えっ、「●●というブラウザでご覧下さい?」

 いろいろなサイトで「このホームページは●●というブラウザでご覧下さい」という記述を見たことがありませんか? そうでなくとも、「●●というブラウザでの閲覧を推奨します」という具合に、特定のブラウザに限定したサイトをたくさん見かけます。「あれっ?」と思ったこと、ありませんか?

 実際そんなのに従っている人はあまりいないと思います。とりあえず文章ぐらいは読めますし、大概の場合、表示されたときのデザインが崩れるから、インラインフレームなどや、ブラウザ依存のタグを使っているためです。ですがこれ、問題があることだと思いませんか?。

 「はじめに」で書いた通り、HTMLというのは本来全員が持っていると限らないソフトで作った文章ではなく、確実に全員が扱える形式である、必要なデータを文字だけ(書式だの、特殊な情報を含まない形)で扱う意味で、最小限のテキストだけでデータをやり取りする必要があったわけです。いわゆる「テキストエディタ」によるデータのやり取りと書きました。ということはすなわち、誰もが扱えるものではなく、特定の人にしか扱えない、本来の目的から逸脱してしまったHTMLであるということもできるわけで、それは相手の状況からすれば「爪弾きにされるHTML」といえるわけです。

 もちろん、「デザインに凝るな」というわけではありません。ホームページを作っていくと、どうしても地味なページになってしまい、「もうちょっと豪快にしてみよう」という思いに駆られて、ウェブデザインなどの本を参考にしながら作る人、あるいはFLASHやJavaアプレットなどの派手な映像に凝る人も出てくるでしょう。しかし、そこに落とし穴があります。確かに見栄えはよくなるでしょうし、インパクトに残ってまた訪れる、という人もいるでしょう。ですが、逆に見られないことで「もう二度とくるもんか!」と思う人も出てくるわけです。

 「誰でも見られるホームページ」これを忘れてはなりません。