更新の準備をする時間が取れない……

 ホームページの更新をするというのは意外に時間と手間を食うことです。そのことは運営を始めてみると必ず理解できます。でも、時間が取れないからって運営をやめてしまうのはどうなのでしょう? せっかく作ったのに、もったいないところです。この一つ前のパートで述べましたけれども、ウェブサイトというものは、更新され新しい情報を掲載することで再び活力を得ることができます。常に更新を続けていくということは、ある種の宿命といえるでしょう。

 私の友人でやはりホームページ作りを途中で挫折した人がいます。彼はアメリカに短期留学したり、大学院に進学したりということもあって、そのための勉強に時間をとられていったりしたというわけです。本当であれば彼の海外滞在記などが掲載されるはずだったんですけれども……。そんな彼が私に一言。「ホームページって、本当に時間がないと作れないよね」と。

 彼と違い、私の場合は準備する時間も、運営する時間もたっぷりありました。また、HTMLに関する知識やホームページ作成ソフトの扱いも人一倍身につけていたので、その作業を効率的に行えたわけですけれども、扱いに慣れていないとなかなか上手くいかないものです。

 サイトを運営するあなた自身がその時間を確保できなくなる場合も少なからずあります。「しなければならない」というタスクが増えてきた場合ですけれども、では更新をサボっていいのか、というと決してそうは言い切れません。だからといってそういうタスクを放り出せ、というわけでもありませんから、サイト運営というものは一筋縄ではいきません。

 あなたの周りに、無駄な時間、ありませんか? その時間を少しだけ割いて、サイト運営のための時間に割り当ててみましょう。あなた自身の生活習慣をちょっと変えるだけで、見えてくるものが変わり、更新の時間を確保することができたりする場合も決して少なくありません。もしかしたら、ホームページに載せる情報が見えてきたりもしますよ。

 「忙しい」からといってホームページをほったらかしにするのではなく、極力更新する内容を常日頃から考え、上手く時間を作ることが必要である、といえるでしょう。