ウェブサイトを作るときに必要なもの

 それでは、実際にウェブサイトを作ってみましょう。その前に、作るにあたって必要なものを確認しておきましょう。

1.テキストエディタ、もしくはホームページ作成ソフト
 まずは、実際に内容を表示するHTMLが書けなくてはなりません。したがって、それを作るソフトが必要です。とはいえ、HTMLはそれ自体が簡単なテキスト文章の一種なので、テキストエディタと呼ばれるものがあれば十分作れます。Windowsなら「メモ帳」、Macintoshなら「SimpleText」などの、普通に文章が打てるものであれば何でも構いません。
 他にも、HTMLをワープロ感覚で作ってくれるソフト(画面上でテキストやイメージを入力するとHTMLは自動的に生成される)も多数市販されていますし(値段は少々張るけど)、あるいはVectorあたりを検索するとタグ入力を手助けしてくれるテキストエディタなどが多数転がっていますので、自分に合うものを選んで使うことになります。いずれのソフトを使うにしても、HTMLの知識が少なからず必要になってきますし、オリジナルの加工を施す場合などはなおさら知識が要ります。
 また、Microsoft® Wordや一太郎などのワープロソフトにも、HTMLで保存してくれる(「HTMLで保存」とか「ウェブ形式で保存」となっている)機能が備わっていることもありますし、Windows98ユーザーであれば。初めから「FrontPage Express」というホームページ作成ソフトが付属している可能性もあります。
2.ブラウザ
 ここをご覧になっている方なら当然お持ちでしょう(笑)。 Internet ExplorerでもNetscapeでも、何でもいいのでとにかくホームページを閲覧できるものが必要になってきます。
3.壁紙やアイコン、その他もろもろの画像ファイル
 これらはホームページを華やかにする効果があります。もちろん自作できればそれはそれでいいでしょうが、自作できなくてもYahooあたりで「ホームページ フリー素材」とでもして検索にかければそれこそただで使っていい素材が山のように出てきますし、パソコンソフト店などで素材が売られていたり、書籍の付録としてついていたりもします。必要なものを該当のサイトからダウンロードして、自分のパソコン内に入れておいて使いましょう。
 ただし、どんなフリー素材でも必ず使用規約というものがありますので、それを熟読した上で使わせていただきましょう。「使ってやろう」という気持ちではなく、「使わせていただいている」という感謝の気持ちを忘れないようにしたいものです。
4.画像加工用ソフト
 自分でアイコンなどを作成する場合、及び持ってきた素材を加工する場合に使います。これまた普段絵を描くのに使っているツールやら何やらで十分ですし、もし普段使っていないという人でも、Vectorあたりで探せばいっぱい見つかります。基本的にGIF、JPEG、PNGの3種類の画像を加工できるような環境にしておいてください。
5.あなたの知識
 そういったツール群とは別に、あなた自身の持っている知識がホームページを作るうえで最も重要になってきます。自分が何を伝えたいのか、どういう知識を提供したいのか、ホームページで何がしたいのか……これらがすべて重要になってきます。

 実はホームページ作りにはもう2つ必要なものがあるんですけれども、それについてはある程度HTMLの執筆が終わって、「さあ、あとは公開するのみ!」という段階のことになります。

実際にHTMLを打ち込む前の下準備

 さて、ツールも素材もそろったところでHTMLを打ち込む前に、ちょっとした準備をしておく必要があります。

 上記の5番とかぶりますが、まず、自分が何を伝えたいのか、それを改めて確認してみましょう。つまり、ホームページを作ることの目的です。それを考えておくと、サイトを作るうえでのページ構成や全体のボリュームなどが見えてきます。

 ある程度目標や内容が似詰まったところで、ページの構成を考えます。このとき、どの内容をどのフォルダに詰め込むか、ファイル名の規則はなどの具体的なことまで考えておきます。基本となるピラミッド構造を紙にでも書いて、ある程度構造ができてきたら、各ページごとのデザインの草案や各ファイルの整理の仕方などの「管理ルール」を少しずつ作っていきます。余力があれば、各ページの詳細なデザインを紙に書きながら構成していってもいいでしょう。

 構成が決まったら下準備です。まず、どこでもいいので(分かりやすいところに)ホームページ専用のフォルダを作ります。その中に、先ほど決めた階層にしたがって更に細かいフォルダわけを施す(新しくフォルダを作る方法は、Windowsの場合「右クリック~新規作成~フォルダ」)などして、そこに必要な画像素材を必要なところに移していきます。そして、すべてのファイルについて、拡張子[=そのファイルが何なのかを示す半角英数字2~4文字(通常は3文字)の記号]を表示するようにしておきます。Windowsでは「ツール~フォルダオプション~表示」で「登録されている拡張子は表示しない」とありますが、ここについているチェックをクリックして、印がついていない状態にします(こうしないと、そのファイルのURLを正確につけるのが面倒になる)。

 その準備が整ったら、左側テキストエディタでHTMLをもちもちと打っていきましょう。ちょっと面倒ですけれども、少しずつタグを付けていき、表示される内容を打ち込み、を繰り返していきましょう。

 さあ、いよいよ完成しました。もう一度見返して、タグの付け間違いがないかを確認したら、保存です。保存するときは、ファイル名の後ろに.html(または.htm)とつけて保存するようにしましょう。エディタが最初につける拡張子ではなく、あくまでもHTMLを作っているのですから、HTMLファイルの拡張子である.htmlとなります。なお、.htmlか.htmかは、ホームページサーバーごとにどっちかに統一せよということが決められている場合がありますのでご注意ください。
 ファイル名・フォルダ名は半角英数字だけであれば何でも(+何文字でも)いいというサーバーも多いのですが、本来のルールでは8文字以下、全部小文字というのが大原則です。ホームページを保存しておくウェブサーバーは、UNIXというOSを用いているところがほとんどなのですが、UNIX環境上では、ファイル名の大文字小文字は区別され、またなおかつあまり長いファイル名は扱えません。