セルの表示指定

 表の基本構成要素のTR、th、tdの各要素にもalign属性、更にはvalign属性が存在します。align属性は横の位置を、valign属性は縦の位置を決めるものです。tdのデフォルトはleft、thのデフォルトはcenter、またすべての要素においてvalignのデフォルトの値はmiddleです。

 TRに設定した値とthやtdに設定した値が異なる場合は、thやtdに設定した値が優先されるようになっています。HTML5では廃止されました。

非推奨の要素
<TH width="*" height="*">
<TH width="*" height="*">

 thとtdにはwidth・heightの各属性があり、これによって各セルの大きさを決定することが出来ます。ちなみに、各セルの大きさは縦横それぞれに対して一番大きい数値に自動的に決定します。したがって、同じ行(列)に異なる数値を指定しても無駄になるだけです。

 nowrap属性は、そのセルの中での改行を禁止するというものです。通常、セルの幅はウインドウの幅や他のセルとの兼ね合いで自動的に改行されるようになっていますが、困ったことにそれで見た目が汚くなる場合もあります。それを封じるのがこの属性です。

非推奨の要素
<TR bgcolor="#RRGGBB" background="(URL)">
<TH bgcolor="#RRGGBB" background="(URL)">
<TH bgcolor="#RRGGBB" background="(URL)">

 TABLE本体と同様、構成要素のTR・th・tdにもbgcolor・background属性が存在します。横1列にまとめて色を指定したいときはTR要素に指定すると便利です。ただ、これらの要素はすべて非推奨(っつか、background属性は定義すらされていない)ので、むやみやたらに使うのは考え物です。それと、背景色を指定した場合は、極力文字の色も指定しておくようにしましょう、。