URLって何?

1. 絶対URLと相対URL

 URLというのは、ファイルのありかを表すための住所のようなものと考えればいいでしょう。HTMLの最大の特徴は、このURLを利用することで、今見ている内容から直接他のファイルに移動したり、あるいは逆に今見ているファイルに、他のファイル(画像など)を貼り付ける、ということなのですが、その際にURLの知識は必須となります。

 その前に、ファイルを入れておく「引き出し」のことについて触れておきましょう。どんなファイルでも、必ず何かしらの「引き出し」に入っているのが常です。その「引き出し」のことを「フォルダ」とか「ディレクトリ」といいます。一つのフォルダは、複数のファイルと、更にいくつかのフォルダを含んでいることが常です。

 フォルダの区切りには、Windows環境上では\記号、インターネット世界では/を用います。URLの記述は、
いっちゃん親元のディスクの識別記号\その直下にあるフォルダ名\1つ下のフォルダ名\……\ファイル名
という形で、ちょうど家系図のよう関係で表されると考えればいいでしょう。

 URLの表し方は2種類あり、インターネット全体のいっちゃん頭からちゃんと指定する「絶対URL」と、URLを記述するファイルから見た「相対URL」とがあります。

 絶対URLは、http://から始まる表記法で、例えば、../sub04/html5-01.htmlというファイルがあったとしますと、http:は、インターネットでこれからファイルを送るじょ~、という指令、homepage2.nifty.comはドメイン名と呼ばれ、インターネット上で登録された組織名であると同時に使用しているサーバー(インターネット用のファイルの受け皿となっている大きなコンピューターのこと)を指しています。arigatch/sub04/html5-01.htmlというのは、そのサーバー上の「arigatch」フォルダの「sub04」フォルダの「html5-01.html」というファイルを示している、という具合です。

 一方の相対URLですが、現在作成しているファイルから見た、他のファイルの相対的な位置です。単純に、「自分と同じフォルダにあるか、上か下か」というだけの指定となります。一般に、HTMLを書いていて、自分のサイトのファイル同士をつなぐ場合は、こちらの記述を使うことになります。同じ階層の場合はファイル名のみ、1つ下の階層の場合は「フォルダ名/ファイル名」、1つ上の階層の場合は「../(←ドットドットスラッシュ)ファイル名」という具合になります。これらを組み合わせることで、サーバー内のすべてのファイルにアクセスすることが出来るようになります。例えば、「今書いているファイルから見て3つ上のフォルダにある、『link』というフォルダの『banner.html』というファイルにリンクをつなごうと思った場合、../../../link/banner.html」という具合になります。

2. ファイルをフォルダ分けしてみよう

 ある程度HTMLファイルがたまってくると、どのファイルがどういう内容なのかが分かりにくくなるということになってきます。これは、ファイル名を工夫してつけていたとしても避けがたい運命です。多くなれば多くなるほど、探すのに手間がかかり始めます。

 そこで、作業を始める前に「この系列のコンテンツに使うファイルはこのフォルダにすべて収めてしまおう」という具合に、ある程度ファイルを数個のフォルダにまとめてしまい、グループ化してしまう方法があります。こうすることで、ごちゃごちゃしているファイルがまとまり、更新がしやすくなります。ある程度ファイルが出来てからやってもいい作業のように思われますが、リンクの修正がことのほか面倒になってくるので、なるべく早い段階でまとめておくとよいでしょう。

 このときつけるフォルダも、分かりやすい名前の方がいいと思います。なお、インターネットではファイル名やフォルダ名に日本語は使えませんので念のため。