公開の準備をしよう!

 ある程度の文章が出来上がり、そろそろ一般に公開してもいいかな、という段階に差し掛かりました。でもちょっと待った! もう一度自分が打ったHTMLがちゃんとなっているか、ファイル名の付け方は適切か(半角英数字のみであるか)、余計なデータ(加工する前の画像や、ちょっとしたメモ書き用のテキストファイルなど)が混ざってないか、リンク切れ(URL指定が間違っているため、正しく表示できない状態)などがないか、もう一度確認してみましょう。面倒なときはチェックするためのソフトが出回っていますので、それを使うのが一番です。
 私が知っている限りでは『Kanameの小部屋』で公開されているHTMLクイックチェッカ(HTML文法チェック)や『チッチのいえ』で公開されている「孤島発見器」(リンク切れをチェックする)など、色々あります。

 それで異常がなければ、いよいよ公開開始です!

サーバーを借りよう

 公開する前に、まずは自分のホームページを置くスペースを確保しなければなりません。普通の家と同じように、自分専用の一戸建ての住宅を設ける(=自分のパソコンに直接アクセスをさせる)か、あるいはどこかのアパートなりマンションなりを借りて家賃を納める(ホームページサーバーと呼ばれるものを借りる)か、という2種類の方法がありますけれども、皆さんが作るような個人のホームページは、普通後者のレンタルサーバーを用いる方が圧倒的に多いです。そちらの方がずっと簡単ですし、自分が普段用いるパソコンを覗かれる心配もありませんし。(ただし、上級者になると自宅のパソコンをサーバー化して自分専用のサーバーとしている人もいます。初心者のうちはそんなことする必要もありませんので、ここでは省略します。知りたい人は「自宅サーバー」とでもキーワード指定して探してみてください。)

 では、レンタルしているところはどこがあるかといいますと……パターンとしては3つあります。

1. 自分のプロバイダのサービスを使う

 まず、自分のインターネットプロバイダのサービス一覧を確認してみましょう。そこに「ホームページ開設」というものがあるところが最近は増えてきているので、そこで契約して、というのが一番スマートでしょう。プロバイダのサービスとして、(原則として)通常の利用料金に加算されることなく使えるのが魅力です。ただし、ホームページの容量が若干小さめになっている傾向がありますので、将来ダウンロードプログラムなどの大きなデータを置いたりする場合は注意しましょう。

2. 無料で貸し出してくれるところを利用する

 次に、学校や職場などでインターネットはできるけれども自分でプロバイダに契約していない、あるいは将来プロバイダを変えるかもしれない、という人の場合、もしくは理由があってプロバイダのサービスでは満足できない、という人の場合、無料でサーバーを貸し出してくれているところがいくつもありますので、そこのサービスを利用します。自分にあったサーバーを見つけてみましょう。

 ただし、これらの無料ホームページスペースには必ず広告が入ります。広告を入れ、その広告料でサーバーを運営しているからです。残念ですけれども、無料であることの代償として諦めましょう。

 なお、CGIが使えるか否か、というのがありますけれども、CGI(Common Gateway Interface)というのは、簡単に言ってしまえば来訪者と管理人、あるいは来訪者同士が情報を交換し合うプログラムみたいなもので、分かりやすい例で言えば掲示板やチャットなどがあります。これらに関しては、無料でレンタルしてくれるところも多数ありますので、探してみましょう。したがって、特に気にする必要はありません。

3. 有料のレンタルサーバーを利用する

 お金がかかってしまいますが、有料のレンタルサーバーを借りる、という手もあります。お金を払う分、広告が入らないこと、サーバーが比較的軽快なことなどのメリットがあります。また、容量についてもCGIについても制限が緩めのことが多いので、本格的なページ運営をしていきたい場合は考えてもいいかもしれません。ただ、やっぱりお金を払うのはなかなかきついものがありますけど…。

 さて、サーバーとの契約をしてみましょう。どのサーバーでも、指定された事柄を記述するだけで契約が完了します。すると、必ず以下の5つの登録情報がメールなり郵送なりで来るはずです。

  1. ユーザーID(アカウント)
  2. パスワード
  3. ホスト名(FTPサーバー名)
  4. 初期フォルダ(転送先フォルダ)
  5. ホームページの絶対URL

 以上を、すべてメモするなりして、誰にも知られないように、かつ自分も忘れないようにしましょう。また、そのときに、アップロードするファイルの規則などがサーバーによって決められているので、熟読して、もし自分のアップロードしようとするデータに不備がある場合、即刻修正するようにしましょう。

アップロードしよう

 アップロードとは、自分のパソコンをホームページのスペース上にコピーすることを言います。要するに、自分のホームページの内容をそっくりそのままサーバーにコピーすることで、ホームページの公開が完了する、というわけです。

 公開するにはFTPソフトというものを利用します。この辺は件のVectorあたりを検索すると山ほど出てきますので、好きなものをダウンロードして使いましょう。いずれにせよ、設定する事柄は同じで、
FFFTPというソフトの設定画面
ホスト名(FTPサーバー名など)、ユーザ名(ユーザID、アカウントなど)、パスワード、初期フォルダ(転送先フォルダ)を登録情報通りに、ローカルの初期フォルダ(転送元フォルダ)は、あなたがホームページのデータを入れておくフォルダを(フルパスで)指定し、アップロードをクリックすることでファイルの転送が始まります。

 エラーが出ずに最後までいけば(とりあえず)上手くいった証拠です。試しにホームページの絶対URLを打ち込んで、ジャンプしてみましょう。あなたのページのトップページがきちんと表示されれば成功です! とにかく感動しましょう!