メニューを作る

 SELECT要素はメニューを作る要素で、メニュー全体を<SELECT>~</SELECT>で囲い、実際に選ばれる選択肢をOPTION要素で必要なだけ規定していきます。OPTION要素のvalue属性は実際に送信されるときの文字列を入れておきますが、これを省略した場合、OPTION要素で規定された文字がそのまま送信されます。

<SELECT name="名前" size="*" multiple>
 <OPTION value="送信文字" selected>~</OPTION>
 <OPTION value="送信文字">~</OPTION>
 ・・・・・・
</SELECT>

 size属性で数字を1以外にすると、メニューではなくリストボックスとして表示されます。使い方はメニューの場合とほぼ同じですが、multiple属性を設定することで複数選択も可能になります。