参加型コンテンツを作る上での覚悟

 共通の趣味を持つ常連が集まってくると、必ずといっていいほど話題になるのが共同で何かコンテンツを作ろう、という話題です。たとえばイラストコンテストだったり、小説コンテンツだったり、もっとすごいところになるとプログラミングだったり……。そういったことを考えるようになるのは、ある程度固定客がついてきたころ、アクセス数であれば5,000を超えた辺りからでしょうか。

 確かに、みんなで何かを出し合ったりして一つのコンテンツを作るというのは楽しいものがあります。そうすることで常連同士の仲を向上させたり、新しい閲覧者を増やしたりする可能性があるのは事実です。

 しかし、事はそう簡単ではなかったりします。そういう共同コンテンツでもし万が一ユーザー同士の衝突が起きたら……あなたは対処できますか? 私の場合、いくつかそういう経験をしてきましたが、実際にそういう場に陥った時、必ずといっていいほど大なり小なりトラブルが発生してしまいます。それが「小」で済めば互いにゴメンナサイをすれば収まりますし、また管理人であるあなたから新たにルールを提起されて、それでその後順風満帆、ということになるケースが多いので、心配は要りません。

 問題は「大」の方。そういうユーザー同士のトラブルが波及して、ほかのサイトまで巻き込む大論争になってしまった時(具体的に言えば、別のサイトで陰口叩いたり、もっと露骨になるとあなたの掲示板でその人の悪口を言い合うような状態)です。そうなった場合、嫌な思いをするのは当の本人たちだけではありません。そのコンテンツに参加しているほかのユーザーも嫌な思いをしています。そしてもちろん、あなたにかかるストレスは相当なものになるでしょう。

 ユーザー同士、もしくはユーザーと管理人でこじれてしまった仲を修復するのは、まず不可能だと考えた方がいいでしょう。特に顔が見えないインターネットの世界では、相手の誠意ある謝罪というのが文字列のみでしか表現できないので、本音なのか建前なのかいまいちわからない、それどころか逆に互いの論争に油を注ぐような結果になる可能性もありえます。そうなった場合、最終的な解決方法は「どちらかがそのサイトから身を引く」ということになってしまいます。せっかくの常連さんを失ってしまうというのはあまりにも悲しいものです。

 残念ながら、このような状態に陥ることを100%防ぐ方法はありません。もし、あなたがそういう状態に陥った時にパニックを起こして、論争を鎮める自信がないのなら、共同コンテンツは作らない方がいいでしょう。

 話は変わって、そういった共同コンテンツをやっていると、ユーザー側からいろいろな意見をもらうことになると思います。そういった場合は一度その意見によく目を通した上で、掲示板やリアルタイムチャットなどの公共の場で議論をするようにしましょう。その状態なら、互いに感情的にならないよう努めるでしょうし、また第三者による客観的な目が入るので、議論が過熱しないで済むからです。

 共同コンテンツを作るということは、相手を全面的に信頼した上で初めてできるものであり、生半可な気持ちでやれるような代物ではありません。そのことを考えた上で、自分のサイトでそういうコンテンツを作れる状況なのかどうか、よく考えた上で導入を考えましょう。