表の行や列をまとめる

<table>
 <THEAD>
  <tr>......</tr>
 </THEAD>
 <TFOOT>
  <tr>......</tr>
 </TFOOT>
 <TBODY>
  <tr>......</tr>
 </TBODY>
</table>

 これらは表組みの行をまとめるための要素です。THEADで表のヘッダ(見出し)、TFOOTで表のお尻の行(集計の行など)、TBODYで表の実際の中身を表します。THEADとTFOOTは1つの表に1つずつ、TBODYはそのまとめ方次第で1つから複数指定することが可能です。

 ただし、記述はたとえ表の末尾のコンテンツになるとしても、THEAD、TFOOT、TBODYの順になります。これは表に関するフッタの部分を先に読み込んで表の表示を早くするためなんですが、古いブラウザでTFOOT要素に対応してない場合はこれが崩れることがあります。

<table>
 <COLGROUP span="*"></COLGROUP>
 <COLGROUP><COL span="*"></COLGROUP>
 ......
</table>

 上記のTHEAD・TBODY・TFOOTの3つが行をまとめる要素ならば、COLGROUP・COLは列をまとめるための要素です。COLGROUPをまず用い、COLGROUPの更に嗅いでまた分類する場合にはCOL要素を用います。