インラインフレーム

 IFRAME要素はインラインフレームといって、ウインドウを分割するのではなく、ページの中に埋め込まれた形のフレームです。このフレームは文書型宣言がFramesetではなくTransitionalでも使うことができます。

 src属性でフレームを呼び出し、name属性でそのフレームに名前をつける点など、フレームとそっくりになっています。実際に、上記の属性以外に通常のフレームでもあったmarginwidth、marginheight、scrolling、frameborderなどの属性があります。

 違う点はページに埋め込まれる状態になっているため、画像と同様に幅(width属性)や高さ(height属性)、あるいは配置位置(align属性)を指定できる点です。

 <IFRAME>~~</IFRAME>の間に挟まれた部分は、この要素をサポートしていないブラウザ用に表示させたい内容を設定しておきます。

 なお、IFRAME要素はHTML4.01 Transitionalで定義されていますが、Strictでは定義されていません(HTML5では定義されています)。使いすぎると非常に見づらいページになるので、ほどほどに使うようにしましょう。