自分のサイトで揉め事が起こったら

 人間、誰しも同じ感情を持っているとは限りません。当たり前ですが、1つの物事に対して三者三様、十人十色の見方というものが存在します。場合によってはお互いの意見がぶつかって喧嘩や言い争いになることもありえるでしょう。ですが、これがあなたのサイトで起こったとしたら……あなたの苦労は相当なものになるでしょう。最悪の場合、サイトを閉鎖してしまおう、という思いに駆られることもありえないとは言い切れません。

 残念ながら、インターネットには最悪の弱点が存在します。それは「情報量が少ないこと」。「えっ?」と思うかもしれません。インターネットの世界にはたくさん情報が氾濫しているように見えますけれども……実はその間には「相手の顔が見えない」という致命的な弱点があるのです。そう、掲示板とチャットには「相手の表情や言葉のトーン」など、大事な情報がいくつも欠けている、ということがインターネット最大の欠点です。普通に会話する分には、相手の顔やしぐさなどが見えてきますけれども、インターネットではそれが見えてきません。では、どのくらいの情報量が欠けているのでしょうか? ある専門家の意見では、なんと9割もの情報が失われている、という報告があるほどです。これは文字の上だけでは本当に伝えたいことが伝わりにくくなってしまうということを意味するのです。

 掲示板にしろチャットにしろメールにしろ、どちらも相手の顔が見えないからどう思っているかを想像するのは困難です。文脈のみで判断せざるを得ません。中にはフォントをいじって強調してくれる人もいますけれども、そうでない場合はかなり大変です。では、こういったインターネット上の問題を解決する方法はあるのでしょうか? ないわけではありません。しかし、かなりの手間をかけることになります。あなたが管理人のサイトで問題が起こったら、まずは両者の言いたいこと・思っていることを素直に話してもらいましょう(もちろんメールで。掲示板やチャットでやったら大変なことになります)。その上で、相手からこういう意見が出ているのだ、ということを伝え合い、そして両者に「あ、こういう風に考えていたんだ」ということを納得してもらうしか方法はなさそうです。ただし、やり方を間違えると最悪の場合管理人のあなたが一方的に槍玉に挙げられますので注意しましょう。

 具体的な対処法は以下の通りになると思います。

  1. まず、互いに掲示板で話していることに関して、本当に言いたいことをメールで聞く。
  2. その上で、相手はこういう思いだ、ということを伝え合う。
    (ただし口調は穏やかにするように気をつけましょう)
  3. まだ収まらないようならば、もう一度同じことを行う。
  4. それでダメなら管理人権限で二人にもうこの話はやめよう、と提案する。
  5. それでもやめないようなら互いの記事を削除する
    (もうここまで来ると末期ですが……お互いから謝罪が来ればその措置は解除しましょう)

 インターネットの世界ではとにかくどこかしらでこういうことが起こっているのですからあな恐ろしや……。でも自分が管理人だったらこれだけで胃が痛くなる思いをしてしまいますね。もちろん、自分が当事者になるのはご法度中のご法度ですが。それでもダメなら……次の項目やるしかねぇだろうなぁ……。