表でセルとセルとをくっつける

 表を作っているときに、諸般の事情で複数のセルをつないで表示させたいときもあるでしょう。そのときに用いるのがrowspan、colspan属性です。

 rowspanは縦方向のセルををつなぐもの、colspanは横方向のセルをつなぐもので、*には実際につなぐセルの数が入ります。なお、この属性を指定したセルは、指定された個数分のセルの領域をぶん取って表示されるようになりますので、つないだ分のセルを省いてやる必要があります。

例:こんな表があったとすると…

1113
212223
3132
4142

実際のHTMLソース


<TABLE (属性は省略)>
<TR><TH colspan="2">11</TH><!--thの12がthの11とくっついている--><TH>13</TH></TR>
<TR><TH>21</td><TH>22</td><TH rowspan="3">23</td></TR>
<TR><TH>31</td><TH>32</td><!--tdの33がtdの23とくっついている--></TR>
<TR><TH>41</td><TH>42</td><!--tdの43がtdの23とくっついている--></TR>
</TABLE>