チェックボックスを作る

 INPUT要素にtype="checkbox"を設定すると、複数の選択項目の中から複数の回答を選べるようにしたボタンです。当然の如く、一つの設問に対しての選択肢として用いられるすべてのチェックボックスには、同じ名前(name属性)をつけることになっています。

 value属性は実際に送信された際の個別の値を認識するための文字列を記しましょう。また、この要素にもchecked属性があります。