1行のテキスト入力エリアを作る

 INPUT要素にtype="text"を設定すると、そこが1行のテキスト入力フィールドになります。name属性でそのフォームに名前をつけることができますが、これは投稿された後にデータが何なのかを見分けるために使います。

 size属性やmaxlength属性は、半角の文字数で設定します。全角10文字(=半角20文字分)なら20という具合に設定します。

<INPUT type="password" name="名前" value="デフォルト文字" size="*" maxlength="*">

 type="password"の場合、同じ1行入力フィールドですが、内容がパスワード入力フィールドとして認識され、入力した文字が*などの記号で置き換えられるようになります。それ以外はすべて"text"と同様になります。