら、より広い視野で物事を観て、
考えて、理解して、という感じにならないとなぁ。
先日の、沖縄で「土人」発言をした機動隊もいましたし。
なんか、荒んでるなぁと思ったりします。

羽生さんも、今回の問題で奥様のTwitterを通じて発言されましたね。
黒と白を証明するのは難しいですが、来年の三浦棋士の成績次第で、
ある程度は判断されちゃいそうです。
ですよね。将棋も囲碁も人間同士が切磋琢磨して戦うことに意義あるというか。
AIも確かに強くなりましたが、それはあくまでも蓄積データの集合であって、
人間の持つ閃きというか、それらが感じられなくて。
『しおんの王』で、コンピュータで強く育ったアマの子供が、
実際に女流の主人公を相手にした時、それが感情のないAIではない為、
プレッシャーなど圧倒されて負けるというシーンがありますし。
や、その裏ではもっと駆け引きがあるんですけどね。
やはり、人間同士が盤上で戦うことで、どこにドラマも生まれるんですよね。
今では電王戦がありますけど、次の電王戦はどうなるかなぁ。
なるほど、シュールな画像だったのは、そういった前提があったんですね。
でも、逆にいい味を出しているのは、凄いです。

うわぁ、新幹線カードでゾロ目はきっついですね!
私は1が3つ出たことはありますが、流石にそれは(苦笑)。
この桃鉄で、ぶっとびカード(だったかな?)がありますが、
これも運が良ければ一発で目的地に付けますよね。
ただ、ゾロ目というのは、ある意味で幸運かも!?
ですよね、リメイク作品は面白いんですけど、
新規ユーザーにとっては、敷居が高いという面も少なからずあり。
というか、リメイクで言えば、ポケモンのアニメも長いですねー。
主人公のサトシはいつになったらポケモンマスターになるのかなぁ。
私もゲームは辞めれません、というか、辞めたら辞めたで禁断症状が!
なんか、無性にゲームがやりたくなる時ってありますね。
そう、ハードの高さって何とかならないかなぁと思います。
最近のプレステVRなんてのも、非常に高いですし。
ロックマン……ある意味、ロックされました(笑)。
本当、体で覚えるゲームです。
反射神経とか、どこから敵が攻撃を仕掛けてくるのか、
どういった動きをするか等など。
綺羅 2016/10/21(Fri) 16:35 No.104

弘法筆を選ばず、あれ大嘘です(笑)

>綺羅さん

そうなんです、それぞれにミスをする確率がわずか1%であっても、
それが100回あったとして、その100回全部ミスしない確率って
実は36.6%にしかならないんですね。(1−0.01の100乗)
道具選びってのは実は仕事でも趣味でもなんでもそうなんですけど、
ものすごく大事な要素ではないかと思います。
パソコンだって、メモリが多い・CPUがごつい・HDDが多い方が
同時にたくさんのアプリケーションを扱うことができるなど効率的ですし、
やはり質がいいものを買っておいた方が活用するときの心構えも変わります。
将棋がらみですと、大山康晴十五世名人の言葉に、
「私は将棋を勉強しようとする人には、
 まず、いい道具を持ちなさいと勧めるようにしている。
 いい道具を持てば、大事にするのが人情である。
 誰にいわれなくても駒を磨くようになることだろう。
 その気持ちが大切だと思う。駒や盤を大事にすることで、
 いま指し終わった将棋の印象が、いつもより多く残ることであろう。
 その一つ一つの積み上げが、将棋に対する知識を深めていくし、
 そこから視野も開けてくる。」
というものがあるそうなんですが、至言ですねぇ。
いい道具を持てば力の入り具合も変わります。
油彩で使う筆についても材質ごとに筆致が違うと思いますが、
書道の不でも毛の材質によって筆跡も墨の乗り具合も違いますし、
その辺まで含めて凝りだすと止まりません。
そういうものを選ぼうとすることが、自分の作品を高めることにつながり、
素晴らしいものを生み出す原動力につながるんじゃないかなと思いますし。
料理でも、例えば中華料理を本格的に極めてみたければ
火力のより高いガスコンロを使うことに行きつくでしょうし、
それと同じことになるんじゃないかなと思います。
電子メディア上で文章を扱っていると、縦書きって意外に読みづらくて、
普通に本で読むときは縦書きでも横書きでも問題ないっていう感じです、私は。
縦書きだとスクロールにもコツがいるからなのかなと思います。

いますねぇ、スパーンと紋切りでものを言ってしまう人って。
実際にそういう人たちが舌禍事件を起こしているわけですが、
本人たちには「俺は正論を言っているだけだ!」という開き直りもあり、
なかなか自覚されない面があるのが何とも困ったものというか。
十把一からげに議論すること・安易な因果論の乱暴さというのがあるってことも
きちんと認識したうえで、ものをきちんというための準備をする、
そのために普段からきちんといろいろな情報を見たり聞いたりして、
それを自分できちんと噛み砕いて頭に入れて理解する努力をしない人は
こういうことを起こしてしまうんじゃないかなって思います。
それが今回の障害者施設襲撃・無差別殺人事件につながったと思いますし、

私もタバコは吸わないんですが、やはり吸われるのが嫌っていう人の権利もあり、
そういうことまで含めた上できちんと考えなければならないんじゃないかなと。
実はこれってよく人権論の「公共の福祉」のモデルで出るんですよね。
タバコを吸いたい人の吸う権利と、嫌う人の吸わせない権利とのバッティング、
それを解決するうえで必要になるのが「公共の福祉」だぞっての。
あー、三浦さん…なんか最近議論というか話題になっちゃったというか…。
私は渡辺竜王のブログからこの話が出たのを知ったんですけど、
「実際にやってたら棋士としてあるまじき行為」なんです、確かに。
でも、本当にやってるのか…逆に「やってない」という証明をするのが難しいところを
無理に証明させられようとしているんじゃないかと思われる面もあり、
何とも難しい問題に発展しちゃったなという感じになります。
私も綺羅さんと全く同じものを感じますね。
やはり将棋は人間同士が切磋琢磨して、1局の読み合いに命をかけて、
そのうえで最高の棋譜を作ろうとしている姿にこそ将棋の神髄があると思います。
コンピュータの将棋は「強い」かもしれませんが、味気はありませんね。
加えて、これもおっしゃるようにAIの知識は過去のすべての棋譜の蓄積と、
それの少しの応用が中心ですし、それは確率論が支配するものであって、
どちらかというと「ここでこういう一手を挑んでみよう!」とする意欲的な面は
ちょっと少ないんじゃないかなって思います。
あとは対局の合間の人間模様ってのも面白いですし。
王将戦はスポーツニッポン紙上で勝者が一発ギャグをかますんですが、
人間同士の棋戦でないとこういうの全然面白くありませんもの。
あとは棋士同士の棋戦だとおやつがつきものだけれども、
コンピュータはおやつ食べないし疲れないからドラマに欠ける、と
話をしたファンもいましたからね。
シュールな画風なのは奥様が実は漫画初連載だということと、
もともとは「落書きレベルの絵」だったというところから始まったからで、
逆にそれが味わい深いというのも不思議な話ですけど、
渡辺さんの極度に広いおでこは印象に残ります。

桃鉄は運がからむ面も少なからずありますからね。
ボンビーが覚醒するとマジで泣きが入ります。
ちなみに私は昔、新幹線カードでサイコロを4つに増やして
一気に巻き返しを図ろうとしたら…まさかのピンゾロという
珍プレーをかましたことがありまして(確率は1296分の1、0.1%未満)。
言われてみれば、最近は昔のゲームのリメイクだったり、
システムをアレンジしたものだったりが多いように思います。
それが悪いとは言いませんが…というか面白いんです、確かに。
温故知新って言葉もあるくらいですからね。
ただ、新しい面白さを開発しないと、新しいユーザーは
なかなかついてこないんじゃないかなーって思いますね。
私だってやめるつもりは今のところはありません。
だってゲーム面白いですもん。…もっとも最近のはあまり食指伸びませんが。
あとはハードを買う予算が不足してるってのもありますし
(↑その分コスプレ衣装を削ればいいじゃんというのはダメよーダメダメ)。
カービィも面白い面がありました、確かに。
ロックマンはもう何度も何度も死んで、体で覚えるゲームなので、
その辺は仕方がないかなーと思いますです。
中には即死トラップもたくさんありますし。
クリス_NK 2016/10/14(Fri) 21:18 No.103

芳香と言えば、匂いによる被害もあるそうな?

>クリスさん

そこですよね。工程が増える→失敗も増える→忍耐力も必要などなど。
ただ、それだけ根気が強くなるというか、粘り強くなるというか。
他にも道具選びにも関心が強くなることもありますね。
油彩画でも、パレットナイフ、ペーパーナイフ、
油彩画用絵具のメーカーから、筆一本一本に至るまで。
書道となりますと、どんな筆を使うんでしょう?
油彩画の場合は、動物性の毛筆というのでしょうか、それを使いますが、
書道の場合だと、同じく色々な種類がありそうです。
例えば、筆によって書き心地が違うというところから、
墨の乗り具合? とかも。
Twitterの縦書きは、うん、使いづらいですね(笑)。

では、スパーンと橋下さんで。
この方に限らず、過激に物事を仰る方が増えたように感じます。
や、昔もいたと思うんですけど、インターネットが普及したと同時に、
簡単に情報発信ができるようにもなりましたし。
結果というか、「過労死は情けない」と発言された方も出てきて。
なんか、今も昔も世界というか、病んでるのかなぁと、
そのストレスなりなんなりの矛先として弱い立場の人に向けられて。
施設襲撃事件もそうですし、アメリカなどで流行ってる、
ピエロ問題も、その一端でしょうし。うーん、何だかなぁ。

嫌煙権、確かに昔はそういったのがなくて。
私は煙草は吸わないですし、というか味覚が鈍くなるので吸わないのですが、
今の環境では、分煙だったり、喫煙マナーだったり、
そういったのも心掛けないといけないですね。
将棋と言えば、先日だったかな、九段の人が今年のタイトル戦、
出場停止の処分になりましたね。スマホなりでコンピューターの力を、
実戦などで利用して、それが問題視されたとか、なんとか。
過去には、羽生さんを倒した実績もある方で、武蔵と異名も持ち。
真偽は分からないけど、将棋もプロがAIに負ける時代ですからね。
ただ、コンピューターと戦っても、実際の対人戦? に比べると、
やっぱり面白さに欠けるというか、生きた将棋じゃなくなります。
というか、生きた将棋であるからこそ、
公式戦、タイトル戦も面白いですし、切磋琢磨していけると思うんです。
あくまでも、AIの強さは過去の蓄積ですし。
そんな中、これは未来予想図ですが、
アンドロイドなどができて、人間と大差なくなって、
そのアンドロイドが棋戦に出てきたら……どうなるんでしょうねぇ。
早速、試し読みしてみました!
シュール(?)な画風ですが、そこがかえってツボになりますね。
しかも、マガジンで連載されていたんですねぇ。

確かに、ボンビー覚醒、キングボンビー!
となると、大喧嘩に発展するケースも十分にあります。
というか将棋ですが負け続けてた頃、半泣きになったことがあります。
それ以来、真剣に勉強して、でも、運の要素も絡む桃鉄ではねぇ。
といっても、カードのシステムがあって、新幹線カードとか、
特急カードとか、それらを駆使すれば、なんとか勝てることも。
あ、桃太郎伝説の方が本家だったんですね!
そっか、桃鉄の方が派生だったのかぁ。
今のゲームはグラフィックスは進化してる反面、
リメイク作品が多くて、完全なオリジナル! っていうのはあまりなく。
究極の二択ですね、それ。
辞めるか、続けるか。いえ、私は続けますよ(笑)。
ドンキーコング、マリオ、あとは、カービィ、
これらは完全に独立したゲームで、それぞれが一長一短あって。
ロックマン、私は昔にプレイしたことがあります。
ファミコンだったかな、スーファミだったかな、
機種は忘れましたが、当時、借りてきてプレイしてました。
でも、1面(?)のボスにすら到達できず、という最弱プレイでした(苦笑)。
綺羅 2016/10/14(Fri) 11:15 No.102

芳香と悪臭は紙一重?

>綺羅さん

やはり工程が増えればその分ミスする可能性が増えますし、
集中力も精神力もより多く必要になりますが、
さすがにそれで命を取られるとかそういうのではありませんから、
気楽にやるくらいでいい場合もあるのかなと。
逆に肩肘張って失敗する可能性もありますからね。
そうなんですよ、微妙な筆遣いで味わいが変わります。
濃淡も力加減ひとつでうまくいったりいかなかったりで。
基本的にコンピュータの絡んでいる世界はすべて横書きですから、
この辺どうなのかなと思う面は少なからずありますね。
Twitterが縦書きになると…ちょっと使いづらくなるかな?
スマホでは見づらくなりそうです。
加えてTwitterは国際的なサービスですからねぇ…、
ちょーっと、無理かなと。

まあ、この掲示板はモゴモゴという言い方をしなくても
別に問題がないというか、誹謗中傷でなければ大丈夫なので、
橋下徹とスパーンと言っても大丈夫です(笑)
氏に限らず、最近センセーショナルにものをいう人って、
みんなそんな感じがします。長谷川豊氏しかり、
その他いわゆる「愛国カルト」と称されるタイプしかり。
ものをいうってことはそれ相応に責任が伴うことであるんですけど、
それをわかってない人が多いなぁと思うんですよね。
言えばいいってものじゃなく、先のことを熟慮したうえでものを言わないと
あとあと舌禍ということになるのは目に見えているってことをわかっておかないと。

今でこそ当たり前になっている「嫌煙権」ですけれども、
昔はそんなのありませんでしたものね。
タバコを吸わない人が多くなってきているだけでなく、
そのタバコを嫌だという人が多くなっているわけですから、
それに配慮して禁煙に近い形にするのが筋かなって思うことも
多々ありますです、私としては。
やはり、将棋の世界ってのはプロがしのぎを削っている世界ですが、
と同時に一般には分かりづらい世界であることもあります。
棋士=近寄りづらい人たち、というイメージもあるでしょうけれども、
棋士の側から一般の人たちに対する距離を縮めていこうとしている感じで
最近はだいぶ変わったかなーという感じです。
私もそれは思います、やはり将棋は人と指すのが面白いです。
とはいえ、最近は過剰に他人と距離を取る傾向などもあって、
なかなかそういう機会に恵まれないというのも事実なんですけどね。
私もびっくりしました、高橋九段のブログ。
いやいやまあ、ここまでサブカルにハマったってすごいなぁと。
それでいて竜王戦で1組、4年前まで順位戦A級という棋士ですからね。
「ハチワンダイバー」というのもありましたね、確かに。
こちらは鈴木大介八段が監修されていたといいます。
将棋の漫画といってもいろいろな作品があるものですよね。
ちなみに、こちらで『将棋の渡辺くん』のためし読みができます。
http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063378504

ボンビーが覚醒する「大変なこと」になりますからねぇ…。
あれ1つで喧嘩になりかねませんから、まじめな話。
桃太郎RPGというか、『桃太郎伝説』は、実はこっちが本家で
『桃太郎電鉄』が派生作品になっているんです。
そう考えると昔のゲームは誰がやっても面白いを身に着けてしまい、
今のゲームは「何を持って面白いとするか模索するあまりに
道を探し続けているんだけど…」という感じなのかもしれません。
鬼畜なゲームだったり難度が高かったりするゲームっていうと、
「続けるかやめるか」ってところに至るんでしょうが、
やはり続けたくなる面白さがある面もあるんですよね。
ドンキーコングもまたマリオとは違った面白味がありますね、確かに。
ロックマンも私はずいぶんプレイしましたし、今でもプレイしますが、
やはりゲーマーとして育ってきた私たちの場合、
ゲームはいくつになっても遊べば面白いということなんでしょう。
私の場合はツクールをやってきたって側面もありますけどね。
クリス_NK 2016/10/10(Mon) 17:40 No.101

油彩画の場合、溶き油等の匂いが辛いです。

>クリスさん

文字数の多さは、やはり集中力も精神力もより必要になりますよね。
お菓子も数が増えれば増えるだけ大変ですし、慣れればいいんですが、
慣れたころが危ないというか。常に緊張感がある方が、
良い物が作れたりするんですよね。
筆の動かし方、これは絵描きにも通じるところがあります。
他にも濃淡を操るのも。絵描きでも、着色する際には、
色の濃淡を注意しますし、鉛筆を使う時も絵筆を使う時も、
角度や力加減などなど、繊細な動きをしないといけなくて。
あ、これです。これ。ブラウザを縦書き、というの。
横書きに慣れてしまってる現代社会で、
果たして縦書きのブラウザっていうのは求められるのかなぁ。
例えば、Twitterでもなんでも縦書き化とか(笑)。
うん、無理ですね! 流石に......。

そうなんですよ。
言ったもん勝ちというのはあまりいい気持ちでもなく。
日本の悪いところでは、誰とは言いませんが、
弁護士で知事と市長をやった方もいますよね。
言いたい放題という訳ではないけど、時に過激すぎるという。

そうそう、昔はおじさんが集まって、煙草を吹かして、という。
あの雰囲気に慣れずに碁会所を敬遠してる方もいたそうです。
今でこそ本当に綺麗になったのですが。
あぁ、将棋もそうですね。明るくなりました。
やはり仰るように、棋士のSNSの利用、情報発信、
それらが好影響になって今のような将棋界を作ったというか。
それに、中継もあって、観る将も増えたそうです。
けど、私としては観るだけでなく実際に指してみて、
その面白さと奥深さを楽しんでほしいと思っちゃいますね。
おぉ! その方のブログ観てみました。
なんか、流石というか、私の父とは大違いなほどです(色々な意味で)。
『3月のライオン』、アニメ化もされて、今、かなりの人気作です。
つい先日、1巻だけネットで立ち読みしましたが、
なるほど、これは『しおんの王』みたく、アニメ化するわぁと。
そういえば将棋の漫画も増えましたよね。
『ハチワンダイバー』とかもあったような......?

桃鉄、あれも奥深いですからねぇ。
ボンビーが憑くと、他のプレイヤーに擦り付けるかしないと、
見事なまでに物件が飛んだりして。億万長者が最下位に、なんてことも。
桃鉄と言えば、そのシリーズ系か分かりませんが、
桃太郎RPGっぽい名前のゲームがSFC時代にあったような。
プレイしたことはないのですが......。
うーん、こう見てみると、SFC時代もPS時代も名作ばかりです。
勿論、FC時代も忘れるべからずという。
マリオ、マリオメーカーの誕生によって、より凶悪なステージが生まれて。
あれはもう常人ではクリアできませんよねぇ。
YouTubeでもアップされてますが、あの鬼畜仕様のステージは、
誰がクリアできるのだろう。と思うんですが、
きちんとクリアできる人が出てくるからビックリです。
因みにマリオではないですが、SFCのドンキーコングシリーズ(1〜3)。
これもまたマリオとは一線を期した面白さがありました。
綺羅 2016/10/10(Mon) 11:31 No.100

嗅覚だって大切な要素です

>綺羅さん

文字が多いと、その分長時間紙に向き合うわけですから、
それだけ精神的な消耗も大きくなりますからね。
やっちまったが単純に3倍に増えましたから(苦笑)
お菓子もオールインミックスで作れるとはいえ、実際には
入れる順番など厳密に守ったほうがいい場合もあったりして、
いろいろ工夫の余地があるんですよね。
墨は墨汁がありますからまだ簡単なんですけれども、
筆がまた…動かし方に慣れることが第一です、まずは。
そうなんです、濃淡というか、うまいことかすれさせたりとかいう
テクニックってのも実はあるんですよね。
擦るタイプもあるにはあるんですが、使える濃さにするまでかなり時間がかかります。
私は…基本的に横書きに慣れすぎてしまったこともあって、
何を書くにしても横書きがメインになっています。
で、必要なときに縦書きに直し、レイアウトを整えてます。
ああ、ありますね、ブラウザで縦書きに表示するってのは。
ここでそういうのを解説しています。
http://tategaki.github.io/

言ったもん勝ちってのはあまりいい傾向ではないというか、
もちろん場合によるんでしょうけれども、対話なしってのを考えると
なんだか味気ないというか…日本人の悪い議論の中に、
「相手の言い分を言わせないほうが勝ち」みたいなのがあるのもあって、
私はいい気分になりませんね、正直に言ってしまえば。
テレビの討論番組なんかその最たるものじゃないかなと。

真剣師出身の棋士だと、花村元司九段が有名ですね。
森下卓九段や深浦康市九段の師匠でもありますが、
あの大山康晴十五世名人にはなかなか勝てなかったとか。
単純に将棋を指すだけではなく、そこに人生を賭けているってのは
もちろん違法なんですけれども、あこがれるものがあるというのも
うなずけるところだと思いますね。
昔は「おじさんが集まるところ」というイメージでしたものね、碁会所などって。
そういうところだとどうしてもタバコがつきものですから、
どうも苦手って人も少なからずいたのは事実でしょう。
もしかしたらそういうのも影響しているのかもしれませんね。
そうですね、将棋の世界もずいぶん明るくなった感じです。
これはネットによるものも相当あると思います、私は。
棋士自身のTwitterやブログの影響もあるかなと。
特に高橋道雄九段のブログはすごいです。
http://ameblo.jp/t-mitch142
50代半ばのおじさんのブログなのかと思ってしまいますよ(笑)
『3月のライオン』は私もよく読んでいないんですが、
相当流行っているらしいですね、この漫画。
ちなみに私の一押しの将棋漫画(?)は『将棋の渡辺くん』です。
渡辺明竜王のぶっ飛んだキャラクターにすっかりハマっちまいました。
梅沢(現・吉原)由香里さんは『ヒカルの碁』の監修ですね。
その影響があって囲碁の普及にも努められているようですね。

基本ですね、ゲーマーの中高生がそういわれるのは。
ただまあ、やるべきことをきちんとやってるんだったら、
私は別にゲームしてても問題ないんじゃないかなと思いますね。
桃鉄も4人でプレイすると燃えますけれど、
私は5人でもプレイしたことがありましたね。
二人でタッグ組んで、1か月ごとに交代するみたいな
(もちろん相談なし。自分の判断のみでプレイする)。
名前も普段使ってる名前を半分ずつ組み合わせて、
称号もランダムで選んだものにしました。
マリオ3は7面の最後の砦が超鬼畜でしたねぇ…。
足場は土管のみでもちろんファイアパックン標準装備、
間には溶岩、ここはもう…パタパタの羽使わないと無理です。
最近のマリオは確かに難しくなっているかもしれません…というか、
もともとマリオも結構難しめにできていますからね。
とりわけ最近のはさまざまなアクションもあるようですし。
クリス_NK 2016/10/05(Wed) 19:27 No.99

香りで思い出すこともありますからね。

>クリスさん

いやー、私もレスとか返事は遅いので(汗)。

文字数と画数の多い文字って、やっぱり難易度が高いんですね。
考えてもみれば、お菓子でさえも、
作る工程(組み立て)が多いと、それだけで大変ですし。
や、お菓子は全てオールインミックスなんですけどね(笑)。
中にはシュガーバッターとかありますが、
最終的にひとつに纏めちゃうので、オールインミックスだったり。
書道だと墨や筆を使う訳ですから、あれも、慣れるまで大変そう。
墨ひとつとっても、濃淡? 濃さ? それがあるんですよね?
今は便利な墨汁なんてありますが、擦るタイプのもありましたね。
長方形のもので、少しの水とそれを使って、という。
そうそう、パソコンやワープロの普及で、
縦書きに馴染み深いのが少しずつ薄れてきていて。
といっても、私は小説を書く時は、縦書きなんですけど。
アウトラインプロセッサを使う時は、横書きですね。
そういえば、日本のネット環境で、
横書きを縦書きにする、みたいなことを聴いたことがあります。
ホームページなどが縦書き……うーん。

言ったもん勝ち……以前、スクーリングで、
ビジネス法務を受けた時、その時の講師が、
事故に見舞われたり、何か問題が起こった場合には、
基本的に言ったもんが勝ちます、的なことを仰ってましたねぇ。
まぁ否定はしないんですけど、それだとなぁというか。

アマがプロに勝つ、昔は真剣師の小池重明さんが、
新宿の殺し屋とかなんとかで、プロを倒したということが。
勿論、駒落ちなどではありますが、それでも途中に、
プロ入りが認められたそうです。
けど、祖業の悪さで流れてしまったとか、なんとか。
因みに、この小池重明さん、真剣師ではありますが、
個人的に将棋界では羽生さんの他に好きな棋士だったりします。
あの生きざまは褒められたものじゃないかもですが、
それでも将棋の強さは憧れますね。
確かにひと昔前は、将棋と言えば縁台将棋という印象が強くて。
囲碁も、今でこそ禁煙の場所が増えましたが、
以前は喫煙OKだけでなく、煙が黙々とか。
えぇ、昔に一度だけその碁会所に入ってしまったことがあります。
けど、今は囲碁も将棋も華やかになったというか、
イメージも一新されましたよね。女流棋士も活気がありますし。
囲碁も当時、ヒカルの碁以外に、
梅沢ゆかりさん(でしたっけ)の人気もあって一気に囲碁ブーム到来で。
将棋も最近では「3月のライオン」が流行り、
これで将棋ブーム来ないかなぁと。

まぁ、いつの世も、親御さんにとって、
ゲームというのは、遊びの面が強いんですよね(涙)。
我が家ではそういったことはなかったのですが、
他の家庭では「ゲームばかりしてー」だの、
他に「勉強はどうしたのー」とか。
いやいや、今はプロのゲーマーもいたり、e-sportsでしたか、
実際に賞金のかかった試合もありますし。時代の流れですねぇ。
桃鉄、これは大人数でプレイするとより燃えますね。
勿論、スマブラも大人気でした。
私は、カービィばかり使ってましたよ(笑)。
マリオ3で、笛使わないプレイ! 懐かしいです。
ただ、今のマリオは、難易度があがっていたりして、
プレイスキルの低い私にはクリアが難しいですね。
うーん、時代かなぁ。
綺羅 2016/10/05(Wed) 12:55 No.98

- LightBoard -