フレームの表示方法を変える

※ FRAME要素はHTML5では使えません。

 FRAME要素のscrolling属性は、そのフレームを表示するときにスクロールができるかを設定します。デフォルトではauto(HTMLの長さに応じて自動的にスクロール可能にする)となっていますが、常にスクロールさせるようにするときはyes、常にスクロールさせない場合はnoを選びます。ただし、noを選んだ場合に該当のフレーム内に文字が収まりきらない場合、入らなかった部分は絶対に読めなくなってしまいます。

 noresize属性は各フレームの境界線の枠をマウスで移動させるかどうかを指定します。サイトデザインの関係等で勝手にウインドウサイズを変えられたくない場合などに設定します。

 marginwidthとmarginheightの各属性は、そのフレームの内容の周囲に空間を作るための属性です。境界線付近にある文字列が読みにくいなと思うときなどに設定しましょう。

 frameborder属性は、そのフレームと隣接しているフレームとを区切る枠を表示するかどうかを設定します。0で非表示、1で表示です。ただし、どちらかが表示になっていた場合は必ず表示されますので、表示させたくない枠線がある場合、両側のFRAME要素に対して0を指定しておかなければなりません。