もうダメだ、閉鎖しよう……

 サイト運営をしていて、どうしてもストレスがたまってしまう、ということはヨクアルコトです。まあ、先に述べたとおり掲示板やチャットで問題が起きれば神経すり減らすのは当然ですし、掲示板にイタズラ書き込みなんかされた暁には対応に追われ、さらには更新のことも考えなければならない……いったい実生活のどれだけのレベルをサイト維持に充てればいいんだ、という感じになるのは仕方がないことです。そうなると当然考えなければならないことは「サイトを閉鎖する」ということになるでしょう。

 ですが、サイトを閉鎖するというのは実は簡単そうに見えてとても勇気のいることです。せっかく来てくださっていた来訪者さんががっかりしてしまうのですから、そういうことを考えると安易に閉鎖というのは避けた方がいいのかもしれません。言ってみれば、あなたのストレスを解消するための最終手段なのですから。ですが、逆にサイトを閉鎖してストレスに悩まされるということもまったくないとは言い切れません。

 私自身、何度もサイト閉鎖を考え(うち何度かは告知までしましたし、さらに「自殺する」とまで明記もしました)、そのたびごとに思いとどまって、というケースがかなりあります。もちろん続投、というのが来訪者の方々にとっては一番嬉しいことなのでしょうけれども、必ずしもそううまくはいかない、というケースもかなりありますし、その辺の判断が非常に難しい領域であることは間違いありません。

 では、まずどうしたらいいのか、もう一度考え直してみましょう。とりあえずはいったんサイトを休止状態に置くことにしましょう。休止している間に、サイトを管理することで生じるあなたのストレスがどれほどのものか、ある程度推測することは可能です。それと同時に、もし自分がサイトを閉鎖したとなるとどのくらい気分が晴れるか、あるいは逆にどれだけ辛い思いをするか、ということをじっくりと考えてみましょう。まずは段階を踏んで考えることが大切です。

 その上で、サイトを続けるより閉鎖した方が楽だ、ということになれば、閉鎖の告知をすることにします。ただし、いきなり閉鎖、ということをせずに、1か月くらいの時間を置いたほうがいいでしょう。というのも、単に自分のサイトを閉鎖して終わり、というわけではないからです。まず、相互リンクしているサイトへのあいさつ回りがあります。こういうのはメールでやった方がいいかもしれません。面倒ですが、これをやらないことには大変なことになるからです。興味を持って相互リンクして下さった&アクセスして下さったのに閉鎖してた、じゃどうしようもありませんし……。
 あとは忘れてはならないのがウェブリングや参加同盟などからの脱退ですね。意外に忘れている方が多く、これでどうしようもなくなった、という方も多いと思います。そういう方に失礼のないように、きちんとサイト登録などを解除しておきましょう。

 いずれにしても、サイトを閉鎖するということは大変に苦労することですので、そのあたりはよく考えた上で選択することが大事です。がんばり屋さんほどこういうことに陥りやすいので、サイトを興す前から自分の性格を把握しておいて、その上でどう管理するかを決めていく方法が妥当ではないかな、と思います。できれば閉鎖して欲しくないサイトだってたくさんあるのですから。