掲示板を使う

 掲示板を作る方法はいたって簡単で、まず、無料掲示板で検索して(広告が入っているものがほとんどですけど我慢しましょう)、規約をよっく読んで、同意できたら必要事項を記入の上データを送信、すると、URLが送られてくるなり、画面に表示するなりされるので、そのURLを自分のページに貼り付けるだけでいいのです。無料といえど、カスタマイズでオリジナルのアイコンを使えたりする多機能なものもあります。ただ、初めのうちはメッセージのみの掲示板を使っていたほうが、何かと管理しやすいのではないかなと思います。

 さて、掲示板を管理するうえでもいくつか注意しておきたい点があります。

掲示板のルールを明確にする

 自分の掲示板がどのような目的で設置されたのか、どのような話題なら書き込んでいいのか(逆にどのような話題は書いて欲しくないか)の意思表示をまずする必要があります。掲示板の一番上や、あるいは掲示板の入り口付近に書いておくことを推奨します。

特に理由のない限り、必ず来訪者すべてに返事を書く

 当たり前ですね。せっかく訪れて、一言残してくださったのですから、こちらとしてもそのお礼を込めて一言以上添えておきたいものです。そのプロセスが楽しいのですし。
 返答をするなら、なるべく即日が望ましいと思います。「まめに見てくれているんだな。」と来訪者に思わせることで、頻繁に書き込んでくれるリピーターを増やすきっかけになりますから。

 ただ、中には「荒らし」といって、掲示板にめちゃくちゃなメッセージや人を傷つける言葉を書いて(しかも何度も)、管理人であるあなたを困らせるような人もいます。そういう人が出た場合は、何も返事を書かず、その部分だけを削除するようにしましょう。来訪者に不快な思いをさせ、あなたのサイトを訪れてくれる人が少なくなってしまう可能性も否定できませんから。あなた自身の身に覚えがないのならそうするようにしましょう(ただ、身に覚えがある場合は、素直にその該当部分を自分で削除した方がよいでしょう)。

来訪者の意見には、素直に耳を傾ける

 中には真面目な口調で、書いてある記事に対して意見を述べてくれる人もいるでしょう。自分と意見を異にする人だっているはずです。そういう、異なる意見に対しては素直に耳を傾け、独りよがりにならないようにしたいものです。自分でサイトを運営していると、自分の切り口だけで物事を見てしまいがちになります。ですが、それがすべて正しいかというとそうでもなく、他の人に言われて初めて気がついたりするものです。異なる意見を耳にすることで、あなた自身の視野がより広くなり、サイト運営の励みになることも多いのですから。
 だからといって、他の人の意見ばっかり取り入れていたのでは、逆にこちらがやりたいことができなくなってしまい、ストレスの原因にもなりかねないんですけれどもね。何事もほどほどが大事なのです。